WWEクラウン・ジュエル

WWEクラウン・ジュエル[1](WWE Crown Jewel)は、アメリカ合衆国のプロレス団体WWEが主催する興行の名称である。また同PPVの名称でもある。

WWEクラウン・ジュエル
イベント詳細
シリーズ WWEネットワーク
主催 WWE
開催年月日 2018年11月2日
開催地 サウジアラビアの旗 サウジアラビアリヤド
会場 キングサウード大学スタジアム
開始時刻 午後7時(現地時間)/正午(EDT)
放送局 WWEネットワーク
イベント時系列
WWEエボリューション WWEクラウン・ジュエル サバイバー・シリーズ (2018年)

2018年編集

背景編集

WWEは2018年4月27日にジッダグレイテスト・ロイヤルランブルを開催。大成功を収めたことで、サウジアラビアで第二弾の興行を11月2日に首都リヤドで行うと発表。当初はキング・ファハド国際スタジアムの予定だったが、急遽会場がキングサウード大学スタジアムに変更となった[2]。しかしジャマル・カショギ殺害事件の影響で開催が危ぶまれていたが、WWEは予定通り開催すると発表した[3]

なお前回のサウジ公演に続き女子選手は6日前のエボリューション出場のため参加しない。

大会後はアメリカに帰国せず、イングランド・マンチェスターでの『ロウ』『スマックダウン』TV収録に臨む。

大会までのあらすじ編集

8月19日のサマースラムロマン・レインズがブロック・レスナーを破りWWEユニバーサル王者を奪取した。翌日の『ロウ』、フィン・ベイラーを破り初防衛に成功したレインズだったがその直後ブラウン・ストローマンがマネー・イン・ザ・バンクの行使を要求。結果的にザ・シールドによって阻止された。9月16日のヘル・イン・ア・セルでヘル・イン・ア・セル形式でのWWEユニバーサル選手権試合レインズvsストローマンが行われたが、終盤にレスナーが乱入。扉を破壊し、試合を台無しにしたままノーコンテストで終了。翌日の『ロウ』でレインズ、レスナー、ストローマンによるトリプルスレット形式でのWWEユニバーサル選手権試合が行われることが決定するはずだった。しかし10月22日の『ロウ』冒頭、レインズが白血病再発を告白。同時にWWEユニバーサル王座を返上することを明かされ、会場は騒然。急遽レスナーとストローマンによる王座決定戦をこの大会で組むことが決定した[4]

9月17日の『ロウ』でWWEワールドカップ開催を発表[1]。ロウ、スマックダウン各4名ずつの8名のトーナメント戦を実施する。

一方WWE王座はMCGでのスーパーショー・ダウンでサモア・ジョーを破ったAJスタイルズが同じスーパーショー・ダウンで次期挑戦者決定戦でザ・ミズに勝利したダニエル・ブライアンと対戦することになった[5]。しかし10月30日放送の『スマックダウン』でコミッショナーのシェイン・マクマホンがスタイルズとブライアンのWWE選手権試合を開催すると宣言[6]。試合はブライアンがギブアップでスタイルズが王座を死守[7]。しかしその後サモア・ジョーが乱入。GMペイジは急遽スタイルズとジョーの王座戦を本大会での開催が決定した[8][9]

10.6MCGでのスーパーショー・ダウンでジ・アンダーテイカーに勝利したトリプルHは2010年のレッスルマニアXXVI以来8年半ぶりにリング復帰するショーン・マイケルズとのD-ジェネレーションXを復活、ブラザーズ・オブ・デストラクションとのタッグチームマッチを行う[10]

10月16日にワシントンD.C.で行われた『SmackDown 1000』。スマックダウンタッグ選手権試合でニュー・デイとザ・バーが対戦。しかし終盤にビッグ・ショーが乱入。ザ・バーが新王者となった。その翌週の『SmackDown LIVE』で本大会での再戦が決定した。

