メインメニューを開く

V・チャレンジマッチ(ブイチャレンジマッチ)は、日本バレーボールリーグ機構が主催する、1部(プレミアリーグ)下位チームと2部(チャレンジリーグI)上位チームが対戦し来季のプレミアリーグ出場を決める入替戦である。本項ではVチャレンジリーグIとチャレンジリーグIIの入替戦(V・チャレンジリーグ入替戦)においても記述している。

目次

大会概要編集

ポイント制が導入された2014/15シーズン以降の試合方法は次の通り[1]

  • 対戦カード(男女とも)
    • Vプレミアリーグ 7位チーム対VチャレンジリーグI 2位チーム
    • Vプレミアリーグ 8位チーム対VチャレンジリーグI 1位チーム
  • 勝者の決定方法
    • 上記の組み合わせで2試合を行う。
    • 2試合の合計ポイントが高いチームを勝者とする。
    • ポイントが同じ場合には、勝率、セット率、得点率の順に比較する。
    • 勝率・セット率・得点率が同じ場合には、プレミアリーグ所属チームが勝者となる。

ポイント制が導入される以前の2013/14シーズンの勝者決定方法は次の通り[2]

  • 2試合の結果、勝率の高いチームを勝者とする。
  • 勝率が同じ場合(1勝1敗になった場合)、セット率が高いチームが勝者となる。
  • 勝率・セット率が同じ場合には、得点率が高いチームが勝者となる。
  • 勝率・セット率・得点率が同じ場合には、プレミアリーグ所属チームが勝者となる。

プレミアリーグのチームが勝利した場合、来シーズンもプレミアリーグ出場すなわち残留となるが、VチャレンジリーグIのチームが勝利した場合、Vリーグ理事会で審査があるため直ちに昇格が決定するわけではない[3]

歴史編集

1967年5月から8月にかけ第1回日本リーグが行われた。翌年2月に第2回日本リーグの出場チームを決めるべく、「第2回日本リーグ出場チーム選考大会」(兼全日本実業団男女優勝大会)が開催された[4]。この大会が入替戦の原形となる。大会方式は、第1回リーグの6位チームを含めた実業団強豪チームによる予選トーナメントと上位4強による決勝リーグの組み合わせであった。第1回男子リーグ6位であった住友金属は決勝リーグで勝利し残留となったが、女子リーグ6位であった林兼産業富士フイルムに予選トーナメントで敗れる波乱があり、決勝リーグでは倉紡倉敷が勝利して第2回リーグの出場権を手に入れた[5]

1部リーグ(日本リーグ)と2部リーグ(全国実業団バレーボールリーグ、通称実業団リーグ)の入替戦が始まったのは、2部リーグが始まった翌年の1970年度からで、「日本リーグ出場チーム決定戦」と称した[6]。以降原則として毎年開催されている。

第14回日本リーグから出場チームが8チームに増加するため、1979/80年シーズン終了後の入替戦は行わず、実業団リーグ1位・2位のチームが自動昇格となった。自動昇格したチームは下記の通り。

続く1980/81シーズン終了後の入替戦からは制度が改定され、日本リーグ最下位は実業団リーグに自動降格。実業団リーグ1位は日本リーグに自動昇格となった。入替戦は日本リーグ最下位から2番目のチームと実業団リーグ2位チームの対戦方式となっている。この方式はVリーグ発足後の1996/97シーズンの入替戦まで継続された。

1997/98シーズン終了後の入替戦は、Vリーグの10チーム化に伴い実業団リーグ1位・2位チームが自動昇格となった。自動昇格したチームは下記の通り。

続く1998/99シーズンからはこれまでの自動昇格降格制度を廃止して、従来の方式すなわちVリーグ下位2チームとV1リーグ上位2チームが対戦する大会方式に戻った。ただし、この年の女子はVリーグ10位(最下位)の小田急ジュノーが休部となったため、これを除く3チームによるリーグ戦を行い上位2チームが次期リーグ出場権を獲得する方式とした。

