WanteD! WanteD!」(ウォンテッド・ウォンテッド)は、日本ロックバンドMrs. GREEN APPLEの5作目のシングル

WanteD! WanteD!
Mrs. GREEN APPLEシングル
初出アルバム『ENSEMBLE
B面 On My MiND
光のうた
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
オルタナティヴ・ロック
ギターポップ
ポップ・ロック
ハードロック
時間
レーベル EMI Records
作詞・作曲 大森元貴
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間13位オリコン
  • 2017年8月度月間45位(オリコン)
  • 15位Billboard Japan Top Singles Sales
  • Mrs. GREEN APPLE シングル 年表
    どこかで日は昇る
    (2017年)
    WanteD! WanteD!
    (2017年)
    WHOO WHOO WHOO
    (2017年)
    テンプレートを表示

    概要編集

    収録曲編集

    1. WanteD! WanteD! [3:37]
      ワンマンライブ『前人未到とロワジール』で初披露された、大森曰く「海外のEDMフェスを意識して制作した楽曲」。ドラマ僕たちがやりました』側から、「疾走感があり、ちょっと奇妙で、何かから逃げてる感じで、ポップに振り切れていないほうがいい」という依頼を受け書き下ろされた。大森はこの依頼について「ポップスをずっとやってるので、バンドのイメージをここで拭えるんじゃないかと思った。いいタイミングだった。」と語っている。オープニングの尺で耳に残るサビがいいと感じ、サビから作り始め、アレンジや音像は、洋楽や日本人が聴いてフックになるものがいいと思い作られた。また、ポップさをアイロニーな要素として転調させている[2]
      山中はAメロではドラムスを演奏しておらず打ち込みになっている。これについて山中は「今までの打ち込みと生ドラムの共存とは違って、生ドラムはあくまでエッセンスとして加えるという関わり方をした」と語っている。また、髙野も今回はほぼ全編がシンセベースの打ち込みで、エレキベースを演奏したのは転調後の8小節だけとなっている[2]
      歌詞は高校生が主人公のドラマということもあり、その部分をフォーカスして書かれている。大森曰く「このやり方は1stシングル「Speaking」以来。それが上手く対比になればいい」。悶々としながら自分でも答えが分からない感じ、焦っている感じ、甘えてる感じが表現されている[3]
    2. On My MiND [3:19]
      タイアップ先のアニメナナマル サンバツ』がクイズがテーマということで、歌詞に「感想文」「問題文」という言葉を入れている。「StaRt」とBPMがほぼ一緒で、アイリッシュの楽器が使用されているが、これは意図的に似せにいったという[3]
      ギターリフソロ、ドラムスのBメロでのハイハットは、遅く録音したものを早回しして使用されている。大森曰くこれは「ヒップホップR&Bで使われるトラップビートを爆速で駆け抜ける楽曲に取り入れたら面白いのではないかと思いやってみた」のとのこと[3]
    3. 光のうた [4:35]
      前年の『Mrs. GREEN APPLE In the Morning Tour』にて大森が弾き語りで披露していた未発表曲のバンドアレンジバージョン[1]

    参加ミュージシャン編集

    Mrs. GREEN APPLE
    Additional Musician

    タイアップ編集

    収録アルバム編集

    KERENMI Remix編集

    WanteD! WanteD! (KERENMI Remix)
    Mrs. GREEN APPLEシングル
    リリース
    規格 デジタル・ダウンロード
    ジャンル J-POP
    オルタナティヴ・ロック
    ギターポップ
    ポップ・ロック
    ハードロック
    レーベル EMI Records
    作詞・作曲 大森元貴
    Mrs. GREEN APPLE シングル 年表
    WHOO WHOO WHOO
    (2017年)
    WanteD! WanteD! (KERENMI Remix)
    (2017年)
    Love me, Love you
    2018年
    テンプレートを表示

    WanteD! WanteD! (KERENMI Remix)」(ウォンテッド・ウォンテッド・ケレンミ・リミックス)は、日本ロックバンドMrs. GREEN APPLEの2作目のデジタルシングル

    解説編集

    KERENMIリミックスを手掛けた[4]ジャケットは「WanteD! WanteD!」と同じシチュエーションながらメンバーの動きや色味が違う仕様となっている[5]

    脚注編集

    [ヘルプ]

    外部リンク編集