Xbox One

マイクロソフトが発売した家庭用ゲーム機
Xbox > Xbox One

Xbox One(エックスボックス ワン)は、マイクロソフトが発売した家庭用ゲーム機。略記にはXONE[8]XB-ONE[9]など。

Xbox One
Xbox One logo wordmark.svg
Microsoft-Xbox-One-Console-wKinect.png
Xbox One 本体、Kinect、コントローラ
開発元 マイクロソフト
種別 据置型ゲーム機
世代 第8世代
発売日 Newworldmap.png 2013年11月22日
日本の旗 2014年9月4日
売上台数 日本の旗 11万台(2020年1月)[1]
Newworldmap.png 4,989万台(2020年)[2]
対応メディア

Blu-ray Disc (ゲームディスクや動画)
Ultra HD Blu-ray
(Xbox One S[3]、Xbox One Xのみ)
DVDCD

【Xbox One S All Digital Editionは光学ディスク全て非対応】
CPU AMD 8コア APU[4][5]
ストレージ HDD
グラフィック AMD Radeon Variant (APUに内蔵)
コントローラ入力 Kinect
Xbox コントローラー
外部接続 USB 3.0×3
ギガビット・イーサネット
Wi-Fi Direct
HDMI (入力・出力)
IEEE 802.11n 2.4GHz/5GHz
IEEE 802.11ac (Xbox One S、Xbox One X)
S/PDIF
IR 出力端子
ロック端子
オンラインサービス Xbox Live
最高売上ソフト Newworldmap.png グランド・セフト・オートV /872万本[6]
後方互換 Xbox 360(一部のソフトのみ)
Xbox(一部のソフトのみ)[7]
前世代ハード Xbox 360
次世代ハード Xbox Series X、Xbox Series S
ウェブサイト Xbox公式ウェブサイト

概要編集

沿革編集

 
E3 2013に出展されたXbox One

2013年編集

  • 5月21日 - マイクロソフト本社特設会場で開催された次世代Xboxの発表イベントにおいて、Xbox Oneが発表される[10]
  • 6月10日 - Electronic Entertainment Expo(E3)にて、価格、発売時期、パッケージ内容、ゲームソフトのラインナップが発表される。マイクロソフトは2013年11月、世界21か国にてXbox Oneを発売するとした。
  • 6月19日 - パッケージソフトウェアのDRMの撤回が発表される。
  • 8月14日 - マイクロソフトはローカライズ、需要への対応等[11]で2013年11月の発売国を当初発表の21か国から13か国に減らし、8か国での発売を2014年に延期すると発表した。
  • 11月22日 - 北アメリカ・ヨーロッパ・オセアニアの13か国で発売される。発売後24時間以内に100万台を販売した[12]。同日、インターネットニュースサイトにより光学ドライブの動作不良が報じられる。マイクロソフトはこの問題について、ごく少数の顧客に影響するものとした[13][14]
  • 12月11日 - 発売後の最初の18日間で200万台が販売されたと発表される[15]
 
東京ゲームショウ 2013での展示(写真の人物は岩田明子

2014年編集

  • 3月18日 - 日本を含む26か国でも2014年9月に発売されることがXbox公式コミュニティサイトで発表される[16][17]
  • 4月17日 - 小売業者への出荷台数が500万台に達したと発表される[18]
  • 4月23日 - 日本を含む26か国で2014年9月4日に発売されることを日本マイクロソフト株式会社が発表した[19]
  • 5月13日 - Kinectを同梱しないXbox One本体セットを2014年6月9日に発売する旨が発表される[20]
  • 9月2日 - チリ、コロンビアで発売[21]
  • 9月4日 - 日本で発売[22]。なお、9月4日から9月7日までの4日間における日本での販売台数は2万3562台(『ファミ通』調べ)[23]
  • 9月5日 - ベルギー、チェコ、デンマーク、フィンランド、ギリシャ、ハンガリー、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、サウジアラビア、スロバキア、スウェーデン、スイス、トルコ、アラブ首領国連邦で発売[21]
  • 9月15日 - イスラエルで発売[21]
  • 9月20日 - 中華人民共和国での発売日を9月23日から2014年内に延期することが判明[24]、のちに9月29日発売と発表される[25]
  • 11月20日 - 英国での実売が累計100万台に達したと報道される(GfK Chart-Track調べ)[26]

2016年編集

  • 6月14日(現地時間13日) - E3にて新モデル「Xbox One S」と、ハイエンド版であるコードネーム「Project Scorpio」(プロジェクトスコーピオ)が開発中であることを発表。
  • 9月1日 - 日本で台数限定の「期間限定Xbox One本体セールキャンペーン」を実施[27]。価格はXbox One 500GBモデルが29,980円(8%消費税込み)、Xbox One 1TBモデルとXbox One Eliteが税別10,000円引きとなる。
  • 11月24日 - 「Xbox One S」、日本発売[28](北米など25ヶ国では8月2日に発売開始[29])。

