メインメニューを開く
  1. 日本語版の本ページはガイドラインになっていますが、命名規則はまだ完全には定まっていません。各方面の記事を書かれる方の意見を元に、命名規則を完成させる必要があります。このノートページに改善案や質問などをお寄せ下さい。
  2. 合意に達した議論は必ず本文に反映してください。議論が終了・中断してある程度期間が経ったものは、現在進行中の議論の見通しをよくするために、取り除かれます。

大量の#過去ログとサブページがあります。

サブページ(全般的な指針)
サブページ(記事分野別)
ウィキプロジェクトでの議論

目次

人名の区切りはアルファベットでも中黒でないといけないのか編集

人名の区切りについて質問です。現在、非漢字圏の人物の名前は”姓名間の区切りおよび複数の語からなる姓の語の区切りは全角中黒「・」で示し”とありますが、アルファベットの場合は半角ドットにしてはいけないのでしょうか。都市名ではワシントンD.C.みたいな記事名が普通に許容されているというのに、人名になると急にそれがNGとなる合理的な理由は存在するのでしょうか。--一羽のニワトリにサンバを仕込む会話) 2018年11月21日 (水) 23:38 (UTC)

  • 慣例が確立していると見なされていれば、そんなことはありません。「B.B.キング」(「B・B・キング」はリダイレクト)などの例がすぐ思いつきますし、「ハーバート・ジョージ・ウェルズ」は、「H.G.ウェルズ」と「H・G・ウェルズ」の両方がリダイレクトになっています。中黒を優先するという大原則に配慮がされていれば(具体的には、中黒表記からリダイレクトが設けられていれば)、必然性があってピリオド(「半角ドット」)を用いた記事名で立項しても、コミュニティの合意を得ることはできるかと思います。なお、記事名に不安があれば、「Template:暫定記事名」を使って、合意を取り付けるという方法が賢明かもしれません。--山田晴通会話) 2018年11月22日 (木) 03:26 (UTC)
    • 山田晴道さん、コメントありがとうございます。今回このような質問をしたのは、ある方が新規に作成した記事”A.J.パック””J.B.ウェンデルケン”について、中黒使用こそ金科玉条と言わんばかりに”A・J・パック””J・B・ウェンデルケン”へ移動するアカウントが3つありましたもので。この2記事はいずれも野球選手の記事なのですが、他の選手記事ですと”J.D.マルティネス””A.J.バーネット””C.J.ウィルソン”のように半角ドットを使用しているのに、”A.J.パック””J.B.ウェンデルケン”だけが目の敵にされるのはなんでかな、と。--一羽のニワトリにサンバを仕込む会話) 2018年11月22日 (木) 03:35 (UTC)
      • MLBの選手とかだと、確かに慣例が確立していると言えるか微妙かもしれません。本来ならケース・バイ・ケースでノートで議論を重ねていくべきところでしょうが、「Portal‐ノート:野球」あたりに問題提起してもいいかもしれませんね。--山田晴通会話) 2018年11月22日 (木) 04:23 (UTC)
        • 選手の記事は多数ありますので、個別対応となるとちょっと手間ですね。ポータルかプロジェクトのノートで、分野としての見解をまとめた方がよさそうです。
          もし山田晴通さんの仰る見解が他の方にも共有されているのであれば、Wikipedia:記事名の付け方#人名の書き換えが必要ですね。「中黒使用以外は認めない」と読み取ったアカウントが少なくとも3つあるわけですから。--一羽のニワトリにサンバを仕込む会話) 2018年11月22日 (木) 08:25 (UTC)

  それぞれ、一般的な人名の命名規則からすると「アンドリュー・ジェイコブ・パック」「ジェフリー・ベンジャミン・ウェンデルケン」として立項する、というのが本則なのでしょう。ただ、分野の共通理解として「A.J.パック」で通っているなら、それもアリです(WP:CRITERIA)。前者のタイプなら「・」を使うのが本則で、後者のタイプならば分野の共通理解しだい、でしょう。

  • 「・」を用いる合理的な理由と言われると、ひとまずは、世間一般がそうだから、というほかないのでは。さかのぼれば文部省が1946年に定めたルールがあって、現代的な拘束力はともかく、浸透しているのでしょう。日本翻訳連盟(2016年)でも、「通常、固有名(外国人名)の区切りには中黒を使います。」(p12)とあり、それなりにオーソライズされていると言えます。この文書の「解説」では、中黒の長所と短所の解説もありまして、短所もわかったうえで中黒で統一する、と決めているのです。
  • なお、この日本翻訳連盟の文書でも、「実務翻訳において」多様な表記スタイルが「一般的に使用されており、いずれかを選択することは困難」としたうえで、「いまの内閣告示にはカタカナ複合語の表記方法の基準がない」こと、「分野の慣用にしたがってよい」こと、なども解説されています。
  • それを「統一する」合理的な理由としては、Wikipediaは共同作業の場なので、何らかのスタイルに統一しておこう(そうしないと争いになる)というニーズがあるからでしょう。
  • 「・」は、元来は和文、それも縦書きを想定したものです。現代的には、横書きの和文があったり、数字や英字が多く含まれる和文の場合には「.」を好む方もいますし、理数系の方を中心に、和文でも「、。」よりも「,.」を好む方もいるとは思います。
  • 一般論としては「・」は区切りを表し、「H.」はHで始まる語を省略して頭文字だけにしていることを表しているのだろうと思います(cf ワシントンD.C.)。また「A・J」は英文字部分も含めて「和文」とみなされ、「A.J.」は「英単語が混じっている」とみなされるんじゃないかなー、と思います。でもいまの「A.・J・パック」の「A.・」は、単なるミスなんじゃなかなー??と思うのですが、どうなのでしょう(「A・J・」にしたかったのでは?)
  • Wikipediaでは全角英文字は原則不使用となっているので、結局「A・J・」という形になりますね。私は明治期の文献を目にする機会が多く、当時の本では「アンドリュー、ジェイコブ、パック」という書き方が一般的ですが、いまは全く見ない書き方です。--柒月例祭会話) 2018年11月22日 (木) 08:11 (UTC)
    • 柒月例祭さん、コメントありがとうございます。”「・」は区切りを表し、「H.」はHで始まる語を省略して頭文字だけにしていることを表している”という部分、目からウロコが落ちる思いでした。勉強になります。
      統一はしておかないと混乱の元ですので(実際、今は半角ドット区切りと中黒区切りの記事名が1つの分野に混在してしまっている)必要ですよね。ただ、1つの分野内で統一がとれていればjawp全体で混在していても問題ないと考える派と、jawp全体で統一をとるべきと考える派で諍いが起こるかもしれないのが怖いと言えば怖いところです。--一羽のニワトリにサンバを仕込む会話) 2018年11月22日 (木) 08:25 (UTC)

