Wikipedia:無意味な記述

ウィキペディアには良質な記事秀逸な記事も多く存在しますが、たびたび無意味な記述にも出会います。

ここでいう無意味な記述には2種類あります。

  1. 完全に無意味なもの。例えば、全く意味の通らない文。あるいはファンレターや日記や特定企業への問い合わせや抗議のような文。例「○○くん、いつも応援しています。これを読んだらメールをください」など。
  2. 一見すると、どうにか意味が通っているように見える文。しかし、どんなに頭のよい閲覧者がよく読んだとしても全体像がつかめないくらい、内容が完全に意味不明な状態になっている修正不能なもの。

以下に挙げるものは無意味な記述ではありません編集

これらは、うんざりさせられるけれども、完全に無意味であるとはいえない記述です。

  • 著作権やその他の権利を侵害しているもの → 意味の有無に関わらず、削除の方針にしたがって削除手続きを行ってください。
  • 執筆者の独自見解の記述、偏見だらけの文、あたかも事実に見せかけた意見 → 中立的な観点にしたがって添削してください。
  • 執筆者によるプロパガンダ的な考察 → 中立的な観点にしたがって修正してください。除去するだけが方法ではありません。例えば、出典を添えて「○○の支持者によれば、……とされている」と表現を改めることができます。
  • 閲覧者を激怒や不快感を与えるような「煽り」 → 挑発されるのではなく、冷静に、淡々と修正しましょう。
  • 破壊行為 →荒らしを参照して対処してください。
  • 不的確な文、こなれていない文、ぐたぐたな駄文 → ナンセンスというわけではありません。可能な限り改善を試みましょう。
  • 日本語が流暢でない利用者による投稿 → 一般的な日本語表現に修正しましょう。意図がつかめない部分は、ノートページなどを利用して内容の確認をすることもできるでしょう。

無意味な記述への対処編集

対処にはいろいろな方法があります。適切な方法を判断して決めてください。

しかし、その内容について、明らかに無意味であるとは思っていない編集者がいて、上のような対処法に反対している場合には、その記事について議論し、合意に達するべく努力するのがベストです。特に「無意味」なものを書き直して、それ相応なものにまで仕上げたいと言っている編集者がいる場合には、仕上げる時間と場所を提供してあげましょう。

記事全体が、明らかに無意味な記述だけしか含まない場合には、下記のうち、どうするかを判断して決めてください。

  • 直ちに削除する(管理者削除者のみ可能、その他の参加者は即時削除を申請することができます)。
  • 削除依頼を提出する。
  • Wikipedia:即時削除へのリンクに置き換える。
  • 可能な限り、記事全体を全面的に改稿して、編集対応で無意味な記述を解消する。

関連項目編集