2017年編集

  • 6月13日(現地時間12日) - E3にて「Project Scorpio」の正式名称が「Xbox One X」であることを発表。
  • 7月12日 - 日本でXbox One S 500GB (Minecraft同梱版)の価格を改定。従来参考価格の29,980円(税抜)から27,759円(税抜)に改定された。
  • 11月7日 - 「Xbox One X」発売。

2018年編集

  • 2月1日 - 日本でXbox One S 1TBソフト同梱版(Forza Horizon 3及びHalo Collection)及びXbox One S 1 TB Minecraft リミテッド エディションを29,980 円(税別)と34,980円(税別)にそれぞれ5,000円値下げ。[30]

2019年編集

  • 5月7日 - 「Xbox One S All Digital Edition」発売。Xbox One Sから光学ディスクドライブを廃した廉価なモデル。

2020年編集

ゲームソフト編集

詳細は「Xbox Oneのゲームタイトル一覧」を参照

ハードウェア編集

映像出力はXbox One が最大1080p、Xbox One S、Xbox One Xでは最大2160p(4K UHD 3840×2160)の解像度[31][32]Dolby Atmos[33][34]DTS:X[35]、Auro-3Dに対応する[36]

Xbox One Sはパフォーマンスが11%向上している[37]

Xbox One X専用のゲームはないが、専用アセット類やグラフィックス以外の拡張も許容されている(ロゴとしてXbox One X対応「Xbox One X Enhanced」、4K対応「4K ULTRA HD」、HDR10対応「HDR」がある)[38]

Xbox Oneファミリーのスペックシート[39]
  • AMD Jaguar APU 8コア(4コア×2クラスタ)、1.75GHz[40]
  • AMD GCN(Graphics Core Next)アーキテクチャベース[40]、12個の演算ユニット(計768コア)
  • 容量32MiBのESRAMを搭載[40]
  • 4基のMove Engineを搭載[40]
  • ハードウェアビデオエンコード・デコード機能[40]
  • HDMI in/out機能[40]
  • DDR3メモリ8GB(システム・グラフィックス共用で帯域幅は68.3GB/s、ゲームには5GBを使用可能となる[41]

Xbox One Xはスペックが向上している。主な点は以下の通り。

  • AMD Jaguar Evolved APU 8コア、2.3GHz
  • AMD GCNアーキテクチャベース、40個の演算ユニット(計2560コア)
  • GDDR5メモリ12GB、帯域幅326GB/s

ストレージ編集

500GBまたは1TBのHDDを標準搭載。本体に内蔵されており、ユーザーによる交換は不可だが、追加で容量が必要な場合は256GB以上でUSB 3.0に対応した外付けHDDを接続して利用することが出来る[42]。アップデートにより合計16TBまでのデータ保存機器を2台までの接続に対応。

セーブデータを含むデータはHDDとクラウドの両方に同時に保存される(無料会員でもクラウドに同期される)[43]

Kinect編集

 
Xbox One用Kinectセンサー

Xbox One Kinect センサーはビデオカメラ・マイクがそれぞれ複数搭載されており、ジェスチャー音声認識顔認識、指の動きや皮膚の状態をもトラッキングする[44]。Kinectのシステムは、常にデータを集めアルゴリズムを向上させている[45]

赤外線パターンを人体に照射して赤外線カメラで撮影する機能が搭載され、通常のカメラの情報と組み合わせることで人体の心拍数を測定できるようになった。暗闇でも認識できるようになり、奥行きを高精度に認識できるようになった。奥行き認識は変調された赤外線が照射され物体に反射して撮影されるまでの時差を利用したTime of Flight法で従来のドットパターンの赤外線とは異なる。通常のカメラも解像度1080pと性能がアップしており、従来比6割アップの広角化となったことで、6名までの同時認識が可能となった。スタンバイ状態でも24時間会話を認識しており、話しかけるだけで本体を起動させることができる[10][46]

発売当初はKinectへ強制的にリソースが割り当てられていたが、現在はそのリソースをゲーム開発に割り当てることが可能となっているためKinectのフル機能を必要としないゲームタイトルのパフォーマンスが向上した。この場合も音声認識等は使用可能である。

Xbox One S、Xbox One Xでは、Kinect専用の端子が省かれているが、"Kinect アダプター"を使用することで接続は可能[47]

