WWE・インターコンチネンタル王座

WWEインターコンチネンタル王座WWE Intercontinental Championship)は、アメリカ合衆国プロレス団体WWEにおける王座のひとつである。WWF時代の1979年8月から2002年5月までは、WWFインターコンチネンタル・ヘビー級王座WWF Intercontinental Heavyweight Championship)が正式名称だった。 

WWEインターコンチネンタル王座
詳細
現王者 サミ・ゼイン
獲得日 2022年6月10日
管理団体 WWE
創立 1979年9月15日
統計
最多保持者 クリス・ジェリコ:9回
初代王者 パット・パターソン
最長保持者 グンター:687日
最短所持者 トリプルH:0秒(王座統一)
最年長 リック・フレアー:56歳205日
最年少 ジェフ・ハーディー:23歳222日

創設から40年以上の歴史がある。もともと当時のWWFヘビー級王座(現在のWWE王座)に次ぐナンバー2タイトルとして位置付けられ[1]、三役クラスの選手や次代を担う新鋭によって争われた。現在でも、団体のエースを目指すプロレスラー登竜門として、また最高位の王座争いストーリーに絡まないレスラーのための王座となっている。

歴史 編集

王座創設は1979年9月。同年6月19日にテッド・デビアスから「北米ヘビー級王座」を奪取したパット・パターソン[2]、その後ブラジルリオデジャネイロで行われたとされる架空のトーナメントに優勝したと称し[3]、北米と南米の両王座を統合して「インターコンチネンタル(大陸間)王座」と改称したことが始まり[4][5]

上記の通り、基本的にはトップ入りを目指す若手選手や世界王座戦線に絡まないレスラーが争う団体第2のタイトルであり、興行が行われる際も必然的に、世界王座戦より下のポジションで試合が組まれるのが普通である。しかし、ハルク・ホーガンランディ・サベージアルティメット・ウォリアーらが主役を張っていたファミリーエンターテインメント路線から、ブレット・ハートショーン・マイケルズらのニュージェネレーション路線への転換期となっていた1990年代初頭は、まだ主役級ではなかったが試合巧者な彼らの試合はファンを熱狂させ、PPV等で世界王座戦より上に試合が組まれることもあった。

2002年8月26日に、当時IC王者であったロブ・ヴァン・ダムが、ハードコア王座を保持していたトミー・ドリーマーを破り2冠。同時にハードコア王座はIC王座に統合される形で消滅した。

2002年10月20日、当時世界ヘビー級王者であったトリプルHが、IC王者のケインを破り2冠。同時にIC王座は一時消滅することとなった。このことに対してファンの不満は大きく、IC王座は2003年5月18日に復活した。

なお、1984年にはノンタイトル戦ながら新日本プロレスにおいて、当時のWWFインターコンチネンタル・ヘビー級王者のグレッグ・バレンタインWWFインターナショナル・ヘビー級王者藤波辰巳との対戦が実現している(結果は逆さ押さえ込みで藤波の勝利)[6]

