Wikipedia‐ノート:検証可能性

アクティブな議論

このページには削除された版があります。削除に関する議論は「Wikipedia:削除依頼/Wikipedia‐ノート:検証可能性 20120211」をご覧ください。



サブページ編集

「独自研究は載せない」の情報源に関する記述を「検証可能性」でも説明してはどうか。編集

私が提案するのは、独自研究は載せないの見出し番号3.1に記載されている記述も検証可能性で説明してはどうか、という事です。その文章の一部を引用します。「資料の信憑性を評価するには、幾つか自分に質問を投げかけてみるのが良いでしょう。それは公然と特定党派を支持しているか? 」続く…。この記述は検証可能性には書かれてません。信頼できる情報源とはなにかを説明するのであれば、この記述も検証可能性に書かれていてもよろしいのではないでしょうか。また、この記述が書かれている見出しの最初の一文には、詳しくは検証可能性へ、と書かれています。よって、この記述を検証可能性で詳しく説明されてもおかしくないと思います。以上の点から、私は検証可能性にもこの記述が説明されていてもよろしいのではないかと考えます。皆様の意見、お待ちしております。--3JX8PC17会話) 2020年9月30日 (水) 05:43 (UTC)

about themselves or their activities, = それらの情報源自身に関する記事編集

果たしてactivitiesとは、情報源自身からどこまでの範囲(の記事)を指すのでしょうか。

英語版の方針文書の解釈については英語版のノートページで議論してください。--240D:1A:2C2:EA00:1525:AC06:1EBA:BDFE 2020年11月23日 (月) 18:12 (UTC)
利用者:240D:1A:2C2:EA00:1525:AC06:1EBA:BDFE会話 / 投稿記録さん、有難うございます。捨てアカウントではないですよね、これが初投稿のようですが。
お言葉を返すようで申し訳ありませんが、特別:差分/5381454 2006年4月19日 (水) 14:02における日本での翻訳の趣旨と解釈について(を含めて)、ここでお伺いしているわけでして…。--Kkhhkkhh会話) 2020年11月25日 (水) 02:35 (UTC)
(追記)これまで気付かずすみません。2006年の翻訳当時は
Self-published sources, and published sources of dubious reliability, may be used only as sources of information on themselves, and only in articles about them
現在は
Self-published and questionable sources may be used as sources of information about themselves, usually in articles about themselves or their activities
と変わっていたようです。themが曖昧なのでthemselves or their activitiesとなったのでしょうか。--Kkhhkkhh会話) 2020年11月25日 (水) 02:43 (UTC)
捨てアカウント?私はアカウントは持っていませんけど。翻訳当時と今は表記が変わっていようが、日本語版はそこに関係ないかと。そして英語版の文書が、意味が曖昧だから変わったのかどうか、は英語版で質問、議論してください。--240B:C010:420:CB82:CDAE:DFC1:5B18:809E 2020年11月27日 (金) 14:44 (UTC)

誤訳では編集

「自主公表された情報源」の節、第1文、接続詞は or だから「した上で」を削除。最終文、will...have で未来完了、「他の誰かがそのうち執筆するでしょう」。--2400:4050:95C3:2B00:E819:14D8:5364:8750 2021年3月2日 (火) 02:03 (UTC)

  •   コメント 2006年に方針文書として合意されたときからそのような記述になっている(特別:固定リンク/6220215)ので、一利用者の裁量で変更できる範囲を超えていると考えます。方針文書の改正の手続きに沿って修正提案・合意形成を行う必要があるように思います。なお、前者に関しては、翻訳元の版(en:Special:Permalink/48091597)、日本語版方針文書成立時の英語版の版(en:Special:Permalink/59003191)は、現在の英語版の内容と異なり、現在の版でorになっている箇所は2006年当時はandだったようです。これを考えると前者に関しては誤訳とはいえないようには思いました。--郊外生活会話) 2021年3月2日 (火) 04:29 (UTC)

  •   却下 方針文章に限らず、ルールの類は一文変えるだけで意味や解釈が異なってくる場合もありますし、ノートで話し合いが必要だと思います(特にWikipedia:検証可能性は重要な方針なので)。Wikipedia日本語版は英語版の翻訳版ではないので、必ずしも翻訳が正確である必要もありません。2ヶ月間どなたも対処しておられないようですし、今回は見送りということにします。--Q8j会話) 2021年5月5日 (水) 12:58 (UTC)
プロジェクトページ「検証可能性」に戻る。