Xbox ワイヤレスコントローラー編集

第一世代「Xbox One ワイヤレス コントローラー」

Xbox 360のコントローラーから40項目以上の改良が施されている[48]。Wi-Fi Directによる通信方式を採用したことで、本体との通信速度が大幅に高速化している。トリガーに触れる左右の指先それぞれに振動を伝えることができるように、振動モーターが左右のグリップ部分に加え、トリガー付近に追加され合計4個となった。アナログスティックの縁が網目状になり、軽く操作できるようになった。単3電池2本で駆動する。電池の収納が縦から横になり、背面がフラットになっている。十字キーは、溝から直接十字のパッドが露出する形状に変更された。Kinectにより、どのコントローラーが、どの位置で操作されているか検知する。これはコントローラー正面に赤外線LEDがあり、それを赤外線カメラで撮影しているためである[49]。マイクロUSB端子(B)を搭載しており、USBケーブルで本体と接続すれば無線をオフにして有線コントローラーとしても使用可能である。Windows用ドライバも提供されており、PCでも使用可能。

Xbox One初期型本体の同梱コントローラーである。

第二世代「Xbox One ワイヤレス コントローラー」

イヤホン端子が追加されたコントローラー。第一世代で問題だったLBとRBのボタンの固さが修正された。

第三世代「Xbox ワイヤレス コントローラー」Xbox One S、Xbox One Xに標準搭載されるこのコントローラーは、Bluetooth接続に対応する(単体発売ではXbox Design Labでオリジナルモデルの発注ができる)[50]。日本では2017年1月27日に「Xbox コントローラー(Windows USBケーブル付)」が登場した[51]。第三世代の商品名は"Xbox One ~"の部分からOneが無くなり"Xbox ~"となった。

第四世代「Xbox ワイヤレス コントローラー」

Xbox Series X/Sと同時発売のコントローラー。Bluetooth対応Xbox Oneと互換性があり、使用することが可能である。基本的には第一~第四世代のコントローラーと同じであり、前モデルからの変更点という意味では小幅な改良にとどまっている。シェアボタンが新設され、手軽にスクリーンショットや動画をコミュニティに共有することが可能になった。また、十字キーに「ハイブリッド方向パッド」が採用され、斜め入力がしやすくなっている。[52]USB接続端子がUSB Type-Cになり、トリガーとバンパーも滑りにくいマット仕上げに。さらに、触覚ドットパターンが追加され、グリップしやすくなっている。また、平均的な8才の子どもの手のサイズに最適化することにより若干サイズが小さくなり持ちやすくなり、Bluetooth Low Energy(BTLE)Dynamic Latency Inputをサポートした。[53]全体的にXbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ2に近い仕様になっている。

Xbox Elite ワイヤレス コントローラー編集

オリジナル(無印、第一世代)

「Xbox Elite ワイヤレス コントローラー」はプロレベルを追求し、パーツ交換やカスタマイズ機能が追加されている[54][55]

シリーズ 2

「Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ 2」は2019年11月5日に発売されたEliteコントローラーの第二世代。[56]

Xbox Elite ワイヤレス コントローラーの簡易比較表 (2019年11月5日、シリーズ2発売時点)
シリーズ2 オリジナル
(無印、第一世代)
電源 専用仕様 共通仕様[57]
内蔵バッテリー 単3形乾電池x2
着脱式バッテリーパック
USB接続端子 Type-C Micro B
Bluetooth接続 対応 非対応
プロフィールスロット 3 + "既定"1 [58] 2
トリガーロック機能
稼働域設定
プロフィール連動[59]
3段階
最大・半分・無し
2段階
最大・半分
連動する 連動しない
パドルサイズ
(基準)[60]
パドルロック機能
(無効化・誤動作防止)
プロフィールボタン長押し[61] 接続ボタン二回押し
付属サムスティック[62] 標準x2
クラシックx2
トールx1
ワイドドームx1
標準x2
ドームx2
トールx2
割当機能 シフト割当
アクション割当
サムスティック方向割当

(基準)
その他機能等 サムスティックのテンション調整
(基準)
キャリングケースに着脱可能な充電ドック
より広い範囲をカバーするラバーグリップ
配色 黒基調
暗い銀
黒基調
明るい銀
蛍光緑
【限定ホワイト】
白基調
明るい銀
蛍光緑

Xbox Adaptive Controller編集

肢体に障碍があるユーザーを補助し、自由にゲームを操作する為に設計されたゲームコントローラー[63]。対応ハードはXbox OneおよびMicrosoft Windows 10搭載PC。日本国内では2020年1月9日より数量限定でマイクロソフトのオンラインストアにて発売された[64]。アクセシブルゲーミングを推進するマイクロソフトが開発した[65]。巨大な黒い二つのボタンがメインキーとして配置され、僅かな圧力で反応する[66]。19個の3.5mmジャックを搭載し、別売りの外付けスイッチ/ボタン/マウント/ジョイスティック等[67]のユーザーに合ったデバイスを接続し、機能を拡張を行う[66]。従来の「コントローラーを手を握る」という動作は必要なく、プレイヤーの体勢を問わずプレイ可能となっている。デバイスをマウントし、ベッドや壁に固定させることも可能[68]。底面には車椅子用アタッチメントの標準仕様である3つのネジ穴がある[69]

