メインメニューを開く
ユーフォーテーブル > ufotable CINEMA

ufotable CINEMA(ユーフォーテーブル・シネマ)は、徳島県徳島市東新町商店街にある映画館である。運営は、徳島にスタジオを構えるアニメ制作会社ufotableが行っている。

ufotable CINEMA
Ufotable CINEMA in Tokushima city.JPG
情報
正式名称 ufotable CINEMA
完成 2012年3月18日
客席数 79席
29席
設備 5.1chデジタルサウンドDLP
用途 映画上映
運営 ufotable
所在地 770-0912
徳島県徳島市東新町一丁目5番地3
位置 北緯34度4分14.3秒
東経134度32分51.4秒
座標: 北緯34度4分14.3秒 東経134度32分51.4秒
アクセス JR徳島駅より徒歩約5分。
徳島市営バス新町」より徒歩すぐ。
外部リンク www.ufotable.com/cinema/

概要編集

徳島をアニメ文化発信の拠点にしようと2012年3月18日マクドナルド徳島店跡地にアニメ専門の映画館としてオープン[1]。設計はナカノジロウ建築デザイン事務所、施工は姫野組が行った[2]

オープンに伴ってそれまでポッポ街商店街にあったアニメイト徳島店が本館地下1階に移転した。オープンには徳島県知事飯泉嘉門声優能登麻美子がゲスト出演した。またアニメ振興を図る文化庁が始めたプロジェクト「アニメミライ」の4作品を先行上映した。

映画館は徳島市内にスタジオを置くアニメ制作会社ufotableが運営する。制作プロダクションが映画館の運営を行うのは日本初である[3]。徳島市出身で代表の近藤光が市活性化に貢献しようと計画した[4]。アニメ専門の映画館ではあるが、アニメ映画以外の映画作品も上演されている[5]。また、3階にはマチ★アソビを運営する「NPO法人マチ★アソビ」の事務所があり、映画館自体もマチ★アソビ開催時にはイベント施設として利用される。

徳島市内の映画館は2003年徳島東映2005年徳島東宝2006年徳島ホール2009年シネアルテが閉館し、全国で唯一映画館の存在しない県庁所在地となっていたが[6]、6年ぶりに市内中心地に常設の映画館が完成した。2017年4月27日イオンシネマ徳島イオンモール徳島内)がオープンするまでは、徳島市内唯一の常設映画館であった。

館内編集

B1
1F
  • フロントデスク、フードコーナー、グッズコーナー、カフェスペース
2F
  • シアター1、シアター2
3F
  • NPO法人マチ★アソビ 事務所

交通編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集