2001/02シーズン終了後の男子入替戦では、Vリーグ9位のNTT西日本レグルスが休部となったため、Vリーグ最下位及びV1リーグ1-3位のチームが出場した。

Vリーグ発足後は「Vリーグ出場チーム決定戦」と称したが、2007/08シーズンからは、現在の「V・チャレンジマッチ」の名称となった。

2008/09シーズン終了後のV・チャレンジマッチ女子は、次期シーズンの女子プレミアリーグ参加チーム数が8チームに削減されるのに伴い、プレミアリーグ8位・9位・10位とチャレンジリーグ1位の4チームが参加し、サドンデスのトーナメント戦を行い1チームのみが次期プレミアの出場権を獲得する方式で行われた[7]

2014/15シーズンから「3-2-1」方式のポイント制導入に伴い、勝者決定方法が2試合の合計ポイント-勝率-セット率-得点率に変更された[8]

2016/17シーズンからプレミアリーグで導入されたビデオ判定システム(チャレンジシステム)がV・チャレンジマッチにも導入された[9]

得点率による決着編集

前述の通り、勝敗は勝率・セット率・得点率の順で比較するが、入替戦史上初めて得点率勝負となったのは、1975年5月に行われた住友軽金属(日本リーグ5位)とサントリー(実業団リーグ2位)の試合である[10]

リーグ・順位 チーム 得セット 失セット セット率 得点 失点 得点率
日本リーグ5位 住友軽金属 1 1 4 4 1.000 99 106 0.93396
実業団リーグ2位 サントリー 1 1 4 4 1.000 106 99 1.07071

得失点差は7点であったが、後に専門誌では「得点率の僅差で突破」と紹介されている[11]

サイドアウト制において得失点差が最小であったのが、1981年4月に行われた三洋電機(日本リーグ7位)と電電神戸(実業団リーグ2位)の試合である[12]。2試合ともフルセットにもつれこむ接戦であったが、得失点差1点でわずかに電電神戸に軍配が上がった。

リーグ・順位 チーム 得セット 失セット セット率 得点 失点 得点率
日本リーグ7位 三洋電機 1 1 5 5 1.000 128 129 0.99225
実業団リーグ2位 電電神戸 1 1 5 5 1.000 129 128 1.00781

ラリーポイント制となった1999年度以降で得失点差が最小であったのは、2013年4月に行われたデンソー・エアリービーズ(プレミアリーグ7位)と日立リヴァーレ(チャレンジリーグ2位)の試合で[13]、得失点差は2点であった。

リーグ・順位 チーム 得セット 失セット セット率 得点 失点 得点率
プレミアリーグ7位 デンソー・エアリービーズ 1 1 4 4 1.000 172 174 0.98551
チャレンジリーグ2位 日立リヴァーレ 1 1 4 4 1.000 174 172 1.01163