周辺機器編集

ワイヤレス コントローラー
Elite ワイヤレス コントローラー
#Xbox ワイヤレスコントローラー を参照
プレイ & チャージ キット
メディア リモコン
Kinect センサー
#Kinect を参照
Xbox Oneステレオ ヘッドセット(2014)
Xboxワイヤレスヘッドセット(2021)
Xboxステレオヘッドセット(2021)
ヘッドセット アダプター
ボイスチャット ヘッドセット
縦置きスタンド
ワイヤレス アダプター for Windows 10

バリエーション編集

Xbox One 本体の種類 (2020年8月26日現在)
名称 概要 発売時期
()内は日本
Xbox One
(初期型)
初期型、販売終了 2013年11月
(2014年9月)
Xbox One S 普及型、初期型から小型化し一部性能向上 2016年8月
(2016年11月)
Xbox One X 高性能型、最上位機種
販売終了
2017年11月
Xbox One S
All Digital Edition
廉価型、Xbox One Sから光ディスクドライブを廃した。
販売終了
2019年5月

アメリカ大陸、ヨーロッパ、オセアニアの13か国[補足 1][70]では2013年11月22日に発売された。日本では2014年9月4日に発売された[22]

従来のKinectシステムから新たに再設計された「Xbox One Kinect センサー」が同梱されていたが[71]、2014年6月からは同梱しない本体セットの販売も始まり[20]、その後Kinectセンサーは生産終了となった。2020年8月26日時点において、初期型Xbox One、Xbox One X、Xbox One S All Digital Editionが生産終了し、小型化・電源内蔵・4K/HDRビデオや「Ultra HD Blu-ray」の再生・HDRゲームに対応したXbox One S[72][73][74]のみ生産が続けられている。XBOX one x及びXBOX one S All Digital Editionの説明は下記の通りである。4K解像度世代 (True 4K) のゲームに対応したXbox One X[75][38][76]、Xbox One Sから光学ディスクドライブを廃したXbox One S All Digital Edition[77]が存在した。

Xbox One 本体の簡易比較表 (2020年8月26日)
Xbox One X
(生産終了)
Xbox One S Xbox One S
All Digital Edition
(生産終了)
Xbox One
(生産終了)
電源内蔵・小型化
(初期型比)
電源内蔵
小型
電源内蔵
小型
電源内蔵
小型
電源別体
初期型
HDRゲーム、
4K/HDRビデオ再生
×
Ultra HD Blu-ray再生 × ×
ディスク版ゲーム、
Blu-ray Disc
/DVD/CD再生
×
4K解像度ゲーム、
Xbox One X Enhanced
× × ×
Xbox One + Kinect
2013年11月22日発売。日本では2014年9月4日に発売された[78]
スペシャルエディションとして「Day One Edition」が2013年11月22日に発売。「Day One」と印刷された限定版ワイヤレスコントローラー、Day Oneデカール、「Day One 実績」の解除コードが付属する[79]。日本では2014年9月4日に発売され、先行販売地域のDay One Editionの付属品に加え、『Titanfall』と『Kinect スポーツライバルズ』の利用コードが同梱された[80]
「Xbox One 500GB + Kinect」は2016年1月28日と2016年9月1日に発売。Xbox One 500GB本体にKinect、『Kinect スポーツ ライバルズ』『Zoo Tycoon』の利用コードが同梱された[81]
Xbox One
2014年6月9日に発売[20][82]。日本では2014年9月4日に発売された[78]
「Xbox One Elite」は1TBのSSHD内蔵と「Elite ワイヤレス コントローラー」を同梱し、2015年11月19日に発売。
Xbox One S
 
Xbox One S
2016年発売。体積比40%減の小型化。併せて外部電源も内蔵された。
2016年11月24日「Xbox One S 1TB(『Halo Collection』同梱版)」[83]、2017年1月26日「Xbox One S 500 GB(『Minecraft』同梱版)」[84]、2017年2月23日「Xbox One S 1 TB(『Forza Horizon 3』同梱版)」[85]、2018年2月20日「Xbox One S 1TB( 『PlayerUnknown's Battlegrounds』同梱版)」[86]
Xbox One X
 
