Windows Phone (ウィンドウズ フォン、略称:WP)とは、マイクロソフトが開発・提供していたスマートフォン向けのモバイルオペレーティングシステム (OS) とハードウェア プラットフォームのシリーズである。Windows Mobile の後継。

Windows Phone
Windows Phone logo
開発者 マイクロソフト
プログラミング言語 C/C++
開発状況 開発終了
ソースモデル クローズドソース
初版 2010年9月1日(9年前) (2010-09-01
最新安定版 8.10.14219.341 (WP8.1) / 2014年12月5日(5年前) (2014-12-05
対象市場 スマートフォン
プラットフォーム ARM
カーネル種別
既定のUI Modern UI
ライセンス プロプライエタリ
先行品 Windows Mobile
後続品 Windows 10 Mobile
ウェブサイト
テンプレートを表示

概要編集

 
au Windows Phone IS12T (CDMA TSI12)

主にエンタープライズビジネス向けと位置づけられていたWindows Mobileとは対照的に、一般消費者向けとして新たに一から作られたモバイル用OS。Windows MobileがWindows PCやExchange Serverと同期をとり、その子機的な機能が主体なのに対し、Windows Phoneは、AndroidGoogleのクラウドとの親和性を重視するのと同様、クラウドとの親和性を重視したつくりとなっている。なお、インターフェイスだけでなくアーキテクチャも一新されたため、Windows Mobileとの互換性はない。そのためWindows MobileやPocket PCWindows CE用に作られたアプリケーションは本OSで利用することができない。

Windows Phone 8以降では、ベースカーネルがWindows CEからWindows NTへ変更され、Windows Phone向けのWindowsランタイム (WinPRT) に対応したほか、Windows Phone 8.1以降では「ユニバーサルWindowsアプリ」に対応し、Windows PhoneストアアプリとWindowsストアアプリのソースコードを共有することができるようになり、プラットフォームの一元化が進められた。Xbox OneアプリやXamarinによるiOS/Android/Macアプリとのコードの共有は、Windows 10 Mobileを含むWindows 10シリーズにて実現されたユニバーサルWindowsプラットフォーム (UWP) および関連移植技術(Windows Bridge)にて対応される予定であった。

Windows Phoneは2011年10月に2011年度 グッドデザイン賞を受賞した[1]。また、その他の賞も複数受賞した。

2014年4月2日に開かれた「Build 2014」では、OEMに対する9インチ未満のスマートフォンとタブレットのライセンス料を無料にすると発表した[2]

イギリスの調査会社Kantar Worldpanelが2013年9月30日に発表した2013年6~8月期のスマートフォン市場調査によると、アメリカ3.0%、イギリス12.0%、フランス10.8%、ドイツ8.8%、イタリア9.5%、スペイン2.2%(欧州5ヶ国では9.2%)のシェアと報じられていた[3]

2013年第1四半期には、BlackBerryを抜いて世界三位の座を奪いとって[4]ノキアの本社があるフィンランドでは39%を越えていたり[5]、世界の24ヶ国でWindows PhoneのシェアがiOS (iPhone) のシェアを超えているなど[6]、健闘していた。

しかし結局AndroidiOSの牙城を崩すことはできずシェアは落ち込み、2017年には0.1%となり、ビル・ゲイツもAndroidを使用していると報じられた[7][8]Windows 10 Mobileによる巻き返しも失敗し、2019年12月10日をもってWindows 10 Mobileのサポートを終了することが発表された[9]

国内機種編集

日本国内では、2011年8月25日KDDIおよび沖縄セルラー電話(各auブランド)より、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ(現 富士通モバイルコミュニケーションズ)製の世界初のWindows Phone 7.5搭載端末「Windows Phone IS12T」が発売された[10][11]。以降、国内ではWindows Phone 端末が発売されない時期が長く続いたが、2015年6月にマウスコンピュータより、いわゆる「SIMフリー」端末としてWindows Phone 8.1を搭載した「MADOSMA Q501」(マドスマ)が発売された[12]。このほか、Windows Phone 8.1と互換性のあるWindows Embedded 8.1 Handheldを採用したFZ-E1がパナソニック株式会社から発売されていた。