山田晴道さんと柒月例祭さんはいずれもアルファベット後のドット使用に対して否定的ではなく、また他の方から「中黒使用以外は認めない」という旨のコメントはありませんでした。したがって、現状の

姓名間の区切りおよび複数の語からなる姓の語の区切りは全角中黒「・」で示し、…

という部分を

姓名間の区切りおよび複数の語からなる姓の語の区切りは、カタカナとカタカナの間は全角中黒「・」で示す。ただし、ローマ字の後にカタカナが続く場合、その区切りには全角中黒「・」以外に半角ドット「.」も使用してよく、どちらを採用するかは分野ごとの慣例や合意に従う。…

に変更したいと考えますがいかがでしょうか。--一羽のニワトリにサンバを仕込む会話) 2018年11月28日 (水) 03:45 (UTC)

  •   反対 せっかくのご提案なのですが、このままでは望ましくように思いますので、反対の意思表示をしておきます。
お考えは分かるのですが、ちょっと踏み込みすぎかと危惧します。原則は中黒であるべきだと考えている立場からのコメントですが、中黒と半角ドットのどちらかを選ぶ、というニュアンスが強すぎるように思います。場合によっては、半角ドット「.」ですらなく、ドットも用いない表記などが慣例としてありえるかもしれません。例えば、上で言及されている「J.D.マルティネス」を例にとれば、「JD・マルティネス」といった表記もあります。ご提案の文案では、このようなイニシャルの示し方は容認されないことになります。
山田の認識では、「Wikipedia:記事名の付け方#記事名を付けるには」に記述されていることで、中黒による区切り以外の慣例が確立されているケースはカバーされていると思います。要するに「記事名は信頼できる情報源における慣例を参考にしつつ、議論して決めてください。」ということで十分であり、徒に細かく書き込みことで、むしろ面倒が増えるようなことは避けるべきかと思います。--山田晴通会話) 2018年11月28日 (水) 05:52 (UTC)
  •   返信 コメントありがとうございます。でしたら、提案を
姓名間の区切りおよび複数の語からなる姓の語の区切りは、カタカナとカタカナの間は全角中黒「・」で示す。ただし、ローマ字の後にカタカナが続く場合はその限りではない。どのような区切りを採用するかは分野ごとの慣例や合意に従う。…
に変更したほうがよろしいでしょうか?--一羽のニワトリにサンバを仕込む会話) 2018年11月28日 (水) 06:06 (UTC)
  • わざわざ「ただし、ローマ字の後にカタカナが続く場合はその限りではない。」という必然性が良くわかりません。そ以外の箇所でここでの記述に沿わない慣例が成り立っているケースはありえると考えます。また、「分野ごとの慣例」ではなく、ケースごとの慣例を考えるということではないでしょうか。いずれにせよ、わざわざ手を入れなければいけない理由が分かりません。もう一度、丁寧に、なぜ現状のままではいけないのかを説明してください。--山田晴通会話) 2018年11月28日 (水) 06:42 (UTC)
  • ここで山田晴通さんや㭍月例祭さんは「半角ドットの使用もあり」との見解を示している。私も「半角ドットの使用もあり」という意見です。その一方で、「半角ドットの使用は認められない。それがWP:NCのルールだから守れ」と言って半角ドットを全角中黒に移動させるアカウントが少なくとも3つある。そうした意見の相違によって、記事名の移動に次ぐ移動に次ぐ移動に次ぐ移動に次ぐ移動に次ぐ移動に次ぐ移動という事態が引き起こされたわけです。こうしたことが今後起こらないよう、今一度WP:NCの文言を見直したほうがよろしいのではないか、というのがわざわざ手を入れようとしている理由です。今までの私の説明が不足していたようで申し訳ございません。--一羽のニワトリにサンバを仕込む会話) 2018年11月28日 (水) 10:25 (UTC)

(インデント戻します) ある記事が中黒によらない形で作成されていたとします。それについて「WP:NCのルール」を理由に中黒にすること自体は理のあることと考えます。が、これが改名提案を要しない「ページ名が記事名の付け方のガイドラインに沿っていないとき」に相当するといえるかは、人によって考え方が異なると思います。つまり、「半角ドットの使用は認められない。」と一律に考える人がいても、それ自体は非難の対象にはならないと思います。もし、改名提案なく中黒による記事名に改名されたとして、問題は、その記事主題については中黒によらない記事名の方が適切と考えられる慣例が確立していると考えられる場合に起きることになります。そのような場合、中黒によらない記事名の慣例が存在すると考える側がすべきなのは、ノートにおける合意形成を経た改名提案でしょう。既に述べたように「WP:NCのルール」には、「記事名は信頼できる情報源における慣例を参考にしつつ、議論して決めてください。」とあるのですから、具体的な用例を重ねて、中黒によらない記事名を優先させるべき理由があることを編集に参加している方々に伝え、合意を形成する努力をするというのが真っ当な方法だと思います。--山田晴通会話) 2018年11月28日 (水) 12:02 (UTC)