日本人レスラーとしてはExtreme Rules 2019にて、フィン・ベイラーを破った中邑真輔が日本人初の戴冠を果たしている。

歴代チャンピオン 編集

チャンピオン 戴冠回数 保持日数 日付
パット・パターソン 1 232日 1979年9月1日
ケン・パテラ 1 230日 1980年4月21日
ペドロ・モラレス 1 193日 1980年12月8日
ドン・ムラコ 1 155日 1981年6月20日
ペドロ・モラレス 2 424日 1981年11月23日
ドン・ムラコ 2 384日 1983年1月22日
ティト・サンタナ 1 225日 1984年2月11日
グレッグ・バレンタイン 1 284日 1984年9月24日
ティト・サンタナ 2 216日 1985年7月6日
ランディ・サベージ 1 413日 1986年2月8日
リッキー・スティムボート 1 64日 1987年3月29日
ホンキー・トンク・マン 1 453日 1987年6月2日
アルティメット・ウォリアー 1 215日 1988年8月29日
リック・ルード 1 147日 1989年4月2日
アルティメット・ウォリアー
※1990年4月1日、WWF世界ヘビー級王座獲得のため返上
2 215日 1989年8月28日
ミスター・パーフェクト
※トーナメント決勝でサンタナを破り戴冠
1 125日 1990年4月23日
テキサス・トルネード 1 83日 1990年8月27日
ミスター・パーフェクト 2 279日 1990年11月19日
ブレット・ハート 1 143日 1991年8月26日
ザ・マウンティー 1 1日 1992年1月17日
ロディ・パイパー 1 76日 1992年1月19日
ブレット・ハート 2 145日 1992年4月5日
ブリティッシュ・ブルドッグ 1 58日 1992年8月29日
ショーン・マイケルズ 1 201日 1992年10月27日
マーティ・ジャネッティ 1 19日 1993年5月17日
ショーン・マイケルズ
※1993年9月、一時的にWWFを離脱したため剥奪
2 112日 1993年6月6日
レイザー・ラモン
※王座決定戦でリック・マーテルを破り戴冠
1 197日 1993年9月27日
ディーゼル 1 137日 1994年4月13日
レイザー・ラモン 2 197日 1994年8月29日
ジェフ・ジャレット
※1995年4月26日、ボブ・ホーリー戦後に王座預かり
1 93日 1995年1月22日
ジェフ・ジャレット
※再戦でホーリーを破り戴冠
2 22日 1995年4月26日
レイザー・ラモン 3 2日 1995年5月19日
ジェフ・ジャレット 3 61日 1995年5月22日
ショーン・マイケルズ 3 90日 1995年7月23日
ディーン・ダグラス
※マイケルズ負傷による不戦勝で戴冠
1 0日 1995年10月22日
レイザー・ラモン 4 90日 1995年10月22日
ゴールダスト
※1996年4月1日、サビオ・ベガ戦後に王座預かり
1 63日 1996年1月21日
ゴールダスト
※ベガとの再戦に勝利して戴冠
2 82日 1996年4月1日
アーメッド・ジョンソン
※1996年8月12日、負傷により返上
1 57日 1996年6月23日
マーク・メロ
※トーナメント決勝でファルークを破り戴冠
1 27日 1996年9月23日
ハンター・ハースト・ヘルムスリー 1 114日 1996年10月21日
ロッキー・メイビア 1 73日 1997年2月13日
オーエン・ハート 1 73日 1997年4月28日
ストーン・コールド・スティーブ・オースチン
※1997年9月8日、謹慎処分が下され王座空位
1 28日 1997年8月3日
オーエン・ハート
※トーナメント決勝でファルークを破り戴冠
2 34日 1997年10月5日
ストーン・コールド・スティーブ・オースチン 2 28日 1997年11月9日
ザ・ロック 2 264日 1997年12月8日
トリプルH
※負傷のため王座空位
2 43日 1998年8月30日
ケン・シャムロック
※トーナメント決勝でXパックを破り戴冠
1 124日 1998年10月12日
バル・ビーナス 1 28日 1999年2月14日
ロード・ドッグ 1 13日 1999年3月15日
ゴールダスト 3 13日 1999年3月29日
ザ・ゴッドファーザー 1 42日 1999年4月12日
ジェフ・ジャレット 4 42日 1999年5月31日
エッジ 1 0日 1999年7月24日
ジェフ・ジャレット 5 0日 1999年7月25日
ディーロ・ブラウン 1 26日 1999年7月26日
ジェフ・ジャレット 6 55日 1999年8月22日
チャイナ 1 55日 1999年10月17日
クリス・ジェリコ
