WinDVD(ウィン ディーブイディー)は、コーレルが開発し、ソースネクストが販売するメディアプレーヤーである。

WinDVD
開発元 コーレル
最新版 12 / 2016年11月9日(4年前) (2016-11-09
対応OS Microsoft Windows
種別 メディアプレーヤー
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト corel.com
テンプレートを表示

もともとはInterVideo英語版が開発し、1998年に最初のバージョンをリリースした。2006年にコーレルがInterVideoを買収し[1]、以後はコーレルのブランドとなる。

主な機能編集

さまざまな動画音声ファイルの再生が可能で、Proエディション、上位版であるUltimateであれば、それぞれブルーレイも再生できる。

タイムストレッチ
などのキーを変更せずスピードだけ変えられる(DVDのみ)。
ビデオアップスケーラー
リアルタイムハイビジョン画質に「アップサンプリング」する機能。バージョン2010まではDVDファイルのみ。バージョン11ではファイルにも実行できる。
ショートカット
動画再生時にF12キーを押すとタスクバーへ収納する。

日本での販売・サポート体制編集

日本での最初のリリースは、1999年3月にカノープスが日本語ローカライズして発売したものである[2]

しかしその後、2000年4月からはインフォマジックからも発売が行われた[3]

しばらくは2社からUIや付属品が少し違う同様の商品が販売されていたが、ブランドイメージの統一と、サポート体制の一元化を目的に契約を解消していく。インフォマジックとの契約は2002年5月末をもって終了し[4]、その後はインタービデオジャパンから販売が行われる。カノープスとの契約も2003年4月10日をもって終了した[5]ことで、インタービデオジャパンがすべての販売とサポートを行う体制となった。

その後、2006年以降はインタービデオジャパンを吸収合併したコーレルから販売されていた。

2012年10月からはリテールパッケージの販売をイーフロンティアが行うようになる[6]。この契約は2015年に解消され、その後は再びコーレルが販売した。

イーフロンティアと並行して、2012年からは開発および販売のライセンスの供給を受けた[7]sMedioからも販売されていたが、2018年に解消し[8]、再びコーレルに一本化された。

その後、2019年12月からはソースネクストが独占販売権を取得し、ソースネクストから販売されるようになった[9]

バージョン履歴編集

WinDVD
1999年3月9日発表、1999年3月下旬カノープスから発売[2]
1999年8月、リリース4を出荷開始[10]
WinDVD 2
1999年12月20日発表、2000年1月末カノープスから「WinDVD 2000」発売[11][12]
2000年4月28日インフォマジックから「WinDVD Millennium」発売[3]。WinDVD 2000との違いは、ワイヤレスリモコンの有無とインターフェイスのデザインが若干変更されていることで、基本的には同じソフトである。
2000年9月末カノープスから「WinDVD DH」発売[13][14]
2000年11月22日、インフォマジックから「WinDVD Arena」発売[15]
WinDVD 3
2001年5月下旬カノープスから「WinDVD 3.0」発売[16][17][18]
2001年5月25日インフォマジックから「WinDVD ARENA 2」発売[19]
WinDVD 4
2002年5月29日、インタービデオジャパンから発売[20]
2002年8月7日、リモコンが付属する「WinDVD4 リモコン版」がインタービデオジャパンから発売[21]
2002年5月20日、カノープスから「WinDVD 4 Premium」が発売[22]
2002年12月6日、WinDVD4をベースに、ドルビー・バーチャル・スピーカー機能を追加した「WinDVD DVS」をインタービデオジャパンから発売[23]
2003年4月25日、最上位版「WinDVD 4 Platinum」をインタービデオジャパンから発売[24]
2003年6月27日、リモコンが付属する「WinDVD Platinum リモコン版」をインタービデオジャパンから発売[25]
2003年11月14日、一部機能を削った廉価版「WinDVD Personal」をソースクストから発売[26]
WinDVD 5
2003年7月25日発売[27]
2003年9月5日「WinDVD5 Platinumリモコン版」発売[28]
WinDVD 6
2004年6月18日発売[29]
WinDVD 7
2005年6月24日発売[30]
WinDVD 8
2006年6月30日発売[31]
このバージョンからHD DVDに対応。
2006年11月17日エントリー版「WinDVD 8 Gold」を発売[32]
WinDVD 9
2007年12月25日発売[33]
WinDVD 2010
2009年10月16日発売[34]
このバージョンからHD DVDに非サポート。
Pro版はBD-Liveに対応[35]
WinDVD 11
2011年9月13日、コーレルから発売[36]
2012年12月21日、Windows 8に対応した「sMedio WinDVD 11 for Windows 8」をsMedioから発売[37]
しかし、コーレルとイーフロンティアから発売されたWinDVD 11についてはアップデート等が提供されずWindows 8対応は未定と発表され、ユーザーに混乱を招いた。
2013年6月28日、コーレルとイーフロンティアのWinDVD 11に対して、sMedio WinDVD 11へのアップデートが提供され、Windows 8に対応した[38]ことで、約半年にわたる混乱は終息したが、コーレルのサイトからはsMedio WinDVD 11への無償アップデートが提供されている一方で、sMedioのサイトではコーレルWinDVD 11からの有償アップデートが販売されるという不可解な状態が続いた。
2014年1月17日、イーフロンティアから販売されるパッケージがWindows 8対応版としてリニューアル[39]
2016年6月23日にリリースされたサービス パック 7のアップデートで、コーレルの名義と再び変更になった。
2017年8月23日、sMedioからWinDVD 11をベースに4K再生に対応した「sMedio WinDVD 4K」が発売[40]。sMedioが販売したWinDVD 11の購入者に対しては無償アップデートが提供された。2018年9月末で販売終了。
WinDVD 12
2016年11月9日ダウンロード版発売[41]。パッケージ版は2017年1月20日発売[42]
4KビデオやH.265の再生に対応した。