  一羽のニワトリにサンバを仕込むさんがおっしゃるような「移動に次ぐ移動」のような事態が起きる原因は、本ルールの不備ではないです。「移動に次ぐ移動」を行った各利用者全員が、手間や時間をかけた丁寧な議論と合意形成を怠って、自分の主張を強引に押し通そうとする行為に原因があります。

そういう人がいれば、仮に規定を改めたところで、「そういう慣習などない」「いやある」といって、やっぱり「移動に次ぐ移動」を重ねるだけでしょう。
合意形成ですから、仮に、Aさんが「A案が絶対正しい」と主張しても、他の大勢が「B案が正しい」というようならば、Aさんは折れなければいけないこともあるでしょう。--柒月例祭会話) 2018年11月28日 (水) 13:23 (UTC)
  •   返信 無論、山田晴通さんのおっしゃる通り、「合意を形成する努力をするというのが真っ当な方法」ではあります。ただ、現状の書きぶりでは「全角中黒以外は認められないと書いてあるのだから議論の余地はない」という捉え方をするアカウントが出てこないとも限りません。これでは「半角ドットにすべきか、それとも全角中黒にすべきか」という議論に入る前に「『半角ドットにすべきか、それとも全角中黒にすべきか』という議論はすべきか、すべきでないのか」「半角ドットの使用は認められるのか、それとも全角中黒以外の使用は認められないのか」という議論をしなければならないのです。そんな前段階の議論はいちいち各記事ごとにやるのではなく、ここで決めちゃいましょうよと。で、山田晴通さんや㭍月例祭さんのおっしゃる通り、分野や事例によっては「半角ドットもあり」であるなら、ここで文言を書き換えたほうがいいと思うのです。--一羽のニワトリにサンバを仕込む会話) 2018年11月30日 (金) 03:18 (UTC)
    • 落ち着いてよく読み直していただきたいのですが、山田も㭍月例祭さんも<分野や事例によっては「半角ドットもあり」>と限定的に述べているのではなく、あえてそれに沿って言い直すのなら<分野や事例によっては、慣例が確立しているそれ以外のどのような表記もあり>と述べているのであって、「半角ドット」を全角中黒に準じて優先すべきものとしているのではありません。一羽のニワトリにサンバを仕込むさんが仰っているような議論になれば、既に 2018年11月28日 (水) 12:02 (UTC) の山田のコメントで述べている通り、「WP:NCのルール」を前提に議論すれば十分なはずです。--山田晴通会話) 2018年11月30日 (金) 06:05 (UTC)
      •   返信 先の返信では「半角ドットか全角中黒か」という例示の仕方をしてしまったので誤解を与えてしまったのかもしれませんが、私自身「「半角ドット」を全角中黒に準じて優先すべきものとしている」と言っているわけではありません。ただ、WP:NCの文言からは「分野や事例によっては、慣例が確立しているそれ以外のどのような表記もあり」とは読み取れない(読み取らない)アカウントも現実にいますよね、という話です。--一羽のニワトリにサンバを仕込む会話) 2018年11月30日 (金) 10:37 (UTC)
  • そういう方がいらっしゃったら、丁寧にWP:CRITERIAをご説明してください。
  • 記事の題名は、まず何よりも「日本語話者の大多数にとって、最も曖昧でなく、最も理解しやすいもの」であるWP:NC冒頭文)
  • 認知度が高い - 信頼できる情報源において最も一般的に使われており(中略)最も著名であるWP:CRITERIA
  • 複数の基準を満たすために他の基準を犠牲にする必要があるかもしれません。そういった場合には、記事名は信頼できる情報源における慣例を参考にしつつ、議論して決めてください。
これらの文章はいずれも、本文書の一番上の方に書かれているものです。説明をし、議論や合意形成をしていくうえでは、「信頼できる情報源で最も一般的に使われている」ことを、具体的な証拠を提示しながら証明する必要があるでしょう。それにはいくらかの調べ物を要するはずです。そうした手間を惜しまないでください。
反面、「A・J・ホニャララ」と「A.J.ホニャララ」の間にリダイレクトを設置すれば、たいていの読者にとってはそれでじゅうぶんだったりします。記事名を「A・J・ホニャララ」とし、記事の中で「文書では『A.J.ホニャララ』とも書かれる」などのように記述しておけば済む話だったりします。意見が分かれるような場合には、それでいいのではないかと妥協するようなことも考えてみてください。そうやって記事名については手短に議論を済ませ、記事本体の充実に労力を注ぐほうが生産的です。
もっとも非生産的で不毛なのは、記事本体の充実を行うことなく、適切な情報源を具体的に示すこともなく、WP:NCの部分的な規定の表面だけにこだわって移動合戦をしたり「こっちがいい、あっちがいい」と延々と論争することです。--柒月例祭会話) 2018年11月30日 (金) 11:52 (UTC)
「記事名については手短に議論を済ませ、記事本体の充実に労力を注ぐほうが生産的」は確かにその通りなのですが、この話題に限らずどの議論も「記事本体の充実に労力を注ぐほうが生産的」との一言で片付けることができる魔法の言葉ですよね。そんなことを言い出すくらいなら、最初から議論に首を突っ込んでほしくなかったです。--一羽のニワトリにサンバを仕込む会話) 2018年12月3日 (月) 23:06 (UTC)