なお2017年現在、得点率まで同じであったケースは発生していない。

結果一覧編集

男子編集

日本リーグ編集

太字 は勝利・昇格チーム
No. 年度 開催年月日 日本リーグ スコア 実業団リーグ 備考
順位 チーム名 順位 チーム名
日本リーグ5位×実業団リーグ2位、日本リーグ6位×実業団リーグ1位の入れ替え戦
1 1970年度[6] 1971年6月12-13日 5位 新日鐵堺 1-3 2位 住友軽金属
2-3
6位 旭化成旭陽会 3-0 1位 住友金属
3-1
2 1971年度[14] 1972年9月30日-10月1日 5位 専売広島 3-2 2位 住友金属
3-0
6位 住友軽金属 3-0 1位 東レ九鱗会
3-2
3 1972年度[15] 1973年7月21-22日 5位 旭化成旭陽会 3-1 2位 東レ九鱗会 セット率による
2-3
6位 住友軽金属 0-3 1位 新日鐵堺
0-3
4 1973年度[16] 1974年5月4-5日 5位 富士フイルム 3-1 2位 住友金属
3-0
6位 旭化成 0-3 1位 住友軽金属
2-3
5 1974年度[10] 1975年5月3-4日 5位 住友軽金属 3-1 2位 サントリー 得点率による
(得失点差 7)
1-3
6位 松下電器 1-3 1位 東レ九鱗会
2-3
6 1975年度[17] 1976年9月5-6日 5位 東レ九鱗会 3-1 2位 住友軽金属
3-2
6位 専売広島 3-0 1位 旭化成
3-1
7 1976年度[18] 1977年3月26-27日 5位 東レ九鱗会 3-0 2位 住友金属
3-2
6位 サントリー 2-3 1位 松下電器
0-3
8 1977年度[19] 1978年3月25-26日 5位 富士フイルム 3-2 2位 住友金属
3-1
6位 東レ九鱗会 2-3 1位 サントリー セット率による
3-1
9 1978年度[20] 1979年4月7-8日 5位 松下電器 3-2 2位 住友金属
3-2
6位 東レ九鱗会 2-3 1位 サントリー
0-3
10 1979年度 日本リーグ8チーム化に伴い、入替戦は未実施。
1980年度より日本リーグ最下位の自動降格、実業団リーグ1位の自動昇格制を採用、入れ替え戦は日本リーグ5位×実業団リーグ2位のみ
11 1980年度[12] 1981年4月4-5日 7位 サントリー 3-1 2位 帝人三原
3-0
12 1981年度[21] 1982年4月3-4日 7位 住友金属 1-3 2位 日本電気
0-3
13 1982年度[22] 1983年4月2-3日 7位 神戸製鋼 1-3 2位 東レ九鱗会 得点率による
(得失点差 5)
3-1
14 1983年度[23] 1984年3月31日-4月1日 7位 住友金属 3-1 2位 東レ九鱗会
3-0
15 1984年度[24] 1985年3月23-24日 7位 日本電気 3-1 2位 東レ九鱗会 得点率による
(得失点差 3)
1-3
16 1985年度[25] 1986年3月29-30日 7位 日本電気 3-0 2位 コスモ大協
3-1
17 1986年度[26] 1987年3月28-29日 7位 住友金属 3-1 2位 日本電気ホームエレクトロニクス
3-0
18 1987年度[27] 1988年3月26-27日 7位 日本電気 3-1 2位 松下電器
3-0
19 1988年度[28] 1989年3月25-26日 7位 サントリー 2-3 2位 象印 セット率による
3-0
20 1989年度[29] 1990年3月17-18日 7位 松下電器 3-1 2位 旭化成
3-0
21 1990年度[30] 1991年3月23-24日 7位 東レ九鱗会 2-3 2位 NKK セット率による
3-0
22 1991年度[31] 1992年3月21-22日 7位 象印 3-2 2位 松下電器 セット率による
0-3
23 1992年度[32] 1993年3月27-28日 7位 サントリー 3-0 2位 旭化成
3-0
24 1993年度[33] 1994年3月26-27日 7位 JTサンダーズ 2-3 2位 NKKナイツ セット率による
3-1

Vリーグ編集

太字 は勝利・昇格チーム
No. 年度 開催年月日 Vリーグ スコア 実業団リーグ 備考
順位 チーム名 順位 チーム名
25 1994年度[34] 1995年3月11-12日 7位 NECブルーロケッツ 3-0 2位 旭化成スパーキッズ
3-1
26 1995年度[35] 1996年3月9-10日 7位 富士フイルム・プラネッツ 3-1 2位 象印タフボーイズ
3-0
27 1996年度[36] 1997年3月15-16日 7位 富士フイルム・プラネッツ 3-0 3位[37] コスモ石油
3-0
No. 年度 開催年月日 Vリーグ スコア V1リーグ 備考
順位 チーム名 順位 チーム名
28 1997年度 Vリーグ10チーム化に伴い、入替戦は未実施。
1998年度より自動昇格・降格制を廃止、Vリーグ5位×V1リーグ2位、Vリーグ6位×V1リーグ1位の入れ替え戦に変更
29 1998年度[38] 1999年3月13-14日 9位 豊田合成トレフェルサ 3-2 2位 NTT東北
3-0
10位 旭化成スパーキッズ 1-3 1位 日立国分 セット率による
3-0
30 1999年度[39] 2000年3月11-12日 9位 豊田合成トレフェルサ 0-3 2位 日立国分トルメンタ
1-3
10位 旭化成スパーキッズ 3-1 1位 NCI
3-2
31 2000年度[40] 2001年3月17-18日 9位 日立国分トルメンタ 3-1 2位 NTT東日本宮城
3-2
10位 NTT西日本レグルス 3-1 1位 豊田合成トレフェルサ
3-2
2001年度はVリーグ9位のNTT西日本レグルスの休部に伴い変則的入れ替え戦を採用。
Vリーグ10位×V1リーグ3位の入れ替え戦、V1リーグ1位×V1リーグ2位のVリーグ参入決定戦
32 2001年度[41] 2002年3月16-17日 10位 日立国分トルメンタ 3-0 V1-3位 東京ガス
3-0
V1-1位 豊田合成トレフェルサ 3-0 V1-2位 TOYO TIRES
3-0
33 2002年度[42] 2003年3月15-16日 7位 豊田合成トレフェルサ 3-0 2位 東京ヴェルディ
3-0
8位 旭化成スパーキッズ 3-0 1位 東京ガス
3-1
34 2003年度[43] 2004年3月13-14日 7位 東レ・アローズ 3-1 2位 警視庁
3-1
8位 旭化成スパーキッズ 3-0 1位 FC東京
3-0
35 2004年度[44] 2005年3月12-13日 7位 豊田合成トレフェルサ 3-0 2位 東京ヴェルディ
3-0
8位 旭化成スパーキッズ 3-0 1位 FC東京
3-0
36 2005年度[45] 2006年3月11-12日 7位 豊田合成トレフェルサ 3-2 2位 東京ヴェルディ
3-0
8位 旭化成スパーキッズ 3-0 1位 三好循環器科EKG大分
3-0

