地獄の炎とは無縁の環境におかれた雪玉

雪玉条項(snowball clause)は、無駄な手続きを省くよう編集者に促すためのウィキペディアの方針です。その内容は以下の通りです。

容認される可能性が「雪玉が地獄で生き残る可能性」ほどない(=却下されることが火を見るより明らかな)議題について、わざわざ全ての手続きを通す必要はありません[注釈 1]

例えば、即時削除の方針に該当しない記事を即時削除してしまったとします。その場合でも、通常の削除依頼の手続きを通したらほぼ確実に削除されるような記事であれば、削除依頼による審議をするためだけに即時復帰させることにはほとんど意味はありません。逆に、即時削除に該当する記事でも、一方的に即時削除してしまうより、削除依頼に出してコミュニティの判断を得た方が混乱を減らせる場合もあります。

雪玉条項は、「ウィキペディアは規則主義ではありません」や「ルールすべてを無視しなさい」というウィキペディアの方針[注釈 2]の解釈の1つです。この解釈は、ウィキペディアは官僚機構ではないという事実と、編集者には常識を働かせてほしいという願いに基づいています。「雪玉条項」という名前は「雪玉が地獄で生き残れる可能性」(すなわち全く見込みが無い)という意味の snowball's chance in hell という英語表現に由来しています。

この条項は公式な方針ではありませんが、ウィキペディアの方針やガイドラインが議事妨害に使われることを防止するために書かれています。

雪玉条項の対象外 編集

 
地獄では雪玉は生き残ることができない

コミュニティへの説得に苦戦中の場合でも、説得できる見込みは残っています。ウィキペディア・コミュニティで行うに値する論戦の場合には、議論を通して解決することが最善です。議論は単に「手続きに沿っていない」という不満を言わせないために行うのではなく、手続きをきちんと踏んでこそ得られる的確な結果を得るために行うものです。結論に至るまで議論を続行する事により、より筋の通った対話が可能になり、論拠の全てがきちんと検証されることが保証され、公正感を保つ事ができます。しかし、手続きを満たすためだけの議論はウィキペディアの方針に沿うものではありません

雪玉条項に該当するかどうか確かめるには 編集

ある事例が雪玉条項に該当するかどうかは、それに関する議論を振り返る中でしか確かめられません。だからこそ、過去の事例から学ぶことが大切なのです。

  • ある議題がある手続きを経て議論され、その結論が満場一致であったとしたら、それは雪玉条項の適用対象だったのかもしれません。
  • ある議題に雪玉条項が適用されたように見えたのに、誰かが後からまっとうな異議を唱えたとしたら、これはおそらく雪玉条項の適用対象ではなかったのでしょう。ただし、異議が理不尽だったり方針に反するものならば、議論をまたまとめなおさなければならなくなります。主張を通すために混乱を招かないでください

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 2023年5月1日19:33(UTC)時点での英語版記事の原文:If an issue has a snowball's chance in hell of being accepted by a certain process, there's no need to run it through the entire process.
  2. ^ Wikipedia:ルールすべてを無視しなさいは日本語版では草案。

関連項目 編集