Xbox One X
2017年11月7日に日本を含め世界同時発売[87]。なお日本では時差の関係で、全世界で最も速く発売される。これは歴代Xboxシリーズ初となる[88]。これとは別に、本体及びコントローラーに開発時点でのコードネームである「Project Scorpio」ロゴとドット パターンによるグラデーションを施したスペシャル デザインの本体に、同じく「Project Scorpio」ロゴを配したコントローラー、専用縦置きスタンドをセットにした初期限定モデル『Xbox One X Project Scorpio Edition』(プロジェクト スコーピオ エディション)も同日限定発売となる[89]。なお、2018年11月8日には本体の上部色をオフホワイトにした「Xbox One X ホワイト スペシャル エディション」を数量限定で発売[90]。同日に、カラーをホワイト スペシャル エディションと同じオフホワイトでまとめた「Xbox Elite ワイヤレス コントローラー (ホワイト スペシャル エディション)」も同じく数量限定で発売される。
Xbox One S All Digital Edition
2019年5月7日発売[91]。Xbox One Sから光学ドライブを省いたもので、1TBのHDDを搭載したもの。『Forza Horizon 3』と『Minecraft』のダウンロードコード付属。

内蔵ソフトウェア・サービス編集

OS編集

3つのOSが用意され、ゲーム用のXbox OS、Windowsのカスタムカーネル(標準Windowsアプリケーションとの互換性は持たない[92][93]が、ユニバーサルWindowsプラットフォームに対応[94])、およびそれらを切り替えるためのOS(ハイパーバイザ)が稼動する[10]

Xbox Live / Xbox Play Anywhere編集

Microsoft Azureと一体化され、30万台のサーバが用意される[71]。セグメントごとのダウンロードやバックグラウンドでの更新ができる[71]。クラウドに処理を一部負担させることもできる[45]

Xbox One版とWindows 10版の境界線のない未来を目指しており[95][96]、「Xbox Play Anywhere」ではどちらかのダウンロード版を購入すれば、どちらのプラットフォームでもプレイできるサービスである(クロスバイ・クロスセーブに近い)[97]

Smart Match
他の操作をしている間に相手を探すマッチメイキングシステムである[71]。「オートレジューム」機能により、ゲームを中断したまま、別のゲームに移行できる[98]
Game DVR
ゲームプレイが録画され公開できる[71]ライブストリーミングや「UPLOAD STUDIO」により編集できる[98]。動画を30秒~5分間、720p/30フレームで録画できる。クラウドに保存でき、ユーザーに向けて公開できる。PCやスマートフォンで視聴する場合はXbox SmartGlassが必要である。SNSで公開できる[99]
Living Games
AIがプレイスタイルを学んで代わりに対戦などを行う[71]。また、プレイヤーが不在でも現実の結果がゲームに反映される[100]
Achievement
「拡張された実績」システムにより重要な瞬間を録画する[71]。過程の実績も表示する[100]。複数のゲームを跨ぎコミュニティで解除する「チャレンジ」も存在する[101]
Xbox SmartGlass
Xbox 360版とは仕組みが変わり、ダイレクトコネクトが基本となった[102]。複数のデバイスを同時に接続し、サブスクリーンとして使える[102]
EA Access[103]
エレクトロニック・アーツのXbox One向け定額サービス。

後方互換編集

Xbox 360とのハードウェア的な後方互換はなく、発売時点では、Xbox 360用ゲームディスクをそのまま使用することはできないが、アバターや実績などを持ち越せる[42]

2015年のアップデートにて、Xbox 360エミュレーターを介し、後方互換を実現することで、Xbox 360用ゲームの動作に対応した。ただし、すべてのゲームが動作するわけではなく、人気作を中心とした一部のゲームのみの対応となるが、対応ゲームは随時追加される[104][105]。ほとんどのゲームでXbox OneのGame DVR機能やMixerでの配信にも対応する。 Xbox 360 ダッシュボードのXbox 360 ガイドもXbox One上にて起動させることが可能。

また、2017年には初代Xboxのゲームディスクの起動に対応。現時点では一部のゲームのみの対応となる。 Xbox One X本体では最大16倍、それ以外本体では最大4倍の解像度に高解像度化されて動作する。[106]ただし、初代XboxのXbox Liveサービスは2010年に終了しており、オンライン機能などは使用できない。

テレビ放送編集

アメリカにおいては、ケーブルテレビチューナー→テレビと接続されているが、これをケーブルテレビチューナー→Xbox One→テレビと接続することでテレビ放送に関連した情報などをオーバーレイ表示できる。これはNFLの中継で試合の情報を提供したり、連動ゲームをプレイできるサービスで利用される見込みである。またテレビの電源からケーブルテレビのチャンネルの切替まですべて音声で操作できる。チャンネルの変更には専用のテレビガイド(EPG)サービスも利用できる[107]。Xbox Oneにはゲームと並行してSkypeによる複数間のビデオチャットを同時に行える「Snap」機能があるが、この接続方法によりテレビ放送とゲームも同時に楽しめる[71]

