メインメニューを開く

UNIDOL(ユニドル)は、UNIversity iDOLの略で、2012年に始まった女子大生アイドルコピーダンスサークルによる日本のダンス大会で、全国の大学から集結し、日本一の座をかけて争う『大学対抗 女子大生アイドル日本一決定戦』[1]である。ただしUNIDOL(ユニドル)のもう一つの意味として、UN(否定を表して、~でない)IDOLの略で『アイドルじゃないけど、カワイイ』。コンセプトは『普通の女子大生が、一夜限りの “アイドル”としてステージに立つ』。北海道関東東海関西九州の5エリアに分かれる。女子大生でアイドル活動をしている人をユニドルとは呼称しない。主催は学生団体UNIEVENTS。

UNIDOL
開始年 2012年
主催 学生団体UNIEVENTS
参加チーム数 約70チーム
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 東洋大学・Tomboys☆
最多優勝 東洋大学・Tomboys☆(5回)
サイト http://unidol.jp/
備考 お祭り公式アンバサダー:FES☆TIVE
テンプレートを表示

概要編集

大学対抗の女子大生アイドル日本一決定戦を趣旨に始まった。名称は、「UNIversity iDOL」から由来。元々上智大学のアイドルコピーダンスサークル・SPH48(現在のSPH mellmuse)の一期生のメンバーが「他の大学と一緒にアイドルコピーダンスイベントをやってみよう」と提案したことをきっかけに「普通の女子大生が“一夜限りのアイドル”としてステージに立つ機会を設けよう」と発足した。現在ではメインとなる年2回の大会と、1年生や初出場チームの大会「UNIDOL Fresh」、卒業生のラストステージとなる「UNIDOL 卒業コンサート」などのスピンオフイベントを開催。2018年のイベント総動員は23,000人を突破。

歴史編集

  • 2012年 - 9月に初回大会「第1回UNIDOL2012」が原宿アストロホールで開催された[2][3][4][5]。初代優勝校は武蔵大学のLollipopで、動員数は322名であった。
  • 2013年 - 第3回大会から初めて予選を開催。この大会の決勝で初めてアイドルがシークレットゲストとして招待された。またweb観客投票を試みるがサーバーダウンのため後日別会場で表彰式が行われる騒ぎとなった。以降は所定の投票用紙での観客投票(後述)が行われている。
  • 2014年 - 第4回大会から関東予選は2日制となり、関西予選の開催も始まる。第5回大会から九州予選も開始した。10月に新人戦にあたるFresh大会が初めて開催された。
  • 2015年 - 第6回大会から東海予選が開催される。年間動員数が1万人に到達[6]。第7回大会から関東予選は3日制になる。
  • 2016年 - 3月に卒業コンサートを初めてサンリオピューロランドで開催(以後毎年恒例となる)。第9回大会から北海道予選が開催。
  • 2017年 - 年間動員数が2万人に到達[7]
  • 2019年 - お祭り公式アンバサダーにFES☆TIVEが就任[8]

主な参加大学(2019年)編集

※50音順

北海道

公立はこだて未来大学札幌国際大学北翔大学北海学園大学北海道教育大学旭川校北海道文教大学北海道武蔵女子短期大学北星学園大学 ほか

関東

青山学院大学江戸川大学桜美林大学大妻女子大学お茶の水女子大学学習院大学神奈川大学北里大学慶應義塾大学國學院大學国際基督教大学駒澤大学相模女子大学、、実践女子大学首都大学東京上智大学芝浦工業大学成城大学専修大学聖心女子大学洗足学園大学玉川大学中央大学東京成徳大学東京理科大学東洋大学日本獣医生命科学大学日本女子大学法政大学武蔵大学立教大学立正大学早稲田大学和洋女子大学 ほか

東海

愛知大学愛知教育大学金城学院大学岐阜大学椙山女学園大学大同大学中京大学中部大学東海学園大学名古屋外国語大学名古屋女子大学南山大学 ほか

関西

追手門学院大学大阪大学大阪音楽大学大阪経済大学大阪産業大学大阪市立大学関西学院大学近畿大学京都大学京都産業大学京都女子大学京都造形芸術大学甲南大学神戸大学神戸国際大学神戸女子大学同志社大学同志社女子大学阪南大学龍谷大学大和大学 ほか

九州

九州産業大学久留米大学佐賀大学筑紫女学園大学西南学院大学福岡大学福岡女学院大学 ほか

大会内容編集

  • 時期

毎年夏・冬の2回の大会とスピンオフイベント(春のUNIDOL卒業コンサート・秋のUNIDOL Freshなど)が開催。冬の大会は12月から1月の年をまたがった日程で開催され、大会名も年を併記している。

  • ルール

各大学のチームが決められた持ち時間の中で、日本のアイドル曲のコピーダンスを披露する。決められた持ち時間の中であれば、セットリスト・構成は自由。

  • 審査方法

審査員審査と観客票審査の総合得点で審査される[9][10]

