メインメニューを開く

World Boxing Super Series

プロボクシングのトーナメント大会

創設メンバー編集

Comosa社(Comosa社は2017年3月に下記メンバーにより設立されたイベントプロモーター会社[1]。設立時の拠点はチューリッヒ[2]。)

参加資格編集

WBAWBCIBFWBOのいずれかの世界王者、または、世界ランキング15位以内のもの。

ジャッジ編集

World Boxing Super Seriesでは3人の公式ジャッジに特別ルールで4人目のジャッジが加えられ、3人の公式ジャッジの採点が引き分けになった場合や、試合結果が無効試合や無判定試合になった場合に、この4人目のジャッジの採点が採用される[6]

表彰編集

優勝者にはトロフィーモハメド・アリ杯と優勝賞金が授与される。またWBCからダイヤモンドベルトも授与される[7]

財政問題編集

第2シーズンで、ファイトマネーの遅配や主催者対応の遅さからイバン・バランチェクがトーナメント撤退を表明、レジス・プログレイスもトーナメント撤退を示唆し、資金難によるトーナメント継続危機報道もされた[8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19]。またそのためか、予定より試合日程の遅れが目立ち、試合が決まらない不信感からノニト・ドネアもトーナメント撤退を示唆した[20][21]

2019年8月にプログレイスが正式にトーナメント撤退を表明し、主催のComosa社をアメリカの連邦裁判所に試合報酬の未払い等で提訴した[22]。その後両陣営が歩み寄りプログレイス陣営は訴訟を取り下げた[23]

第1シーズン編集

第1シーズンは2017年9月に始まり、クルーザー級スーパーミドル級で開催され、2018年9月までに終了した。

優勝賞金は1000万米ドルで、2階級合わせて賞金総額5000万米ドルの大会[24][25]

クルーザー級 (第1回)編集

2017年7月8日にモンテカルロで開催されたトーナメント組み合わせ発表会で、主催者により選ばれたシード選手のオレクサンドル・ウシク、マイリス・ブリエディス、ユニエル・ドルティコスがそれぞれ対戦相手を選んで、トーナメント一回戦の組み合わせが決定した。 ムラト・ガシエフとクシシュトフ・ヴウォダルチクのIBFの指名試合がトーナメント一回戦に組み込まれた[26][27]

参加選手編集

トーナメント開始時参加選手

※はトーナメント参加時の戦績と世界王座

名前 戦績(※) 世界王座(※)
  オレクサンドル・ウシク 12戦 12勝 (10KO) 無敗 WBO世界クルーザー級王者
  ムラト・ガシエフ 24戦 23勝 (17KO) 無敗 1無効試合 IBF世界クルーザー級王者
  マイリス・ブリエディス 22戦 22勝 (18KO) 無敗 WBC世界クルーザー級王者
  クシシュトフ・ヴウォダルチク 57戦 53勝 (37KO) 3敗 1分
  ユニエル・ドルティコス 21戦 21勝 (20KO) 無敗 WBA世界クルーザー級正規王者
  マルコ・フック 45戦 40勝 (27KO) 4敗 1分
  ディミトリー・クドリャショフ 22戦 21勝 (21KO) 1敗
  マイク・ペレス 25戦 22勝 (14KO) 2敗 1分

一回戦編集

日時 勝者 試合結果 敗者 開催地 タイトル
2017年9月9日   オレクサンドル・ウシク 10R 2:18 TKO   マルコ・フック   ドイツ ベルリンマックス・シュメリング・ハレ WBO世界クルーザー級タイトルマッチ[28][29]
2017年9月23日   ユニエル・ドルティコス 2R 2:10 TKO   ディミトリー・クドリャショフ   アメリカ合衆国 テキサス州サンアントニオアラモドーム WBA世界クルーザー級タイトルマッチ[30][31][32]
2017年9月30日   マイリス・ブリエディス 12R 判定3-0   マイク・ペレス   ラトビア リガアリーナ・リガ WBC世界クルーザー級タイトルマッチ[33][34]
2017年10月21日   ムラト・ガシエフ 3R 1:57 KO   クシシュトフ・ヴウォダルチク   アメリカ合衆国 ニュージャージー州ニューアークプルデンシャル・センター IBF世界クルーザータイトルマッチ[35][36]

