Wikipedia:独立記事作成の目安/リファレンス

独立記事作成の目安/リファレンス

本記事は、Wikipedia:独立記事作成の目安(特筆性)のリファレンスであり、関連項目や削除依頼・テンプレート等を集積し、参照資料として、親記事の解説や補足をすることを意図しています。本記事はあくまでリファレンスであり、親記事と本記事の間で記載が異なる場合は、親記事を参照するようにして下さい。

解説編集

ウィキペディアにおいて、単独記事を立項するにあたっては、Wikipedia:独立記事作成の目安(特筆性)を満たすことが求められます。特筆性を満たさない場合には、削除されることもあり得ます。

特筆性の問題が指摘されましたら、まずは対象と独立した信頼ある情報源を出典とし、その著名性や希少性、特別性、解説の必要性等を示すようにして下さい。全国紙や専門誌等が良質な情報源として評価されています。なお、一般的なニュースは、Wikipediaの記事とはなりません。また、現代の事物においては、一時、特筆性無しと判断されたものであっても、状況の変化により、特筆性が生じてくるケースもあります。

各分野ごとの基準や削除依頼事例などは下記を参照して下さい。

特筆性の判断に関する事例編集

同時に多数記事の特筆性の判断を求めると、判断が困難になる場合があります。
地方議会議員や当選歴のない政治活動家は、特記事項がない場合、特筆性がないと考えられています。
予備校講師において、少数の著作や多数に対しての名前を出して講義を行っている程度では、特筆性不足と判断されています。
アダルト俳優については、特筆性の基準が細かくなっており、出演本数が一つの基準となっています。
著名な活動が無い、ブレイク以前と評価された芸能人は削除と判断されています。
グループの特筆性と個別メンバーの特筆性は分けて考えられています。
大学の音楽系サークル記事では、充分な対外実績を持つことが求められています。
競走馬において実績不足の場合、具体的に特筆性の証明を求められます。
内容が乏しく、プロジェクトの基準を満たさない寺院は削除されることがあります。
計画段階の個別の駅記事は削除されることがあります。
プロジェクトの方針により、特記事項の無い交差点記事は作成しないこととされています。
プロジェクトにおいて、情報量が少ない番組の個別記事化は避けることが勧められています。
事件・事故は発生直後に連日トップニュースで扱われる程注目度が高くても、影響が明らかに永続的に広く社会に与えると考えられない場合は削除されることがあります。

特筆性に関連する項目編集

日本語版における特筆性に関連する項目編集

英語版における特筆性に関連する項目編集

日本語版における議論例編集

関連テンプレート編集