メインメニューを開く
機動警察パトレイバー > WXIII 機動警察パトレイバー

WXIII 機動警察パトレイバー』(ウェイステッドサーティーン きどうけいさつパトレイバー)は、『機動警察パトレイバー』の劇場公開アニメ作品第3弾である。2001年製作の日本映画。上映時間100分。日本公開は2002年3月30日。同時上映は『ミニパト』のシャッフル上映(1〜3話の内のどれか一作)。

WXIII 機動警察パトレイバー
WXIII: Patlabor the Movie 3
監督 遠藤卓司
脚本 とり・みき
原案 ゆうきまさみ
原作 ヘッドギア
製作総指揮 高山文彦
出演者 綿引勝彦
平田広明
田中敦子
音楽 川井憲次
撮影 白井久男
編集 瀬山武司
制作会社 マッドハウス
製作会社 バンダイビジュアル
東北新社
配給 松竹
公開 日本の旗 2002年3月30日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 機動警察パトレイバー 2 the Movie
テンプレートを表示

概要編集

漫画版の「廃棄物13号」をモチーフにした作品である[1]。しかしパトレイバーの映像化作品、特にTVシリーズやOVAシリーズでは、人が死ぬおよびケガをするシーンを極力避けるという方針だったこともあり、映像化が難しい部分だといわれていた[要出典]

劇場版前作『機動警察パトレイバー 2 the Movie』までのProduction I.G押井守の手を離れ、高山文彦の総指揮により製作された作品であるが、作画監督に黄瀬和哉が引き続き参加することで、画面上の統一性はある程度引き継がれている[要出典]

企画は1993年に始まり、当初はOVAシリーズとして公開される予定だったが[1]、フォーマットを劇場作品に移し、制作開始よりおよそ9年弱の年月を経て公開へと至った。製作は当初トライアングルスタッフが請け負ったが、同社の解散に伴いマッドハウスに移された。

内容は、従来の劇場版パトレイバーの特色であるリアルタッチの世界観を引き継ぎつつも新たに構築されたスピンオフ作品といった趣で、従来主人公であった特車二課の面々は脇役となり、事件を追う刑事たちが主人公となっている[注 1]。背景を支える世界観の構築には相当な注意が払われており、パトレイバー世界のガイドラインに倣った緻密な設定と画面演出が組まれている[要出典]。また、演出面においてもキャラクターの細かい仕草や動作などを丹念に描き、そこにセリフでは敢えて語られない伏線を張るなど、観客に集中力を要求する手法が使われている[要出典]

それまでパトレイバーの年代設定は西暦表記が用いられてきた[注 2]が、今作では「昭和75年」という表記が用いられている。これは、本編公開時点で現実の年代がパトレイバーの年代設定を追い越してしまったことに対する処置として、本作の作品世界に『現実と異なる歴史を歩んだパラレルワールド』としてのニュアンスを持たせた設定である[要出典]。非公式ながら劇場版1作目と2作目の間に位置する世界観を想定して製作が進められたとのスタッフの証言もある一方[要出典]、実際には劇場版1作目、2作目とTV版の登場人物や設定などが随所に混在し、この曖昧な位置づけはあくまで製作側が意図したものである[要出典][注 3]

また出渕裕が、SF作家の間で一時期流行った『終わらない昭和』を企画当初から採用しており、西暦表記の裏で実は昭和だったとも語っている[要出典]

全体のテーマを含む方向性を総監督の高山が構築し、監督の遠藤は現場や実作業における文字通り監督を務め、スーパーバイザーの出渕裕、脚本のとり・みきらと共に従来のパトレイバーシリーズとの橋渡し的な役割にも尽力した。出渕は本作品についてアニメで怪獣もののテイストを試してみたかったがオリジナル企画では通らないためパトレイバーにしたと述べており、怪獣映画の可能性についての提言であると同時に自身が子供の頃に好きだったジャンルへの恩返しであると位置づけている[1]

デザインワークス編集

従来のシリーズでキャラクターデザインを担当した高田明美ゆうきまさみと共にキャラクター原案として名を連ね、今回はテレビシリーズの作画を担当していた高木弘樹が抜擢されている。作業的には高田、ゆうき、出渕らヘッドギアのメンバーが提出した人物・衣装のラフデザインを高木の手で統括し、「従来の劇場シリーズの雰囲気はもたせつつ、あまりハードな方向に振らないように」をコンセプトにクリンナップするというものだった[要出典]。しかしおよそ9年の間に本作の作業状況が変化していく過程で、高木が現場を離れなければならなくなったことと、後に黄瀬和哉が作画監督として加わった経緯などから、完成した画面上のキャラクターは黄瀬の個性が色濃く出ている[要出典]

メカデザインに関しては従来の劇場版シリーズ同様カトキハジメ河森正治、出渕の3人が担当。しかし、本作に登場するメカニック設定の多くは過去のテレビ、劇場版シリーズのものを多数流用しているので(一部のキャラクターに関しても同様)、新規に描き起されたものはカトキによる水中レイバー群とインフラ関係、河森による車両が主なものである。これまでメインメカデザインを担当した出渕は、本作においては一歩退いた立場で関わり、総監修的な役割で指示を出したという[要出典]

あらすじ編集

ある日、東京湾に輸送機が墜落する。その後湾岸の各所で何者かによってレイバーが襲撃される事件が連続して発生。警視庁城南署の刑事、久住と秦は各所で聞き込み捜査を進め、墜落事件の後に巨大なハゼが釣れていたこと、墜落した輸送機の貨物コンテナに不審な点があることなどを突き止める。

