メインメニューを開く

Words of 雪之丞』(ワーズ オブ ゆきのじょう)は、作詞家・森雪之丞トリビュート・アルバム2006年4月26日ビクタースピードスターから発売。

Words of 雪之丞
Various Artistsトリビュート・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ビクタースピードスター
プロデュース 谷中敦(トータル・プロデューサー)
チャート最高順位
テンプレートを表示

解説編集

森雪之丞が所属する事務所アミューズの後輩であるポルノグラフィティをはじめ、CHEMISTRY柴咲コウら超大物アーティスト10組が参加。

東京スカパラダイスオーケストラ谷中敦をプロデューサーに迎えての制作となった。

ボーナストラックとして、森がかつて組んでいたバンド「南無」の音源を収録。

収録曲編集

表記は「曲名 / カバーアーティスト」の形である。タイアップは原曲のもの。

  1. POISON / ポルノグラフィティ
    森は、トリビュートの企画が持ち上がった時、真っ先に「POISON」をポルノグラフィティが歌っている絵が浮かんだという[2]
  2. 遊びにきてね / 柴咲コウ meets sugiurumun
    音楽の中でシュールな世界観をどこまで構築できるかという挑戦的な歌詞をリメイクできるのは、圧倒的な“個”でありながら、“世界すべて”にも成り得る女神、柴咲コウしかいないと思ったと語っている[3]
  3. EYES LOVE YOU / SONIC STORAGE feat. KOHSHI from FLOW
    • 原曲:hide(1993年)
    SONIC STRORAGEは、I.N.A、KAZのユニット。
  4. 月の舟 / CHEMISTRY
  5. 青空 / RYOJI from ケツメイシ feat. 高橋幸宏
    • 原曲:高橋幸宏(1994年)
  6. 悲しみよこんにちは / つじあやの
    ウクレレだけをバックに、つじあやのが可憐に歌いあげるヴァージョン[4]
  7. 天使の遺言 / 斉藤和義
    本作の中で、唯一シングルとしてリリースされていない[5]
    森が多大な影響を受けたバンド「ジャックス」のボーカル「早川義夫」がソロ活動に復帰したあと、詞を依頼され感激と緊張と興奮の中で書きあげた[5]
  8. 君たちキゥイ・パパイア・マンゴーだね / BONNIE PINK meets Mansfield
  9. 愛をちょうだい / Fever The Quarter (shogo from 175R & takuya from ROBOTS)
  10. ダイヤモンド・ダスト / 大黒摩季
    フジテレビ系ドラマ「氷の世界」主題歌。
  11. 熟したトマト / 南無
    • ボーナストラック(1971年 自主制作)
    1971年、17歳の森がバンド「南無」のボーカリストとして初レコーディングした曲。コンパクト盤レコードで100枚のみ自費制作した森雪之丞の原点ともいうべき音源。

脚注編集

  1. ^ a b you大樹”. Oricon. 2015年6月30日閲覧。 (subscription only)
  2. ^ 森雪之丞 (2006年). “Self Liner Notes Track.01「POISON」”. 森雪之丞自身によるSelf Liner Notes. SPEEDSTAR RECORDS. 2012年4月14日閲覧。
  3. ^ 森雪之丞 (2006年). “Self Liner Notes Track.02「遊びにきてね」”. 森雪之丞自身によるSelf Liner Notes. SPEEDSTAR RECORDS. 2012年4月14日閲覧。
  4. ^ 森雪之丞 (2006年). “Self Liner Notes Track.06「悲しみよこんにちは」”. 森雪之丞自身によるSelf Liner Notes. SPEEDSTAR RECORDS. 2012年4月14日閲覧。
  5. ^ a b 森雪之丞 (2006年). “Self Liner Notes Track.07「天使の遺言」”. 森雪之丞自身によるSelf Liner Notes. SPEEDSTAR RECORDS. 2012年4月14日閲覧。

外部リンク編集

Words of 雪之丞 オフィシャルホームページ - Victor Entertainment内の特設ページ