日本国内においては発売時点では対応せず、将来的に実現するものと公表されている[108]。ソリューションとしてピクセラのPIX-BR310W/PIX-BR310W-Xがある[109]

ID@Xbox編集

2013年7月、マイクロソフトはインディーズなどが市販のXbox One本体を開発機器として使用し、制作した作品を公開できる(セルフパブリッシング)ようにする計画を発表[110][111][112]、Xbox Live、Kinect、クラウド、実績にも対応するとした[111]。「全ての人がクリエーターに」というマイクロソフトのビジョンによる一環であった[111]。約1年後の2014年7月、マイクロソフトの技術部門担当者の発言として、市販のXbox One本体を開発機器として利用できるようにする計画の撤回が報じられたが[113]、マイクロソフトの広報担当者はこれを否定した[114]。他社のゲーム機版でも同一タイトルを供給する場合(Xbox One・PS4Wii U版などのクロスプラットフォームで発売する場合)、「Xbox One版が後回しになってはならない」という制約(同時発売条項)が存在し、インディー開発者から制約の撤廃を求める声が挙がっている[115][116]

ゲームアプリに関してはID@Xboxに参加する必要があるが、それ以外のアプリではUWPアプリと同様で一般の個人開発者でも配信が可能となっている[117][118]

DRM編集

Xbox OneのDRM(デジタル著作権管理)は反発が相次いだことから発表当初から変更が施されたが、本来は以下の通りで進める予定だった[119]

  • ゲームソフトはHDDとクラウドのライブラリに保存されるため、パッケージ版でも、インストール・オンライン認証を行う必要がある(ディスクレス)[119]
  • 最大で24時間はオフラインでもプレイ可能だが、オフラインのまま24時間が経過するとゲームを起動できなくなるため、1日に1度は認証が必要となる[120]
  • 別の本体からライブラリにアクセスする場合は、1時間に1回の認証が必要となるが、10名まで指定できる「ファミリー」もアクセスできる[119]
  • ソフトの譲渡についてはパブリッシャーが許可したソフトで30日間以上の「フレンド」のみに行える[119]

ところが仕様発表後、ユーザーや業界からクレームが相次ぎ、PlayStation 4の仕様発表時には「ゲームは今まで通り遊べる」と発表しただけで大喝采が起こっただけでなく、「PlayStation 4でゲームを貸し借りする方法」という動画を製作し、Xbox Oneとの違いを強調してきたことを受け、6月19日付のXbox One公式ブログ「Xbox Wire」で仕様の一部を以下に変更することを明らかにしている[121]

  • 初回起動時のシステムセットアップを済ませば、以降オンラインによる認証は不要だが、パッケージ版は認証のためにディスクを入れておく必要はある[121]
  • ソフト譲渡の認証・中古販売の制限は行わない[121]
  • クラウド上の購入したライブラリには、パッケージ版は含まれなくなり、10人までの家族間共有もなくなった。
  • ダウンロード版Xbox 360と同様の仕組みである。

また、リージョンコードによる制限もなくなったため、日本国内のハードで海外版ソフトをプレイすることが可能であるし、日本語版があればオンラインアップデートで日本語環境をインストールできる。その逆も可能で、海外のハードでも日本語環境をインストールできるし、すべての日本製ソフトをまったく問題なく遊ぶことができる。なお、ソフトはリージョンコードがなくなったが、DVDやブルーレイには残っているため、日本国内のハードで海外版DVDなどを観るときには制限がある。

各国と地域での発売日編集

発売日 国または地域
2013年11月22日
2014年9月2日
2014年9月4日[122]
  日本
2014年9月5日
2014年9月15日
  イスラエル
2014年9月23日
2014年9月26日
  ロシア
2014年9月29日
  中国

脚注編集

[脚注の使い方]

補足編集

  1. ^ Day One(2013年11月)に発売された国は、アメリカ・カナダ・メキシコ・ブラジル・イギリス・アイルランド・フランス・ドイツ・スペイン・イタリア・オーストリア・オーストラリア・ニュージーランドの合計13か国である。なお、日本は Tier 2 (第二陣)に属しており後発となった。

