メインメニューを開く

WIN5(ウィンファイブ)は、日本中央競馬会 (JRA) が発売する5重勝単勝式の勝馬投票券である。指定の5レースの1着をすべて当てるもので、100円あたりの払戻金の上限は6億円[注 1]2011年4月の開始から、インターネット投票のみで発売されていたが、2018年9月23日東京競馬場から、JRA-UMACAカードによるキャッシュレス投票で、競馬場(JRA競馬場のみ)やWINSでの購入が可能となった。

概要編集

WIN5は、2011年4月24日より開始された。対象となるレースは原則として「日曜日のメインレースのうち最も発走時刻の遅いものを起点に、時間をさかのぼった5レース」で、購入方法としては「完全セレクト」(対象競走をすべて購入者が予想、この購入方法に限りフォーメーション形式の購入が可能)、「一部セレクト」(各競走1頭ずつ最大4競走予想し、残りはコンピューターが無作為に採番)、「ランダム」(5競走すべてコンピューターが無作為に採番)の3種類が選べる[注 2]

発売単位は100円。前日の19時30分から(はくぼレース期間中は前日の20時から発売開始となる)、即PATA-PATではWIN5の最初のレースの発走時刻の10分前まで、JRAダイレクトでは同15分前まで購入できる(2017年3月27日以降は、順に5分前、10分前となった。UMACAは導入初日から5分前締め切り)。ただし、従来型携帯電話フィーチャーフォン)については、JRAダイレクトを利用しての投票はネット上のクレジットカード決済を行うための「3Dセキュア」に対応していないため、当面の間利用できない(即PAT・A-PATは利用可)[1]

WIN5では、指定された5レースの1着馬を全て当てることが求められる。つまり1レースでも予想が外れると、その投票は外れになる。ただし予想した馬が出走取り消しや競走除外などになった場合には、その馬が含まれる組み合わせは、ほかのレースが的中か否かのいずれであっても返還の扱いとなる(競馬の開催ができなくなり対象競走が1競走でも施行できなくなった場合も同様[注 3])。的中票が1票もなかったり、払戻金が上限の2億円を上回った場合はキャリーオーバーが発生する[2]。なお成績表では「対象競走最後の競走」が行われた競馬場の所で発売票数・的中票数・払戻金が記載される(開催最終日に表記される総計も「対象競走最後の競走」が行われた日のみで集計される[3])。

対象レースでの1着馬が同着の場合、各組み合わせに等分した後、それぞれの投票口数に応じて配当が支払われる。2012年12月9日のWIN5では4レース目の尾張ステークスで1着同着が発生し、2通りが的中となり、それぞれ1票と20票が投票されたが、1票の組み合わせの配当が2億円、20票の組み合わせの配当が、1504万6990円(キャリーオーバー1億93万8320円)と配当が分かれた。

2011年6月26日に初めて払戻金の上限2億円を記録した(8-4-11-1-6番人気、3票的中、次回キャリーオーバー:4億6718万8320円)[4]。しかし、翌週の7月3日はキャリーオーバーの影響もあり、売り上げが過去最高の22億6300万3500円を記録するも、上位人気馬が概ね順当に勝利したこともあって、払戻金は当時の過去最低の1万9680円であった(2-2-1-1-2番人気、10万8638票的中)。

2011年9月4日分は、初の的中票なしとなった(3-11-10-2-4番人気)。売上げ11億5556万7400円の内、次回キャリーオーバーが8億5280万8741円となった。

2011年10月10日の東京競馬で、初めて日曜日以外にWIN5を実施した(同日は東日本大震災による開催日程変更で急遽設定された代替開催日)。また前日の日曜日(10月9日)にもWIN5を実施したため、WIN5の2日連続実施も初めてとなった。

2012年1月5日に、休日開催以外では初めて実施した。同様のケースには2013年1月5日(土曜開催で初の実施)と同年9月17日(前日の台風の影響による中山・阪神両競馬場の代替開催日[5])がある。

2012年9月30日分は、「WIN5」導入後初めて発売自体が取りやめとなった。これは阪神競馬場が、台風による影響で安全な競馬レースの施行に支障をきたすため中止となったことによるもので[6]、前日の夜間発売の段階から発売は見合わせられていた[7]10月1日の代替競馬への順延もしなかった。このように、WIN5対象の競走が行われる競馬場のうち1つでも中止・順延が発生した場合は、代替は原則として行わないことにしているが、2013年9月16日は台風により中山・阪神とも開催中止となり、次の9月17日に行われた代替開催では、16日に予定されたスケジュールと同じ内容で発売されている[5]