歴史編集

発表前は Windows Mobile 7 と噂されていたもので、米マイクロソフトは、2010年2月15日(現地時間)、Mobile World Congress 2010でWindows Mobileの後継OSとなるWindows Phoneを発表。プロジェクトとしては2004年にコードネーム「Photon」として開発を行っていたが途中で挫折[13]2008年にWindows Mobileグループに再編され、再び新しいOSの開発が始まった[14]。計画では2009年にリリース予定だったが、平行して行っていたWindows Mobile 6.5の中間リリースの開発の影響で遅れた[15]

Windows Phone 7編集

 
Windows Phone 7.x ロゴ

2010年2月15日バルセロナ(スペイン)で開催されたMobile World Congress 2010で発表。2010年9月1日に完成。内部OSはWindows Phone OS 7.0。10月21日にヨーロッパ地域・シンガポール・オーストラリア・ニュージーランドで、11月8日にアメリカ・カナダで端末の販売が開始された。ウェブブラウザはInternet Explorer Mobile 7を搭載。Internet Explorer 7Internet Explorer 8の間のバージョンの独自のレンダリングエンジンを使用する。

Windows Phone 7.5編集

2011年9月27日(日本語版は8月25日)に大型アップデートとしてがリリース。同時に内部OSがWindows Phone OS 7.1となった。ウェブブラウザはInternet Explorer Mobile 9へバージョンアップされ、Internet Explorer 9をベースとしたレンタリングエンジンを使用する。HTML5やハードウェアアクセラレーションをサポートしている。アドレスバー下部配置と、ページ表示領域の拡大、横回転中の表示変更などが行われている。2012年にはマイナーアップデート(Tango)が適応され、ハードウェア要件が下げられた。

Windows Phone 7.8編集

2013年2月1日にリリースされた。Windows Phone 8のリリース後であり、Windows Phone 8の一部機能が備わっている。スタート画面のタイルの幅の変更やサイズ変更が可能になったこと、テーマカラーの追加などがあげられる。なお、7.x系のアップデートは7.8以降も繰り返される見込みである[25]が、現在はこれ以降のアップデートは行われていない。

Windows Phone 7.8のサポートは、2014年9月9日までとされているが、のちに10月14日に変更された。[26]。延長サポートは行われなかった。[27]

Windows Phone 8編集

2012年10月29日にリリースされた。内部OSはWindows Phone OS 8.0。このバージョンからWindows NTをベースとしたことでカーネル、ファイルシステム、ネットワークモジュール、マルチメディアモジュールなど、OSの中核要素がWindows 8と共有化され、ドライバやコードの移植性がWindows 8とWindows Phone 8のあいだで劇的に高まっている。これによりWindows NT系とWindows CE系に2分されていたマイクロソフトのOSのコードベースが統一されることになった。また、Windows向けアプリとWindows Phone向けアプリの統合が進められており、より移植性が高くなる共通化・統一化に向けて進んでいる。ベースのカーネルが変更されたため、Windows Phone 7からアップデートすることはできないほか、Windows Phone 8以降用のアプリの場合、Windows Phone 7では使用できない。(Windows Phone 7のアプリはWindows Phone 8以降でも使用できる。)

Windows NTベースのOSになったことで様々な制限がなくなり新機能が追加されている。従来はシングルコアのみの対応だったが、Windows Phone 8では、マルチコアのアプリケーションプロセッサに対応し、スペック上は64コアまでサポートする。また、Update 3以降ではクアッドコアにも対応した。そのほかディスプレイの解像度が、従来はWVGA (800×480) のみだったのに対して、WXGA (1,280×768)、720p (1,280×720)、1080p (1,920×1080) (Update 3以降のみ) が新たにサポートされた。アプリは自動的に端末の解像度に合わせられるため、従来の解像度で作成されたアプリも対応できる。ウェブブラウザはInternet Explorer 10が搭載されている。従来のモバイルOSでは専用のバージョンのウェブブラウザーが搭載されていたが、Windows 8版のIEと共通のレンダリングエンジンを使用することにより、JavaScriptのパフォーマンスアップとHTML5の完全サポートが行われている。その他多数の新機能が盛り込まれている。

General Distribution Releases (GDR) と呼ばれていた大型アップデートが3回行われている。

Windows Phone 8.1編集

2014年4月2日(現地時間)に米国で開催された「BUILD 2014」で発表された大型アップデート。開発者向けには同年2月10日にはリリースされていた。同時に内部OSがWindows Phone OS 8.1となった。