(インデント戻します) なんだか堂々巡りになっているように思うのですが、山田や柒月例祭さんは、このガイドラインの現状の内容に問題があるとは考えていない、あるいは、言い方を変えれば、仮に問題があるとしてもそれを直そうとしてかえって要らない新たな問題が生じる恐れがある、と考えているわけです。一羽のニワトリにサンバを仕込むさんがなさるべきなのは、

  1. 現状における問題点の具体的な指摘(問題となっている具体的な記事名などを含む)
  2. その解決のためにこのガイドラインの記述が有効ではない、あるいは、かえって解決の障害になっているという事情
  3. 記述の改定案の提示

といった事柄の筋道の立った説明です。

なぜ、山田(2018年11月28日 (水) 12:02 (UTC) など)や柒月例祭さん(2018年11月30日 (金) 11:52 (UTC))が述べている認識に対して、きちんとした反論をせずに、言葉尻を捉えた対話拒否と受け取られかねないコメントをされているのでしょうか。少なからず残念に思います。2018年12月3日 (月) 23:06 (UTC) のコメントは取り消されてはいかがですか?

例えば、まだ日本語で表記されたことがないような人物について日本語版に記事を作るとします。そのような場合に姓名の区切りを中黒以外にする合理的な理由はないと思います。他方で、頻繁に日本語で表記される姓名が中黒ではなくピリオドを用いているような人物がいれば、ピリオド優先で記事名をつけることで合意ができて不思議ではありません。問題はその中間ということになるわけですが、慣例によって特定の表記方法が確立していると考えられる事例をめぐる問題(編集合戦など)は、個別の記事で議論すべきものです。

もし「WP:NCの文言からは「分野や事例によっては、慣例が確立しているそれ以外のどのような表記もあり」とは読み取れない(読み取らない)アカウントも現実にい」ることが問題なら、そのような編集がなされている記事で、ご自身が正しいと信じる方向で合意形成の試みをなさってください。そうした取り組みがない状態では、こちらで議論を重ねられても、できの悪い「Wikipedia:法律家ごっこ」にしかなりません。--山田晴通会話) 2018年12月6日 (木) 06:39 (UTC)

  • 3週間にわたり議論が止まっております。見通しも悪くなってくるので、本件については議論停止として「解決済み」を貼ります。引き続き議論すべきとお考えの方は、新たな節を起こし、必要に応じてこちらを参照してください。なお、本件の議論に関連して「ノート:A.・J・パック#「A・J・パック」ヘの改名提案」を提起しています。--山田晴通会話) 2018年12月27日 (木) 11:31 (UTC)

改訂提案編集

「芸術作品」の節について、以下のように改訂することを提案します。

  • (改訂前)邦題がまだつけられておらず原題しか無い場合(この場合、後に邦題が付けられたらそれに移行する)、および邦題もまた外来語である場合にはWikipedia:外来語表記法にならい、発音をカナで表記して記事名とする。
  • (改訂後)邦題がまだつけられておらず原題しか無い場合(この場合、後に邦題が付けられたらそれに移行する)、および邦題もまた外来語である場合には、日本語で書かれたメディアや書籍などの情報源においてもっとも認知度が高く見つけやすい表記を記事名とする。

外来語表記については昨今では音楽など分野によっては例えばラテン語表記のものなどは日本語圏においてもそのまま用いられる機会が増えているものなども多く、芸術作品という巨大なジャンルに含まれるものは一元的に外来語は日本語に直すべきというのは現在の実情に沿っていないと考えます。日本語圏においても外来語のままの方が閲覧者さんにとって見つけやすいというのであれば、外来語の排除に固執せずに適切な表記を選択するべきでしょう。--Miraburu会話 / 投稿記録 2018年12月27日 (木) 01:57 (UTC)

  当該部分を改定するということは、Wikipedia:記事名の付け方#記事名に使用できる文字との兼ね合いを考慮する必要がありますが、現状でJIS X 0208に含まれるラテン文字ギリシア文字キリル文字は良いとして、これら以外の文字での表記が最有力候補だった場合はどうなさいますか。また、同じ漢字であっても中国語の簡体字繁体字日本語の漢字とでは異なる場合が多々ありますし、他方でハングルもJIS X 0208には含まれていません。改訂の動機となった記事名の具体例を併せて示していただけますと、より検討作業が捗ると思います。--Doraemonplus会話) 2018年12月27日 (木) 07:47 (UTC)
コメントありがとうございます。改訂の一番直接的な動機としてはラテン語表記のものがメインであったためあまり参考にはならないかもしれません(すみません)。文字コードの問題については意識の内にありませんでした、ご指摘感謝です。具体的にですが、
  1. 技術的な制限の都合で最有力の表記が記事名に使えない場合は、この場合は現在のようにWikipedia:外来語表記法にならい発音をカナで表記して記事名とするか、あるいはその次に有力と思われる表記を使用するということでよいと思います。このような特殊なケースにおいてはなるべくあまり目安に捉われずにケースバイケースで判断して頂けるようにしておきたいため、WP:CRITERIAについて意識しながら議論して決めてもらえるような形が望ましいと思います。
  2. 漢字については「記事名の書式」のセクションに倣う形でよいかと思います。節リンクで「漢字」のセクションに誘導する形でよいでしょう。
このような形の文面を想定しています。ご検討いただけましたら幸いです。--Miraburu会話 / 投稿記録 2018年12月27日 (木) 10:04 (UTC)
  明後日の方角からレベル低いことしか言えませんが、「邦題」という表現はJPOVってことになるのでは。この際、「日本語の題」などの表現に改めてはどうでしょう。(これを突き詰めると「外来語」もアレですけどね。)--柒月例祭会話) 2018年12月27日 (木) 08:11 (UTC)
コメントありがとうございます。確かに仰る通り若干JPOV感があるのは否めないのですが、これにつきましては「日本語における邦題」辺りでいかがでしょうか。できれば「邦題」というフレーズのニュアンスを残したいというのがあります。---Miraburu会話 / 投稿記録 2018年12月27日 (木) 10:04 (UTC)
  •   反対 いくつか論点はあると思いますが、少なくとも本節冒頭の提案については、反対します。まず、山田は、「邦題」の編集(大幅な同時研究の除去)にも関わっている立場にありますが、「日本語における邦題」という言い回し自体がGoogleでもヒットがない特殊な表現であり適切とは思われません。また、実際に邦題が存在していないにも関わらずカタカナによる音写以外の表記が、しっかりとした典拠が提示できる形で通用しているような例があれば、そうした別表題からもリダイレクトを設けることを前提に、個別にノートでの合意形成を図れば良いだけのことです。むしろ、現行のこの箇所の文言が誤解を生むのではないかと危惧するのは、『Shall We Dance?』のように、「邦題もまた外来語である場合」に、カタカナ表記で記事を作成しなければいけないように読めるところです。さらに、ここにある「外来語」は「外国語」ないし「日本語以外の言語」とすべきようにも思います。ただし、山田はこうしたルールの文言については、特段の問題が生じていない限りは積極的に弄るべきではないと考えていますので、ことさらこの観点からの提案をするつもりはありjません。--山田晴通会話) 2018年12月27日 (木) 11:53 (UTC)
    • コメントありがとうございます。「邦題」の書き方についてはそこまでの拘りはありませんので、例祭様の仰るように「日本語の題」でも構いません。「外国語」の文言につきましても「日本語以外の言語」に置き換えても構わないように思います。ただ、個別にノートでの合意形成を図れば良いだけと仰られましても、現状の文言のままではルールの拘束が強すぎて合意形成の足枷になってしまいます。また現行の文言では実際に「邦題もまた外来語である場合」にも片仮名表記での作成を強いている状態になっていますし、それを解消すべきという点も改訂を提案した一因です。--Miraburu会話 / 投稿記録 2018年12月27日 (木) 13:04 (UTC)