準決勝編集

日時 勝者 試合結果 敗者 開催地 タイトル
2018年1月27日   オレクサンドル・ウシク 12R 判定2-0   マイリス・ブリエディス   ラトビア リガアリーナ・リガ WBC・WBO世界クルーザー級王座統一戦[37][38]
2018年2月3日   ムラト・ガシエフ 12R 2:52 TKO   ユニエル・ドルティコス   ロシア ソチボリショイ・アイス・ドーム WBA・IBF世界クルーザー級王座統一戦[39][40][41]

決勝編集

日時 勝者 試合結果 敗者 開催地 タイトル
2018年7月21日   オレクサンドル・ウシク 12R 判定3-0   ムラト・ガシエフ   ロシア モスクワオリンピック・スタジアム WBA・WBC・IBF・WBO世界クルーザー級王座統一戦[42]

トーナメント表編集

  一回戦
2017年9月9日(ベルリンマックス・シュメリング・ハレ
9月23日(サンアントニオアラモドーム
9月30日(リガアリーナ・リガ
10月21日(ニューアークプルデンシャル・センター
準決勝
2018年1月27日(アリーナ・リガ)
2月3日(ソチボリショイ・アイス・ドーム
決勝戦
7月21日(モスクワオリンピック・スタジアム
                           
TKO
10R 2:18
オレクサンドル・ウシク
判定2-0
マイリス・ブリエディス
12R
判定3-0
  12R
 
オレクサンドル・ウシク
判定3-0
ムラト・ガシエフ
12R
  KO
3R 1:57
ムラト・ガシエフ
KO
ユニエル・ドルティコス
12R 2:52
KO
ディミトリー・クドリャショフ
2R 2:10

スーパーミドル級編集

2017年7月8日にモンテカルロで開催されたトーナメント組み合わせ発表会で、主催者により選ばれたシード選手のジョージ・グローブス、カラム・スミス、クリス・ユーバンク・ジュニア、ユルゲン・ブリーマーがそれぞれ対戦相手を選んで、トーナメント一回戦の組み合わせが決定した。

参加選手編集

トーナメント開始時参加選手

※はトーナメント参加時の戦績と世界王座

名前 戦績(※) 世界王座(※)
  ジョージ・グローブス 29戦 26勝 (19KO) 3敗 WBA世界スーパーミドル級スーパー王者
  クリス・ユーバンク・ジュニア 26戦 25勝 (19KO) 1敗 IBO世界スーパーミドル級王者
  カラム・スミス 22戦 22勝 (17KO) 無敗
  ユルゲン・ブリーマー 51戦 48勝 (35KO) 3敗
  ロブ・ブラント 22戦 22勝 (15KO) 無敗
  ジェイミー・コックス 24戦 24勝 (13KO) 無敗
  アブニ・イルディリム 16戦 16勝 (10KO) 無敗
  エリック・スコーグランド 26戦 26勝 (12KO) 無敗

中途参加選手

(※はトーナメント参加時の戦績)

名前 戦績(※) 補足
  ニキー・ホルツケン 13戦 13勝 (10KO) 無敗 ユルゲン・ブリーマーの替わり

一回戦編集

日時 勝者 試合結果 敗者 開催地 タイトル
2017年9月16日   カラム・スミス 12R 判定3-0   エリック・スコーグランド   イギリス リヴァプールエコー・アリーナ・リヴァプール WBC世界スーパーミドル級ダイヤモンド王座決定戦
2017年10月7日   クリス・ユーバンク・ジュニア 3R 1:58 KO   アブニ・イルディリム   ドイツ シュトゥットガルトハンス=マルティン・シュライヤー・ハレ IBO世界世界スーパーミドル級タイトルマッチ[43][44]
2017年10月14日   ジョージ・グローブス 4R 1:42 KO   ジェイミー・コックス   イギリス ロンドンSSEアリーナ・ウェンブリー WBAスーパー世界スーパーミドル級タイトルマッチ[45][46][47]
2017年10月27日   ユルゲン・ブリーマー 12R 判定3-0   ロブ・ブラント   ドイツ シュヴェリーンシュポルト・ウント・コングレスハレ [48][49]

準決勝編集

※ブリーマーがインフルエンザを罹患し離脱、替わりの選手としてニキー・ホルツケンが参加する[50][51]

日時 勝者 試合結果 敗者 開催地 タイトル
2018年2月17日   ジョージ・グローブス 12R 判定3-0   クリス・ユーバンク・ジュニア   イギリス マンチェスターマンチェスター・アリーナ WBAスーパー・IBO世界スーパーミドル級王座統一戦[52][53][54]
2018年2月24日   カラム・スミス 12R 判定3-0   ニキー・ホルツケン   ドイツ ニュルンベルクアレーナ・ニュルンベルク・フェアズィッヒェルング WBC世界スーパーミドル級ダイヤモンドタイトルマッチ[55][56]

