UFO (ピンク・レディーの曲)

UFO」(ユーフォー)は、1977年12月にビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)からリリースされた日本アイドルグループピンク・レディーの6枚目のシングルである。ピンク・レディーのシングルとしては、最大のヒット作品となった。

UFO
ピンク・レディーシングル
B面 レディーX
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル Victor
ビクター音楽産業
作詞・作曲 作詞:阿久悠
作曲:都倉俊一
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1978年度年間1位(オリコン)
  • オリコン歴代シングルランキング78位
  • 1位(ザ・ベストテン
  • 1978年年間15位(ザ・ベストテン)
  • ピンク・レディー シングル 年表
    ウォンテッド (指名手配)
    (1977年)
    UFO
    (1977年)
    サウスポー
    (1978年)
    テンプレートを表示

    解説編集

    歌唱・衣装編集

    レコードの歌唱ではイントロ部分のみに「UFO…」の台詞がついていたが、その後実演の際には間奏とアウトロの部分でも「UFO…」という台詞が付け加えられていた。

    ステージ衣装は、当初ハイヒールを履いていたが、しばらくしてブーツに替えた。NHKレッツゴーヤング』や東京12チャンネル(現・テレビ東京)『ヤンヤン歌うスタジオ』で歌った時のシーンには、初期の衣装版が映る事がある。

    再結成後2003年~2005年のメモリアル・コンサートでは、当時より足を高く上げるなど振り付けが進化していた。しかしケイ曰く、当時の振り付けをすると、臀筋がつりそうになるので変えたのこと。

    売上・受賞編集

    10週連続オリコンチャート1位の座を獲得し、『ザ・ベストテン』では第1回 - 第3回放送で第1位になった。オリコンでは「渚のシンドバッド」「ウォンテッド (指名手配)」に続き三度目のミリオンセラーとなった。

    ピンク・レディーは、この曲で1978年第20回日本レコード大賞を受賞した(同年は次作「サウスポー」で先に日本歌謡大賞を受賞しており、同一歌手による別楽曲での二冠獲得は初めてのケース)。また同年のFNS歌謡祭最優秀ヒット賞も受賞した。

    売上(出荷)枚数は公称で195万枚[1][2]

    2014年度の日本音楽著作権協会(JASRAC)の著作権使用料分配額(国内作品)ランキングで年間4位を獲得した[3]。その後も携帯電話のCM曲として使われたことなどで使用が大きく増え、2017年度の日本音楽著作権協会の著作権使用料分配額(国内作品)ランキングで年間3位を獲得し[4]2018年JASRAC賞銅賞を受賞した[5]。2018年度の日本音楽著作権協会の著作権使用料分配額(国内作品)ランキングでは年間2位を獲得し[6]2019年のJASRAC賞銀賞を受賞した[7]。2019年度の日本音楽著作権協会の著作権使用料分配額(国内作品)ランキングでは年間5位を獲得している[8]

    エピソード編集

    プロデューサーの酒井政利が、1977年に電通主催の「南太平洋・裸足の旅」に参加(阿久悠横尾忠則池田満寿夫浅井慎平らも参加)した際に、イースター島で横尾忠則が「今日はUFOを呼ぼう」という話をしていたら、本当にUFOらしき光る物体を見た。阿久は「あれは管制塔の光だ」と言ったが、翌日確認したら管制塔は島の反対側にしかないことがわかった。帰国してしばらく後に阿久はこの曲を作る。詩の中にある「地球の男に飽きたところよ」は、このイースター島でああだこうだと言っていた我々の描写ではないかと、また「それを見事な娯楽作品に仕上げた阿久さんはやっぱりすごい作詞家だ」と酒井は語る[9]

    収録曲編集

    1. UFO
      • 作詞:阿久悠/作曲・編曲:都倉俊一
    2. レディーX
      • 作詞:阿久悠/作曲・編曲:都倉俊一

    価格編集

    • 発売当時の値段は600円

    CMでの使用編集

    本作のリリース時、すでに日清食品から「日清焼そばU.F.O.」が発売されていた。リリース後に本作をモチーフにしたCMソングが作られ、ピンク・レディー自身も出演していた。CMソング版はアルバム『星から来た二人』等に収録されている「コマーシャルソングメドレー」にて聴くことができる。また、1999年にも「日清焼そばU.F.O.」のCM(ピンク・レディーの増田恵子も出演)において本曲が使用された。

    2009年にマンダムの「ルシード」のCM(主演:佐々木蔵之介)において、カラオケカセットテープが伸び、曲のテンポがおかしくなってしまったというハプニングがあった。

    2016年にUQコミュニケーションズの「UQモバイル」のCMにおいて、台詞の「UFO」の箇所を「UQ」に置き換えたバージョン(それ以外はメロディーのみ)が使用されている[10]

    カバー編集

    UFO

    脚注編集

    1. ^ アサヒグラフ』1981年4月17日号、20頁。
    2. ^ 塩澤実信『昭和の流行歌物語 佐藤千夜子から笠置シズ子、美空ひばりへ』展望社、2011年、316頁。ISBN 978-4-88546-231-3
    3. ^ 2014年 国内作品分配額ベスト10(金・銀・銅賞関連)、日本音楽著作権協会、2014年。
    4. ^ 2018年 国内作品分配額ベスト10(金・銀・銅賞関連)、日本音楽著作権協会、2018年。
    5. ^ 2018年JASRAC賞 「恋」が金賞を受賞 - 日本音楽著作権協会
    6. ^ 2019年 国内作品分配額ベスト10(金・銀・銅賞関連)、日本音楽著作権協会、2019年。
    7. ^ 2019年JASRAC賞 「Hero」が金賞を受賞、日本音楽著作権協会、2019年。
    8. ^ 分配額ベスト10、日本音楽著作権協会、2020年。 (PDF)
    9. ^ 「ヒットソングを創った男たち~歌謡曲黄金時代の仕掛人」濱口英樹 (著)、シンコーミュージック、2018年12月18日発行、56-57ページ。
    10. ^ 「UQモバイル、だぞっ」UQ 新CMが10月25日より全国でオンエア開始 - UQコミュニケーションズ(2016年10月24日)
    11. ^ “柏木由紀&渡辺麻友が「UFO」 阿久悠トリビュート盤に吉田拓郎も参加”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年10月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2099778/full/ 2018年4月1日閲覧。 
    12. ^ 3回裏にPepper軍団によって歌唱されます。”. twitter.com. twitter.com (2020年11月25日). 2020年11月25日閲覧。

    関連項目編集

    外部リンク編集