LinDVD編集

InterVideoは、Linux版にあたる LinDVD英語版を開発し、OEM出荷もしていた[43][44]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Corel、InterVideoを買収”. av.watch.impress.co.jp. 2020年1月19日閲覧。
  2. ^ a b カノープス、ソフトウェアDVD「WinDVD」”. pc.watch.impress.co.jp. 2020年1月20日閲覧。
  3. ^ a b インフォマジック、WinDVD Millenniumを発売”. pc.watch.impress.co.jp. 2020年1月20日閲覧。
  4. ^ インフォマジック、「WinCinema ARENA」をインタービデオに移管”. av.watch.impress.co.jp. 2020年1月20日閲覧。
  5. ^ インタービデオ、販売チャネルを一元化”. av.watch.impress.co.jp. 2020年1月20日閲覧。
  6. ^ 株式会社インプレス (2012年10月4日). “イーフロンティア、Corel製品の国内取扱を開始” (日本語). AV Watch. 2020年1月19日閲覧。
  7. ^ ストリーミングやデジタルメディア再生ソフトウェア開発を手掛けるsMedio、コーレル社とWinDVDの開発・販売ライセンス契約を締結” (日本語). ドリームニュース. 2020年1月19日閲覧。
  8. ^ sMedio WinDVDサポートの移管について|製品サポート|株式会社sMedio”. www.smedio.co.jp. 2020年1月21日閲覧。
  9. ^ 「Corel」の画像・動画編集ソフトなど22製品の国内での独占販売開始のお知らせ”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2020年1月21日閲覧。
  10. ^ Press Info WinDVD”. web.archive.org (2000年1月8日). 2020年1月20日閲覧。
  11. ^ プレスリリース”. web.archive.org (2000年10月12日). 2020年1月20日閲覧。
  12. ^ NEW PRODUCTS TESTREPORT”. pc.watch.impress.co.jp. 2020年1月20日閲覧。
  13. ^ NEW PRODUCTS TESTREPORT”. pc.watch.impress.co.jp. 2020年1月20日閲覧。
  14. ^ カノープス、ドルビーヘッドフォン機能付きソフトDVDプレーヤー”. pc.watch.impress.co.jp. 2020年1月20日閲覧。
  15. ^ インフォマジック、dts対応のリモコン付きDVD再生ソフト”. pc.watch.impress.co.jp. 2020年1月20日閲覧。
  16. ^ カノープス、dtsに対応した「WinDVD 3.0」を5月下旬に発売”. pc.watch.impress.co.jp. 2020年1月20日閲覧。
  17. ^ カノープス、世界初のソフトウェアdtsデコーダを搭載した「WinDVD 3.0」”. av.watch.impress.co.jp. 2020年1月20日閲覧。
  18. ^ NEW PRODUCTS TESTREPORT”. pc.watch.impress.co.jp. 2020年1月20日閲覧。
  19. ^ インフォマジック、バーチャルドルビーデジタル対応の「WinDVD ARENA 2」”. pc.watch.impress.co.jp. 2020年1月20日閲覧。
  20. ^ インタービデオ、再生/サラウンド機能を強化した「WinDVD4」”. pc.watch.impress.co.jp. 2020年1月20日閲覧。
  21. ^ インタービデオ、「WinDVD4」にリモコン同梱版を限定出荷”. av.watch.impress.co.jp. 2020年1月20日閲覧。
  22. ^ カノープス、ドルビーサラウンドEX、DTS-ES対応の「WinDVD 4 Premium」”. av.watch.impress.co.jp. 2020年1月20日閲覧。
  23. ^ インタービデオ、DVS再生機能搭載の「WinDVD DVS」”. av.watch.impress.co.jp. 2020年1月20日閲覧。
  24. ^ インタービデオ、WinDVDの最上位版「WinDVD 4 Platinum」”. av.watch.impress.co.jp. 2020年1月20日閲覧。