決勝編集

日時 勝者 試合結果 敗者 開催地 タイトル
2018年9月29日   カラム・スミス 7R 2:04 KO   ジョージ・グローブス   サウジアラビア ジッダキング・アブドゥッラー・スポーツシティ WBA世界スーパーミドル級タイトルマッチ[57]

トーナメント表編集

  一回戦
2017年9月16日(リヴァプールエコー・アリーナ・リヴァプール
10月7日(シュトゥットガルトハンス=マルティン・シュライヤー・ハレ
10月14日(ロンドンSSEアリーナ・ウェンブリー
10月27日(シュヴェリーンシュポルト・ウント・コングレスハレ
準決勝
2018年2月17日(マンチェスターマンチェスター・アリーナ
2月24日(ニュルンベルクアレーナ・ニュルンベルク・フェアズィッヒェルング
決勝戦
9月29日(ジッダキング・アブドゥッラー・スポーツシティ
                           
KO
ジェイミー・コックス
4R 2:18
ジョージ・グローブス
判定3-0
クリス・ユーバンク・ジュニア
12R
3R 1:58
 
アブニ・イルディリム
KO
 
ジョージ・グローブス
KO
カラム・スミス
7R 2:04
 
エリック・スコーグランド
判定3-0
12R
カラム・スミス
判定3-0
12R
判定3-0
ロブ・ブラント
12R

第2シーズン編集

第2シーズンはスーパーライト級バンタム級[58]、第1シーズンに続いてクルーザー級が開催されることとなった。

主催のComosa社からは優勝賞金や試合報酬の公式な発表はないが、出場選手のレジス・プログレイスが金銭問題が生じたことでComosa社に対して起こした訴訟から、1回戦がファイトマネー50万ドルと勝利ボーナス50万ドルの報酬、準決勝がファイトマネー50万ドルと勝利ボーナス60万ドルの報酬、決勝がファイトマネー70万ドルと勝利ボーナス130万ドルの報酬であったことが明らかになっている[59]

スーパーライト級編集

2018年7月20日、ロシア・モスクワで組み合わせ発表会が開催され、主催者が2人のシード選手を決めて、第一シードのレジス・プログレイスがテリー・フラナガン、第二シードのジョシュ・テイラーが残りのライアン・マーティンを対戦相手に選んでトーナメント一回戦の組み合わせが決定した[60]。他にキリル・レリクとエドゥアルド・トロヤノフスキーのWBAの指名試合、イバン・バランチェクとアンソニー・イギットのIBF同級王座決定戦がトーナメント一回戦に組み込まれた[61][62]

参加選手編集

トーナメント開始時参加選手

※はトーナメント参加時の戦績と世界王座

名前 戦績(※) 世界王座(※)
  レジス・プログレイス 22戦 22勝 (19KO) 無敗 WBC世界スーパーライト級暫定王者
  ジョシュ・テイラー 13戦 13勝 (11KO) 無敗
  キリル・レリク 24戦 22勝 (19KO) 2敗 WBA世界スーパーライト級王者
  エドゥアルド・トロヤノフスキー 28戦 27勝 (24KO) 1敗
  イバン・バランチェク 18戦 18勝 (11KO) 無敗
  ライアン・マーティン 22戦 22勝 (12KO) 無敗
  テリー・フラナガン 33戦 32勝 (13KO) 1敗
  アンソニー・イギット 22戦 21勝 (7KO) 無敗 1分

一回戦編集

日時 勝者 試合結果 敗者 開催地 タイトル
2018年10月7日   キリル・レリク 12R 判定3-0   エドゥアルド・トロヤノフスキー   日本 横浜アリーナ WBA世界スーパーライト級タイトルマッチ[63]
2018年10月27日   レジス・プログレイス 12R 判定3-0   テリー・フラナガン   アメリカ合衆国 ニューオーリンズレイクフロント・アリーナ
2018年10月27日   イバン・バランチェク 7R 終了 TKO   アンソニー・イギット   アメリカ合衆国 ニューオーリンズレイクフロント・アリーナ IBF世界スーパーライト級王座決定戦[64]
2018年11月3日   ジョシュ・テイラー 7R 2:21 TKO   ライアン・マーティン   イギリス グラスゴーThe SSE Hydro

