メインメニューを開く

W国立公園(ドゥブルヴェこくりつこうえん / ダブリューこくりつこうえん)は、西アフリカにある国立公園。その名前は、公園内のニジェール川の流れが"W"を描くように曲がりくねっていることに因む。国立公園自体は、ニジェールブルキナファソベナンにまたがる10,000km2を範囲とするもので、これら3か国がフランス領西アフリカの一部だった1954年に成立したものである[1]。国立公園のうち、ニジェール国内の2,200 km2ユネスコ世界遺産に登録された[1]。世界遺産の範囲は2017年にベナンのパンジャリ国立公園、ブルキナファソのアルリ国立公園などにも拡大された[2](拡大された世界遺産の名称は「W・アルリ・パンジャリ自然公園群」で[3]、W国立公園はこの構成資産でもある[4])。またW国立公園の内、ニジェール領内が1987年4月[5]、ブルキナファソ領内が1990年6月[6]、ベナン領内が2007年2月[7]、それぞれラムサール条約登録地となった。

世界遺産 W・アルリ・パンジャリ自然公園群
ニジェールベナンブルキナファソ
W国立公園の由来となったニジェール川の蛇行
W国立公園の由来となったニジェール川の蛇行
英名 W-Arly-Pendjari Complex
仏名 Complexe W-Arly-Pendjari
面積 1,494,831 ha
(緩衝地帯 1,101,221 ha)
登録区分 自然遺産
IUCN分類 国立公園 (II)
登録基準 (9), (10)
登録年 1996年
拡張年 2017年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
W国立公園の位置
使用方法表示

2200平方キロメートルの面積を持つ公園では、450種類以上の植物、70種類以上のほ乳類、350種類以上の鳥類が生息し、ツチブタヒヒカラカルチーターゾウカバライオンサーバルイボイノシシなどの大型哺乳類が多く生息することで知られている。また、2 - 5月には渡り鳥が飛来する。

登録基準編集

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

治安編集

2019年5月11日フランス軍はブルキナファソ国内で、武装勢力に拉致されていたフランス人2名を救出する作戦を実施。救出過程で、ベナンのパンジャリ国立公園で行方不明になっていた韓国人女性の救出も行われている。人質救出作戦に投入されたフランスの最精鋭特殊部隊「ユベル」の隊員2人が作戦中に命を落とした[8]

脚注編集

  1. ^ a b W国立公園とは(kotobank)
  2. ^ World Heritage Committee inscribes new site and approves extension of existing site on UNESCO’s World Heritage List (Friday, 7 July 2017 at 15:00)世界遺産センター、2017年7月8日閲覧)
  3. ^ 『なるほど知図帳 世界2018』昭文社、2017年
  4. ^ W-Arly-Pendjari Complex:Multiple Locations世界遺産センター、2019年7月13日閲覧)
  5. ^ Parc national du W (Niger)(Ramsar Sites Information Service)
  6. ^ Parc national du W (Burkina Faso)(Ramsar Sites Information Service)
  7. ^ Site Ramsar du Complexe W(Ramsar Sites Information Service)。これはベナンのW国立公園も含む範囲。
  8. ^ 韓国外交部「アフリカで救出の韓国人女性、健康状態は良好」”. 中央日報 (2019年5月12日). 2019年5月12日閲覧。

座標: 北緯12度31分31秒 東経2度39分48秒 / 北緯12.52528度 東経2.66333度 / 12.52528; 2.66333