2012年10月21日分は払戻金7320円(2-1-1-1-1番人気)で導入後初めて1万円を割った。

スタート以来、100円に対する払戻の上限は2億円とされていたが、2014年6月7日から6億円に引き上げられた[8][注 4]

2015年9月13日分で導入後初めて払戻金が3億円を突破した[9]2016年8月21日分では導入後初めて払戻金が4億円を突破した。

上述の通り、2018年の秋以降、勝馬投票券のキャッシュレス発売機導入に伴い、JRAの各競馬場やウインズでもWIN5の発売が可能になる(東京競馬場を皮切りとして順次2019年にかけて導入予定)[10]

2018年12月23日分では、2014年11月23日以来約4年ぶりとなるキャリーオーバーが発生。売上げ8億5686万300円の内、次回キャリーオーバーは5億9980万2210円。[11]キャリーオーバー額としては、2011年9月4日分に次ぐ歴代2位の記録である。[注 5]

日程の例編集

  • 2011年4月24日の場合は、皐月賞(東京競馬場第11競走)がメイン競走としては一番遅い時間の発走であり、これを基点として逆算した5つの競走が対象となる。
  1. 14:50 京都競馬場第10競走(橘ステークス)
  2. 15:00 東京競馬場第10競走(メトロポリタンステークス)
  3. 15:20 新潟競馬場第11競走(魚沼ステークス 以下メイン競走)
  4. 15:30 京都競馬場第11競走(アンタレスステークス<GIII>)
  5. 15:40 東京競馬場第11競走(皐月賞<GI>)
  • 2場のみの開催の場合は、第9競走が最初の対象競走となるため、上記のような3場開催の場合と比べて締め切り時間が早くなる。以下に、2011年9月18日の場合を示す。
  1. 14:35 中山競馬場第9競走(初風特別)
  2. 15:00 阪神競馬場第10競走(夙川特別)
  3. 15:10 中山競馬場第10競走(内房ステークス)
  4. 15:35 阪神競馬場第11競走(ローズステークス<GII> 以下メイン競走)
  5. 15:45 中山競馬場第11競走(セントライト記念<GII>)
  • 基本的には当日全ての開催場のメイン競走は指定競走に入るようになっているが、例外もある。ジャパンカップ<GI>施行日と有馬記念<GI>施行日は当該GI競走が起点となり、他の場で施行されるメイン競走は対象とならない[注 6]。これは、当日のGI開催場が場内混雑緩和のため、通常より1レース少ない11レース立て(有馬記念施行日については2016年まで)であることと、11-12月の関東開催のGIの施行時間が、日没時間を考慮して繰上げになっていることを踏まえてのものである。また、2012年12月の「中山・中京・阪神」の3場で行った日には、このケースを踏まえ、本来中山と阪神の間に割り込む中京の第10競走が対象とならなかった場合もある。以下に、2011年のジャパンカップ施行日(11月27日)の例を示す。
  1. 14:25 京都競馬場第9競走(白菊賞)
  2. 14:40 東京競馬場第9競走(アプローズ賞)
  3. 14:50 小倉競馬場第10競走(九十九島特別)
  4. 15:00 京都競馬場第10競走(北國新聞杯)
  5. 15:20 東京競馬場第10競走(ジャパンカップ この競走のみがメイン競走
  • 2011年10月10日と2012年11月25日(ジャパンカップ施行日)・12月24日、2018年12月28日は当日の最終競走も対象となっている。以下に、2018年12月28日(の対象競走)を示す。
  1. 15:05 阪神競馬場第10競走(フォーチュンカップ)
  2. 15:30 中山競馬場第11競走(ホープフルステークス<GI> メイン競走)
  3. 15:45 阪神競馬場第11競走(ベテルギウスステークス メイン競走)
  4. 16:05 中山競馬場最終競走(ベストウィッシュカップ)
  5. 16:25 阪神競馬場最終競走(2018ファイナルステークス 当年の中央競馬最終競走)
  • 2016年・2017年の第2回新潟・第2回小倉・第1・2回札幌開催の期間中は、全場のメイン競走(第11競走)と、3場のうち2場の最終競走(第12競走)を対象とする「SUMMER WIN5」として施行した[12]。その一例として2016年7月31日のものを示す。
  1. 15:25 札幌競馬場第11競走(クイーンステークス
  2. 15:35 小倉競馬場第11競走(佐世保ステークス)
  3. 15:45 新潟競馬場第11競走(アイビスサマーダッシュ
    (※札幌競馬場第12競走は対象外)
  4. 16:15 小倉競馬場第12競走(平場)
  5. 16:30 新潟競馬場第12競走(平場)
また2017年については札幌と新潟の第12競走が対象となり、小倉の第12競走は対象外となった[13]。なお2018年は実施せずに通常通りのレース設定となった。
当初の開催予定の競走が頭数調整によりレース番組の変更が生じる場合があるが、原則として発売対象競走の順序は入れ替えない。[14]