準決勝編集

日時 勝者 試合結果 敗者 開催地 タイトル
2019年4月27日   レジス・プログレイス 6R 1:36 TKO   キリル・レリク   アメリカ合衆国 ラファイエット・ケイジャン・ドーム WBA世界スーパーライト級タイトルマッチ
2019年5月18日   ジョシュ・テイラー 12R 判定3-0   イバン・バランチェク   イギリス グラスゴーThe SSE Hydro IBF世界スーパーライト級タイトルマッチ[65]

決勝編集

日時 勝者 試合結果 敗者 開催地 タイトル
2019年10月26日   ジョシュ・テイラー 12R 判定2-0   レジス・プログレイス   イギリス ロンドンO2アリーナ WBA・IBF世界スーパーライト級王座統一戦[66]

トーナメント表編集

  一回戦
2018年10月7日(横浜市横浜アリーナ
10月27日(ニューオーリンズレイクフロント・アリーナ
11月3日(グラスゴーThe SSE Hydro
準決勝戦
2019年4月27日(ラファイエット・ケイジャン・ドーム)
5月18日(The SSE Hydro)
決勝戦
2019年10月26日(ロンドンO2アリーナ
                           
12R
判定3-0
レジス・プログレイス
TKO
キリル・レリク
6R 1:36
12R
  判定3-0
 
レジス・プログレイス
12R
ジョシュ・テイラー
判定2-0
  TKO
ライアン・マーティン
7R 2:21
ジョシュ・テイラー
12R
イバン・バランチェク
判定3-0
イバン・バランチェク
TKO
アンソニー・イギット
7R 終了

バンタム級編集

2018年5月9日、イギリス・ロンドンで記者会見が開かれ、WBAスーパー王者ライアン・バーネット、WBO王者ゾラニ・テテ、IBF王者エマヌエル・ロドリゲスの出場が発表された[67][68]。 同年7月1日にジェイソン・モロニーが出場し、IBF王者のエマヌエル・ロドリゲスとの指名試合をトーナメント一回戦で行うことが発表された[69][70]。5日には5階級制覇王者のノニト・ドネア[71]、9日にはファン・カルロス・パヤノ[72][73]、11日にはWBAレギュラー王者井上尚弥[74][75]、17日にはミーシャ・アロイヤンの出場がそれぞれ発表された[76]

2018年7月20日、ロシア・モスクワで組み合わせ発表会が開催され、主催者が3人のシード選手を決めて、第一シードのライアン・バーネットがノニト・ドネア、第二シードの井上尚弥がファン・カルロス・パヤノ、第三シードのゾラニ・テテが残りのミーシャ・アロイヤンを対戦相手に選んでトーナメント一回戦の組み合わせが決定した[60]。他にエマヌエル・ロドリゲスとジェイソン・モロニーのIBFの指名試合がトーナメント一回戦に組み込まれた[61]

参加選手編集

トーナメント開始時参加選手

※はトーナメント参加時の戦績と世界王座

名前 戦績(※) 世界王座(※)
  井上尚弥 16戦 16勝 (14KO) 無敗 WBA世界バンタム級レギュラー王者
  ライアン・バーネット 19戦 19勝 (09KO) 無敗 WBA世界バンタム級スーパー王者
  ゾラニ・テテ 30戦 27勝 (21KO) 3敗 WBO世界バンタム級王者
  ファン・カルロス・パヤノ 21戦 20勝 (09KO) 1敗
  エマヌエル・ロドリゲス 18戦 18勝 (12KO) 無敗 IBF世界バンタム級王者
  ミーシャ・アロイヤン 4戦 4勝 (0KO) 無敗
  ノニト・ドネア 43戦 38勝 (24KO) 5敗
  ジェイソン・モロニー 17戦 17勝 (14KO) 無敗

中途参加選手

(※はトーナメント参加時の戦績)

名前 戦績(※) 補足
  ステフォン・ヤング 22戦 18勝 (7KO) 1敗 3分 ゾラニ・テテの替わり

一回戦編集

日時 勝者 試合結果 敗者 開催地 タイトル
2018年10月7日   井上尚弥 1R 1:10 KO   ファン・カルロス・パヤノ   日本 横浜アリーナ WBA世界バンタム級タイトルマッチ[77]
2018年10月13日   ゾラニ・テテ 12R 判定3-0   ミーシャ・アロイヤン   ロシア エカテリンブルク・エカテリンブルク・エクスポ WBO世界バンタム級タイトルマッチ[78]
2018年10月20日   エマヌエル・ロドリゲス 12R 判定2-1   ジェイソン・モロニー   アメリカ合衆国 オーランドCFE・アリーナ IBF世界バンタム級タイトルマッチ[79]
2018年11月3日   ノニト・ドネア 4R 終了 TKO   ライアン・バーネット   イギリス グラスゴーThe SSE Hydro WBAスーパー・世界バンタム級タイトルマッチ[80]