その後、6月8日の雨の夜に若者の集うディスコクラブ「バビロン」で車に乗ったカップルの惨殺死体が発見される。時を同じくして近隣にあるバビロン工区の水上コンテナ備蓄基地で突如警報が作動し、停電と共に内部の職員と連絡がとれなくなる事態が発生。

近くを走行中のパトカー(城南4)に偶然乗っていた久住と秦は、警備員の通報を受けパトカーに乗る警官らと共に現場に急行。施設内部へと分け入る。しかし、そこで彼らが遭遇したのは廃棄物13号(WXIII)と名付けられた異形の怪物だった。

登場人物編集

※各登場人物の詳細は機動警察パトレイバーの登場人物を参照。

久住 武史
- 綿引勝彦
本作オリジナルのキャラクター。警視庁城南警察署に勤務する中年の刑事。年相応の貫禄と経験、さらに高い洞察力の持ち主で聞き込みを重視する昔気質の刑事。しかし年相応にパソコンが苦手。若い秦と共に一連の事件の捜査に当たる。後藤とは知り合いで事件捜査への協力を彼に依頼する。現在は家族と離れ、1人暮らし。趣味は音楽鑑賞で自宅にはクラシック音楽のレコードを大量に持っており、音に敏感。その能力が後半で役立つこととなる。
秦 真一郎
声 - 平田広明
本作オリジナルのキャラクター。久住と同じ城南署捜査課の刑事で、共に事件の捜査に当たる。独身で1人暮らし。草野球のチームに所属しており、その帰り道に偶然岬冴子と知り合い彼女に興味を抱く。以前はタバコを吸っていたが、禁煙に成功。今では彼の車での喫煙は禁止になっている。
岬 冴子
声 - 田中敦子
ニシワキセルを発見した西脇博士の娘。東京都武蔵野市出身。今は世田谷区のマンションに住んでいる。不健康なほど色白で長い髪の美人。財団法人東都生物医学研究所に研究員として勤務する傍ら、アルバイトで大学の講師も務めている。同じ研究室に所属していた岬晃一との間に娘をもうけているが、夫とは3年前に事故で死別。原作では西脇冴子だが、前述のとおり結婚しているため、今では夫の姓である岬を名乗っている。
岬 一美
声 - 鈴木里彩
冴子の娘。父親が事故死した後、半年も経たないうちに小児性ので入院。しかし、ガンが発見された時には既に手遅れで、ほどなく他界。彼女の細胞の一部はサンプルとして母親冴子の手に残された。
栗栖 敏郎
声 - 穂積隆信
ニシワキセルの特許を取得している、東都生物医学研究所の所長。廃棄物13号に人の細胞とガン細胞が使用されていたことを関知していなかった。13号の正体が警察に露呈した際には、13号を仕留めるために細胞の自己崩壊を起こすウイルスを石原一佐に手渡すが、この時一佐から国際線の航空チケットと、ゴールドカードを渡され、フロリダあたりでの休養を勧められた。エレベーターで薬を服用していたことから、何らかの持病を抱えているらしい。
宮ノ森 静夫
声 - 拡森信吾
岬冴子の同僚研究員。
石原 悟郎
声 - 森田順平
自衛隊一佐、作中では専ら石原一佐と呼ばれていた。コードネーム廃棄物に深くかかわっており、本作冒頭ではバッケンジー大佐と共に東都生物医学研究所を訪れていた。13号を捜索する際にはASWを展開した、護衛艦に乗船していた。その後、スタジアムでの13号抹殺の際には現場で指揮を執った。
ディレクター
声 - Paul Lucas
13号の抹殺が行われたスタジアムで、「ИOVA」(NOVA) という外国人3人組のロックバンド(このバンドのポスターは本作の随所に登場する)のミュージックビデオを撮影しようとしていたディレクター。英語を話す大柄で髭を蓄えた外国人。13号抹殺作戦決行の前夜に急遽警察が現れ、揃えた機材ごとスタジアムを接収。他の機材もぞんざいに扱われたため、対応した警察官に罵詈雑言(「Hey answer me.you pig!」など。通訳はこれらを『誠に遺憾な行為である』と意訳して警察官に伝えた)をあびせ、最後まで居座ったので、警官2人によってつまみ出された。
後藤 喜一
声 - 大林隆介
警視庁特車二課第二小隊隊長。久住とは旧知の間柄。

ゲストキャラ編集

本編には第二小隊のメンバーの他にも、『パトレイバー』の他のシリーズからのゲストキャラクターがモブシーンに多数登場する。

  • 聞き込みシーンに、劇場版第一作目で「あのー、刑事さんもういいですか?」とセリフする中年男性が登場。
  • 本庁捜査会議のモブシーンに松井刑事。
  • テレビ局のレポーターとしてテレビ版の桜山桃子が登場(声優は違う)。
  • 作戦会議のシーンには海法総監や劇場版第二作目の山寺部長が登場。
  • せりふはないものの福島特車二課長もいる。ただし設定資料上では「幹部B」との表記があるのみ[要出典]
  • NTTのオペレーターは劇場版第二作目でも本社の職員として登場する。
  • 南雲とシゲは脚本準備稿のみに登場[要出典]

スタッフ編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 企画初期には本作品が成功したら久住・秦とゆうきまさみの短編作品の登場人物を絡めたOVAシリーズを展開することも想定されていた[1]
  2. ^ TVシリーズでは、一部に「平成」表記の新聞が登場することがある。
  3. ^ 公開時のキャッチコピーは「この作品はパトレイバー3ではなく、第三のパトレイバーである」

出典編集

  1. ^ a b c d 「トクサツ遺伝子研究所拡大版 ゆうきまさみ・出渕裕・とり・みきインタビュー」『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ、2002年5月1日、 90-91頁、 雑誌コード:01843-05。

関連項目編集

外部リンク編集