メインメニューを開く

W★INGプロモーション(ウ★イング・プロモーション)は、かつて存在した日本プロレス団体。W★INGは「レスリング・インターナショナル・ニュー・ジェネレーションズ」の略。W★INGプロモーションの前身団体「世界格闘技連合W★ING(せかいかくとうぎれんごうウ★イング)」と旗揚げ予定だった世界格闘技連合(せかいかくとうぎれんごう)についても記述している。

歴史編集

世界格闘技連合W★INGを旗揚げ編集

1991年3月から5月にかけてFMW設立当初の代表取締役社長であった大迫和義、外国人選手のブッキングを務める渉外担当の茨城清志、レフェリーの川並政嗣、リングアナウンサーの大宝拓治、さらに茨城と共に外国人選手のブッキングを担当していた「キャピタル・スポーツ・プロモーション」のビクター・キニョネスヒールの中心として大仁田厚と抗争を繰り広げていたミスター・ポーゴらユニット「プエルトリコ軍」が大仁田との確執から相次いでFMWを離脱。6月16日、キニョネス、ポーゴらは「キャピタル・スポーツ・プロモーション・ジャパン」を設立。これを元に世界格闘技連合W★INGとして8月7日後楽園ホールで旗揚げ戦を開催。同団体では、かつてFMWに参戦経験のある柔道の徳田光輝、空手の齋藤彰俊誠心会館)、総合格闘技の木村浩一郎SAW)を「格闘三兄弟」と命名して3人を軸とした格闘技路線に加えて茨城、キニョネスにより、ブッキングされた外国人選手などによるデスマッチ路線が絡む構図としていた[注釈 1]

分裂編集

しかし、旗揚げ早々に分裂騒動が勃発。かねてからの経営不振に加えて茨城、キニョネスらが招聘した外国人選手のギャラが嵩んだことや格闘技主体の団体を目指す大迫と川並とプロレス主体の団体を目指す茨城、大宝との間に路線対立が生じた。11月、大迫は茨城と大宝を懲戒解雇としたうえで世界格闘技連合、懲戒解雇された茨城と大宝はW★INGプロモーションを設立。大迫らの動きに先んじて茨城は12月10日に開催予定の後楽園ホール大会を「W★INGの事実上の再旗揚げ戦」としてミル・マスカラスの招聘を計画。旧W★ING選手会は世界格闘技連合とW★INGプロモーション)のいずれかに参加するか二者択一を迫られたが最終的には徳田、金村ゆきひろ(現:金村キンタロー)ら大半の選手がW★INGプロモーションに参加することになった。世界格闘技連合は参加を予定していた齋藤が新日本プロレス[注釈 2]、木村がリングスに転戦。協力を約束していたとされるキニョネス、ポーゴらもW★INGプロモーションへ寝返る形となり、世界格闘技連合には保坂秀樹鶴巻伸洋しか残留しなかった。

1992年1月31日、世界格闘技連合は旗揚げ戦も開催せずに解散となり、大迫は世界格闘技連合の崩壊を機にプロレス業界から身を引いた。

全盛期編集

当面の対抗相手の世界格闘技連合が消滅したことでW★INGプロモーションは、FMWを超える過激なデスマッチ路線へ進みコアなマニア層の支持を受けるようになった。2月7日、後楽園ホール大会で松永光弘[注釈 3]がバルコニー席からの6メートルのダイビングを見せて人気が上昇して主軸であるデスマッチ路線のエースとして君臨。旧W★INGから参戦した徳田、金村らと共にキニョネスが率いるユニット「プエルトリコ軍団」のポーゴらと過激なデスマッチで抗争を繰り広げた。その一方でキニョネスのラインから、メキシコなどから参戦した選手によるジュニアヘビー級路線も並立して所属選手では戸井マサル(現:戸井克成)、茂木正淑などがジュニア戦線の中心となっていた。また、第2次中期頃まではリングやスタッフ(レフェリーとリングアナウンサー)を全日本女子プロレスから借りるなどの協力も得ており、全日本女子所属選手同士による試合が提供されたこともあった[注釈 4]

大仁田が率いるFMWとは離脱の経緯もあり過激なデスマッチによる興行戦争を繰り広げた。

その中でも「ファイヤーデスマッチ」を巡る興行では、FMWが先手を打つ形でリングロープに巻かれていた松明に点火するプエルトリコで開催された方式を元に、大仁田&ターザン後藤組対ザ・シーク&サブゥー組で行った(1992年5月6日兵庫県三田市大会)。しかし、予想以上に火の勢いが強すぎて選手が酸欠状態になりシークが大火傷を負うなど結局試合は不成立になった。W★INGプロモーションは、その危険性を逆手にとって宣伝とし、初めてのビッグマッチとなった8月2日船橋オートレース場駐車場大会のメインイベントにミスター・ポーゴ対松永光弘戦で強行して5千人近い観衆を集めた。FMWの失敗を受けて方法を見直してリングサイドにプロパンガスを使用した鉄板が置かれて、コーナーには花火を噴射する仕掛けに変更。リングサイドでの攻防ではポーゴが松永の右足を鉄板に押し付けるなど標榜していた「人間焼肉デスマッチ」の名の通りになった。