アクションセンターの追加や新しい音量コントロール、Cortana、ワードフロー入力など様々な機能が追加された。また、オンスクリーンボタンのサポートにより以前まで必須だった物理ボタンが任意になったことや、このバージョンからライセンス料が無料になったことなど様々な改善により、Android等からのOEMによる移行が大幅に簡単になっている。

Windows Phone 8よりさらにWindowsとの統合が進み、WindowsランタイムのAPIの多くがサポートされるようになっている。

Windows Phone 8.1のサポートは、2017年7月11日までとされている[26]

Windows 10 Mobile編集

Windows Phoneの後継となるOSデスクトップ版Windows 10とプラットフォームが完全に統一され、Windows 10のエディションのひとつになった。

特徴編集

ユーザーインターフェイス編集

Windows Phoneでは、Zune等で使用されたModern UIが採用された。Modern UIは文字を基調とした単色のデザインで、当時の様々なUIとは見た目や操作性も大きく異なっており、Windows Mobile以前の製品や、iPhoneAndroid等よりも一目で多くの情報が手に入れられるのが特徴。それぞれのHub(後述)では、上部にタイトル文字、項目と続いている。他の多くのOSとは異なり、別の項目へ移動する場合は横スクロールを行うのが特徴。背景色は一部を除いて主に黒と白の2色で、テーマカラーが文字やタイルなどのアクセント色となる。また、これらの背景色やテーマカラーは設定により変更できる。のちにiOSやAndroidでもフラットなデザインが順次適用されたことから、時代を先取りしたともいえる。

ホーム画面(通称:スタート画面)では、タイルを自由に配置させることができ、様々なアプリへのショートカットアイコンとしても機能しつつ、ライブタイルとして、電子メールの未読や不在着信数、さらに、写真のスライドショーや未読メールの内容、予定の確認などがスタート画面で可能になっている。タイルの列は4列または6列より選択できる。マルチタスクに対応しており、戻るボタンの長押しによりタスクスイッチャーが呼び出される。

通知は、画面上部にテーマカラーのバナーが表示される。このほかに、画面上部から下にスワイプすることにより「アクションセンター(通知センター)」が表示される。ここでは、通知一覧のほか、クイックアクションと呼ばれる任意の設定のボタンを表示できる。

テキスト入力編集

スマートフォン向けの組み込みOSとしては世界で初めてフリック入力に対応した。また、IS12Tでは世界初のカーブフリック入力対応日本語入力システムを搭載した。フリック入力で入力できるものに加え、濁点・半濁点・拗音・促音なども一度に簡単に入力できる。顔文字や絵文字専用のボタンが備わっている。設定により、他言語のキーボードを表示させることも可能。単語の入力ミスに対する候補をオフラインで表示できる。また、日本語非対応だが、新しいキーボードとして「Word Flow Keyboard」と呼ばれる、キーボードをタッチしたままスライドすることにより単語が入力できるキーボードが備わっている。

ウェブ ブラウザ編集

それぞれのバージョンに専用のInternet Explorer Mobileが採用されている。最新バージョンは11。デスクトップ版とモバイル版とページ表示を切り替える設定が可能である。マルチタッチやスムーズなページ拡大・縮小をサポートし、ページ内検索機能、ページ共有機能お気に入り機能などが含まれている。お気に入りのページは、スタート画面にピン止めできる。お気に入り、履歴、保存したパスワード、開かれているタブなどをWindows PCと共有することも可能。Windows Mobile時代と比べると操作性や速さ、レイアウトの正確さが格段に上がっている。そのため以前はOpera Browserを一緒に搭載する端末がほとんどだったが、現在ではInternet Explorer Mobileのみで十分使用できる。

Windows版のIEと共通のレンダリングエンジンを使用することにより、JavaScriptのパフォーマンスアップとHTML5の完全サポートが行われている。

検索編集

検索ボタンを押すとどの画面でも専用のBing検索が起動する。PC版のBing検索の背景と同じく毎日違う画像が表示されるようになっている。ウェブ検索と画像検索ではウェブブラウザーは起動せずアプリで検索でき、リンクをタップすることで自動起動する仕組みとなっている。テキスト入力に加えて音声による検索が可能である(日本は未対応)。音声入力はマイクロソフトのTellMeが使用される。QRコードリーダーやバーコードリーダー、テキストリーダー機能もこの検索画面に備え付けられている。また、位置情報を入手して周辺の店舗を簡単に探すこともできる。