皆様のご意見を踏まえて、一旦文案を整理してみました(上でちょっと編集ミスがありましたが、一番最初の文案に戻しましたためお気になさらないでください)。


  • (改訂前)邦題がまだつけられておらず原題しか無い場合(この場合、後に邦題が付けられたらそれに移行する)、および邦題もまた外来語である場合にはWikipedia:外来語表記法にならい、発音をカナで表記して記事名とする。

  • (改訂後)日本語の題がまだつけられておらず原題しか無い場合(この場合、後に日本語の題が付けられたらそれに移行する)、および日本語の題もまた日本語以外の言語の表記である場合には、日本語で書かれたメディアや書籍などの情報源においてもっとも認知度が高く見つけやすい表記を記事名とする。
    • 最も有力であると判断される表記が技術的な制限により使用できない場合には、Wikipedia:外来語表記法を参考にしてその表記の発音を片仮名で表記して記事名とするか、或いはその次に有力と判断できる表記を記事名として使用する。
    • 中国語ならびに朝鮮語の作品名については、#記事名の書式節の#漢字のセクションに倣うものとする。

このような形で組み込んでいます。ご意見・指摘等ございましたらぜひお寄せ下さい。--Miraburu会話 / 投稿記録 2018年12月27日 (木) 13:04 (UTC)

  •   まず、システム上の使用可能文字の制限記事名に使用できる文字の制限の趣旨は全く異なるものです。前者はWikipediaが使用しているソフトウェア(MediaWiki)の仕様に起因する全言語版に共通する技術上の制約で、後者はウィキペディアを閲覧する一般利用者のコンピュータの日本語表示環境の現状に配慮した日本語版独自の(いわば)自主規制です。どうか混同なさらぬよう。次に、芸術作品というコトの性質上、(特に前衛的な芸術なんかで)Unicodeにも存在しないような文字を作品の題名に用いたり、そもそも題名自体が文字で表されない作品が存在しそうなことも想像するに難くないのですが、それを言い出すと話が明後日の方向へ行きそうなので、ひとまず措いて。「認知度が高く」は十分な条件でしょうけど、原語表記を記事名に採用する場合には「見つけやすい」という前提条件は自ずから崩れるのではないかと思うのです。言語によっては、一般的な日本語環境では入力はおろか表示さえできないこともあり得ます。私が思うには、「見つけやす」さを担保するために外来語であってもカナ・漢字表記が推奨されているのではないかと。また、既にあるWP:CRITERIAの5基準から、芸術作品節の改訂案でそのうちの2つだけを取り上げ、あとの3つを捨てたことには何らかの意図があるのでしょうか(「WP:CRITERIAに倣え」で充分ではないでしょうか)。それと、もし改訂するのであれば、規定は文面だけでなく、具体的な記事名の例示を伴っていないと、この議論の経緯を知らない利用者が当該規定部分だけを読んだときにその趣旨を理解しにくいと思います。そのあたりのことで課題に直面している記事名の具体例がありましたらご提示願えますか。--Doraemonplus会話) 2018年12月30日 (日) 05:05 (UTC)
    • すみません、お返事が少々遅くなりました。--Miraburu会話 / 投稿記録 2019年1月1日 (火) 16:35 (UTC)
    • 制限については環境への配慮も技術上の都合という観点から広義で「技術的な制限」という書き方をしたのですが、少しミスリーディングな書き方であったようです。すいません(確かに括弧やびっくりマークなどは見た目の統一が目的ですね)。こちらについては「記事名に使用できる文字の制限により」に変えます。
    • 直接の動機はというとK-POPグループの表記についてです。音楽グループの表記については一応プロジェクト:音楽#記事名の方で取り決めがあり、そちらでは日本語でのプロモーションや販売を行うレコード会社の公式ホームページなどで使用されている表記があればその表記が優先されますが、それがない場合は外国語表記ものは全て片仮名で表記しろとなっています。しかしながら、日本における活動をあまり行っておらずそうしたページがないグループについても、K-POPのグループは多くの場合日本語のメディアなどでもアルファベットで表記されることも多く、ガイドラインは実情に沿っていないと考えたのですが、大元のガイドラインとの兼ね合いなども考慮してまずはこちらで提案させて頂いた次第です。
    • 見つけやすさについては、わざわざ日本語以外での表記が使われるのであれば、それはある程度の読む上での妥当性があると考えられるため、一般的には多くの場合は十分な見つけやすさがあると推定できるのではないかと考えました。またWP:CRITERIAについては確かに5つともの観点に配慮した方が適切というのも頷けますので、WP:CRITERIAに従う旨を明記した上で「認知度については日本語の情報源における認知度の高さとする」なども併記しておければいいかなと考えています。--Miraburu会話 / 投稿記録 2019年1月1日 (火) 16:35 (UTC)
      •   お返事ありがとうございます。なるほど、K-POPグループの表記でしたか。それならば、「芸術作品」節を改訂する前にまずはプロジェクト:音楽の方で問題点の整理を行なって頂きたいです。その結果、本ガイドラインの改訂が必須だという結論になれば、再度このノートで提案なさってください。K-POPグループの記事名のためだけに大元の記事名の付け方のガイドラインを変更するのは他の多くの芸術作品記事名に対する影響が大きすぎてリスクが高いです。そもそも本ガイドラインにあるのは芸術作品に関する記事名の指針なので、K-POPグループの表記問題では改訂の動機になっていないように思われます。--Doraemonplus会話) 2019年1月2日 (水) 04:56 (UTC)
        • 分かりました、一先ずはプロジェクト音楽の方で意見をお求めした上で、議論の流れに応じて必要があればこちらでも改めて提案するという形にしたいと思います。Draemonplusさん、アドバイス頂きありがとうございました。漆月例祭さんと山田晴通さんもご参加いただき感謝申し上げます。--Miraburu会話 / 投稿記録 2019年1月2日 (水) 16:53 (UTC)

