メインメニューを開く

Universal Binary(ユニバーサルバイナリ)は、アップルが開発した、互換性のない2種類のCPUPowerPCx86)でソフトウェアを動作させることができるようにするためのバイナリである。自社で販売しているパーソナルコンピュータMacintosh」に搭載されているCPUを、PowerPCからインテルx86に移行するにあたって発表された。更にmacOSにおける32ビット64ビットの過渡期においては、32ビットバイナリと64ビットバイナリを混在させるためにも利用されている。ユーザ側はアプリケーションのビット数を気にすることなく利用することができる。

実行ファイルにはCPUを判定するJavaバイトコードとCPUに合わせたオブジェクトファイルが組み込まれており、アプリケーションが起動されるときに適切なオブジェクトファイルだけを実行している。

関連項目編集

外部リンク編集