出典編集

  1. ^ https://www.famitsu.com/news/201912/18189299.html
  2. ^ http://www.vgchartz.com/analysis/platform_totals/
  3. ^ 驚きの品薄状態が続く「Xbox One S」の目玉である4K UHD BDを解説!”. 2017年2月17日閲覧。
  4. ^ マルチOSのためにメモリアーキテクチャが限定されたXbox One”. PC Watch (2013年7月22日). 2013年7月29日閲覧。
  5. ^ Microsoftが「Xbox One」のチップ概要をHot Chipsで発表”. PC Watch (2013年8月27日). 2013年11月26日閲覧。
  6. ^ VGChartz (Xbox One) Jan 2019
  7. ^ (ページ内リンク)
  8. ^ Xbox One - 4Gamer.net4Gamer.net
  9. ^ Xbox One ソフト発売予定 - ファミ通.comファミ通.com
  10. ^ a b c Xbox Oneをどう見るかーーテクニカルジャーナリスト西川善司氏が分析する新世代Xbox像”. ファミ通.com (2013年5月22日). 2013年5月24日閲覧。
  11. ^ Xbox One Launch Markets Confirmed” (英語). Microsoft. 2013年12月14日閲覧。
  12. ^ 新型Xbox、発売初日で販売台数100万台 マイクロソフト
  13. ^ Microsoft Has No Clear Solution For Xbox One Disc Drive Issues” (英語). Kotaku. 2013年12月14日閲覧。
  14. ^ Xbox One Early Adopters Reporting Hardware Problems” (英語). IGN. 2013年12月14日閲覧。
  15. ^ Xbox One Sells More Than 2 Million Units in the First 18 days; Sold Out at Most Major Retailers” (英語). Microsoft. 2013年12月14日閲覧。
  16. ^ Yusuf Mehdi (2014年3月18日). “Xbox One Coming to 26 New Markets in September” (英語). Xbox Wire (マイクロソフト). http://news.xbox.com/2014/03/xbox-one-new-markets 2014年3月18日閲覧。 
  17. ^ “【速報】Xbox Oneの日本発売が、2014年9月に決定!”. ファミ通.com (KADOKAWA). (2014年3月18日). http://www.famitsu.com/news/201403/18050028.html 2014年3月18日閲覧。 
  18. ^ Xbox One Has Shipped 5 Million Units”. IGN Entertainment, Inc. (2014年4月17日). 2014年7月9日閲覧。
  19. ^ “「Xbox One」を 2014年9月4日 (木) に発売”. Microsoft News Center (マイクロソフト). (2014年4月23日). http://www.microsoft.com/ja-jp/news/Press/2014/Apr14/140423_xboxone.aspx 2014年8月13日閲覧。 
  20. ^ a b c “Kinect-free Xbox One coming June 9 for $399”. Polygon (VOX MEDIA INC.). (2014年5月13日). http://www.polygon.com/2014/5/13/5713440/xbox-one-no-kinect-release-date-price-microsoft 2014年6月20日閲覧。 
  21. ^ a b c Phil Spencer (2014年9月2日). “Welcoming 29 New Markets to Xbox One”. Xbox Wire (マイクロソフト). http://news.xbox.com/2014/09/xbox-one-welcoming-29-new-markets-to-xbox-one 2014年9月8日閲覧。 
  22. ^ a b “新世代のゲームを中核としたオールインワン エンターテイメント システム「Xbox One」本日発売”. Microsoft News Center (マイクロソフト). (2014年4月23日). http://www.microsoft.com/ja-jp/news/Press/2014/Sep14/140904_XboxOne.aspx 2014年9月8日閲覧。 
  23. ^ “【速報】Xbox Oneの初週販売台数は23562台 ソフトの1位は『タイタンフォール』に”. ファミ通.com (KADOKAWA CORPORATION). (2014年9月10日). http://www.famitsu.com/news/201409/10061012.html 2014年9月14日閲覧。 
  24. ^ “Microsoft delays Xbox One's China launch”. Polygon (VOX MEDIA INC.). (2014年9月20日). http://www.polygon.com/2014/9/20/6637459/xbox-one-china-launch-delayed 2014年9月21日閲覧。 
  25. ^ “Xbox One has had another official price cut in the UK”. Videogamer (PRO-G MEDIA). (2014年9月23日). http://www.videogamer.com/news/xbox_one_has_had_another_official_price_cut_in_the_uk.html 2014年9月24日閲覧。 
