Wikipedia:ガイドブック 交流・議論

Nuvola emblem-favorite.svg 利用者間の交流・議論・対話編集

この章では、ウィキペディア上での利用者間の交流や議論・対話について説明します。

コミュニティ・ポータル編集

コミュニティ・ポータルは議論をする場所ではありませんが、ウィキペディア内の最新のニュースや、イベントの紹介、編集する上でのヒントなどを紹介しています。

このガイドブックで紹介したウィキペディアのさまざまな文書へのリンクも提供されています。画面左上、ナビゲーションメニューの上から2番目のリンク、「コミュニティ・ポータル」からいつでも簡単にアクセスできます。

詳しくはこちらの文書

ノートページ編集

各ページには、議論用のページが付随しています。この議論用ページは、「ノート」「ノートページ」「トークページ」などと呼ばれていますが、以下の説明では「ノートページ」と呼ぶことにします。

どのページにもページの上部にノートというタブがあり、それをクリックすることでノートページを開くことができます。記事ページに付随するノートページのタイトルは単に「ノート:○○」となりますが、このガイドブックのようなプロジェクト関連文書だと「Wikipedia‐ノート:○○」のように表されます。

さて、ノートページはどんなときに使うものなのでしょうか。ここでは代表的な「記事ページ付随のノートページ」について触れます。具体的には、

  • いろいろな立場の人の見方を取り交し、それをすり合わせて中立的な記述にする
  • その記事でフォローして欲しいことについて要望する
  • 記事の内容に疑問を感じるが、書き直せるほどの知識はないので、疑問だけ提示しておく
  • 内容が重複している記事を指摘し、統合を提案する

などに使われます。電子掲示板と同じようなものですが、投稿後の修正や削除ができたり、自分の投稿だけでなく、全体を編集できるので、話題に関する見出しを後で追加するなど、全体のレイアウトを整理したりもできる便利な面もあります。ノートページは、記事の質を高めるための議論を行う場です。些細なことでも積極的に利用して、みんなで記事を磨いていきましょう。

ノートページの実際の書き方は、基本的に記事を書くのと変わりません。ただ、投稿には必ず署名を入れましょう。編集ボックスの上部に並んでいるボタンの中の署名アイコン(Insert-signature.png)をクリックし、コメントの末尾に「--~~~~」を自動入力します。このようにすると、ページを保存した時に、あなたの利用者名(ログインしていなければIPアドレス)と投稿日時が埋め込まれます。

利用者名(アカウント)をお持ちでなくログインしていない場合でも、他の人が少なくともあなたのIPアドレスを識別できるように、忘れずにこの署名を行ってください。

詳しくはこちらの文書

利用者ページ編集

ログインしている利用者には、その人の利用者名の付いた専用ページが用意されます。ここは基本的にあなた専用のスペースで、ウィキペディアンとしての自己紹介を書いたり、記事執筆のメモ帳としたり、自分専用のブックマークとしたり、ウィキペディアでの活動記録をしたためたりすることができます。ただし、フリーのウェブページ用スペースではありません。あくまでウィキペディア内のページであることを忘れないでください。また、個人情報の提供は自己責任で行ってください。

詳しくはこちらの文書

会話ページ編集

利用者ページにもノートページが付属します。ページのタイトルが「利用者‐会話:○○」のように表されることもあり、「会話ページ」とも呼ばれます。その使い方は、記事ページ付属のノートページなどとは多少異なり、利用者ページの内容に関係してというよりは、利用者自身とのいろいろな対話を行うのが主なものになります。

なお、ログインしていない匿名利用者の会話ページも存在します。匿名利用者については、「利用者‐会話:xxx.yyy.zzz.www」という風にIPアドレスで会話ページが用意されています。ただし、IPアドレスに割り当てられた会話ページの主ページにあたる「利用者ページ」の作成は、基本的に認められておらず、即時削除となりますので、注意してください。

詳しくはこちらの文書

コミュニティ編集

ウィキペディア計画の参加者のことをまとめてウィキペディアンと呼びますが、ウィキペディアン達は様々なルートで交流を持っています。

Wikipedia:井戸端
井戸端は、ウィキペディアの全体に関わる話し合いのために用意されています。ちょっと困ったことや、他の利用者の意見、アドバイスを気軽に求める場として利用されています。
Wikipedia:利用案内
ウィキペディアを利用する際にわからないことや、技術上の相談などをする場です。
Wikipedia:調べもの案内
ウィキペディアを使って調べものをする際に、うまく見付けられないことに関して質問する場です。
Wikipedia:お知らせ
ウィキペディアの全利用者に知らせたいことを告知する場です。方針の提案や改定、新しいウィキプロジェクトの立ち上げなどについてのお知らせが投稿されています。
Wikipedia:ウィキポータルWikipedia:ウィキプロジェクト
特定の分野に関して、新着記事を紹介したり、お知らせを流す場として、ウィキポータルが用意されています。また、特定分野に関心のある利用者が執筆情報を交換し、分野ごとの執筆方針などを議論する場として、ウィキプロジェクトが用意されています。
メーリングリスト - WikiJA-l ほか
「ウィキメディア財団」(運営団体)が各国語版用のメーリングリストを用意しています。日本語のものは流通量はまだあまり多くはありませんが、メールの特徴を生かして複雑な会話にも向いている上に内容がすべてオープン(参加自由な上に未参加でも閲覧可能)なので、情報交換の主流となっていくことが期待できます。詳しくはWikipedia:メーリングリストをご覧下さい。
登録、アーカイブ閲覧用URL
オフラインミーティング - 日本の主要都市数ヶ所
現在、不定期ではありますが、日本のいくつかの主要都市で数ヶ月おきに会合がもたれています。夕方から親睦のために集まることがほとんどです。このほか、ウィキメディア財団の企画として、ウィキマニアという研究・討論・親睦を目的とした国際的なミーティングが年1回行われています。詳しくはWikipedia:オフラインミーティングをご覧下さい。
チャット(IRCチャンネル) - #wikipedia-ja ほか
日本国内ではIRCはそれほど認知された存在ではありませんが、英語圏、ヨーロッパでは非常に多くの人が利用しており、「ウィキメディア財団」の重要な会議などは通常IRC上で行われます。日本語版コミュニティのためのIRCチャンネルもあり、24時間の内に大抵誰かがいるのでチャットが出来ます。ただし、こちらは非公式なコミュニティで、運営は「ウィキメディア財団」と直接の関係にありません。
サーバ名は irc.freenode.net 、チャンネルは #wikipedia-ja と指定して下さい。Mozillaや Firefox を使っている場合、#wikipedia-jaをクリックすると入室できます。詳しくはWikipedia:チャットをご覧下さい。
基本的な質問なら、大抵誰かがすぐに答えてくれるでしょう。暇つぶしや友達を作るのに利用してもかまいません。なお、ここで話し合われた内容は公式な決定にはなりません。またチャットでの会話内容はオープンではありません。チャットの内容を発言者に無断で公開することは出来ません。
詳しくはこちらの文書

ウィキメール編集

以上に紹介した交流方法は、全部が丸見えのオープンな情報交換でした。これ以外に、ログインしている利用者同士ならば、ウィキメールを使うことも可能です。この方法ならば、メールを送りたい相手以外に自分自身のメールアドレスを公開してしまう必要はありません。個人設定で自分のアドレスを登録しておけば、登録した者同士の間でのメール送信をウィキが仲介してくれるのです。一旦仲介してもらえばお互いのアドレスがその時点で判明しますから、以降は普通にメール交換ができるようになります。

詳しくはこちらの文書
次へ進む → 困ったとき