払戻金記録編集

上限額
2億円
開催日 勝馬の人気 発売票数 的中票数 次回へのキャリーオーバー金額 備考
2011年6月26日 8-4-11-1-6番人気 1446万546票 3票 4億6718万8320円
2012年11月25日 18-3-6-5-3番人気 880万3017票 2票 2億4966万2660円
2012年12月9日 9-4-4-9-5番人気 815万5529票 1票 1億93万8320円 [注 7]
2013年10月6日 4-6-6-11-4番人気 783万5478票 3億7825万8280円
2014年3月2日 11-2-14-2-2番人気 624万5644票 2億6092万8530円
2014年3月21日 2-8-6-3-3番人気 415万2804票 1億647万6940円
高額記録(上限額を除く)
上限2億円
順位 開催日 払戻金 勝馬の人気 発売票数 的中票数 備考
1
2012年3月18日 1億9837万2040円 5-2-12-3-3番人気 1075万1872票 4票
2
2014年6月1日 1億8249万3460円 4-15-4-1-3番人気 741万8433票 3票
3
2011年10月30日 1億6213万1980円 3-4-12-1-7番人気 1098万4551票 5票
上限6億円
順位 開催日 払戻金 勝馬の人気 発売票数 的中票数 備考
1
2019年2月24日 4億7180万9030円[15] 2-15-12-11-5番人気[15] 674万129票 1票
2
2016年8月21日 4億2012万7890円[16] 8-6-5-15-1番人気[17] 625万8661票[注 8][17]
3
2015年9月13日 3億9566万3730円 4-10-3-10-13番人気 567万7049票
低額記録
順位 開催日 払戻金 勝馬の人気 発売票数 的中票数 備考
1
2018年10月8日 6050円[18] 1-1-2-2-1番人気[19] 484万7581票 5万6058票[18][19]
2
2012年10月21日 7320円 2-1-1-1-1番人気 871万2508票 8万7953票
3
2015年11月1日 1万260円 1-1-1-1-1番人気 640万6292票 4万3675票 1番人気馬が全て勝った初のケース[20]
的中なし
開催日 勝馬の人気 発売票数 次回へのキャリーオーバー金額 備考
2011年9月4日 3-11-10-2-4番人気 1155万5674票 8億5280万8741円
2013年5月5日 5-9-6-6-10番人気 726万4638票 5億3613万284円
2014年9月7日 11-7-1-15-1番人気 650万1893票 4億4493万9530円 上限額引き上げ後初
2014年11月23日 4-11-16-10-8番人気 588万452票 4億1163万1640円 [注 9]
2018年12月23日 2-11-8-7-3番人気[21] 856万8603票[21] 5億9980万2210円[21]
2019年3月3日 7-14-5-13-8番人気[22] 664万2651票[22] 4億6498万5570円[22]

東日本大震災の被災地支援編集

2011年3月の東日本大震災発生に伴い、同年6月までの間WIN5の売上から、払戻金・国庫納付金を除いた金額を被災地支援金として拠出する[23]

CM編集

2011年のCMでは、映画『ステキな金縛り』とのコラボレーションで深津絵里(女優)、三谷幸喜(映画監督)が出演。第1弾は役柄多すぎ編、第2弾はセット小さすぎ編となった。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 2011年4月24日の開始から2014年6月1日までは2億円。
  2. ^ 払戻金については3つの購入方の票数すべてを合算するため、どの方法で購入しても払戻金は同一となる。
  3. ^ ただし、前日の予報により、台風や豪雪などの予報が予想される場合には前日発売夜間発売をしない場合があり、その場合はWIN5の夜間前売り発売(前日発売は行わない)も実施しない場合がある。
  4. ^ 一方で、払戻率は73.8%から70.0%に引き下げられている[8]。したがって、同じ票数が売れ同じ票数が的中した場合の払戻金額は、以前より低くなる。例えば1億円の売り上げがあり1票が的中であった場合、2014年6月1日までは払戻金は7380万円であったが、現在は7000万円となっている。
  5. ^ 2018年12月23日現在
  6. ^ 2011年11月27日なら小倉のメイン「雲仙特別」と京都のメイン「太秦ステークス」は対象外。
  7. ^ 1着同着の競走(4レース目の中京11R)があったため、別に1504万6990円×20票の払戻がある。
  8. ^ ただし、対象レース1つ目の小倉競馬第11競走(北九州記念)で1頭が競走除外となったため25万6834票が返還となった。
  9. ^ 翌日開催へのキャリーオーバー。