結果編集

No. 結果 試合形式 時間[11][12]
1P 中邑真輔 (c) vs. ルセフ WWE US選手権試合[13] 9:30
2 レイ・ミステリオ vs. ランディ・オートン WWEワールドカップ準々決勝[14] 5:30
3 ザ・ミズ vs. ジェフ・ハーディー WWEワールドカップ準々決勝[15] 7:05
4 セス・ロリンズ vs. ボビー・ラシュリー (with リオ・ラッシュ)● WWEワールドカップ準々決勝[16] 5:30
5 ドルフ・ジグラー (with ドリュー・マッキンタイア) vs. カート・アングル WWEワールドカップ準々決勝[17] 8:10
6 ザ・バー (セザーロ & シェイマス) (c) vs. ニュー・デイ (ビッグE & コフィ・キングストン) (with エグゼビア・ウッズ)● WWE・スマックダウンタッグ選手権試合[18] 10:30
7 ◯ザ・ミズ vs. レイ・ミステリオ● WWEワールドカップ準決勝[19] 11:15
8 ◯ドルフ・ジグラー (with ドリュー・マッキンタイア) vs. セス・ロリンズ● WWEワールドカップ準決勝[20] 13:05
9 AJ スタイルズ (c) vs. サモア・ジョー WWE選手権試合[21] 11:15
10 ブロック・レスナー (with ポール・ヘイマン) vs. ブラウン・ストローマン WWEユニバーサル王座決定戦[22] 3:15
11 シェイン・マクマホン vs. ドルフ・ジグラー●
  • ザ・ミズが試合続行不可能のためシェイン・マクマホンが代打出場
WWEワールドカップ優勝決定戦[23] 2:30
12 D-ジェネレーションX (トリプルH & ショーン・マイケルズ) vs. ブラザーズ・オブ・デストラクション (ジ・アンダーテイカー & ケイン)● タッグチームマッチ[24] 27:45
  • (c) – 試合開始時点でのチャンピオンを指す
  • P – プレショーで行われた試合を指す


WWEワールドカップ編集

WWEワールドカップは8人によるトーナメント戦を行う国別の大会。大会に先駆けて予選が10月の『ロウ』『スマックダウン』で行われた[25]

Wrestler Date qualified Brand represented Notes
カート・アングル October 8, 2018 Raw 全身金色のコンキスタドールを扮して予選バトルロイヤルを勝利。しかし勝利後、正体がアングルであることが明かした。
ジェフ・ハーディー October 9, 2018 SmackDown 予選でサモア・ジョーをレフェリーストップで勝利。
ランディ・オートン 予選でビッグ・ショーを下した
セス・ロリンズ October 15, 2018 Raw 予選でドリュー・ギャロウェイをカウントアウトで下す。
ドルフ・ジグラー 予選でディーン・アンブローズを下す。
ザ・ミズ October 16, 2018 SmackDown 予選でルセフを下す。
レイ・ミステリオ 予選で中邑真輔を下す。
ボビー・ラシュリー October 29, 2018 Raw ジョン・シナに代わる

第2回大会(2019年)WWE Crown Jewel 2019編集

Crown Jewel (2019)
情報
主催 WWE
ブランド ロウ
スマックダウン
開催日 2019年10月31日
都市   サウジアラビアリヤド
会場 キング・ファハド国際スタジアム
WWE・イン・サウジアラビア年表