  25. ^ インタービデオ、「WinDVD Platinum」のリモコン同梱版を発売”. av.watch.impress.co.jp. 2020年1月20日閲覧。
  26. ^ ソースネクスト、1,980円のDVD再生ソフト「WinDVD Personal」”. av.watch.impress.co.jp. 2020年1月21日閲覧。
  27. ^ インタービデオ、4:3-16:9変換機能を備えた「WinDVD5」”. web.archive.org (2003年8月19日). 2020年1月21日閲覧。
  28. ^ インタービデオ、「WinDVD Platinum 5」のリモコン同梱版”. av.watch.impress.co.jp. 2020年1月21日閲覧。
  29. ^ ASCII. “インタービデオ、“WinDVD”の最新版を発表――WMV-HDやDVD-Audio、デジタル放送を録画したDVDメディアの再生が可能に” (日本語). ASCII.jp. 2020年1月21日閲覧。
  30. ^ ASCII. “インタービデオ、H.264/AVC再生に対応するDVDプレーヤーソフト“WinDVD 7”を発表――ユーザーインターフェースも一新して使いやすく” (日本語). ASCII.jp. 2020年1月21日閲覧。
  31. ^ ASCII. “インタービデオジャパン、次世代光ディスク対応のプレーヤーソフト『WinDVD 8 Platinum』を発売” (日本語). ASCII.jp. 2020年1月21日閲覧。
  32. ^ インタービデオ、DVD再生ソフト「WinDVD 8」のエントリー版「WinDVD 8 Gold」を発売” (日本語). ITmedia PC USER. 2020年1月21日閲覧。
  33. ^ ASCII. “コーレル、BD/HD DVD/DVD再生ソフト「WinDVD 9 Plus」など2製品を発売” (日本語). ASCII.jp. 2020年1月21日閲覧。
  34. ^ コーレル、WinDVDの新バージョン──GPUアップスケールに対応” (日本語). ITmedia PC USER. 2020年1月21日閲覧。
  35. ^ 株式会社インプレス (2009年9月30日). “コーレル、BD/DVDオーサリングソフト「MovieWriter 2010」” (日本語). AV Watch. 2020年2月22日閲覧。
  36. ^ 株式会社インプレス (2011年9月13日). “コーレル、インテルWiDi/Blu-ray 3D対応の「WinDVD 11」” (日本語). AV Watch. 2020年1月21日閲覧。
  37. ^ sMedioより、「WinDVD Pro 11 for Windows 8」、「WinDVD 11 for Windows 8」の販売を開始”. web.archive.org (2013年2月27日). 2020年1月21日閲覧。
  38. ^ WinDVD 11 | イーフロンティア・Corelストア”. web.archive.org (2013年7月16日). 2020年1月21日閲覧。
  39. ^ 株式会社インプレス (2014年1月17日). “イーフロンティア、「WinDVD 11」のWindows 8対応版を発売” (日本語). AV Watch. 2020年1月21日閲覧。
  40. ^ sMedio WinDVD が 4Kビデオファイル再生に新対応|ニュース|株式会社sMedio”. www.smedio.co.jp. 2020年1月21日閲覧。
  41. ^ ASCII. “コーレル、 Blu-ray Disc&DVD再生ソフトウェア最新版を発売” (日本語). ASCII.jp. 2020年1月21日閲覧。
  42. ^ 株式会社インプレス (2017年1月23日). “コーレル、360度動画編集の「Pinnacle Studio 20」、240fps対応「WinDVD 12」など” (日本語). AV Watch. 2020年1月21日閲覧。
  43. ^ ASCII. “LinuxWorld会場レポート――Linuxが腕時計やCrusoe、Itaniumで稼動 (3/5)” (日本語). ASCII.jp. 2020年1月19日閲覧。
  44. ^ LinDVD: Intervideo's DVD Multimedia Software Solution for Linux”. web.archive.org (2007年5月15日). 2020年1月19日閲覧。

外部リンク編集