※1999年12月28日、チャイナ戦がダブルフォールのため王座預かり
1 21日 1999年12月12日
クリス・ジェリコ
※チャイナとハードコア・ホーリーとの3ウェイ戦に勝利して戴冠
2 34日 2000年1月23日
カート・アングル 1 34日 2000年2月27日
クリス・ベノワ 1 49日 2000年4月2日
クリス・ジェリコ 3 4日 2000年5月4日
クリス・ベノワ 2 42日 2000年5月8日
リキシ 1 13日 2000年6月22日
バル・ビーナス 2 51日 2000年7月6日
チャイナ 2 7日 2000年8月27日
エディ・ゲレロ 1 79日 2000年9月4日
ビリー・ガン 1 16日 2000年11月23日
クリス・ベノワ 3 41日 2000年12月10日
クリス・ジェリコ 4 73日 2001年1月21日
トリプルH 3 6日 2001年4月5日
ジェフ・ハーディー 1 3日 2001年4月12日
トリプルH 4 33日 2001年4月16日
ケイン 1 38日 2001年5月20日
アルバート 1 24日 2001年6月28日
ランス・ストーム 1 26日 2001年7月23日
エッジ 2 34日 2001年8月19日
クリスチャン 1 27日 2001年9月23日
エッジ 3 14日 2001年10月21日
テスト 1 12日 2001年11月5日
エッジ
※エッジが保持していたWCW USヘビー級王座と統合
4 62日 2001年11月18日
ウィリアム・リーガル 1 55日 2002年1月20日
ロブ・ヴァン・ダム 1 34日 2002年3月17日
エディ・ゲレロ 2 35日 2002年4月21日
ロブ・ヴァン・ダム
※2002年7月21日、ジェフ・ハーディーを破りWWEヨーロピアン王座と統合
2 62日 2002年5月26日
クリス・ベノワ 4 27日 2002年7月29日
ロブ・ヴァン・ダム
※2002年8月26日、トミー・ドリーマーを破りWWEハードコア王座と統合
3 40日 2002年8月25日
クリス・ジェリコ 5 13日 2002年9月16日
ケイン 2 19日 2002年9月30日
トリプルH
世界ヘビー級王座との統合で2003年5月18日まで一時封印
5 0日 2002年10月20日
クリスチャン
※復活王座決定バトルロイヤルで優勝
2 49日 2003年5月18日
ブッカー・T 1 33日 2003年7月7日
クリスチャン 3 49日 2003年8月10日
ロブ・ヴァン・ダム 4 27日 2003年9月29日
クリス・ジェリコ 6 0日 2003年10月27日
ロブ・ヴァン・ダム 5 47日 2003年10月27日
ランディ・オートン 1 209日 2003年12月14日
エッジ 5 56日 2004年7月11日
クリス・ジェリコ 7 36日 2004年9月12日
シェルトン・ベンジャミン 1 244日 2004年10月19日
カリート 1 90日 2005年6月20日
リック・フレアー 1 153日 2005年9月19日
シェルトン・ベンジャミン 2 68日 2006年2月20日
ロブ・ヴァン・ダム 6 14日 2006年4月30日
シェルトン・ベンジャミン 3 40日 2006年5月15日
ジョニー・ナイトロ 1 98日 2006年6月25日
ジェフ・ハーディー 2 34日 2006年10月2日
ジョニー・ナイトロ 2 6日 2006年11月6日
ジェフ・ハーディー 3 97日 2006年11月13日
ウマガ 1 55日 2007年2月19日
サンティーノ・マレラ 1 76日 2007年4月16日
ウマガ 2 62日 2007年7月2日
ジェフ・ハーディー 4 189日 2007年9月3日
クリス・ジェリコ 8 110日 2008年3月10日
コフィ・キングストン 1 48日 2008年6月29日
サンティーノ・マレラ 2 84日 2008年8月17日
ウィリアム・リーガル 2 69日 2008年11月10日
CMパンク 1 48日 2009年1月19日
JBL 1 26日 2009年3月9日
レイ・ミステリオ 1 62日 2009年4月5日
クリス・ジェリコ 9 20日 2009年6月7日
レイ・ミステリオ 2 67日 2009年6月28日
ジョン・モリソン 3 99日 2009年9月4日
ドリュー・マッキンタイア 1 160日 2009年12月13日
コフィ・キングストン 2 74日 2010年5月23日
ドルフ・ジグラー 1 153日 2010年8月6日
コフィ・キングストン 3 76日 2011年1月7日
ウェイド・バレット 1 85日 2011年3月25日
エゼキエル・ジャクソン 1 53日 2011年6月19日
コーディ・ローデス 1 233日 2011年8月12日