文学作品の記事名に関する新ルール編集

文学作品の記事名に関する新ルール(括弧付きの作品記事名)がPortal‐ノート:文学#同名作品がある場合の曖昧さ回避のローカルルール制定 で提案されています。 --2001:240:240C:11B9:5513:FE1D:1AB9:F346 2019年2月27日 (水) 13:43 (UTC)

事件記事の「記事名の付け方」に関する提案編集

現在、ガイドラインのWikipedia:記事名の付け方においては「歴史的事件の記事名は出来る限り一般的に知られており通用しやすい名称を使用する」とありますが、以下に例示するように殺人事件だけを例にとっても記事名の付け方が統一されておりません。

  1. 「○○(被害者の人数および性別・年代など属性)殺害事件」 - 例:光市母子殺害事件大牟田4人殺害事件大阪姉妹殺害事件淡路島5人殺害事件熊野一族7人殺害事件
  2. 「○○(被害者の人数性別・年代など属性)殺人事件」 - 例:弘前大学教授夫人殺人事件市川一家4人殺人事件藤沢母娘殺人事件熊本母娘殺人事件
  3. 「△△(「連続」「強盗」「誘拐」「ストーカー」など事件の属性・および犯行内容など)殺人事件 - 例:女子高生コンクリート詰め殺人事件広島タクシー運転手連続殺人事件JT女性社員逆恨み殺人事件闇サイト殺人事件大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件桶川ストーカー殺人事件
  4. 「□□(事件発生場所)殺人事件 - 例:マブチモーター社長宅殺人放火事件
  5. 「○○(被害者の人数および性別・年代など属性)殺傷事件」 - 例:石巻3人殺傷事件愛知県蟹江町母子3人殺傷事件
  6. (特殊なケース)加害者の名前を取った事件 - 例:古谷惣吉連続殺人事件勝田清孝事件

2.以外の記事名はまだしも太字で強調した2.のように「X人殺人事件」「母娘殺人事件」などのような記事名の付け方には違和感を覚えます。「いずれも『人が殺された』(=殺人事件)である事実は簡単にわかるにも拘らずなぜ「X人殺人事件」「母娘殺人事件」と続けるのだろうか?『X人殺害事件』『母娘殺害事件』などで良いのではないだろうか?」と思います。

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件三島女子短大生焼殺事件のように記事名に被害者の属性が含まれる場合でも「殺人事件(および「焼殺」など殺害手段+事件)」の前にワンクッション置いて事件の属性(「誘拐」「殺害手段」)などを含む場合なら違和感はそこまで感じませんし、名古屋アベック殺人事件の場合は例外的なケースとして逆に「名古屋アベック殺害事件」にするとそれはそれで(個人的に)違和感がありますが、歴史的事件に関しても記事名の付け方を確立したほうが良いのではないか?と思います。具体的には

このような形のガイドラインを設定することが好ましいと思います。例示した記事のうち弘前大学教授夫人殺人事件市川一家4人殺人事件良質な記事に選出されているため改名に至ると影響が大きい可能性がある上、前者は実際にそのような形で記載している参考文献がありますが、わざわざ「人」である被害者の属性の跡に「殺人事件」と続ける必要性をそこまで感じませんしむしろ違和感を覚えますので「弘前大学教授夫人殺害事件」「市川一家4人殺害事件」で良いのではないか?と考えております。

