UTエアー: «Авиакомпания «ЮТэйр»)はロシアハンティ・マンシースクに本拠地を置く航空会社である。ロシア国内以外にもウクライナスロバキアアルメニアペルーインド南アフリカにも子会社及び拠点を持つ。

UTエアー
UTair Aviation
UTair logo 2.svg
IATA
UT
ICAO
UTA
コールサイン
UTAIR
設立 1967年2月
ハブ空港 ハンティ・マンシースク空港
スルグト国際空港
スィクティフカル空港
ヴヌーコヴォ国際空港
ロシノ国際空港
ノヤブリスク空港
マイレージサービス STATUS
保有機材数 67機(64機発注中)
就航地 72都市
本拠地 ロシアの旗 ロシアハンティ・マンシースク
代表者 アンドレイ・マトロソフ (MD)
外部リンク http://www.utair.ru/
テンプレートを表示

沿革編集

前身は、1967年2月に設立されたアエロフロート・ロシア航空のチュメニ総局である。ソビエト連邦が1991年に崩壊した後、チュメニアヴィアトランス航空 (Tyumenaviatrans Aviation, TAT) になり、その後2003年に社名が現在のUTエアーになった。

2014年11月、UTエアーは資金難に陥り債権を支払えなくなった[1]。2015年4月、UTエアーは財政難により保有機材を50機以上減らすと発表した[2]。24機のスホーイ・スーパージェット100の発注も取り消した[3]。数週間後には、子会社の地域航空会社UTエアー・エクスプレス英語版が運航を停止した[4]

2015年12月、UTエアーは子会社のレジャー航空会社アズール・エアトルコの観光会社アネックス・ツーリズム・グループ(Anex Tourism Group、数週間前にUTエアー・ウクライナ英語版も買収)に売却した[5]

2017年10月31日、UTエアーはブランド変更英語版を行い、社名を"UTair Aviation"から"Utair"に変更すると発表した[6]

2020年4月から5月初めまで、UTエアーはCOVID-19の感染の拡大に伴う検疫措置で搭乗できなかった乗客の航空券の払い戻しを拒否した。現在、UTエアーに対する集団訴訟が進行している[7]

就航都市編集

UT Air就航都市(2020年4月現在)[8]
都市 空港 備考
ヨーロッパ
  ロシア 中央連邦管区
モスクワ ヴヌーコヴォ国際空港 ハブ空港
北西連邦管区
サンクトペテルブルク プルコヴォ空港
南部連邦管区
ロストフ・ナ・ドヌ プラトフ国際空港
ヴォルゴグラード ヴォルゴグラード国際空港
クラスノダール クラスノダール国際空港
アストラハン ナリマノヴォ空港
ソチ ソチ空港
グロズヌイ グロズヌイ空港
アナパ ヴィチャゼヴォ空港
マガス マガス空港
北カフカース連邦管区
マハチカラ ウィタシュ空港
スタヴロポリ シュパコフスコエ空港
ウラジカフカス ベスラン空港
ミネラーリヌィエ・ヴォードィ ミネラーリヌィエ・ヴォードィ空港
沿ヴォルガ連邦管区
サマーラ クルモチ国際空港
カザン カザン国際空港
ウファ ウファ国際空港
ウラル連邦管区
エカテリンブルク コルツォヴォ国際空港
チュメニ ロシチノ空港
スルグト スルグト国際空港
クルガン クルガン空港
ニジネヴァルトフスク ニジネヴァルトフスク空港
ハンティ・マンシースク ハンティ マンシースク空港
コガリム コガリム空港
ニャガン ニャガン空港
ウライ英語版 ウライ空港
ソヴェツキー英語版 ソヴェツキー空港
ベロヤルスキー英語版 ベロヤルスク空港
イグリム英語版 イグリム空港
ベリョーゾボ英語版 ベリョーゾボ空港
シベリア連邦管区
ノヴォシビルスク トルマチョーヴォ空港
オムスク オムスク中央空港
クラスノヤルスク イェメリャノヴォ空港
イルクーツク イルクーツク国際空港
ノヤブリスク ノヤブリスク空港
極東連邦管区
アナディリ ウゴリヌイ空港
  ドイツ ベルリン ベルリン・テーゲル空港
  オーストリア ウィーン ウィーン国際空港
  ラトビア リガ リガ国際空港
  ギリシャ テッサロニキ テッサロニキ・マケドニア国際空港
  アルメニア エレバン ズヴァルトノッツ国際空港
  ベラルーシ ミンスク ミンスク・ナショナル空港
中央アジア
  ウズベキスタン タシュケント タシュケント国際空港
サマルカンド サマルカンド国際空港
ブハラ ブハラ国際空港
フェルガナ フェルガナ国際空港
  タジキスタン ドゥシャンベ ドゥシャンベ空港
ホジェンド ホジェンド空港
西アジア
  アゼルバイジャン ギャンジャ ギャンジャ国際空港
ナヒチェヴァン ナヒチェヴァン国際空港
バクー ヘイダル・アリエフ国際空港

