White & Nerdy(ホワイト・アンド・ナーディ)は、アメリカパロディ音楽家ウィアード・アル・ヤンコビックが発表した楽曲。ラッパーのカミリオネアの曲「Ridin'」の替え歌である。収録アルバムは『Straight Outta Lynwood』で、冒頭の第1曲に配置された。2006年9月28日にリリースされ、Billboard Hot 100のトップ10に入った。このアルバムの日本盤は発売されていない。

概要編集

歌の内容は、白人のオタク(Nerd, ナード)の青年が黒人ギャングスタの仲間になりたいが、あまりに「白人でオタク」(White & Nerdy)であるために無理だというもの。歌詞にはスタートレックやパソコンに関する話題が多く登場する。ギャングやラッパーが好んで使うスラングも多く使われている。歌詞の多くの部分は、2006年時点のアメリカのオタクのライフスタイル(正確にはそのステレオタイプ)を理解する上で興味深い。本項目では、歌詞の中でのアメリカのオタク・ライフスタイルに関する部分を抜粋して紹介する。

歌詞編集

1番編集

2番編集

  • X-メンのコミックを集めて、分析している。」
  • 「胸ポケットのペンは守らなきゃ。」(アメリカでの典型的オタク像はメガネとワイシャツ、そして胸ポケットにペンを挿すためのポケットプロテクター。(en:Pocket protector))
  • エルゴノミック・キーボードは俺を退屈させない。」
  • オンラインショッピングでは、PCの記録メディアを買っている。」
  • ウィキペディアを編集している。」
  • 「『ホーリー・グレイル』(コメディ映画)の場面は全部覚えている。その場面の真似をしてみんなをROTFLOL(Rolling On The Floor + Laughing Out Loud: 笑い転げるという意味のネットスラング)の状態にすることができる。」
  • 「俺のウエストポーチはGAPのバーゲン品。」
  • サワークリームよりも肌が白い。」(白人な上に外に出ないため)
  • 「俺は映像研究会、男声合唱隊にいた。チェスクラブにも所属していた。」(いずれも「オタク臭い」とされる部活動)
  • 「俺が難しいと思った問題は、たったひとつ。カークピカード(いずれも『スタートレック』に出てくる艦長)のどっちが好きか?ってことだ。」
  • 「週末はルネサンス・フェア(en:Renaissance fair)で過ごしている。」(中世ヨーロッパのコスプレをする集会)
  • 「下着には自分の名前を書いてある。」

プロモーションビデオの解説編集

ビデオ中に登場した数式:
 
実際のシュレーディンガー方程式:
 

プロモーションビデオの出演者編集

  • プロモーションビデオに出ている人は全てボランティア。
  • プロモーションビデオの最初に出てくるギャング役は、ジョーダン・ピールとキーガン=マイケル・キー。ともに『マッドTV!』(ギャグで構成されるテレビ番組)に出ているコメディアン。
  • フィギュアについて歌っている場面に出てくる人はセス・グリーン(映画俳優)。彼は実際に膨大な数のフィギュアを集めて本棚に並べて公開している。
  • 方程式をバックにヤンコビックと踊っている人はダニー・オズモンド
  • ヤンコビックからパワーストリップ(テーブルタップ)をもらう女性はen:Judy Tenuta。ヤンコビックとは『ウィアード・アル・ショー』(テレビ番組)で共演している仲間。
  • IGN(ビデオゲーム情報のHP)のライターが、『ダンジョンズ&ドラゴンズ』のシーンとボウリングのシーンに出ている。

豆知識編集

  • PVの「dawg(友達、犬、の意味がある)のためならHPも作るぜ」で出てくる犬の名はヤンコビックが実際に飼っているペットの犬「Foofie」から。このFoofieの名前の由来は、コンピューターチップPentiumに存在した不具合「f00f バグ」から。
  • 「ポケットのペンを守っている」という歌詞があるが、ポケットプロテクターの本来の目的は、服をインクのシミから守ること。
  • ネタ元のカミリオネアは実際にグリル(歯につける貴金属)をつけている。

外部リンク編集

参考資料編集