X/Open XA とは、X/Openが策定した分散トランザクション処理のための標準規格。各ノードのローカルなリソースマネージャと、それらを分散システムとして統合するトランザクションマネージャとの間のプログラムインタフェースを規定している。

XA は、トランザクションマネージャとリソースマネージャ間で2相コミットプロトコルを実行するためのC言語プログラムインタフェースを規定している。主にTXインタフェースおよびXAインタフェースがある。

本来の XA インターフェースは製品に依存せず同一であるが、XA 準拠の各 トランザクションマネージャ では、リソースマネージャ が製品固有の方法で組み込まれている場合がある。

関連項目編集

外部リンク編集