X線岩石化学用惑星計器

X線岩石化学用惑星計器(エックスせんがんせきかがくようわくせいけいき、英語: Planetary Instrument for X-Ray LithochemistryPIXL))は、マーズ2020ミッションの一環として、パーサヴィアランスローバー用に設計された火星表面材料の微細な要素組成を決定するための蛍光X線分析装置[1][2]

火星パーサヴィアランスローバー - PIXLは岩を研究(アーティストの概念)

PIXLは、NASAジェット推進研究所によって製造されている。

科学的目的編集

この機器の科学的目的は次のとおり[3]

  1. 過去の環境、居住性、および生命存在指標の保存の可能性に関する詳細な地球化学的評価を提供する。
  2. 遭遇する可能性のある化学バイオシグネチャーを検出し、検出された他のタイプの潜在的なバイオシグネチャーの地球化学を特徴付ける。
  3. 地球に帰還するための、興味深いサンプルのセットを選択するための詳細な地球化学の基礎を提供する。

ギャラリー編集

 
パーサヴィアランスローバー - PIXL(2014年7月31日)。
 
PIXL - 火星の岩のリスト英語版の最初の化学地図(2021年7月20日)
 
火星でローバーのナビゲーションカメラによって画像化されたPIXL。
パーサヴィアランスはロシェット岩を分析する(2021年8月)
ローバーは岩を研究する
岩を磨いた後
ベルガルド・パッチ
WATSONの表示
PIXLの表示
X線岩石化学用惑星計器
カバーをしていない状態
ヘキサポッド
ナイトライト
較正
表面材料の化学的性質を分析するためにパーサヴィアランスローバー用に開発された蛍光X線分析装置。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Webster (2014年7月31日). “Mars 2020 Rover's PIXL to Focus X-Rays on Tiny Targets”. NASA. 2014年7月31日閲覧。
  2. ^ Adaptive sampling for rover X-ray lithochemistry”. 2014年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月31日閲覧。
  3. ^ Mars 2020 Mission Perseverance Rover: PIXL”. 2020年7月31日閲覧。

外部リンク編集