このほか、日本マット初となる棺桶デスマッチ(1992年5月7日、後楽園ホール大会で行われたミスター・ポーゴ対ジェイソン・ザ・テリブル[注釈 5])や、かつて新日本で1978年に行われたアントニオ猪木上田馬之助戦以来の五寸釘デスマッチ(1992年12月20日、戸田市スポーツセンター大会で行われた松永光弘対レザーフェイス戦)を実現させるなど過激なデスマッチ路線に拍車を掛けた。特に五寸釘デスマッチはアントニオ猪木対上田馬之助戦と異なり、どちらかをリング下の五寸釘ボードへ落下させなければ決着が付かない方式として行われて松永が落下KO負けを喫した。

デスマッチ路線に加えて外国人選手の招聘にも力を入れており、茨城、キニョネスのルートで前述のマスカラスを筆頭にカネックジプシー・ジョードス・カラスザ・ヘッドハンターズミゲル・ペレス・ジュニアを招聘。また、ジプシー・ジョーのルートによりUSWAからエディ・ギルバートトム・プリチャードビル・ダンディージャイアント・キマラなどが参戦。マスカラスやジョーをはじめディック・マードックマスクド・スーパースターワフー・マクダニエルイワン・コロフらレジェンド選手の来日も実現させている。さらにプロレス界初の大晦日興行も実現させた。

放漫経営による崩壊編集

過激なデスマッチと豪華な外国人選手路線で上昇ムードだったが、茨城の経営は放漫そのものであり度々問題を起こしていた。興行の開始時間が予定より30分以上遅れるのが常態化していたのもさることながら、特に茨城によるギャラの未払いや借金の踏み倒しは有名となっていて全試合終了後に駐車場で選手たちに詰め寄られている姿が専門誌に掲載されたほどである。

この様な経営状態もあってか、1993年以降、主力選手であったポーゴと松永がFMWの引き抜き工作によって離脱し、さらに戸井ら中堅選手も多くが離脱。加えて無断欠場を続けていた徳田が解雇されるなど、選手層の弱体化は明白なものとなっていた。一説には契約書すら存在していない状態だったと言われている。

松永とポーゴの離脱以降は、金村をエースに据え、FMWから転じた中牧昭二らが屋台骨を支えた。しかし、選手の戦力層の薄さは明白となっており、ユニバーサル・プロレスリングを離脱してメキシコ経由で参戦してきた邪道外道オリエンタルプロレス所属だった荒谷信孝(現:荒谷望誉)など、所属選手外の選手に依存せざるを得なかった。その様な中で1993年10月31日、小田原駅前旧市営球場大会でのスクランブルファイヤータッグデスマッチ[注釈 6]で、金村が邪道によるパワーボムを火が回ったマットへ受けて背中に大火傷を負い戦線を離脱すると、その傾向が顕著な形になった。代表的な例として12月2日の「旗揚げ2周年記念大会」(駒沢オリンピック公園総合運動場体育館)ではメインイベントを中牧&荒谷組対邪道&外道組戦が務め、このほかにSPWF仲野信市島田宏(元W★INGプロモーション所属選手)ら)、PWC高野拳磁)、IWA格闘志塾鶴見五郎)などの他のインディペンデント団体(レスリング・ユニオン加盟団体)の協力を得て開催。

1994年、フリー参戦でありながら主軸となっていた邪道と外道と所属選手であった非道(現:BADBOY非道)が相次いで離脱[注釈 7]すると、さらにマッチメイクにも苦慮するようになった。同じく経営危機の状態となっていたNOWからケンドー・ナガサキが参戦するなどテコ入れもあったが、 3月13日に行われたアメニティトライアル多摩21(東京都八王子市)大会直後に完全に金銭面で行き詰まった茨城が失踪する[注釈 8]事態となり事実上、W★INGプロモーションは崩壊した。

それまで二人三脚体制で支えてきたキニョネスは5月にI.W.A.JAPANを設立して残された選手の救済に当たった。

活動末期まで在籍していた金村、中牧、またフリーとして定着参戦していた荒谷らはキニョネスが設立したI.W.A.JAPANに移籍。このうち金村と荒谷は結局、I.W.A.JAPANの水に馴染めず短期間で離脱して金村はFMWに参戦してポーゴ、松永らと共にユニット「W★ING同盟」を結成。一方、荒谷はWARに参戦して邪道、外道らユニット「冬木軍」との結託を経てWAR正規軍に合流。