準決勝編集

※テテが肩を故障し離脱、替わりの選手としてステフォン・ヤングが参加する[81]

日時 勝者 試合結果 敗者 開催地 タイトル
2019年4月27日   ノニト・ドネア 6R 2:37 KO   ステフォン・ヤング   アメリカ合衆国 ラファイエット・ケイジャン・ドーム WBA世界スーパー・世界バンタム級タイトルマッチ[82]
2019年5月18日   井上尚弥 2R 1:19 KO   エマヌエル・ロドリゲス   イギリス グラスゴーThe SSE Hydro IBF世界バンタム級タイトルマッチ[83]

決勝編集

日時 勝者 試合結果 敗者 開催地 タイトル
2019年11月7日   井上尚弥 12R 判定3-0   ノニト・ドネア   日本 さいたまスーパーアリーナ WBA・IBF世界バンタム級王座統一戦[84]

トーナメント表編集

  一回戦
2018年10月7日(横浜市横浜アリーナ
10月13日(エカテリンブルク・エカテリンブルク・エクスポ)
10月20日(オーランドCFE・アリーナ
11月3日(グラスゴーThe SSE Hydro
準決勝戦
2019年4月27日(ラファイエット・ケイジャン・ドーム)
5月18日(The SSE Hydro)
決勝戦
2019年11月7日(さいたま市さいたまスーパーアリーナ
                           
4R 終了
TKO
ノニト・ドネア
KO
ステフォン・ヤング
6R 2:37
12R
 
ミーシャ・アロイヤン
判定3-0
 
ノニト・ドネア
12R
井上尚弥
判定3-0
  KO
1R 1:10
井上尚弥
KO
エマヌエル・ロドリゲス
2R 1:19
12R
ジェイソン・モロニー
判定2-1

クルーザー級(第2回)編集

2018年8月21日、第2回目のクルーザー級トーナメントが開催されることが発表された[85][86]

2018年8月29日、組み合わせ発表会は開催せず、8人の出場選手と試合組み合わせが同時に発表された[87]

参加選手編集

トーナメント開始時参加選手

※はトーナメント参加時の戦績と世界王座

名前 戦績(※) 世界王座(※)
  マイリス・ブリエディス 25戦 24勝 (18KO) 1敗
  クシシュトフ・グウォヴァツキ 31戦 30勝 (19KO) 1敗
  ユニエル・ドルティコス 23戦 22勝 (21KO) 1敗
  マキシム・ブラゾフ 44戦 42勝 (25KO) 2敗
  アンドリュー・タビティー 16戦 16勝 (13KO) 無敗
  マテウシュ・マステルナク 45戦 41勝 (28KO) 4敗
  ルスラン・ファイファー 23戦 23勝 (16KO) 無敗
  ノエル・ゲボール 24戦 23勝 (10KO) 1敗

一回戦編集

日時 勝者 試合結果 敗者 開催地 タイトル
2018年10月13日   アンドリュー・タビティー 12R 判定3-0   ルスラン・ファイファー   ロシア エカテリンブルク・エカテリンブルク・エクスポ
2018年10月20日   ユニエル・ドルティコス 12R 判定3-0   マテウシュ・マステルナク   アメリカ合衆国 オーランドCFE・アリーナ
2018年11月10日   クシシュトフ・グウォヴァツキ 12R 判定3-0   マキシム・ブラゾフ   アメリカ合衆国 シカゴUIC・パビリオン WBO世界クルーザー級暫定王座決定戦
2018年11月10日   マイリス・ブリエディス 12R 判定3-0   ノエル・ゲボール   アメリカ合衆国 シカゴUIC・パビリオン WBC世界クルーザー級ダイヤモンド王座決定戦

準決勝編集

日時 勝者 試合結果 敗者 開催地 タイトル
2019年6月15日   ユニエル・ドルティコス 10R 2:33 KO   アンドリュー・タビティー   ラトビア リガアリーナ・リガ IBF世界クルーザー級王座決定戦[88]
2019年6月15日   マイリス・ブリエディス 3R 0:27 KO   クシシュトフ・グウォヴァツキ   ラトビア リガアリーナ・リガ WBO世界クルーザー級タイトルマッチ