ビッグ・ショー 1 27日 2012年4月1日
コーディ・ローデス 2 21日 2012年4月29日
クリスチャン 4 63日 2012年5月20日
ザ・ミズ 1 84日 2012年7月23日
コフィ・キングストン 4 74日 2012年10月16日
ウェイド・バレット 2 98日 2012年12月29日
ザ・ミズ 2 1日 2013年4月7日
ウェイド・バレット 3 68日 2013年4月8日
カーティス・アクセル 1 155日 2013年6月16日
ビッグ・E・ラングストン 1 166日 2013年11月18日
バッド・ニュース・バレット 4 57日 2014年5月4日
ザ・ミズ 3 27日 2014年7月20日
ドルフ・ジグラー 2 35日 2014年8月17日
ザ・ミズ 4 0日 2014年9月21日
ドルフ・ジグラー 3 56日 2014年9月22日
ルーク・ハーパー 1 26日 2014年11月17日
ドルフ・ジグラー 4 22日 2014年12月14日
バッド・ニュース・バレット 5 82日 2015年1月5日
ダニエル・ブライアン 1 43日 2015年3月29日
ライバック 1 111日 2015年5月31日
ケビン・オーエンズ 1 84日 2015年9月20日
ディーン・アンブローズ 1 63日 2015年12月13日
ケビン・オーエンズ 2 47日 2016年2月15日
ザック・ライダー 1 1日 2016年4月3日
ザ・ミズ 5 188日 2016年4月4日
ドルフ・ジグラー 5 36日 2016年10月9日
ザ・ミズ 6 48日 2016年11月16日
ディーン・アンブローズ 2 151日 2017年1月3日
ザ・ミズ 7 169日 2017年6月4日
ロマン・レインズ 1 62日 2017年11月20日
ザ・ミズ 8 75日 2018年1月22日
セス・ロリンズ 1 71日 2018年4月8日
ドルフ・ジグラー 6 61日 2018年6月18日
セス・ロリンズ 2 119日 2018年8月19日
ディーン・アンブローズ 3 28日 2018年12月16日
ボビー・ラシュリー 1 33日 2019年1月14日
フィン・ベイラー 1 21日 2019年2月17日
ボビー・ラシュリー 2 27日 2019年3月11日
フィン・ベイラー 2 97日 2019年4月7日
中邑真輔 1 201日 2019年7月14日
ブラウン・ストローマン 1 36日 2020年1月31日
サミ・ゼイン 1 65日 2020年3月8日
AJスタイルズ 1 71日 2020年6月12日
ジェフ・ハーディー 5 36日 2020年8月22日
サミ・ゼイン 2 89日 2020年9月27日
ビッグ・E 2 106日 2020年12月25日
アポロ・クルーズ 1 123日 2021年4月11日
キング・ナカムラ 2 189日 2021年8月13日
サミ・ゼイン 3 13日 2022年2月18日
リコシェ 1 98日 2022年3月4日
グンター 1 687日 2022年6月10日
サミ・ゼイン 4 2024年4月6日

脚注 編集

  1. ^ 初代王者パット・パターソンは戴冠時にヒールであったことから、この王座こそが団体最高位のタイトルであると主張し、当時のWWF王者ボブ・バックランドを挑発、抗争を展開した(WWE Yearly Results 1979)。
  2. ^ WWF North American Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月27日閲覧。
  3. ^ WWF Intercontinental Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月27日閲覧。
  4. ^ History of the WWE Intercontinental Championship: Pat Patterson's first reign”. WWE.com. 2010年4月27日閲覧。
  5. ^ 同年11月、パターソンは北米ヘビー級王者として新日本プロレスに来日し、11月8日に小樽坂口征二に敗れタイトルを明け渡している(WWF North American Heavyweight Title History)。以降、「WWF認定北米ヘビー級王座」は新日本が管理することになった(『1945-1985 激動のスポーツ40年史(6)プロレス 秘蔵写真で綴る激動史』P160-161 / 1986年、ベースボール・マガジン社)。
  6. ^ NJPW Bloody Fight Series 1984 - Tag 27”. Cagematch.net. 2022年9月12日閲覧。

外部リンク 編集