コードシェアパートナー編集

[9]

機材編集

現役機材編集

 
ATR42
 
国連人道支援航空サービスのために運航される737-500
UT Air 機材一覧[10]
機材 運用機材 発注機数 座席数 備考
C Y 注釈
ATR 72-500 15 70 70 [11]
ボーイング737-400 6 6 144 150 [12]
ボーイング737-500 30 8 108 116 [13]
126 126
ボーイング737-800 10 8 165 173 [14]
186 186
ボーイング737 MAX 7 30 TBA ボーイング737-400/-500後継機[15]
ボーイング737 MAX 8 TBA
Boeing 767-200ER 3 249 249 [16]
Total 65 30

その他にもヘリコプターを保有している。

退役機材編集

UT Air 退役機材一覧[17]
機種 運航開始 退役 備考
エアバスA321-200 2013 2015
アントノフAn-24 1993 2014
ATR 42-300 2005 2014
ボンバルディア CRJ100LR 2010 2014
ボンバルディア CRJ200LR 2010 2014
Boeing 757-200 2010 2015
ツポレフ Tu-134 1999 2014
ツポレフ Tu-154M 1992 2014
ヤコヴレフ Yak-40 1992 2012
ヤコヴレフ Yak-42 2006 2013


事故編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Doff, Natasha (2014年11月20日). “UTair Misses Bond Payment in Russia Funding-Crunch Sign”. Bloomberg. https://www.bloomberg.com/news/2014-11-20/russia-s-utair-airline-misses-2-7-billion-ruble-bond-payment.html 
  2. ^ 44 Flugzeuge weniger: Utair dezimiert Flotte - aeroTELEGRAPH”. aeroTELEGRAPH. 2015年11月4日閲覧。
  3. ^ “Superjet Boost”. Airliner World: 10. (October 2015). 
  4. ^ Russia suspends UTair-Express' AOC”. ch-aviation. 2015年11月4日閲覧。
  5. ^ ch-aviation.com - Russia's UTair Group offloads Azur Air unit to Turkey's ATG 7 December 2015
  6. ^ Авиакомпания "ЮТэйр" - Встречайте новый Utair” (ロシア語). www.utair.ru. ПАО «Авиакомпания «ЮТэйр». 2017年11月1日閲覧。
  7. ^ Форум авиокомпании Utair” (ロシア語). forum.airlines-inform.ru. 2020年5月4日閲覧。
  8. ^ UTエア・アビエーション 就航都市・路線一覧”. Flyteam. 2020年4月5日閲覧。
  9. ^ UT Air Airlines-partners”. UT Air. 2020年4月5日閲覧。
  10. ^ UTair Aviation Fleet Details and History”. Planespotters.net. 2020年4月5日閲覧。
  11. ^ ATR 72-500 Salon scheme”. UT Air. 2020年4月5日閲覧。
  12. ^ Boeing 737-400 Salon scheme”. UT Air. 2020年4月5日閲覧。
  13. ^ Boeing 737-500 Salon scheme”. UT Air. 2020年4月5日閲覧。
  14. ^ Boeing 737-800 Salon scheme”. UT Air. 2020年4月5日閲覧。
  15. ^ Russia’s UTair unveiled as customer for 30 Boeing 737MAXs”. Russian Aviation Insider. 2020年4月5日閲覧。
  16. ^ Boeing 767-200 Salon scheme”. UT Air. 2020年4月5日閲覧。
  17. ^ UTair Aviation Fleet Details and History”. Planespotters.net. 2020年4月5日閲覧。
  18. ^ [“ロシアのUTエアのATR72が墜落-乗員乗客43名が死傷”. Flyteam. (2012年4月2日). http://flyteam.jp/news/article/9384 
  19. ^ Bernwald, Stanislav (2020年2月9日). “Жесткая посадка самолета "ЮТэйр": версии” [UTair hard landing: versions] (ロシア語). vesti.ru. 2020年6月25日閲覧。
  20. ^ "Боинг" ударился о полосу при приземлении: возбуждено дело” [“Boeing” hit the lane when landing: a lawsuit] (ロシア語). vesti.ru (2020年2月9日). 2020年6月25日閲覧。

外部リンク編集