トーナメント表編集

  一回戦
2018年10月13日(エカテリンブルク・エカテリンブルク・エクスポ)
10月20日(オーランドCFE・アリーナ
11月10日(シカゴUIC・パビリオン
準決勝戦
2019年6月15日(リガアリーナ・リガ
決勝戦
                           
12R
ノエル・ゲボール
判定3-0
マイリス・ブリエディス
KO
クシシュトフ・グウォヴァツキ
3R 0:27
12R
 
マキシム・ブラゾフ
判定3-0
 
マイリス・ブリエディス
ユニエル・ドルティコス
  12R
マテウシュ・マステルナク
判定3-0
ユニエル・ドルティコス
KO
アンドリュー・タビティー
10R 2:33
ルスラン・ファイファー
12R
アンドリュー・タビティー
判定3-0

歴代優勝者編集

開催年 階級 優勝者 準優勝者
2017–18 クルーザー級   オレクサンドル・ウシク   ムラト・ガシエフ
2017–18 スーパーミドル級   カラム・スミス   ジョージ・グローブス
2018–19 スーパーライト級   ジョシュ・テイラー   レジス・プログレイス
2018–19 バンタム級   井上尚弥   ノニト・ドネア
2018–19 クルーザー級 TBD TBD

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ World Boxing Super Series: New $50m event to 'change boxing world' - organisersBBCスポーツ 2017年3月9日
  2. ^ Der Schneeball im OfenSächsische 2017年6月9日
  3. ^ Richard Schaefer founds Ringstar SportsBad Left Hook 2016年6月22日
  4. ^ Team Sauerland - Geschichte und Zukunftboxen.com
  5. ^ Brief-descriptionHighlight Event and Entertainment AG
  6. ^ WHAT IF THERE’S A DRAW? UNDERSTANDING THE 4TH JUDGE”. World Boxing Super Series. 2018年6月27日閲覧。
  7. ^ WBC puts ‘diamond’ titles on the line in World Boxing Super Series”. Bad Left Hook (2017年6月7日). 2017年7月7日閲覧。
  8. ^ WORLD BOXING SUPER SERIES IN JEOPARDY OF CANCELLATION; SOME FIGHTERS STILL AWAIT BONUSES”. The Ring (2018年12月6日). 2019年7月26日閲覧。
  9. ^ Regis Prograis' stay in World Boxing Super Series in jeopardy”. NOLA.com (2019年1月12日). 2019年7月26日閲覧。
  10. ^ 井上尚弥が参戦するWBSS準決勝日程が来週発表へ”. 日刊スポーツ (2019年1月26日). 2019年7月26日閲覧。
  11. ^ Ivan Baranchyk withdraws from World Boxing Super Series tourney”. ESPN.com (2019年1月31日). 2019年7月26日閲覧。
  12. ^ IVAN BARANCHYK WITHDRAWS FROM WORLD BOXING SUPER SERIES AMID GROWING FINANCIAL CONCERNS”. The Ring (2019年1月31日). 2019年7月26日閲覧。
  13. ^ Troubled WBSS schedules cruiserweight semifinal for June 15”. ESPN.com (2019年2月7日). 2019年7月26日閲覧。
  14. ^ Emmanuel Rodriguez-Naoya Inoue tentatively set for May 18”. ESPN.com (2019年2月13日). 2019年7月26日閲覧。
  15. ^ 井上尚弥、WBSS準決勝開催決定も… 米記者が「現時点ではまだ分からない」と語る理由”. THE ANSWER (2019年2月14日). 2019年7月26日閲覧。
  16. ^ World Boxing Super Series works out deal to keep Regis Prograis”. ESPN.com (2019年2月25日). 2019年7月26日閲覧。
  17. ^ Manager reiterates Baranchyk not fighting Taylor”. ESPN.com (2019年3月3日). 2019年7月26日閲覧。
  18. ^ 運営不安定なWBSS…“70秒KO勝利”から5カ月、待ち遠しい井上尚弥の勇姿”. スポニチ (2019年3月5日). 2019年7月26日閲覧。
  19. ^ Junior welterweight Baranchyk to rejoin WBSS”. ESPN.com (2019年4月19日). 2019年7月26日閲覧。
  20. ^ ドネア、井上尚弥とのWBSS決勝辞退の可能性浮上 米記者が速報「撤退も検討している」”. THE ANSWER (2019年7月19日). 2019年7月26日閲覧。
  21. ^ Donaire: I'll Move On If WBSS Doesn't Schedule Inoue Fight Soon”. Boxing Scene.com (2019年7月19日). 2019年7月26日閲覧。
  22. ^ プログレイスがWBSS撤退表明 主催のコモサ社提訴 Boxing News(ボクシングニュース) 2019年8月10日
  23. ^ WBSS発表 S・ライト級決勝は10.26ロンドン プログレイスは訴え取り下げ Boxing News(ボクシングニュース) 2019年9月2日
  24. ^ Callum Smith joins exciting World Boxing Super Series after Anthony Dirrell attempts to move world title fight”. Trinity Mirror. 2017年7月8日閲覧。
