Wikipedia:影響が特に大きいテンプレート

ウィキペディアへの影響が特に大きいと判断された全てのテンプレートおよびモジュールは、保護の方針のもとで永久にページの保護が適用されます。 全保護されている場合は、テンプレートやモジュールの編集は管理者のみが実行できます。この場合、テンプレートやモジュールを改変するにはそのノートページで編集内容に関する議論や合意形成を図った上で、管理者に編集を依頼する必要があります。拡張半保護あるいは半保護されている場合は、管理者以外の利用者でも編集することは可能ですが、編集合戦が起こらないよう合意形成を図ることを常に心掛けてください。

影響が特に大きいため、保護されるべき最も一般的なテンプレートとモジュールは以下のとおりです。

  • メインページのような、非常に目立つ、また人目につきやすい場所で使用されるテンプレートとモジュール
  • 使用率の非常に高いテンプレートとモジュール(=非常に多くのページから呼び出されているテンプレートとモジュール)
  • 進行の度合いに応じて非常に頻繁に変更されるようなテンプレートとモジュール(不適切な編集を行う利用者に対して注意/警告を行うためのテンプレートなど)

テンプレートやモジュールの保護に対する基準はありませんが、読み込み数5,000ページ以上で拡張半保護、1,000ページ以上で編集半保護、移動拡張半保護という目安があります(議論)。

保護しなければならない理由編集

影響が特に大きいテンプレートとモジュールを保護する理由は以下の2つです。

荒らし
何千もの項目から呼び出されていたり、非常に目立つ場所で使われているテンプレートやモジュールの、荒らしによる損傷/破壊行為が行われるリスクは他のテンプレートやモジュールと同様にある上に、仮に荒らしが行われたことによる影響は大きくなりがちです。この種の損傷/破壊行為は早期に(大抵の場合数分で)発見されて差し戻されますが、荒らしによる版がそれ以前の版に差し戻されるまでの間に何千人もの目にさらされるかもしれません。使用/呼び出し率の高いテンプレートとモジュールの保護は、こういったリスクを回避します。
サーバー負荷
ウィキソフトウェアはテンプレートとモジュールが編集されるたびにテンプレートとモジュールを更新するだけでなく、テンプレートとモジュールが適用されている全てのページに編集結果を反映します。例えば、A というテンプレートが1000の項目から呼び出されている場合、A を編集することはテンプレート A 本体だけでなく、A を呼び出している1000の項目全てを更新することになります。このため、多くのページから呼び出されているテンプレートとモジュールを頻繁に編集すると、サーバーに大きな負荷をかけることになります。

補足:MediaWiki ソフトウェアは、この方法によるDoS攻撃を不可能にするよう書かれています。再コンパイルする必要のあるページは即座に再コンパイルされるのではなく、まずジョブ・キュー (Job queue) にリストされます。そしてその他の編集が行われる毎に徐々に再コンパイルしていくことで、サーバー負荷を分散しています。特定の使用率の非常に高いテンプレートを繰り返し編集することでジョブ・キューを非常に大きくすることは可能ですが、これにより多少不便になることはあっても、サイトがダウンすることはありません。ジョブ・キューの欠点は、テンプレートやモジュールが使用されている全てのページでテンプレートやモジュールに対する編集結果が反映されるまでにある程度の時間がかかる場合があるという点です。これにより、ウィキペディアでの活動歴の短い初心者ユーザーは、自らの編集によりテンプレートが破損したと考え、編集結果がジョブ・キューで処理・反映されるのを待たずにこれを幾度となく修正しようと試みます。使用/呼び出し率の高いテンプレートやモジュールの保護は、それらのページに対する編集による影響を熟知した利用者のみにしか編集を行えないようにするという点で有効です。

関連項目編集

関連議論編集