なお、Cortana(後述)をオンにしている場合は、検索ボタンを押しても起動せずCortanaが起動する。

電子メール編集

Microsoft OutlookWindows Live HotmailYahoo!メールGmailiCloudExchangeなどに標準対応している。設定をすることでPOPおよびIMAPプロトコルのほぼすべてのメールサービスを利用することができる。また、これらの複数のメールサービスの受信トレイを、選択して結合し、一度に閲覧することも可能。

Hub編集

それぞれの目的そのものに Hub と呼ばれるグループで分けられ、従来のスタート画面から目的をするためのアプリを選んで目的をするという動作ではなく、目的そのものからアプリを選択するような操作となる。Windows Phoneではスタート画面に単色で塗りつぶされたライブタイルも新たに導入。アプリケーションやインターネットのページをピン止めすることも可能。その他、電話の着信数や電子メール受信数などの数の情報や、プロファイル、People Hubなどのサムネイル写真をスタート画面に表示させることができる。近年Windows Phone 8.1世代になってから、従来OSの機能として提供されていた各種Hub機能が、アプリケーション化された。これはOSのライフサイクルよりも短い周期で新機能アップデートを行うためである。

People Hub編集

People Hubはアドレス帳の事であるが、SNSのFriend Listのような機能を持ち合わせる。標準で、FacebookWindows LiveGmailYahoo!メールTwitterLinkedInなどをWindows Phoneと結合できる。重複する連絡先の結合や、人物から目的を達成させる操作も可能。Me Hubからはまとめて閲覧したり、複数のソーシャルサービスへ同時投稿なども可能に。

Xbox Music と Xbox Video編集

同社の携帯音楽プレーヤー Zune HD に相当する機能が統合されている。音楽・動画・ポッドキャストを扱い、アーティストの情報や写真を表示することも可能である。PC側のZune Softwareで、コンテンツを端末に同期して利用する。Microsoft OneDriveから直接ストリーミング再生できる。また、アーティスト情報から、所有していないアルバムの閲覧、試聴、購買ができる。iTunesのGeniusのような類似楽曲推薦機能(ジュークボックス)に、Windows PCとWindows Phoneの双方で対応している。

Pictures Hub編集

端末カメラで撮った写真やWindows PCと同期した写真、OneDrive、Facebookのアルバムの写真などを統合して管理できる。また、共有をタップすることにより、ソーシャルネットワーク上に直接投稿することも可能である。ライブタイルにはランダムで画像が切り替わっていく。ライブタイルに表示される画像は選択することもできる。

Office Hub編集

Windows PhoneはMicrosoft Officeを統合しており、Office Hubでは WordExcelPowerPointOneNoteSharePoint Workspaceの編集と表示を行うことができる。同社の製品なだけあって、完成度が高く、他のスマートフォンと比較しても最も再現率が高い。メールによる転送、SharePointサーバー、Office 365、OneDrive経由でアクセス可能。

Store Hub編集

 
Windows Phone Store ロゴ

ここに、すべてのアプリ・ゲーム・音楽の購入やダウンロードなどが統合されている。Windows Phoneでは、悪意のあるアプリケーションのダウンロードを防ぐため、アプリケーションの配布・導入が法人機を除きWindows Phoneストア経由のみに制限されており、それ以外の場所からアプリケーションは導入することができない[29]。また、Xbox Liveのゲームをここからダウンロードができ、アバター、フレンドリスト、対戦などの Xbox Live のコミュニティー機能も利用できる。音楽の購入は音楽配信サイトサービスであるXbox Musicから行う。ポッドキャストにも対応する。2014年7月の時点でアプリの数が27万本を越している。このペースはAndroidのアプリをダウンロードするGoogleGoogle Playよりも早い[30]

Cortana編集

秘書機能アプリケーションソフトウェア自然言語処理を用いて、質問に答える、推薦、Webサービスの利用などを行う。Google NowSiriの機能を足したようなアプリケーションで、現在はほとんどの国で使用可能である。