  25. ^ New £42m boxing tournament set to feature world's best 16 fighters from two divisions in shootout”. Mail Online. 2017年7月8日閲覧。
  26. ^ World Boxing Super Series Reveals Tournament Seeding”. Boxing Scene.com (2018年月7日). 2018年6月27日閲覧。
  27. ^ World Boxing Super Series Draft Gala (Full)”. World Boxing Super SeriesYOUTBE公式チャンネル (2018年7月11日). 2018年6月27日閲覧。
  28. ^ Usyk punishes and stops Huck in WBSS opener Fightnews.com 2017年9月9日
  29. ^ PHOTOS: USYK DOMINATES, STOPS MARCO HUCK IN TENTH ROUND WBO公式サイト 2017年9月18日
  30. ^ WBSS: Dorticos demolishes Kudryashov in two Fightnews.com 2017年9月23日
  31. ^ Dorticos retains his WBA Cruiserweight Belt WBA公式サイト 2017年9月24日
  32. ^ ドネア再起戦勝利、ドルティコス強打対決KO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月25日
  33. ^ Briedis retains WBC title, advances in WBSS Fightnews.com 2017年9月30日
  34. ^ ブリーディスがWBCクルーザー級V1、次戦はウシク Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月1日
  35. ^ WBSS: Gassiev destroys Wlodarczyk in three Fightnews.com 2017年10月21日
  36. ^ ガシエフが3回KO勝ち IBFクルーザー級兼WBSS Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月22日
  37. ^ Usyk edges Briedis to unify WBC/WBO belts Fightnews.com 2018年1月27日
  38. ^ ウシクがWBO&WBC王座統一 WBSS決勝進出 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年1月29日
  39. ^ WBSS: Gassiev KOs Dorticos, unifies WBA/IBF Fightnews.com 2018年2月3日
  40. ^ 風太がロシアで殊勲の勝利、ガシエフは王座統一 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月4日
  41. ^ Gassiev knocked out Dorticos and is the new WBA Cruiserweight Champion WBA公式サイト 2018年2月4日
  42. ^ ウシクがクルーザー級4冠統一 ガシエフに大差勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年6月20日
  43. ^ WBSS: Eubank score spectacular KO Fightnews.com 2017年10月7日
  44. ^ セルビー比嘉挑戦に名乗り、クローラがバーンズ下す Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月8日
  45. ^ WBSS: Groves KOs Cox in four Fightnews.com 2017年10月14日
  46. ^ Groves retains WBA Super Champion title with KO of Cox WBA公式サイト 2017年10月14日
  47. ^ ナルバエスがWBOバンタム級挑戦権獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月15日
  48. ^ WBSS: Braehmer hands first loss to Brant Fightnews.com 2017年10月27日
  49. ^ DAZNでジョシュア&石田匠の世界戦、解説は山中慎介 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月28日
  50. ^ Smith gets new WBSS foe: Nieky Holzken Fightnews.com 2018年2月20日
  51. ^ ブリーマーWBSS辞退、C・スミスは代役と準決勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月21日
  52. ^ Groves defeats Eubank, headed to WBSS final Fightnews.com 2018年2月17日
  53. ^ Groves retained his WBA Super Championship against Eubank WBA公式サイト 2018年2月18日
  54. ^ グローブスがユーバンクに判定勝ち、WBSS決勝進出 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月18日
  55. ^ Smith defeats game Holzken, moves to WBSS final Fightnews.com 2018年2月24日
  56. ^ WBSS準決勝 スミス勝利でグローブスと決勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月25日
  57. ^ スミスがグローブスをKO WBSS・S・ミドル級制覇 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年9月29日