プレミアリーグ編集

太字 は勝利・昇格チーム
No. シーズン 開催年月日 プレミアリーグ スコア チャレンジリーグ 備考
順位 チーム名 順位 チーム名
37 2006/07[46] 2007年4月14-15日 7位 NECブルーロケッツ 3-2 2位 東京ヴェルディ
3-0
8位 大分三好ヴァイセアドラー 3-1 1位 FC東京
3-0
38 2007/08[47] 2008年4月12-13日 7位 NECブルーロケッツ 3-0 2位 警視庁
3-0
8位 大分三好ヴァイセアドラー 3-1 1位 FC東京
3-3
39 2008/09[48] 2009年4月4-5日 7位 NECブルーロケッツ 3-1 2位 富士通
3-1
8位 大分三好ヴァイセアドラー[49] 0-3 1位 FC東京 セット率による
3-1
40 2009/10[50] 2010年4月3-4日 7位 大分三好ヴァイセアドラー 3-0 2位 富士通カワサキレッドスピリッツ
3-0
8位 FC東京 3-0 1位 ジェイテクトSTINGS
3-0
41 2010/11 東日本大震災の影響により中止[51]
42 2011/12[52] 2012年3月31日-4月1日 7位 JTサンダーズ 3-1 2位 ジェイテクトSTINGS
3-1
8位 大分三好ヴァイセアドラー 1-3 1位 つくばユナイテッドSun GAIA セット率による
3-0
43 2012/13[13] 2013年4月6-7日 7位 FC東京 3-2 2位 つくばユナイテッドSun GAIA
3-1
8位 大分三好ヴァイセアドラー 3-0 1位 ジェイテクトSTINGS 得点率による
(得失点差 9)
0-3
44 2013/14[53] 2014年4月5-6日 7位 FC東京 3-0 2位 大分三好ヴァイセアドラー
3-0
8位 ジェイテクトSTINGS 3-0 1位 警視庁フォートファイターズ
3-0
45 2014/15[54] 2015年3月28-29日 7位 東レ・アローズ 3-0 2位 富士通カワサキレッドスピリッツ
3-1
8位 FC東京 3-2 1位 大分三好ヴァイセアドラー
3-1
No. シーズン 開催年月日 プレミアリーグ スコア チャレンジリーグI 備考
順位 チーム名 順位 チーム名
46 2015/16[55] 2016年3月5-6日 7位 サントリーサンバーズ 3-1 2位 大分三好ヴァイセアドラー
3-0
8位 FC東京 3-0 1位 富士通カワサキレッドスピリッツ
3-1
47 2016/17[56] 2017年3月11-12日 7位 JTサンダーズ 3-0 2位 富士通カワサキレッドスピリッツ
3-1
8位 FC東京 3-0 1位 大分三好ヴァイセアドラー
3-1