  • 審査員審査

審査員が「ダンス」・「表現力」・「個性」・「演出」・「魅了度」の5つの観点で各項目を20点満点で審査する。審査員は振付師・アイドルライター・芸能関係者などから選出される。[11]UNIDOL2017-18 Valentineでは博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダーの原田曜平が起用されるなどしている。

  • 観客票審査

ユニドルに来場した観客は入場時にシールを貼る形式の投票用紙を付与され、投票用紙1枚につき2チームに投票することができる。この投票用紙を集計して点数化することで行われるのが観客票審査である。この観客票審査と先述の審査員審査の点数を合計してチームの総合得点が決定される。また、スピンオフイベントであるUNIDOL2018 Freshでは「UNIDOL2013 Winter」以来となる電子投票が導入された。

  • チケット

チケットは前売り券と当日券の二種類が販売される。前売り券は出場者に直接問い合わせなければ購入することができない。また、当日券は当日の会場の状況で発券の有無が判断される。UNIDOL2017-18 Valentine 決勝戦/敗者復活戦 では、チケットの学生価格が導入された。この学生チケットを持っている入場者は入場時に学生証を提示する必要がある。

歴代優勝チーム編集

回数 大会名 優勝チーム 優勝大学 会場 動員数 シークレットゲスト
1 UNIDOL2012 Lollipop[12] 武蔵大学 原宿アストロホール 322人
2 UNIDOL2013 Spring Copia 明治大学 duo MUSIC EXCHANGE 850人
3 UNIDOL2013 Winter わこー!プロジェクト 早稲田大学 SHIBUYA-AX 1,831人 SUPER☆GiRLS[13]
4 UNIDOL2014 Summer SPH mellmuse[14] 上智大学 品川ステラボール 2,833人 ℃-ute[15]
5 UNIDOL2014-15 Winter Copia[16] 明治大学 ZeppDiverCity 5,015人 チーム・負けん気
6 UNIDOL2015 Summer わせ女なんて呼ばないで[17] 早稲田大学 ZeppDiverCity 6,511人 GEMCheeky Parade東京パフォーマンスドール[18]
7 UNIDOL2015-16 Winter Tomboys☆[19] 東洋大学 新木場STUDIO COAST 7,053人 ベイビーレイズJAPANJuice=Juice[20]
8 UNIDOL2016 Summer Copia[21] 明治大学 新木場STUDIO COAST 8,500人 アンジュルム[22]生ハムと焼うどん
9 UNIDOL2016-17 Winter Tomboys☆[23] 東洋大学 新木場STUDIO COAST 8,100人 アンジュルム・GEM[24]
10 UNIDOL2017 Summer 成城彼女[25] 成城大学 新木場STUDIO COAST 8,628人 NMB48・SUPER☆GiRLS[26]
11 UNIDOL2017-18 Winter Tomboys☆[27] 東洋大学 新木場STUDIO COAST 8,631人 チームしゃちほこわーすた[28]
12 UNIDOL2018 Summer SPH mellmuse[29] 上智大学 新木場STUDIO COAST 9,000人 まねきケチャラストアイドル[30]
13 UNIDOL2018-19 Winter Tomboys☆[31] 東洋大学 新木場STUDIO COAST 9,500人 SKE48[32]=LOVE[33]
14 UNIDOL2019 Summer Tomboys☆[8] 東洋大学 新木場STUDIO COAST わーすた[34]