アプリケーション開発環境編集

Windows Phone 7.x編集

開発ツールは Visual Studio 2010 Express for Windows Phone、Windows Phone Emulator、XNA Game Studio 4.0、Expression Blend for Windows Phone を含んだ無料で提供される Windows Phone SDK を利用する[31]。開発言語は C#Visual Basic が採用されている。Visual Basic は Windows Phone OS 7.1 対応以前の開発環境では Visual Studio 2010 Professional が必要だった。

Windows Phone 7.xではネイティブ コードの実行を許可しておらず[32]、アプリケーションの実行環境として Silverlight for Windows PhoneXNA Framework 4.0 を採用する。Silverlight for Windows Phone はデスクトップ版と同じランタイム、基本クラスライブラリを備えた Silverlight をベースに携帯端末向けにパフォーマンスの調整・システムとの統合の強化・加速度計・GPS・電話機能等を利用するための API の追加等を施したものである。Windows Phone OS 7.0 では Silverlight 3 が、Windows Phone OS 7.1 では Silverlight 4 が採用される。

Windows Phone 8.0編集

Windows Phone 8.0での開発はWindows Phone SDK 8.0を利用する。

Windows Phone SDK 8.0は、Microsoft Visual Studio Express 2012 for Windows Phoneを含んでいる。Windows Phone 8.0だけでなくWindows Phone 7.1の開発もサポートしている。

エミュレーターを使用するには、Hyper-Vが必要である。

Windows Phone 8.1編集

Windows Phone 8.1での開発はWindows Phone SDK 8.1を利用する。

Windows Phone SDK 8.1は、Visual Studio Express 2013 for Windowsを含んでいる。Windows Phone 8.1だけではなく、Windows Phone 8.0の開発もサポートしている。Windows Phone 8.1より「ユニバーサルWindowsアプリ」の概念が導入されたため、Windowsの開発環境も兼ねる。

エミュレーターを使用するには、Hyper-Vが必要である。

Windows Phone 8.xでは、Windows App Studioを利用して開発することも可能である。

審査編集

開発したアプリを公開する前にはマイクロソフトが提示する Windows Phone アプリの認定要件やテストが行われる。一連の審査が行われた後、アプリはマイクロソフトによってデジタル署名が付与される。開発者は、Windowsデベロッパーセンターにて開発者アカウントを開設する必要があり、初回登録時に個人開発者は1,847円、法人は9,800円の登録料が必要である。(2015年1月現在、2014年10月より開始されたDev Center ベネフィット[33]に登録することで、初期費用および日本語によるサポートを無料で受けることが可能。)

2013年11月にWindowsストアとWindows Phoneストアのアカウントが統合されたため、開発者はWindowsストアにもアプリを提出できる。2014年9月には年間の更新費用が無償化されている。

Windows Phoneストア開始当初時は、開発者は、サポートやリソースなどが付属した年間 9,800 円(税込)のサブスクリプションを購読する必要があった。

ハードウェア編集

ハードウェア要件編集

Windows Phone 8.1のハードウェア要件
CPU Qualcomm Snapdragon S4 デュアルコアプロセッサ / Qualcomm Snapdragon 200/400/800 クアッドコアプロセッサ
GPU DirectX 9 互換
記憶装置 WVGAは512MB以上のRAM / 1080pと720p、WXGAは1GB以上のRAM と4GB以上のフラッシュメモリ
ディスプレイ 最低、静電式4ポイント認識の画面解像度800×480(WVGA)、WXGA(1,280×768)、720P(1,280×720)、1080p (1,920×1080)ディスプレイ

Update1以降は以下もサポートする。[34]

FWVGA(854×480)、qHD(960×540)、WXGA(1,280x800)

センサー 加速度センサーGPSA-GPSコンパス、照度センサー、近接センサー。オプションで磁力計、ジャイロスコープ、GLONASS
カメラ LEDフラッシュ、またはキセノンフラッシュ付きのAF背面カメラ。オプションでVGA以上の前面カメラ
マルチメディア 3.5 mmステレオヘッドフォンジャック、Micro-USBポート、Bluetooth、802.11b/g。オプションで802.11n