女子編集

日本リーグ編集

太字 は勝利・昇格チーム
No. 年度 開催年月日 日本リーグ スコア 実業団リーグ 備考
順位 チーム名 順位 チーム名
1 1970年度[6] 1971年6月12-13日 5位 倉紡倉敷 0-3 2位 富士フイルム
0-3
6位 全鐘紡 3-1 1位 三洋電機 セット率による
2-3
2 1971年度[14] 1972年9月30日-10月1日 5位 全鐘紡 3-0 2位 倉紡倉敷
3-1
6位 富士フイルム 0-3 1位 三洋電機
0-3
3 1972年度[15] 1973年7月21-22日 5位 鐘紡 3-0 2位 倉紡倉敷
3-0
6位 東洋紡守口 0-3 1位 富士フイルム
1-3
4 1973年度[16] 1974年5月25-26日 5位 富士フイルム 3-0 2位 東洋紡守口
3-1
6位 ユニチカ貝塚 2-3 1位 倉紡倉敷 セット率による
3-0
5 1974年度[10] 1975年5月10-11日 5位 ユニチカ貝塚 3-0 2位 東洋紡守口
3-0
6位 三洋電機 3-0 1位 倉紡倉敷 セット率による
1-3
6 1975年度[57] 1976年3月6-7日 5位 鐘紡 3-0 2位 東洋紡守口
3-1
6位 富士フイルム 3-0 1位 倉紡倉敷 セット率による
1-3
7 1976年度[18] 1977年3月26-27日 5位 ヤシカ 1-3 2位 東洋紡守口
0-3
6位 富士フイルム 3-0 1位 久光製薬 セット率による
1-3
8 1977年度[19] 1978年3月25-26日 5位 富士フイルム 3-0 2位 ヤシカ セット率による
1-3
6位 三洋電機 3-2 1位 久光製薬
3-0
9 1978年度[20] 1979年4月7-8日 5位 富士フイルム 3-0 2位 ソニー大崎
3-0
6位 三洋電機 1-3 1位 日本電気
0-3
10 1979年度 日本リーグ8チーム化に伴い、入替戦は未実施。
1980年度から日本リーグ最下位の自動降格、実業団リーグ1位の自動昇格制を採用、入れ替え戦日本リーグ5位×実業団リーグ2位のみ
11 1980年度[12] 1981年4月4-5日 7位 三洋電機 3-2 2位 電電神戸 得点率による
(得失点差 1)
2-3
12 1981年度[21] 1982年4月3-4日 7位 富士フイルム 1-3 2位 日立茂原
0-3
13 1982年度[22] 1983年4月2-3日 7位 日立茂原 1-3 2位 電電神戸
0-3
14 1983年度[23] 1984年3月31日-4月1日 7位 電電近畿神戸 1-3 2位 富士フイルム
2-3
15 1984年度[24] 1985年3月23-24日 7位 富士フイルム 3-0 2位 倉紡倉敷
3-0
16 1985年度[25] 1986年3月29-30日 7位 東洋紡 3-1 2位 日立茂原
3-1
17 1986年度[26] 1987年3月28-29日 7位 カネボウ 3-2 2位 東芝京浜
3-2
18 1987年度[27] 1988年3月26-27日 7位 カネボウ 3-1 2位 東洋紡
3-1
19 1988年度[28] 1989年3月25-26日 7位 日本電装 1-3 2位 富士フイルム
2-3
20 1989年度[29] 1990年3月17-18日 7位 東洋紡 3-0 2位 久光製薬
3-1
21 1990年度[30] 1991年3月23-24日 7位 東芝 3-1 2位 クラボウ セット率による
2-3
22 1991年度[31] 1992年3月21-22日 7位 日本電気 3-0 2位 関西日本電気
3-0
23 1992年度[32] 1993年3月27-28日 7位 東洋紡 3-2 2位 富士フイルム
3-0
24 1993年度[33] 1994年3月26-27日 7位 NEC関西レイクスターズ 2-3 2位 久光製薬スプリングス
0-3

