ビデオCD

VCDから転送)

ビデオCDVCD)は、コンパクトディスクに動画や音声などを記録し、対応機器で再生するための規格。1993年に登場した。規格書は表紙の色から「ホワイトブック」と呼ばれる[1]

VIDEO CD
VCDlogo.svg
メディアの種類 光ディスク
記録容量 79分58秒
コーデック MPEG-1
回転速度 200 - 530rpm
読み取り方法 780nm赤外線レーザー
策定 JVCパナソニックソニーフィリップス
主な用途 映像
ディスクの直径 12cm
大きさ 120×120×1.2mm
関連規格 コンパクトディスク
テンプレートを表示

概要編集

ビデオCDの登場時期に展開されていた映像メディアとしてはレーザーディスクVHSベータマックス8ミリビデオなどがある。これらはいずれもアナログ記録である一方ビデオCDはデジタルビデオ規格である。

1993年当時、既に次世代デジタル記録メディアとしてDVDの開発が進行していたが、DVDの登場・普及には時間がかかる予測のもと、普及までの間を埋めるべく登場した[2]

規格仕様編集

ビデオCDに収録される形式は標準化されている。映像の解像度はNTSCでは352×240ピクセル、PALでは352×288ピクセルとなっており、DVD(480i576i)と比較した場合、約4分の1の画素数である。再生の際に少ない画素を演算処理で補完する事により、テレビ画面ではNTSCの場合では720×480ピクセル、PALでは720×576ピクセルで出力される。また、SECAMでも画素が補完される。映像の圧縮形式はMPEG-1で、ビットレートは1150kbits/(キロビット毎秒)、オーディオの圧縮形式はMPEG-1 Layer 2で、224kbit/sが割り当てられている。

ビデオCDではシステムストリームがCD-ROMフォーマットに準拠して記録されるが、セクタ長が2048byteであるモード1ではなく、誤り訂正能力が落ちる反面ビットレートや容量を大きく確保できるモード2フォーム2(CD-ROM XAフォーマット)が採用されており、ビットレートはオーディオCD(1411.2 kbps)とほぼ等しい。そのため、容量が650MB(メガバイト)のコンパクトディスクには、オーディオCDと基準時間と同じ長さである74分の映像が収録できる計算となる。

Version 2.0では簡易メニュー機能(プレイバックコントロール)を持たせ、高精細な静止画(704*480又は704*576画素)の再生もできるようになっている[3]

特徴編集

ビデオCDの映像画質は「VHS(ノーマルVHS)の3倍モードと同程度」とされるが、VHSのアナログ形式と異なりデジタル形式で格納されているため、画像の劣化がVHSより目立たない。特に、ジッターと呼ばれる映像の横揺れはなく、ノイズや色むらなども少ない。これはDVDと同様、映像記録時に意図的に目立たない部分の情報を割愛して圧縮しているためである。ただし、ビットレートが低いため、動きの激しい映像では、ブロックノイズが多発する場合もある。

普及状況編集

日本編集

上記特徴が故に、VHSと比較して画質が見劣りする上に、再生時間が74分であったため、一部映画作品は2,3枚組で発売されたが、映像タイトルでの発売は主にカラオケやアニメが中心となった。既に広く普及していたVHSの牙城を崩すことはできず、その後2000年PlayStation 2が登場してからはDVDに主流が移ったため、正規品として商業的に活用された期間は数年程度と短かった。

旧来の一般的なDVDプレーヤーには、ビデオCDの再生に対応しているものも多かったが、2000年代半ば以降は記録型DVDや、MPEG-4 AVCフォーマットの普及に伴い対応機器の数は減っている。2009年現在で広く普及しているDVDレコーダーBDレコーダーなど、録画機能付き機器でその傾向にある。

海外編集

CDの物理規格を映像記録に転用したものであり、比較的安価に製造できるため、DVDが登場する以前から、レーザーディスクより安くVHSより高品質なメディアとして、香港フィリピン台湾などのアジア地域で広く普及した。

DVDが普及した2009年現在でも正規品として供給されるビデオCDの映像作品が極少数存在する一方、海賊版も多い[1]。DVDと違い、ビデオCDにはコピーガードおよびリージョンコードが導入されていないことも海賊版が多い一因となっている。日本の作品での例として、アニメやドラマなどの全話を収録したLD-BOXが数万円で販売されていた時期に、香港台湾において同じく日本のアニメやドラマを全話収録したビデオCDが数千円程度で販売されており、こういった商品はネットオークションなどを通じて、日本にも出回っていた。香港や台湾への日本人旅行者が、ビデオCDを購入して持ち帰ることもある。

日本・海外ともに2010年代後半になり、Blu-ray Discネット配信が主流になると、コスト面でビデオCDを選択する意味も無くなり、中古市場以外での流通は終焉している。

類似規格編集

本規格を改良し、映像をMPEG-2に対応させ、より圧縮率を高めた「スーパービデオCD(SVCD)」も存在するほか、「KVCD」と呼ばれるものも存在する。これらは通常のビデオCDと比較してビットレートがかなり高く(最大2.6Mbps)、一枚あたりの記録時間はそれらの規格より短くなる(30分程度)。NTSC・PALいずれにも対応している。これらの形式は正式に標準化はされていないが、既存技術の組み合わせであるため、ソフトウェアの設定次第でパソコンのCD-ROMドライブで再生できる。また、いくつかのDVDプレーヤーでも再生ができる場合がある。

そのほかにも中華人民共和国だけで普及している形式として、DVCDダブルビデオCDも存在する。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ CD Products”. フィリップス. 2020年8月8日閲覧。
  2. ^ 技術の系統化調査報告「コンパクトディスク(CD)の開発、実用化技術系統化調査」 (PDF)”. 国立科学博物館産業技術史資料情報センター (2018年3月). 2020年7月12日閲覧。
  3. ^ VCD又はビデオCDについての豆知識”. Digiarty Software. 2017年4月26日閲覧。

関連項目編集