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ グッドデザインファインダー「2011年度 グッドデザイン賞 受賞」
  2. ^ Microsoft making Windows free on devices with screens under 9 inches
  3. ^ “「Windows Phone」のシェア、欧州で過去最高の9.2%に、2013年6~8月期 ”. ITPro. (2013年10月1日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20131001/507842/ 2013年10月1日閲覧。 
  4. ^ Android and iOS Combine for 92.3% of All Smartphone Operating System Shipments in the First Quarter While Windows Phone Leapfrogs BlackBerry, According to IDC
  5. ^ As Windows Phone market share hits 39% in Finland Miradore brings its free Mobile Device Management solution to Windows Phone
  6. ^ Microsoft claims Windows Phone dominance over iPhone in 24 countries
  7. ^ Microsoft、Windows Phone 7.5/8をさらに死へと追い込む | ギズモード・ジャパン
  8. ^ ビル・ゲイツ、Androidスマホを手にする。iPhoneは依然使わず | ギズモード・ジャパン
  9. ^ 「Windows 10 Mobile」12月10日にサポート終了「AndroidまたはiOSへの移行をお勧め」とMicrosoft - ITmedia NEWS
  10. ^ KDDIがウィンドウズフォン7搭載機種 日本初登場 富士通東芝モバイル製”. 日本経済新聞 (2011年7月16日). 2011年7月16日閲覧。
  11. ^ 秋葉原と有楽町で発売記念セレモニー:Windows Phone IS12T発売、「全力で巻き返しを図りたい」――MS樋口氏”. ITmedia +Dモバイル (2011年8月25日). 2011年8月25日閲覧。
  12. ^ Windows Phone 8.1搭載「MADOSMA Q501」、6月18日発売(ケータイWatch)”. 株式会社インプレス (2015年6月2日). 2015年6月2日閲覧。
  13. ^ Herrman, John (2010年2月25日). “What Windows Phone 7 Could Have Been”. Gizmodo. Gawker Media. 2010年6月5日閲覧。
  14. ^ Miniman, Brandon (2010年2月17日). “Thoughts on Windows Phone 7 Series (BTW: Photon is Dead)”. Pocketnow. 2010年6月5日閲覧。
  15. ^ Steve Ballmer wishes Windows Mobile 7 had already launched, but they screwed up”. MobileTechWorld (2009年9月24日). 2012年7月21日閲覧。
  16. ^ Michael Stroh (2011年2月21日). “Our first Windows Phone update—and how to get it” (英語). Windows Phone Blog. 2011年5月15日閲覧。
  17. ^ a b c Windows Phone 7 更新履歴” (日本語). 2016年5月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月22日閲覧。
  18. ^ Eric Hautala (2011年3月23日). ““Copy and paste” update status” (英語). Windows Phone Blog. 2013年5月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月15日閲覧。
  19. ^ Paul Thurrott (2011年1月4日). “What’s happening with Windows Phone updates in 2011” (英語). Windows Phone Secrets. 2013年6月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年4月2日閲覧。
  20. ^ Eric Hautala (2011年5月3日). “Latest update news” (英語). Windows Phone Blog. 2012年7月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月15日閲覧。
  21. ^ FishIE Tank
  22. ^ MIX11 Day 2 Keynotes (英語)
  23. ^ HTML5 Speed Reading
  24. ^ Eric Hautala (2011年11月17日). “Updates: Now delivering to Samsung Focus 1.4” (英語). Windows Phone Blog. 2012年8月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年11月18日閲覧。
  25. ^ Windows Phone 7.8 werden weitere Updates folgen – Das Windows Phone Magazin”. WParea.de (2012年11月17日). 2013年1月21日閲覧。
  26. ^ a b マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル Windows Phone
  27. ^ Microsoft to end Windows Phone 7.8 and 8 support in 2014” (英語) (2013年3月18日). 2013年5月9日閲覧。
  28. ^ a b 端末および販売キャリアによって異なる。
  29. ^ Windows Phoneシリーズ、アプリ入手はマーケットプレースのみ
  30. ^ Microsoft : Now 270,000 apps in the Windows Phone Store”. WMPoweruser (2014年7月14日). 2014年7月31日閲覧。
  31. ^ “Windows Phone”の無償開発環境「Windows Phone Developer Tools」が正式公開
  32. ^ Windows Phone OS can't run native code
  33. ^ Dev Center ベネフィット|MSDN
  34. ^ Display | Windows Phone Hardware Development

外部リンク編集