Vリーグ編集

太字 は勝利・昇格チーム
No. 年度 開催年月日 Vリーグ スコア 実業団リーグ 備考
順位 チーム名 順位 チーム名
25 1994年度[34] 1995年3月11-12日 7位 日本電装エアリービーズ 3-1 2位 東洋紡オーキス 得点率による
(得失点差 9)
1-3
26 1995年度[35] 1996年3月9-10日 7位 小田急ジュノー 0-3 2位 JT
1-3
27 1996年度[36] 1997年3月15-16日 7位 日立ベルフィーユ 1-3 2位 小田急ジュノー
1-3
No. 年度 開催年月日 Vリーグ スコア V1リーグ 備考
順位 チーム名 順位 チーム名
28 1997年度 Vリーグ10チーム化に伴い、入替戦は未実施。
1998年度より自動昇格・降格制を廃止、Vリーグ5位×V1リーグ2位、Vリーグ6位×V1リーグ1位の入れ替え戦に変更
しかし1998年度はVリーグ10位の小田急ジュノーが休部になったため、Vリーグ9位及びV1リーグ1・2位の3チームによるリーグ戦を実施、
上位2チームを来年度からのVリーグ所属チームとした。
29 1998年度[38] 1999年3月12-14日 9位 東芝シーガルズ 3-0 V1-2位 東北パイオニア
V1-1位 JTマーヴェラス 3-1 V1-2位 東北パイオニア
9位 東芝シーガルズ 3-0 V1-1位 JTマーヴェラス
1998年度からの予定どおりVリーグ5位×V1リーグ2位、Vリーグ6位×V1リーグ1位の入れ替え戦に変更
30 1999年度[39] 2000年3月11-12日 9位 シーガルズ 3-0 2位 NTT西日本
3-0
10位 日立佐和リヴァーレ 1-3 1位 東北パイオニア
1-3
31 2000年度[40] 2001年3月17-18日 9位 デンソー・エアリービーズ 3-0 2位 茂原アルカス
3-1
10位 シーガルズ 3-1 1位 日立佐和リヴァーレ
3-1
32 2001年度[41] 2002年3月16-17日 8位 デンソー・エアリービーズ 3-0 2位 NTT西日本
3-1
9位 JTマーヴェラス 2-3 1位 日立佐和リヴァーレ
1-3
33 2002年度 Vリーグ10チーム化に伴い、入替戦は未実施。
34 2003年度[43] 2004年3月13-14日 9位 デンソー・エアリービーズ 3-0 2位 PFU
3-1
10位 茂原アルカス 3-1 1位 KUROBEアクアフェアリーズ
3-0
35 2004年度[58] 2005年3月12-13日 9位 日立佐和リヴァーレ 3-1 2位 トヨタ車体
3-0
10位 茂原アルカス 3-1 1位 三洋電機大阪
3-0
36 2005年度[45] 2006年3月11-12日 9位 デンソー・エアリービーズ 3-0 2位 PFU
3-0
10位 茂原アルカス 0-3 1位 トヨタ車体
1-3

プレミアリーグ編集

太字 は勝利・昇格チーム
No. シーズン 開催年月日 プレミアリーグ スコア チャレンジリーグ 備考
順位 チーム名 順位 チーム名
37 2006/07[46] 2007年4月14-15日 9位 日立佐和リヴァーレ 3-1 2位 PFU
3-0
10位 トヨタ車体クインシーズ 3-0 1位 三洋電機大阪
3-0
38 2007/08[48] 2008年4月12-13日 9位 武富士バンブー 3-0 2位 PFUブルーキャッツ
3-0
10位 日立佐和リヴァーレ 3-0 1位 健祥会レッドハーツ
3-0
2008/09は来シーズンからプレミアリーグが8チーム化になるのに伴い、プレミア8-10位とチャレンジリーグ1位のトーナメントとして実施[59]
優勝チームが来シーズンのプレミアリーグ所属チームとなる。
39 2008/09 2009年4月4-5日 プレミア8位 武富士バンブー 3-0 チャレンジ1位 PFUブルーキャッツ
プレミア9位 JTマーヴェラス 3-1 プレミア10位 日立佐和リヴァーレ
プレミア9位 JTマーヴェラス 3-1 プレミア8位 武富士バンブー
40 2009/10[50] 2010年4月3-4日 7位 トヨタ車体クインシーズ 3-1 2位 上尾メディックス セット率による
2-3
8位 パイオニアレッドウィングス 2-3 1位 日立佐和リヴァーレ セット率による
3-1
41 2010/11 東日本大震災の影響により中止[51]
42 2011/12[52] 2012年3月31日-4月1日 7位 トヨタ車体クインシーズ 3-0 2位 上尾メディックス
3-0
8位 NECレッドロケッツ 3-1 1位 日立リヴァーレ
3-0
43 2012/13[13] 2013年4月6-7日 7位 デンソー・エアリービーズ 3-1 2位 日立リヴァーレ 得点率による
(得失点差 2)
1-3
8位 パイオニアレッドウィングス 3-1 1位 上尾メディックス
3-1
44 2013/14[53] 2014年4月5-6日 7位 JTマーヴェラス 2-3 2位 上尾メディックス
1-3
8位 パイオニアレッドウィングス 0-3 1位 デンソー・エアリービーズ
0-3
45 2014/15[54] 2015年3月28-29日 7位 デンソー・エアリービーズ 3-1 2位 PFUブルーキャッツ
3-1
8位 トヨタ車体クインシーズ 2-3 1位 JTマーヴェラス セット率による
3-1
No. シーズン 開催年月日 プレミアリーグ スコア チャレンジリーグI 備考
順位 チーム名 順位 チーム名
46 2015/16[55] 2016年3月5-6日 7位 デンソー・エアリービーズ 0-3 2位 PFUブルーキャッツ セット率による
3-1
8位 上尾メディックス 0-3 1位 JTマーヴェラス
0-3
47 2016/17[56] 2017年3月11-12日 7位 岡山シーガルズ 3-1 2位 上尾メディックス セット率による
0-3
8位 PFUブルーキャッツ 2-3 1位 デンソー・エアリービーズ
0-3

