VONDS市原

日本のサッカークラブ

VONDS市原FC(ボンズいちはらエフシー)は、VONDS Ichihara Football Club)は、千葉県市原市をホームタウンとする社会人サッカークラブJリーグ加盟を目指すクラブの一つである。通称「ボンズ」。

VONDS市原FC
原語表記 VONDS市原FC
呼称 ボンズ市原FC
愛称 ボンズ
クラブカラー  
創設年 2011年
所属リーグ 関東サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 千葉県市原市[1]
ホームスタジアム Panoramic view of Ichihararyokuchi Sports Park Seaside Stadium.jpgゼットエーオリプリスタジアム
収容人数 14,051
運営法人 株式会社VONDS市原[1]
代表者 永野祐太郎[1]
監督 日本の旗 布啓一郎
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
株式会社VONDS市原
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
290-0167
千葉県市原市喜多890-1[1]
業種 サービス業
法人番号 5040001083787 ウィキデータを編集
事業内容 サッカーチームの運営他
代表者 永野祐太郎
外部リンク http://vonds.net
テンプレートを表示

概要編集

1967年創設の古河電気工業千葉事業所サッカー部が母体となる。2011年にVONDS市原FCが発足。2020年にJリーグ百年構想クラブとして承認された。クラブ名は「絆」の英訳「BOND」の頭文字を「勝利」のVに変え、複数形とした造語である。クラブの運営会社は株式会社VONDS市原であり、サッカースクールなどの運営法人として一般社団法人VONDS市原がある。

歴史編集

1967年に古河電気工業千葉事業所サッカー部として創設。1976年から1977年まで日本サッカーリーグ(JSL)2部に在籍した経歴を有する。2008年にクラブチーム化すると共にS.A.I市原サッカークラブ(SAI市原)へ改称。

2011年、市原市サッカー協会が主体となって市民球団としてVONDS市原FCを創設し、SAI市原を承継した。2012年に関東社会人サッカー大会で優勝。2013年に関東リーグ2部で2位となり、2014年から関東リーグ1部に昇格した。2014年、第50回全国社会人サッカー選手権大会で3位入賞。第38回全国地域サッカーリーグ決勝大会の出場権を獲得したが、1次ラウンドで敗退となった。2015年、関東リーグ1部で2位。第51回全国社会人サッカー選手権大会は1回戦で敗退。

2016年、元清水監督のゼムノビッチ・ズドラヴコが監督に就任。前期は首位で折り返すも関東サッカーリーグ1部で東京23FCに次ぐ2位。第52回全国社会人サッカー選手権大会は2回戦で敗退した。クラブとして初めて天皇杯出場したが、東京Vに1-2で敗れた。

2017年には元川崎レナチーニョやU-21ガーナ代表歴のあるマイケル・タビアンが入団。リーグ戦で13勝3分2敗の成績でVONDS市原FCに名称変更後では初となる関東リーグ1部優勝を決めた(前身の古河電工千葉時代を含めると37年ぶり3回目)。全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017はグループAを3連勝で決勝ラウンドに進出したが、決勝ラウンドは3位に終わった。2019年に2年ぶりにリーグ優勝したが、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2019は1次ラウンドで敗退した。

2020年にJリーグ百年構想クラブとして承認された[1]

成績編集

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 天皇杯 監督
2011 千葉県1部 4位 26 13 8 2 3 41 25 16 県予選敗退 池上正
2012 優勝 36 13 12 0 1 50 13 37 林洋一
2013 関東2部 2位 36 18 12 0 6 45 20 25 西村卓朗(-2015.4)
木村哲昌(2015.4-)
2014 関東1部 3位 30 18 8 6 4 37 27 10
2015 2位 38 18 12 2 4 35 22 13
2016 2位 36 18 11 3 4 40 14 26 1回戦敗退 ゼムノビッチ・ズドラヴコ
2017 優勝 42 18 13 3 2 44 18 26 県予選敗退
2018 2位 38 18 12 2 4 48 20 28 2回戦敗退
2019 優勝 46 18 15 1 2 40 12 28 県予選敗退 フラビオ
2020 4位 17 9 5 2 2 15 7 +8 2回戦敗退 岡山一成
2021 3位 45 22 14 3 5 40 15 25 県予選敗退
2022 18 布啓一郎

下部組織編集

2013年にセカンドチーム(VONDS市原Vert)が、2015年にジュニアユースとレディースU-15が発足。

また、ジュニアソフトボールクラブ(中学生女子)、うぐいす会VONDS市原ソフトボールクラブ(社会人女子)、ダンススクールがある。

VONDS市原Vert編集

ジュニアユース編集

2015年発足。

レディース編集

2017年発足。正式名称「VONDS市原レディース」。 所属・関東女子サッカーリーグ2部

レディース U-15編集

2015年発足。旧称「千葉エンジェルス」。 所属・千葉県女子ユース(U-15)サッカーリーグ

タイトル編集

トップチーム(現名称以降)編集

リーグ戦
カップ戦

レディース編集

  • 千葉県リーグ2部 優勝(2017年)

レディース U-15編集

  • 千葉県女子ユース(U-15)サッカーリーグ 優勝(2015年)
  • 千葉県女子ユース(U-15)サッカーリーグ 3部 優勝(2016年)

ユニフォーム編集

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd) グレー グレー
GK(1st)
GK(2nd)
 
 
 
 
 
 
 
FP 1st
 
 
 
 
 
 
 
FP 2nd
 
 
 
 
 
 
 
GK 1st
 
 
 
 
 
 
 
GK 2nd

ユニフォームスポンサー編集

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
ピイ・アンド・アイエンタープライズ Pulchra 2012年 -
鎖骨 なし - -
背中上部 飛田建設 飛田建設 2021年 - 2017年 - 2020年は背中上部
背中下部 なし - -
小湊鐵道 小湊鐵道 2019年 - 2013年 - 2018年は背中上部
パンツ前面 医療法人社団緑祐会 RYOKUYUKAI
医療法人社団 緑祐会
2012年 - 2012年 - 2014年は「緑祐会」表記
パンツ背面 なし - -

ユニフォームサプライの遍歴編集

歴代ユニフォームスポンサー年表編集

年度 鎖骨 背中上部 背中下部 パンツ前面 パンツ背面 サプライヤー
2013 Pulchra - 小湊鐵道 - cocomi
治療院
緑祐会 - Kappa
2014 - ACUORE
2015 RYOKUYUKAI
医療法人社団 緑祐会
2016 津田屋
2017 飛田建設
2018 bonera
2019 津田屋 小湊鐵道 PENALTY
2020
2021 飛田建設 -

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集