メインメニューを開く

VOICEROID(ボイスロイド)は、AH-Softwareが発売している、読み上げ用音声合成ソフトである。

AI Talkを音声合成エンジンに採用した、AH-Softwareの個人向けシリーズ製品として数多く制作されている。VOICEROIDに限らず、AI Talkをエンジンとした製品(キャラクター付属はギャラ子および音街ウナなど)は他社でも存在する。

概要編集

株式会社エーアイの音声合成エンジン「AI Talk」(2007年4月提供)を元にして製作されており、文章を入力することでその文章を読み上げてくれる。発声のスピードやイントネーションも任意の発音に調整することが可能であり、作成した音声ファイルはWAV形式による保存のほか、入力調整したテキストデータでの保存にも対応している。

VOICEROIDは、上記エンジンにキャラクター性(パッケージや画像など)を持たせた、AHSが企画・販売する個人向けの製品及びシリーズ名称(加工・動画編集ソフトとのセット)となっている(法人向けでは別のキャラ呼称を持つ)。2010年10月22日には、改良版「VOICEROID+」が発売。以降、商品ごとに新たな機能が順次追加されていったが、2014年10月30日には琴葉 茜・葵までに追加された機能をそれ以前に発売された製品全てに適用させた「VOICEROID+ EX」が発売開始。さらに2017年6月9日からは、AI Talkの感情表現パラメータ(AITalk 4 / 4.1)[1]を実装し、音源登録の統一機能とインターフェイスを一新した「VOICEROID2」が発売された。

キャラクター性を持つ個人製品であるVOICEROIDに関しては、商用利用の場合におけるガイドラインおよびライセンスが設定されている。

製品一覧編集

月読アイ(つくよみ あい)編集

2009年12月4日発売。可愛い女の子の声を元に制作されている、パッケージには幼稚園児の女の子が描かれており、月読ショウタの妹の5歳の少女という設定。キャラクターデザインは一斗まるによるもの。後に「VOICEROID+ EX」にバージョンアップされた。

AITalkのサンプル「あんず」とほぼ同系統の音声となっている。

月読ショウタ(つくよみ しょうた)編集

2009年12月4日発売。可愛い男の子の声を元に制作されている。パッケージには小学生の男の子が描かれており、月読アイの兄の7歳の少年という設定。アイと同じくキャラクターデザインは一斗まるによるもの。後に「VOICEROID+ EX」にバージョンアップされた。

AITalkのサンプル「こうたろう」とほぼ同系統の音声となっている。

秘密結社鷹の爪 吉田くん編集

2010年10月22日発売。ここから製品名に「VOICEROID+」が冠されるようになった。秘密結社鷹の爪の登場人物・吉田くんの声を元にしており、「吉田ロイド」と呼ばれることが多い。VOICEROID製品では唯一、ピアプロへの二次創作作品の投稿が不可能となっている。後に「VOICEROID+ EX」にバージョンアップされた。

民安ともえ編集

2010年11月12日発売。声優・民安ともえの声を元に制作された製品。パッケージには民安が演じたMusicMakerのイメージキャラクターであるjamバンド「弦巻マキ(つるまき まき)」が描かれており、製品を用いた実況プレイなどではこの弦巻マキとして扱われることが多い。後に「VOICEROID+ EX」にバージョンアップされた。

結月ゆかり(ゆづき ゆかり)編集

2011年12月22日、VOCALOID版と同時発売。声優・石黒千尋の声を元にしており、大人の女性の情感あふれる声が特徴。後に「VOICEROID+ EX」、さらには「VOICEROID2」にバージョンアップされた。

東北ずん子(とうほく ずんこ)編集

2012年9月28日発売。東北地方の応援キャラクターをVOICEROID化した製品。声優・佐藤聡美の声を元にしており、ほんわかしたかわいらしい声が特徴。クラウドファンディングで資金を集めて制作された。後にVOCALOID化された。さらに後に「VOICEROID+ EX」にバージョンアップされた。

当製品から、AITalkII(2012年6月)に対応したと思われる。

琴葉茜・葵(ことのは あかね・あおい)編集

2014年4月25日発売。声優・榊原ゆいの声を元に制作された製品。AITalk 3(2013年6月)に対応したものと思われ、関西弁を話す双子の姉「琴葉茜」と標準語を話す双子の妹「琴葉葵」からなる。発売された時点ですでに「VOICEROID+ EX」と同等の機能を持っていたため、EX版は作られていない。後に「VOICEROID2」にバージョンアップされた。萌えキャラ学会の正会員。

水奈瀬コウ(みなせ こう)編集

2015年10月29日発売。ここから製品名に最初から「VOICEROID+ EX」が冠されるようになった。聞き取りやすい爽やかな声が特徴の製品。氷山キヨテルの同僚の国語教師という設定。

京町セイカ(きょうまち せいか)編集

2016年6月10日発売。京都府精華町の広報キャラクターをVOICEROID化した製品。声優・立花理香の声を元にしており、明るく聞き取りやすい声が特徴。クラウドファンディングで資金を集めて制作された。

東北きりたん(とうほく きりたん)編集

2016年10月27日発売。東北地方の応援キャラクターのVOICEROID化第2弾で、ずん子の妹。声優・茜屋日海夏の声を元にしており、落ち着いていながらも可愛らしい声が特徴。すでにUTAU向けの音源が収録されていたが、クラウドファンディングで資金を集めて制作された。

ゲーム実況向けの個別音声も収録されている。

紲星あかり(きずな あかり)編集

2017年12月22日発売。2017年11月に発表され、11月30日のAHS公式生放送でも紹介された。「VOICEROID2」としては完全新規製品第一弾となる。声優・米澤円の声を元にしており、可愛らしい中にも優しさあふれる声が特徴。結月ゆかりと同じくVOCALOMAKETS企画で、VOCALOID版も翌2018年4月26日に発売され、音声提供者は同年6月3日に公開された。

桜乃そら(はるの そら)編集

2018年7月26日発売。声優・井上喜久子の声を元にしており、やさしく柔らかな声が特徴。VOCALOID5版と同日発売(同時に同製品のサードパーティ参入第一弾でもある)。

東北イタコ(とうほく いたこ)編集

2018年11月8日発売。東北地方の応援キャラクターのVOICEROID化第3弾で、ずん子の姉。声優・木戸衣吹の声を元にしており、大人っぽい声が特徴。通常の読み上げに加え、「セクシー」「パワフル」「あたふた」の3種類のボイススタイルを収録している。すでにUTAU向けの音源が収録されていたが、クラウドファンディングで資金を集めて制作された。

ついなちゃん編集

2019年11月1日発売[2]。インターネット掲示板で生まれた日本鬼子プロジェクト関連の宗教研究萌えキャラクター。声優・門脇舞以の声を元にしており[3]、明るくかわいらしい声が特徴。関西弁と標準語の2種類のボイスが搭載されている。2019年1月21日より始めたクラウドファンディングで資金を集めて制作が決定した[4][5][6]。発売に先んじて、クラウドファンディングの支援特典として10月17日に先行配布された。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集