おそらくこの提案が採用に至れば例示したもの以外にも相当な数の記事が改名を余儀なくされてしまうかもしれませんが、今後の記事作成・編集などの際には何かしら具体的なガイドラインが確立されていたほうが好ましいと思います。皆様からもぜひご意見・ご提案などをよろしくお願いいたします。--要塞騎士会話) 2019年4月8日 (月) 14:26 (UTC)

  •   コメントウィキペディアが誰も使ってない『正しい』事件名を新しく作り出すなんてことはあり得ません。WP:ORを10,000回熟読して下さい。--Namanaka会話) 2019年4月8日 (月) 16:02 (UTC)
    •   返信 こちらの主張はあくまで「記事名の付け方がバラバラ(=表記ゆれがあまりにも多い)だから統一性を持たせたほうが良い」という提案に過ぎず貴方が仰るような「誰も使ってない『正しい』事件名を新しく作り出す」というわけではありません。失礼ながらこちらの投稿をきちんと理解された上で建設的な意見をお願いいたしたいです。--要塞騎士会話) 2019年4月9日 (火) 15:21 (UTC)
      •   返信 世間一般の呼び方が統一性がないのだから無理矢理統一させようとしたら世間一般の呼び方(=出典)を無視するケースが出てくるのは自明です。出典を重視するウィキペディアで統一など不可能です。桜田門外の変江戸幕府大老殺害事件にしようとする提案など賛成のしようがありません。--Namanaka会話) 2019年4月10日 (水) 12:49 (UTC)
        •   返信 すべてを統一することは不可能でも、可能な限り統一的なガイドラインでも設けたほうがいいのでは?という提案ですし(仮にこの提案が通ったとしても)必ずしも強制するわけでもありません。ご例示されている「桜田門外の変」のように世間一般の呼び方がある場合ならばあくまでそちらを優先すべきことは十二分に理解しております&た利用者様からご指摘されております通りですし、それを無理矢理「『江戸幕府大老殺害事件』にしようとする提案」などでは断じてございません。--要塞騎士会話) 2019年4月10日 (水) 13:36 (UTC)
  •   コメント そもそも、「統一性を持たせる」ことにWikipedia:記事名の付け方#歴史的事件の定めである「出来る限り一般的に知られており通用しやすい名称を使用する」ことを上回るメリットがあるとは感じません。私も「(被害者属性)殺人事件」という名称には日本語として強い違和感を覚えますが、それはそれとして、資料の多数が「○○殺人事件」の名称を採用しているのであれば、それに従います。現状通りに、資料において最も浸透していると思われる名称を事件名とすることが、議論を呼ばない記事名決定法なのではないでしょうか。--Arvin会話) 2019年4月9日 (火) 16:13 (UTC)
  •   コメント 分野の知識がないので一般論にとどめます。
  • WP:CRITERIAが大原則になります。そこには「認知度」「簡潔」「首尾一貫」などの諸要件が示されています。そして「複数の基準を満たすために他の基準を犠牲にする必要がある」「(その場合は)信頼できる情報源における慣例を参考に」決めるとあります。
  • 「ホニャララ殺人事件」「ホニャララ殺害事件」などなど、信頼できる情報源でどう書かれているか、が最も優先すべきものです。多数の信頼できる情報源の中で統一されていないなら、Wikipedia内でも統一されないのはしかたがないです。
  • 要塞騎士さんは、「ホニャララ」部で既に被害者が「ヒト」であることが自明なのに、「-殺人事件」と後置するのはクドいのではないか、とのお考えなのですよね?要塞騎士さんがそう感じられるのはわかるのですが、それでも世の中一般の情報源が「ホニャララ殺人事件」と書くならば、要塞騎士さんのセンスよりも世間一般の表記が優先されるでしょう。(私はこの分野の知識がないし、「ホニャララ殺人事件」とかいうともっぱら推理小説を連想するので、要塞騎士さんのセンスが世間一般に照らしてどうなのかは判断できません。)
  • ためしに「殺害事件」でググると、様々なニュースサイトや警視庁のページで「なになに殺人事件」「まるまる殺害事件」が入り乱れてヒットします。専門知識がないのであくまでもシロウトの意見ですが、「殺害」と「殺人」は法的な意味合いが違うのではないですかねえ?たとえば「傷害致死」や「過失致死」は「殺害」であっても「殺人」ではない?とか、被害者が死んでいることは確かだが裁判で罪状が確定していない時点では「殺害事件」で、殺人罪が確定すると「殺人事件」とか?ここにはJPOVとの兼ね合いもありそうです?
  • 「首尾一貫」という要件が一連の記事群の名称を統一的に管理しようという根拠になるでしょう。
  • が、「首尾一貫」と「認知度」(≒世間一般での表記≒信頼できる情報源での表記)が相克する場合には、信頼できる情報源の表記が重視されることになりますから、その帰結として統一性が失われることはしかたがないです。
  • ガイドラインが全く無効というわけでもないです。ある事件について、多数の信頼できる情報源で、「ホニャララ殺人事件」「ホニャララ殺害事件」の両方の表記が同程度みられて優劣がつき難い、という局面では、ガイドラインが機能するでしょう。--柒月例祭会話) 2019年4月9日 (火) 16:15 (UTC)
    •   返信 お二方とも貴重なご意見をありがとうございます。正直返信が付かないんじゃないのか?と不安になっていたもので2件も貴重な返信を頂けて安心しました。
まさに㭍月例祭さんのおっしゃる通り、私の考えは「被害者が「ヒト」であることが自明なのに、「-殺人事件」と後置するのはクドい」という点です。ご指摘を受けまして「殺人」と「殺害」の違いをコトバンクで調べてまいりました。