  58. ^ WBSSシーズン2 S・ライト級も出場8人が確定 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年7月19日
  59. ^ Prograis sues WBSS, pulls out of tourney final”. ESPN.com (2019年8月10日). 2019年11月12日閲覧。
  60. ^ a b SEASON II DRAFT TO TAKE PLACE IN MOSCOW ON 20 JULY”. WBSS公式サイト (2017年7月13日). 2018年7月13日閲覧。
  61. ^ a b Seeds, brackets set for WBSS junior welterweight, bantamweight tournaments”. ESPN.com (2017年7月21日). 2018年8月2日閲覧。
  62. ^ Prograis-Flanagan, Taylor-Martin Set For WBSS Quarterfinals”. Boxing Scene.com (2018年7月20日). 2018年8月2日閲覧。
  63. ^ レリクが小差判定勝ち WBSS・S・ライト級準々決勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年10月7日
  64. ^ バランチェクIBF新王者 プログレイス大差勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年10月28日
  65. ^ 地元テイラー戴冠 2度ダウン奪いバランチェク攻略 Boxing News(ボクシングニュース) 2019年5月19日
  66. ^ WBSS S・ライト級はテイラーV WBA・IBF王座統一 Boxing News(ボクシングニュース) 2019年10月27日
  67. ^ WBSSバンタム級の3王者出場 井上尚弥の参戦に期待 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月10日
  68. ^ BURNETT, RODRIGUEZ AND TETE SIGN-UP FOR SEASON II”. WBSS公式サイト. 2018年7月10日閲覧。
  69. ^ マロニーがロドリゲス挑戦 WBSSバンタム準々決勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年7月2日
  70. ^ MOLONEY READY TO ‘SHOCK THE WORLD’ AND COMPETE FOR IBF WORLD TITLE AND ALI TROPHY”. WBSS公式サイト. 2018年7月10日閲覧。
  71. ^ BANTAMWEIGHT STAR DONAIRE CONFIRMED FOR SEASON II”. WBSS公式サイト. 2018年7月10日閲覧。
  72. ^ ドネアがWBSSバンタム級参戦 元王者パヤノも Boxing News(ボクシングニュース) 2018年7月6日
  73. ^ PAYANO IS READY FOR NEXT SEASON’S QUEST FOR ALI TROPHY IN THE 118LB DIVISION”. WBSS公式サイト. 2018年7月10日閲覧。
  74. ^ 井上尚弥のWBSS出場が正式発表 モスクワで抽選会 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年7月12日
  75. ^ 'MONSTER' INOUE CONFIRMED FOR SEASON II”. WBSS公式サイト (2018年7月11日). 2018年7月13日閲覧。
  76. ^ 井上尚弥出場のWBSSバンタム級 出場選手出そろう Boxing News(ボクシングニュース) 2018年7月18日
  77. ^ 井上尚弥がまた衝撃! 右一発で70秒KO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2018年10月7日
  78. ^ テテがアロイアンに辛勝 乱戦制しWBSS準決勝進出 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年10月14日
  79. ^ ロドリゲス勝利 井上とリング上でフェイスオフ! Boxing News(ボクシングニュース) 2018年10月21日
  80. ^ ドネア4回終了TKO勝ち バーネット負傷による棄権 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年11月4日
  81. ^ WBSSバンタム級準決勝 テテ欠場でドネアは代役と Boxing News(ボクシングニュース) 2019年4月25日
  82. ^ ドネアが6回KO勝ち WBSSバンタム級決勝進出 井上尚弥vsロドリゲスの勝者とファイナル Boxing News(ボクシングニュース) 2019年4月28日
  83. ^ 井上尚弥は英国でも強し! ロドリゲスを2回TKO WBSSバンタム級決勝でドネアと対戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2019年5月19日
  84. ^ 井上尚弥「ドネアはめちゃめちゃ強かった」判定勝ちでWBSSバンタム級優勝 スコアあり Boxing News(ボクシングニュース) 2019年11月7日
  85. ^ World Boxing Super Series To Stage Second Cruiser Tourney”. Boxing Scene.com (2018年8月21日). 2018年10月9日閲覧。
  86. ^ WBSSクルーザー級2 ウシクはヘビー級進出か Boxing News(ボクシングニュース) 2018年8月30日
  87. ^ World Boxing Super Series Reveals Cruiserweight Matchups”. Boxing Scene.com (2018年8月29日). 2018年10月9日閲覧。
  88. ^ ブリーディス&ドルティコスKO勝ち ラトビアのWBSSクルーザー級準決勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2019年6月16日

外部リンク編集