主な審査員編集

主なMC編集

脚注編集

  1. ^ UNIDOL”. ⽇本学⽣アイドルプロジェクト. 2018年6月25日閲覧。
  2. ^ アイドルをコピーする」『My Way Your Way』。2018年5月26日閲覧。
  3. ^ SPA!. “女子大生アイドルコピーダンスイベント『UNIDOL』フォトレポート | 日刊SPA!” (日本語). 日刊SPA!. https://nikkan-spa.jp/299658 2018年6月1日閲覧。 
  4. ^ UNIDOLライブレポート(スマートフォン向けサイト『フジテレビ♪フジメロ』)”. フジテレビ♪フジメロ. 2018年6月1日閲覧。
  5. ^ 現役女子大生によるアイドルコピーダンス大会が開催 - Ameba News [アメーバニュース]」『Ameba News [アメーバニュース]』。2018年6月1日閲覧。
  6. ^ 年間動員数1万人. “女子大生アイドルサークル日本一は明治大学Copia!UNIDOLの女子高校生版も始動(2015年2月13日)”. ミニシアター通信. ミニシアター通信. 2015年2月13日閲覧。
  7. ^ 年間動員数2万人. “あらゆるアイドルグループ曲のダンスを、みんなでコピーしまくる「アイコピ」が神っ!(2018年5月10日)”. ビジネスジャーナル. ビジネスジャーナル. 2018年5月10日閲覧。
  8. ^ a b 【モデルプレス】女子大生アイドル日本一決定戦、東洋大学「Tomboys☆」が2期連続の優勝<UNIDOL2019 Summer>、2019年8月28日
  9. ^ Unidole Official Website” (日本語). Unidole Official Website. 2018年6月1日閲覧。
  10. ^ ミユミユ 🐹 SPH mellmuse on Twitter」『Twitter』。2018年6月1日閲覧。
  11. ^ 日本テレビ系「ZIP!」2018年2月15日放送
  12. ^ 【大会レポート】第一回UNIDOL(ユニドル)を開催フレオ、2015年8月6日
  13. ^ 【大会レポート】SUPER☆GiRLSも応援! 女子大生アイドル日本一決定戦“UNIDOL”開催!!ザテレビジョン、2013年12月18日
  14. ^ 【大会レポート】ユニドル2014:女子大生アイドル日本一は上智大の「SPH mellmuse」MANTAN WEB、2015年7月19日
  15. ^ 【大会レポート】女子大生アイドル日本一決定戦のステージに℃-uteサプライズ降臨BARKS、2014年7月10日
  16. ^ 【大会レポート】「ユニドル」全国大会で優勝! 明治大学Copiaの素顔を直撃ガジェット通信、2015年3月8日
  17. ^ 【大会レポート】ユニドル2015夏、早稲田大「わせよば」が優勝!ミニシアター通信、2015年8月29日
  18. ^ 【大会レポート】女子大生コピーダンス大会『UNIDOL』 日本一に早稲田大学。ゲストに東京パフォーマンスドール、Cheeky Parade、GEMが登場し、パフォーマンスを披露オリコン、2015年9月2日
  19. ^ 【大会レポート】ユニドル2015-16W、東洋大学Tomboysがハイレベルの熱戦を制し初優勝ミニシアター通信、2016年2月16日
  20. ^ 【大会レポート】ベイビーレイズJAPANがUNIDOL Winter 2015-16にシークレットゲストで登場!WWSチャンネル、2016年2月17日
  21. ^ 【大会レポート】アイドルよりもアイドルらしい女子大生ダンスコンテスト UNIDOL 2016 Summer決勝戦 優勝は明治大学「Copia」に決定!日刊エンタメクリップ、2016年9月4日
  22. ^ 【大会レポート】アンジュルム、JDアイドルに格の違いを見せつけた!?ザ・テレビジョン、2016年8月31日
  23. ^ 【大会レポート】ユニドル優勝のTomboys☆(東洋大学)、なぜ強い?ミニシアター通信、2017年2月20日
  24. ^ 【大会レポート】GEMが『UNIDOL 2016-17 Winter』のシークレットゲストで登場!新曲『Sugar Baby』など披露!WWSチャンネル、2017年2月22日
  25. ^ 【大会レポート】UNIDOL(ユニドル)初優勝の成城彼女「今後は圧倒的勝利を」、大会2連覇にも意欲ミニシアター通信、2017年9月5日
  26. ^ 【大会レポート】NMB48、UNIDOLイベントで「アイドルとして負けていられない」ドワンゴジェイピーNEWS、2017年8月29日
  27. ^ 【大会レポート】ユニドル、東洋大学「Tomboys☆」が優勝…2位は早稲田大学「ももキュン☆」&上智大学「SPH mellmuse」ミニシアター通信、2018年2月16日
  28. ^ 【新聞記事】わーすた、ユニドルに感激「会えてうれしかった」日刊スポーツ、2018年2月14日
  29. ^ 【大会レポート】女子大生アイドル日本一決定戦、上智大学「SPH mellmuse」が優勝<UNIDOL2018 夏の陣>モデルプレス、2018年8月24日
  30. ^ 【大会レポート】まねきケチャ&ラストアイドル、女子大生のアイドルダンスに刺激「甘えてられない」<UNIDOL2018 夏の陣>モデルプレス、2018年8月24日
  31. ^ 【大会レポート】女子大生アイドル日本一決定戦、東洋大学「Tomboys☆」が冬大会4連覇<MISS UNIDOL CONTEST 2018-2019>,モデルプレス、2019年2月14日
  32. ^ 【大会レポート】SKE48、サプライズ出演で沸かす 女子大生が熱狂<MISS UNIDOL CONTEST 2018-2019>,モデルプレス、2019年2月13日
  33. ^ 【大会レポート】=LOVE、女子大生のパフォーマンスに驚き「本物のアイドルなんじゃないかと…」<MISS UNIDOL CONTEST 2018-2019>,モデルプレス、2019年2月13日
  34. ^ 【大会レポート】わーすた<フォトライブレポート>シークレットゲストとして魅せた圧倒的存在感<UNIDOL 2019 Summer 決勝戦>

運営事務局編集

関連イベント編集

外部リンク編集