なおJAWP(本サイト)においては「殺害=生物を殺すことで、殺すとは対象となる生物の生命を絶つ行為を指す(『日本国語大辞典』小学館)。人が行う行為かつ対象が人の場合は殺人(さつじん)という」とあります。(どちらも対象が「人」であることを前提とすれば)2つの用語上に特に大した意味の違いはなさそう、どころか全く同じ意味とみて間違いなさそうですが、少なくとも「被害者は人だ」と明示している以上は「(被害者属性)殺人」ではなく「(被害者属性)殺害」で良いのではないのか?と思うのです。
なお「傷害致死」や「過失致死」に関してですが「未必のものを含めて加害者の故意が認められない=殺意がない」ですから「殺害」には当たりません。刑事裁判の判決文でも殺人罪・強盗殺人罪の場合は「殺意を持って人を死亡させた=殺害した」とあるのに対し、傷害致死などの場合は「殺害した」とは記載されず「死亡させた」という表現に留まるのみです。
そしてWP:JPOVとの兼ね合いに関しても調べてみると、『研究社 新和英中辞典』における「殺害事件」「殺人事件」の英訳は以下の通り…すなわちほぼ同一の意味と取って問題なさそうです。
「信頼できる情報源」でどう書かれているか?に関しても一応調べてみました。
  • 利用者:要塞騎士/sandbox/9(例示した藤沢母娘殺人事件の下書き) - 現時点の最新版時点で
    • 「〇人殺人」と書かれた出典数…新聞記事5件
    • 「〇人殺害」と書かれた出典数…新聞記事22件・最高裁判例1件・雑誌記事出典1件
    • 記事名のように「母娘殺人」と書かれた出典数…1件もなし。ただし神奈川県警が事件当時に藤沢署に設置した捜査本部名は「藤沢市辻堂母娘殺人事件捜査本部」
    • 「〇人殺し」と書かれた出典数…新聞記事21件
    • 「母娘殺害」と書かれた出典数…新聞記事2件
    • 「母娘殺し」と書かれた出典数…新聞記事9件
    • 「親子殺し」と書かれた出典数…新聞記事1件
    • 「○○惨殺」と書かれた出典数…新聞記事15件
  • 同じく例示した市川一家4人殺人事件 - 現時点の最新版時点で
    • 記事名のように「〇人殺人」と書かれた出典数…新聞記事14件・その他書籍ほか出典2件
    • 「〇人殺害」と書かれた出典数…新聞など報道記事91件・雑誌記事出典1件・東京高裁判例1件・書籍出典2件
    • 「一家殺人」と書かれた出典数…新聞記事3件・書籍1件
    • 「一家殺害」と書かれた出典数…新聞記事12件・雑誌記事出典1件・東京高裁判例1件・書籍出典2件
    • 「一家殺し」と書かれた出典数…新聞記事23件・書籍出典1件
    • 「○○惨殺」と書かれた出典数…新聞記事9件・雑誌記事4件
  • 利用者:要塞騎士/sandbox/6(例示した熊本母娘殺人事件の下書き) - 現時点の最新版時点で
    • 記事名のように「(被害者属性)殺人」と書かれた出典数…1件もなし
    • 「(被害者属性)殺害」と書かれた出典数…新聞記事2件
    • 「母子強殺」と書かれた出典数…新聞記事1件
雑誌記事などは信頼性に多少「?」が付きかねないものもありますし、3件目は出典の絶対数が少なくこれだけでは判断しきれないような気もしますが、少なくとも新聞記事および裁判所の判例だけで見てみても以上のパターンから見てみると数は「(被害者属性)殺害>>>(被害者属性)殺人」と結論付けて良いのではないか?と思えます。そうなればArvinさんのおっしゃる通り「資料において最も浸透していると思われる名称」は少なくともこの3事件においては「(被害者属性)殺害事件」と断言できるのではないでしょうか?
なお弘前大学教授夫人殺人事件に関しては記事名通り「弘前大学教授夫人殺人事件」と表記されている参考文献が2件・本件提案のように「弘前大学教授夫人殺害事件」と書かれた出典が1件…ですが、これだけで判断するにはちょっと絶対数が少なすぎるような気がします。
以上でございます。大変つたない文章かつ長くなりましたがお読みいただけましたら幸いです。--要塞騎士会話) 2019年4月10日 (水) 13:27 (UTC)
  コメント 結局のところ、そういった出典情報を個々のノートページで紹介したうえで、個別に改名提案を行うのが筋ではないかと思われます。「殺人事件」か「殺害事件」か、というのは各記事の問題であって、こういった大きな場での議論には馴染まない、というのが私の感想です。
なお、「弘前大学教授夫人殺人事件」という名称についても強い疑念をお持ちのようですので、ノート:弘前大学教授夫人殺人事件において、手持ちの資料での用例を列記しておきました。ご一読頂けましたら幸いです。--Arvin会話) 2019年4月10日 (水) 17:49 (UTC)
例示ありがとうございます、拝見させていただきました。この件について自分でももう少し考えてみようかな?と思います。--要塞騎士会話) 2019年4月12日 (金) 11:26 (UTC)

上記の提案ですが、事件記事の記事名の付け方が決まり次第、プロジェクト:事件・事故のページにも反映させるべきだと思います。--海ボチャン会話) 2019年4月12日 (金) 06:40 (UTC)

現段階ではまだ結論が出ない状態ではありますが当初からそのつもりです。コメントありがとうございます。--要塞騎士会話) 2019年4月12日 (金) 11:26 (UTC)

新しい記事名の付け方 (日本の皇族)編集

日本の皇族の記事名の付け方について、Wikipedia‐ノート:記事名の付け方/日本の皇族で新たな合意が形成され、これに伴いWikipedia:記事名の付け方が改訂されるようです(実際にはまだ編集されていません)。 --2001:240:241C:88F:BC79:A3A0:9A44:3D93 2019年7月10日 (水) 09:34 (UTC)

プロジェクトページ「記事名の付け方」に戻る。