崩壊後もW★INGは、その後も幾度か復活と休止を繰り返して後述の通り、プロレス団体の活動時期を区別する場合は第1次W★ING、第2次W★INGなどと分類される。

名称及び分類編集

世界格闘技連合W★ING
第1次W★ING。
W★INGプロモーション
第2次W★ING。一番充実していた時期で通常「W★ING」と言えばこの時期のことを指す。
新生W★ING
第3次W★ING。W★INGプロモーションが活動休止後に、しばらくして茨城清志が復活させた。日本人所属選手はおらず、まだメジャー団体になる以前のECWからサンドマンパブリック・エネミーら所属選手を招聘して復活興行を開催。だが、ECW所属選手に対抗できる日本人選手がいなかったことや[注釈 9]相も変わらない茨城の放漫な経営からすぐに活動休止となった。
真正W★ING
第4次W★ING。第3次が活動休止後に「もう復活はないだろう」と思われていた所に突如として茨城が復活させた。だが、この頃にはW★INGの悪評がアメリカの選手には伝わっており、その為、アメリカの選手は招聘できなかった。かつての所属選手だったジェイソン・ザ・テリブルジ・ウィンガーをエース格にしてAAAと業務提携を結んでルチャリブレを中心とした復活興行を開催。だが興行のメインがルチャリブレになったことでデスマッチなどのかつての様な試合が組めなくなった。今まで同様に茨城の放漫経営からすぐに資金難となり、活動休止となった。
新W★ING
第5次W★ING。茨城とミスター・ポーゴがW★INGプロモーション以来、久し振りに組み2009年5月、復活興行を開催。当初は記念興行的な色合いが強かったが8月に新木場1stRING、12月、愛知県で興行を開催。2010年1月、スーパーFMWとの団体対抗戦も行った。
W★INGレディース[1]
第6次W★ING。アイスリボンの協力の下で女子プロレスをメインとしたプロモーションとしてW★INGゆかりの男子選手も参戦の上で2013年9月23日長野県で復活興行を開催。同地で興行を継続する予定だがアイスリボンが関わる信州ガールズプロレスリングとの兼ね合いもあり第2戦以降は未定となっている。
W★ING同盟
第7次W★ING。W★INGプロモーション崩壊時に最後まで残っていた金村ゆきひろ(現:金村キンタロー)がI.W.A.JAPANを離脱後、FMWに登場したことがきっかけで、それ以前にFMWへ出戻り参戦していたポーゴや松永光弘らと組んだユニット。FMW参戦時に「W★ING主催」という形で復活興行を開催するがFMW所属選手が参戦したり元W★ING所属選手の何人かは参戦しなかったりとFMW枠内での興行という意味合いが強く上記のW★ING名義の興行活動と別枠で考えられる場合が多い。ポーゴや松永がFMWを離脱した後、FMWに残留した金村がリングネームを「W★ING金村」に改名して活動。大仁田引退後の新生FMWとは一時期共闘関係にあった。1997年、「W★ING」の名前を賭けて金村はFMWに復帰した大仁田と対戦して敗退。W★ING同盟は大仁田が率いる「ZEN」に吸収され、金村はリングネームを「金村ゆきひろ」と再改名したため、ユニットとしてのW★ING同盟は消滅した。
FMW崩壊後の2013年11月10日アパッチプロレス軍道頓堀アリーナ大会では、金村が「W★ING金村」を復活させて同じく元W★INGの保坂秀樹と「W★ING軍」を結成している[2]

タイトル編集

この場合のW★INGは「レスリング・インターナショナル・ニュー・ジェネレーション」の略。本項で述べているプロレス団体とは別という建前の、ビクター・キニョネスらが中心になって設立した世界規模のインディーズ統括プロレス団体。

所属選手編集

最終所属(W★INGプロモーション崩壊時点)編集

途中離脱編集

レギュラー参戦選手編集

スタッフ編集

レフェリー編集

リングアナウンサー編集

来日外国人選手編集

関連書籍編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ただし、徳田光輝齋藤彰俊デスマッチに出場することもあった。
  2. ^ 齋藤彰俊は誠心会館所属であり新日本プロレスへの対抗戦の中心戦力としてリストアップされて館長の青柳政司が世界格闘技連合の参戦を認めなかった。
  3. ^ 松永光弘も誠心会館所属であり新日本プロレスとの対抗戦要員にもリストアップされていたがW★INGプロモーションの参戦を選択している。
  4. ^ 副産物として全日本女子プロレスから参戦した選手の中で伊藤薫は同時期に参戦していたケビン・サリバンから得意技であったフットスタンプの指導を受けて自身の得意技にしている。
  5. ^ この試合で使用されたのは、通常の葬儀で用いる和式の棺桶を黒色に塗装したものであった。
  6. ^ 金村ゆきひろ(現:金村キンタロー)&中牧昭二組対邪道&外道組戦。前述のミスター・ポーゴ松永光弘戦で組まれた鉄板・花火噴射方式ではなく、リングサイドの周囲に松明を設置した方式で行われた。
  7. ^ 邪道と外道は天龍源一郎が率いるWARに転戦して冬木弘道が率いるユニット「冬木軍」の一員として参加。一方、非道(現:BADBOY非道)は青柳政司らが旗揚げした新格闘プロレスやWAR(ユニット「相撲軍団」の覆面レスラーとして参戦)などに参戦後、FMWに転じている。
  8. ^ 後にDVD「W★ING最凶伝説シリーズ」で収録されたインタビューで茨城清志は失踪を否定している。
  9. ^ 一部の興行に三宅綾が出場していたがECW所属選手との絡みはほとんど無かった。

出典編集