Wikipedia:能力は必要

ウィキペディアは大きいウェブサイトで多くの編集者がおり、それぞれが各自の意見をもっています。多種多様な意見があるにもかかわらず、共同作業できていることは驚くべきことかもしれませんが、その裏にはいろいろな理由があります。

共同作業が出来る理由の1つは善意にとるという基本的な行動原理となるガイドラインの存在です。このガイドラインはたとえ意見が違っても、議論に関わる利用者は(一般的には)最善な行動をとっているとそれぞれが思っています。ときには悪意をもってウィキペディアに損害を与えようとする者もいますが、そのような者の対処は比較的に簡単です。例えば、必要がある場合に投稿ブロックを行うことで、ウィキペディアへの損害を食い止めることができ、そのような場合には普通は論争が少ない。

一方で論争が多いのは悪意がなく、自分でも気づかないうちに妨害的編集をしてしまう利用者の扱いです。そのような利用者では善意にとるというガイドラインの副作用が前面に出てしまうことがあります。すなわち、多くの利用者がこのガイドラインを支持しているため、一部の利用者は善意「だけ」でウィキペディアに貢献できると考えてしまっています。残念ながら、それは違います。能力は必要なのです。 誠実に、善意から破壊行為をしても、破壊は破壊です。そのため、特定の利用者が一連の行動でウィキペディアに建設的に貢献できない可能性を示したとき、コミュニティが介入する必要性が生じることもあります。

だれでも能力の範囲に限界があります。例えば、原子核物理学を熟知している利用者はバレエができないこともあり、その逆もありえます。ほかの能力がある利用者でもウィキペディアを編集するのに必要な能力を持ち合わせていない可能性があります。軽蔑的に「無能」とラベル貼りするより、できるだけ丁重に、利用者の尊厳を損なわないようにウィキペディアのコミュニティから出るようそっと動かすべきです。

「能力は必要」とは何か編集

ウィキペディア日本語版に貢献する利用者は下記の能力を有することが仮定されます:

  • 理解できない文章を記事に書かず、意思伝達と協調を有効に行える程度に日本語を読み書きできる能力。
  • 文献を読み、その信頼性を評価する能力。編集者は出典の信頼性評価に関するウィキペディアの解説ページを読むべきであり、特定の文献が記事で出典として使えるか、使えないかを評価する能力を身につけるべきです。
  • ほかの利用者との協調と合意に従う能力。
  • 自身の能力を理解して、能力または知識のない領域における編集を避ける能力。能力または知識がないにもかかわらず編集を行った場合、間違いを多く生み出す可能性があり、ほかの編集者はその修正に追われます。

「能力は必要」とは何ではないか編集

  • だれかがミスをしたらそいつを猛烈に怒鳴る英語版ことを意味しません。ほかの利用者(特に新規利用者)にはいくらかゆるやかに振舞い、正しく編集する仕方を理解できるよう助けましょう。ウィキの編集なので、ミスはつきものです。
  • 完璧でなければならないとは意味しません。記事を一気に完璧にしなくても、少しずつ改善することはでき、日常茶飯事です。
  • 日本語の母語話者である必要はありません。編集者に作家のような高い日本語力は期待されておらず、スペルミスや文法の間違いはほかの利用者でも修正できます。記事を直接修正できるほど日本語が上手に書けない場合でも、記事のノートページで修正要望を出すことができます。
  • ほかの利用者を無視して、その能力を高める努力を助けないことを意味しません。
  • 能力が足りないとほかの利用者にラベルを貼るべきではありません。ほかの利用者を「無能」などと呼ぶことは個人攻撃であり、事態の改善につながりません。常に貢献者ではなく貢献の議論に集中して、人格攻撃は避けてください。また、他人が受身にならないよう言葉を柔らかくしてください。
  • 必要な能力について議論しているとき、礼儀を守る必要がないとは意味しません。失礼な言葉は他人を気落ちさせてしまい、ミスを認めたり能力を高めることへの心理的バリアをいたずらに高めてしまいます。

能力不足が疑われるときの対処編集

特定の利用者の能力不足が疑われているとき、その対処には十分気をつけてください。上記の#「能力は必要」とは何か#「能力は必要」とは何ではないかを心に留めた上、状況を理解してから対処行動に移ってください。

  • ミスの繰り返し - 特定の利用者がミスを繰り返している場合、他人がすでに正しく編集する方法を助言しているかを確認してください。大半の利用者は貢献しようとしており、ただどうすれば貢献できるかを知らないだけかもしれません。だれも助言していない場合、まず助言を行ってください。ミスの解説には直接解説することとより良いやり方を示すことという2つの方法がありますが、どちらも利用者の会話ページで簡単な自己紹介をして、問題を説明するときに差分を示し、さらなる解説ページへのリンクやWikipedia:利用案内へのリンクも提示しましょう。大半の場合、それで十分であり、それ以上の行動は必要ありません。
  • 能力不足と断言すること - 特定の人物かその編集が「能力不足」「無能」などと呼ぶことは推奨されません。問題を直接指摘することはいいですが、他人を侮辱せずに問題を直接指摘することはできます。他人の行動がその能力不足を示すと発言しても改善につながらず、他人を受身にする結果にしかなりません。
  • 手をつくしたが失敗したとき - 投稿ブロックのような制裁は常にほかの手をつくした上での最後の手段です。投稿ブロック依頼を提出する前、必ずその利用者と出来る限りの方法で議論して、その行動の改善を試みてください。例えば、会話ページで問題を解説して、どうすれば正しく行動できるかを示してください。そのような試みが全て失敗する場合は稀にありますが、その場合はウィキペディアへのダメージを最小限にとどめるために、投稿ブロックが唯一の手となります。

関連項目編集