V・チャレンジリーグ入替戦編集

歴史編集

2015/16シーズンからこれまでのVチャレンジリーグが2部制になったことに伴い、VチャレンジリーグIの最下位チームとVチャレンジリーグIIの優勝チームによる入替戦が実施されることになった。ただし、VチャレンジリーグIIの優勝チームは入社(正会員)チームまたは入社内定チームに限るものとし、準加盟チームが優勝した場合には、入替戦は行われない[60]

2016/17シーズンからはチャレンジリーグIの7位・8チーム及びチャレンジリーグIIの1位・2位チームによる4チームが入替戦に出場する形式に変更された。準加盟チームが出場できないのは前年同様である[61]

結果一覧編集

男子編集

太字 は勝利・昇格チーム
No. シーズン 開催年月日 チャレンジリーグI スコア チャレンジリーグII 備考
順位 チーム名 順位 チーム名
1 2015/16[62] 2016年3月5-6日 8位 東京ヴェルディ 0-3 1位 VC長野 セット率による
3-1
2 2016/17[63] 2017年3月11-12日 7位 警視庁フォートファイターズ 3-0 2位 きんでんトリニティーブリッツ
3-0
8位 埼玉アザレア 3-1 1位 東京ヴェルディ
3-2

女子編集

太字 は勝利・昇格チーム
No. シーズン 開催年月日 チャレンジリーグI スコア チャレンジリーグII 備考
順位 チーム名 順位 チーム名
1 2015/16[64] 2016年3月5-6日 8位 柏エンゼルクロス 3-0 1位 トヨタ自動車ヴァルキューレ
2-3
2 2016/17[63] 2017年3月11-12日 7位 JAぎふリオレーナ 3-1 2位 ブレス浜松
3-1
8位 柏エンゼルクロス 1-3 1位 トヨタ自動車ヴァルキューレ 得点率による
(得失点差9)
3-1