出典編集

  1. ^ WIN5 | WIN5を知ろう!(日本中央競馬会)
  2. ^ WIN5 | 払戻金・キャリーオーバー(日本中央競馬会)
  3. ^ 例・JRA公式サイトの2011年12月25日・5回中山8日の成績表(PDFファイル)
    5ページ目の有馬記念の成績表でWIN5の発売票数などが、7ページ目の勝馬投票券売得金の欄で5重勝(=WIN5)の発売金額が記載されている。
  4. ^ 今週のWIN5は初の2億円&キャリーオーバー発生! - JRA・2011年6月26日
  5. ^ a b 代替競馬開催に伴う発売と払戻2013年9月16日 JRAリリース 9月17日閲覧)
  6. ^ 【緊急】本日の阪神競馬開催は中止となりました2012年9月30日 JRAリリース 同日閲覧)
  7. ^ 【!】「阪神競馬開催分」および「WIN5」の夜間発売を取りやめ(2012年9月29日 JRAリリース 9月30日閲覧)
  8. ^ a b 今週からJRAの払戻率が変更、WIN5の上限は6億円に(netkeiba.com 2014年6月6日 6月8日閲覧)
  9. ^ WIN5史上最高払戻金を更新! 3億円超え!(2015年9月13日 JRAリリース 同日閲覧)
  10. ^ JRAが来秋から馬券のキャッシュレス発売機導入 海外馬券やWIN5が競馬場やウインズでも購入可能にスポーツ報知、2017年10月17日閲覧
  11. ^ 本日のWIN5は的中者なし!次回【12月28日(金曜)】へキャリーオーバー!”. 日本中央競馬会. 2018年12月23日閲覧。
  12. ^ 夏季期間におけるWIN5のレース設定について - 日本中央競馬会、2016年6月27日掲載
  13. ^ “「SUMMER WIN5」、今年も実施”. 競馬実況web (日経ラジオ社(ラジオNIKKEI)). (2017年6月26日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_12066.html 2017年7月21日閲覧。 
  14. ^ 【ご注意ください】9月22日(日曜)のWIN5対象レースを変更しました(2019年9月19日)この場合、最初に中山競馬場第9競走として行うとしていた「芙蓉ステークス」(2歳・オープン競走)が出走馬6頭となったため、WIN5対象外の第8競走に変更、代わって第9競走に当初第8競走で行うとされた「3歳以上2勝クラス(旧:1000万円以下クラス)(混合)[指定]」が行われ、対象レースが変更されている。
  15. ^ a b WIN5で史上最高4億7000万円超、的中は1票 - 日刊スポーツ、2019年2月24日配信、同日閲覧
  16. ^ WIN5で史上最高配当4億2012万円!波乱続出、的中わずか1人 - スポニチアネックス、2016年8月21日閲覧
  17. ^ a b WIN5史上最高払戻金を更新!4億円超え! - 日本中央競馬会公式サイト、2016年8月21日閲覧
  18. ^ a b WIN5は過去最低6050円 - スポーツニッポン、2018年10月8日配信、同日閲覧
  19. ^ a b WIN5で最低払戻金記録を更新 - ラジオNIKKEI・競馬実況web、2018年10月8日配信、同日閲覧
  20. ^ WIN5は1万260円 史上2番目の少額、全て1番人気勝つ - スポニチアネックス(2015年11月1日)※2015年11月2日閲覧
  21. ^ a b c 4年ぶりに的中者なし…クビ差で約6億円を逃した人も - スポーツニッポン、2018年12月23日配信、同日閲覧
  22. ^ a b c また大荒れ!WIN5は的中者なし 前週には史上最高配当4・7億 - スポーツニッポン、2019年3月3日配信、同日閲覧
  23. ^ 「WIN5」を通じた東日本大震災被災地支援について - JRA・2011年4月12日

関連項目編集

外部リンク編集