Super ShowDown Crown Jewel (2019)
WWEクラウン・ジュエル年表

2018 Crown Jewel (2019)


No. 結果 試合形式 時間[26][27]
1P ウンベルト・カリーヨエリック・ローワンを最後に脱落させ勝利 20人バトルロイヤル
勝者はWWE US王座の挑戦権を獲得[28]
12:25
2 ブロック・レスナー (c) (with ポール・ヘイマン) vs. ケイン・ヴェラスケス (with レイ・ミステリオ)● WWE王座戦[29] 2:10
3 ザ・O.C. (カール・アンダーソン & ルーク・ギャローズ) vs. ザ・ヴァイキング・レイダーズ (エリク & アイヴァー) vs. ニュー・デイ (ビッグE & コフィ・キングストン) vs. ザ・リバイバル (スコット・ドーソン & ダッシュ・ワイルダー) vs. ザ・Bチーム (カーティス・アクセル & ボー・ダラス) vs. ヘヴィー・マシナリー (オーティス & タッカー) vs. ドルフ・ジグラー & ロバート・ルード vs. カート・ホーキンス & ザック・ライダー vs. ルチャ・ハウス・パーティー (リンス・ドラド & グラン・メタリック) (with カリスト) 9タッグチーム・ターモイル形式WWEワールドカップ戦[30] 32:05
4 マンスール vs. セザーロ シングル戦[31] 12:45
5 タイソン・フューリー vs. ブラウン・ストローマン シングル戦[32] 8:04
6 AJスタイルズ (c) vs. ウンベルト・カリーヨ● WWE US王座戦[33] 12:34
7 ナタリヤ vs. レイシー・エヴァンス シングル戦[34] 7:21
8 ○チーム・ホーガン (ローマン・レインズ, ルセフ, リコシェ, ショーティー・G & アリ) (with ハルク・ホーガン & ジミー・ハート) vs. チーム・フレアー (ランディ・オートン, キング・コービン, ボビー・ラシュリー, 中邑真輔 & ドリュー・マッキンタイア) (with リック・フレアー)● 10人タッグチーム戦[35] 19:55
9 セス・ロリンズ (c) vs. "ザ・フィーンド"・ブレイ・ワイアット フォールズ・カウント・エニウェア形式WWEユニバーサル王座戦[36] 21:21
  • (c) – 試合開始時点でのチャンピオンを指す
  • P – プレショーで行われた試合を指す


脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b WWE Crown Jewel set for November 2 in Parts Unknown”. WWE. 2018年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月17日閲覧。
  2. ^ WWE® CHAMPIONSHIP MATCH SET FOR CROWN JEWEL”. WWE Corporate (2018年10月6日). 2018年10月6日閲覧。
  3. ^ McKenna, James (2018年10月25日). “WWE Announces Crown Jewel Will Continue As Planned”. Pro Wrestling Sheet. 2018年10月25日閲覧。
  4. ^ 10/22 Powell’s WWE Raw Live TV Review: Roman Reigns announces he has leukemia, forfeits the WWE Universal Championship, Drew McIntyre and Dolph Ziggler vs. Seth Rollins and Dean Ambrose for the Raw Tag Titles, Ronda Rousey and Nikki Bella contract signing for WWE Evolution, Triple H and Shawn Michaels appear”. Pro Wreslting Dot Net. 2018年10月22日閲覧。
  5. ^ Powell, Jason. “Powell’s WWE Super Show-Down live review: Undertaker vs. Triple H for the final time, AJ Styles vs. Samoa Joe in a no DQ, no count-out match for the WWE Title, The Shield vs. Braun Strowman, Drew McIntyre, and Dolph Ziggler, Becky Lynch vs. Charlotte for the Smackdown Women’s Title”. Pro Wrestling Dot Net. 2018年10月6日閲覧。
  6. ^ #SDLive Commissioner @shanemcmahon is BACK, and he just changed the game...because @AJStylesOrg is going to defend his #WWEChampionship against @WWEDanielBryan RIGHT NOW!”. Twitter. 2018年10月30日閲覧。
  7. ^ WWE Champion AJ Styles def. Daniel Bryan before Samoa Joe savagely took out both”. WWE.com. 2018年10月30日閲覧。
  8. ^ AJ Styles wants Samoa Joe at WWE Crown Jewel: SmackDown LIVE, Oct. 30, 2018”. YouTube. 2018年10月30日閲覧。
  9. ^ WWE Champion AJ Styles vs. Samoa Joe”. WWE.com. 2018年10月30日閲覧。
  10. ^ 10/08 Powell’s WWE Raw Live TV Review: Shawn Michaels and Triple H respond to being attacked by Undertaker and Kane at WWE Super Show-Down, Trish Stratus appearance, two WWE Super Show-Down rematches”. Pro Wrestling Dot Net. 2018年10月8日閲覧。
  11. ^ Powell, Jason. “Powell’s WWE Crown Jewel 2018 Kickoff Show coverage: Shinsuke Nakamura vs. Rusev for the U.S. Championship”. Pro Wrestling Dot Net. 2018年11月2日閲覧。
  12. ^ Powell, Jason. “Singh Gill-for-the-vacant-wwe-universal-championship-aj-styles-vs-samoa-joe-for-the-wwe-championship-undertaker-and-kane-vs-dx-wor/ Powell’s WWE Crown Jewel live review: Brock Lesnar vs. Braun Strowman for the vacant WWE Universal Championship, AJ Styles vs. Samoa Joe for the WWE Championship, Undertaker and Kane vs. DX, World Cup tournament”. Pro Wrestling Dot Net. 2018年11月2日閲覧。
  13. ^ United States Champion Shinsuke Nakamura def. Rusev”. WWE. 2018年11月2日閲覧。
  14. ^ Rey Mysterio def. Randy Orton (WWE World Cup First-Round Match)”. WWE. 2018年11月2日閲覧。
  15. ^ The Miz def. Jeff Hardy (WWE World Cup First-Round Match)”. WWE. 2018年11月2日閲覧。
  16. ^ Seth Rollins def. Bobby Lashley (WWE World Cup First-Round Match)”. WWE. 2018年11月2日閲覧。
  17. ^ Dolph Ziggler def. Kurt Angle (WWE World Cup First-Round Match)”. WWE. 2018年11月2日閲覧。
  18. ^ SmackDown Tag Team Champions The Bar def. The New Day”. WWE. 2018年11月2日閲覧。
  19. ^ The Miz def. Rey Mysterio (WWE World Cup Semifinal Match)”. WWE. 2018年11月2日閲覧。
  20. ^ Dolph Ziggler def. Intercontinental & Raw Tag Team Champion Seth Rollins (WWE World Cup Semifinal Match)”. WWE. 2018年11月2日閲覧。
  21. ^ WWE Champion AJ Styles def. Samoa Joe”. WWE. 2018年11月2日閲覧。
  22. ^ Braun Strowman def.Brock Lesnar to win the vacant WWE Universal Heavyweight Championship”. WWE. 2018年11月2日閲覧。
  23. ^ Shane McMahon def. Dolph Ziggler (WWE World Cup Finals)”. WWE. 2018年11月2日閲覧。
  24. ^ D-Generation X def. The Brothers of Destruction”. WWE. 2018年11月2日閲覧。
  25. ^ Eight-Man World Cup Tournament to take place at WWE Crown Jewel”. WWE. 2018年10月8日閲覧。
  26. ^ Powell, Jason. “WWE Crown Jewel Kickoff Show results: Powell’s review of the Battle Royal for U.S. Title match against AJ Styles”. Pro Wrestling Dot Net. 2019年10月31日閲覧。
  27. ^ Powell, Jason. “WWE Crown Jewel results: Powell’s live review of Brock Lesnar vs. Cain Velasquez for the WWE Championship, Seth Rollins vs. Bray Wyatt in a Falls Count Anywhere match for the WWE Universal Championship, Braun Strowman vs. Tyson Fury, Lacey Evans vs. Natalya”. Pro Wrestling Dot Net. 2019年10月31日閲覧。
  28. ^ Wortman, James (2019年10月31日). “Humberto Carrillo won the 20-Man Battle Royal for the right to challenge U.S. Champion AJ Styles (Kickoff Match)”. WWE. 2019年11月1日閲覧。
  29. ^ Benigno, Anthony (2019年10月31日). “WWE Champion Brock Lesnar def. Cain Velasquez”. WWE. 2019年11月1日閲覧。
  30. ^ Melok, Bobby (2019年10月31日). “The O.C. win the Tag Team Turmoil match to capture the WWE Tag Team World Cup and become the best tag team in the world”. WWE. 2019年11月1日閲覧。
  31. ^ Garretson, Jordan (2019年10月31日). “Mansoor def. Cesaro”. WWE. 2019年11月1日閲覧。
  32. ^ Benigno, Anthony (2019年10月31日). “Tyson Fury def. Braun Strowman via Count-out”. WWE. 2019年11月1日閲覧。
  33. ^ Melok, Bobby (2019年10月31日). “United States Champion AJ Styles def. Humberto Carrillo”. WWE. 2019年11月1日閲覧。
  34. ^ Garretson, Jordan (2019年10月31日). “Natalya def. Lacey Evans”. WWE. 2019年11月1日閲覧。
  35. ^ Melok, Bobby (2019年10月31日). “Team Hogan def. Team Flair”. WWE. 2019年11月1日閲覧。
  36. ^ Benigno, Anthony (2019年10月31日). “"The Fiend" Bray Wyatt def. Seth Rollins to become the new Universal Champion (Falls Count Anywhere Match)”. WWE. 2019年11月1日閲覧。