脚注編集

  1. ^ 開催概要”. Vリーグ機構. 2017年3月20日閲覧。
  2. ^ Vリーグ機構. “開催概要”. 2014年4月23日閲覧。
  3. ^ Vリーグ機構. “2013/14V・チャレンジマッチ(入替戦) 試合結果のお知らせ”. 2014年4月23日閲覧。
  4. ^ 『VOLLEYBALL』(日本バレーボール協会機関誌)1968年4月号 6-7ページ
  5. ^ 『VOLLEYBALL』(日本バレーボール協会機関誌)1968年5月号 52ページ
  6. ^ a b c 『VOLLEYBALL』(日本バレーボール協会機関誌)1971年8月号 69ページ
  7. ^ Vリーグ機構. “2008/09V・プレミアリーグ女子・レギュラーラウンド最終結果”. 2014年5月8日閲覧。
  8. ^ Vリーグ機構. “2014/15 V・チャレンジマッチ”. 2015年3月28日閲覧。
  9. ^ ビデオ判定システム(チャレンジシステム)の導入について”. Vリーグ機構. 2017年3月21日閲覧。
  10. ^ a b c 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1975年7月号 179ページ
  11. ^ 『バレーボールVリーグ観戦ガイドブック V.LEAGUEチームの顔2007』(日本文化出版社刊)70ページ
  12. ^ a b c 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1981年5月号 100ページ
  13. ^ a b c Vリーグ機構. “2012/13V・チャレンジマッチ(入替戦) 試合結果のお知らせ”. 2014年5月1日閲覧。
  14. ^ a b 『VOLLEYBALL』(日本バレーボール協会機関誌)1972年11月号 101ページ
  15. ^ a b 『VOLLEYBALL』(日本バレーボール協会機関誌)1973年9月号 147ページ
  16. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1974年7月号 182ページ
  17. ^ 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1976年10月号 110-111ページ
  18. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1977年5月号 143ページ
  19. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1978年5月号 130ページ
  20. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1979年5月号 177ページ
  21. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1982年5月号 145ページ
  22. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1983年5月号 176ページ
  23. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1984年5月号 159ページ
  24. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1985年5月号 179ページ
  25. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1986年5月号 188ページ
  26. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1987年5月号 191ページ
  27. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1988年5月号 176ページ
  28. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1989年5月号 170ページ
  29. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1990年5月号 169ページ
  30. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1991年5月号 169ページ
  31. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1992年5月号 165ページ
  32. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1993年5月号 169ページ
  33. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1994年5月号 160ページ
  34. ^ a b 『JVA Volley Ball』(日本バレーボール協会刊) 1995年4月号 67ページ
  35. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1996年5月号 159-160ページ
  36. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1997年5月号 163ページ
  37. ^ 2位の日新製鋼ドルフィンズが廃部で辞退したため、3位のコスモ石油が繰り上がり出場した。
  38. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1999年5月号 56-59、151ページ
  39. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 2000年5月号 164ページ
  40. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 2001年5月号 159ページ
  41. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 2002年5月号 143ページ
  42. ^ 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 2003年5月号 156ページ
  43. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 2004年5月号 161ページ
  44. ^ 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 2005年5月号 172ページ
  45. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 2006年5月号 152-153ページ
  46. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 2007年6月号 116ページ
  47. ^ 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 2008年6月号 126ページ
  48. ^ a b 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 2009年5月号 126-129ページ
  49. ^ 大分三好ヴァイセアドラーは降格決定したが、NECブルーロケッツの休部に伴い、繰り上げ残留となった。
  50. ^ a b Vリーグ機構. “2009/10V・チャレンジマッチ最終結果(プレスリリース)”. 2014年5月1日閲覧。
  51. ^ a b 『月刊バレーボール』日本文化出版社刊 2011年5月号 76ページ
  52. ^ a b Vリーグ機構. “【プレスリリース】男女ともプレミアリーグ勢が残留を決める”. 2014年5月1日閲覧。
  53. ^ a b Vリーグ機構. “2013/14V・チャレンジマッチ(入替戦) 試合結果のお知らせ”. 2014年5月1日閲覧。
  54. ^ a b Vリーグ機構. “2014/15 V・チャレンジマッチ(入替戦) 試合結果のお知らせ”. 2015年3月29日閲覧。
  55. ^ a b Vリーグ機構. “2015/16V・チャレンジマッチ 最終結果のお知らせ”. 2016年3月6日閲覧。
  56. ^ a b Vリーグ機構. “【レポート】上尾、デンソーがチャレンジマッチ勝利!JT、FC東京は残留!~V・チャレンジマッチ(3/12)~”. 2017年3月12日閲覧。
  57. ^ 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 1976年5月号 183ページ
  58. ^ 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 2005年6月号 156ページ
  59. ^ Vリーグ機構. “V・プレミアリーグ女子2008/09大会要項”. 2014年5月1日閲覧。
  60. ^ 2015/16 Vチャレンジマッチ(入れ替え戦) 開催概要決定のお知らせ”. Vリーグ機構. 2017年2月13日閲覧。
  61. ^ 2016/17 V・チャレンジマッチ/V・チャレンジリーグ入替戦 開催概要決定のお知らせ”. Vリーグ機構. 2017年2月13日閲覧。
  62. ^ 試合結果”. Vリーグ機構. 2017年2月13日閲覧。
  63. ^ a b Vリーグ機構. “【試合結果】2016/17V・チャレンジリーグ入替戦2日目(3/5)”. 2017年3月6日閲覧。
  64. ^ 試合結果”. Vリーグ機構. 2017年2月13日閲覧。