  26. ^ “Xbox One sells 1m in the UK”. MCV (NewBay Media, LLC.). (2014年11月20日). http://www.mcvuk.com/news/read/xbox-one-sells-1m-in-the-uk/0141711 2014年11月21日閲覧。 
  27. ^ 2016年9月1日よりXbox Oneを29,980 円(税込)で購入いただける期間限定のキャンペーンを実施 – Xbox Japan Blog(日本マイクロソフト公式) 2016年8月29日(2016年9月2日閲覧)
  28. ^ [1]
  29. ^ [2]
  30. ^ 日本国内の Xbox One S 1TB の参考価格を2018年2月1日より改定 - Xbox Japan Blog(日本マイクロソフト公式) 2018年1月30日(2018年1月30日閲覧)
  31. ^ Xbox One のテレビ解像度について”. 2017年2月17日閲覧。
  32. ^ Xbox One S での 4K”. 2017年2月17日閲覧。
  33. ^ UHD BDプレーヤーよりも安価なXbox One Sで4K/HDRは再生可能か? 実際に再生して画質等を徹底検証”. 2017年1月28日閲覧。
  34. ^ Windows 10音声をサラウンド化するDolby Atmosって何?”. 2017年2月17日閲覧。
  35. ^ 米Microsoft、4K対応で処理速度増強、史上最小筐体の「Xbox One X」。499ドル”. 2017年6月14日閲覧。
  36. ^ 【麻倉怜士のCES 2017リポート】Vol.12 ベルギー発の立体音響フォーマット「Auro-3D」が応用分野拡大”. 2017年1月28日閲覧。
  37. ^ Xbox One S、オリジナル版と比べてパフォーマンスの向上が検証テストで確認される”. 2017年2月17日閲覧。
  38. ^ a b [E3 2017]西川善司の3DGE:Xbox One XはPS4 Proと何が違うのか”. 2017年6月14日閲覧。
  39. ^ 【Xbox E3 2017 Briefing】写真とスペックシートで見るXbox One X 魅惑の史上最小ボディ! 端子周りはXbox One Sと共通。GPUはFreeSync対応”. 2017年6月14日閲覧。
  40. ^ a b c d e f Inside The Xbox One | AMD & Microsoft Developer Day Analysis & Breakdown | Tech Tribunal Part 1”. RedGamingTech (2014年6月14日). 2014年7月9日閲覧。
  41. ^ Anand Lal Shimpi (2013年5月21日). “The Xbox One: Hardware Analysis & Comparison to PlayStation 4”. Anandtech. http://www.anandtech.com/show/6972/xbox-one-hardware-compared-to-playstation-4/2 2013年5月22日閲覧。 
  42. ^ a b Xbox One の互換性 Xbox One 本体”. Microsoft. 2013年9月17日閲覧。
  43. ^ Xbox One のクラウド セーブ データに関するよく寄せられる質問”. 2017年2月17日閲覧。
  44. ^ Xbox Oneが実現する遊びとは? 5タイトルのクリエイターたちが語る”. ファミ通.com (2013年7月21日). 2013年7月29日閲覧。
  45. ^ a b 「Xbox Oneは変化を受け入れられるハード」キーパーソンがパネルディスカッションで語る新世代機の可能性”. ファミ通.com (2013年6月3日). 2013年7月29日閲覧。
  46. ^ Xbox Oneの新Kinectは大幅進化、表情や心拍も認識。6人同時に全身キャプチャ”. japanese.engadget (2013年5月22日). 2013年5月24日閲覧。
  47. ^ 日本マイクロソフト、Xbox One SにKinectを接続するアダプターを無償提供”. GAME Watch (2016年11月25日). 2018年6月21日閲覧。
  48. ^ 【Xbox One発表】40項目もの改良を施したXbox One専用コントローラーの詳細が明らかに”. gs.inside-games (2013年5月22日). 2013年6月25日閲覧。
  49. ^ スペックシートとスクリーンショットで見る「Xbox One」”. ファミ通.com (2013年5月22日). 2013年5月27日閲覧。
  50. ^ 新型ゲームコンソール「Xbox One S」を早速触ってきた
  51. ^ Microsoft,PCとのBluetooth接続にも対応する「Xbox Wireless Controller」のUSBケーブル同梱版を発売”. 2017年1月28日閲覧。
  52. ^ 株式会社インプレス (2020年3月17日). “Xbox Series X、新型コントローラーの全容を公開 シェアボタン新設に加えて、D-padやトリガー、バンパーを改良” (日本語). GAME Watch. 2021年4月21日閲覧。
  53. ^ author (2020年3月17日). “Xbox Series X 新型コントローラーの詳細も公開へ!超低遅延、アナログ入力も高速化。” (日本語). WPTeq. 2021年4月21日閲覧。
  54. ^ プロ レベルのカスタマイズ機能と操作性を追求したワイヤレス コントローラー『Xbox Elite ワイヤレス コントローラー』を 2016 年 2 月 25 日 (木) に発売
  55. ^ 「Xbox Elite ワイヤレスコントローラー」レビュー Xbox発の人類史上最強のゲームコントローラーは、PCでも最強だった!
  56. ^ 日本マイクロソフト
  57. ^ Xbox ワイヤレス コントローラーと共通の仕様
  58. ^ シリーズ2では"既定スロット"(全インジケータ消灯)と"既定プロフィール"があり、"既定スロット"には"既定プロフィール"が固定され変更は出来ない。"既定スロット"選択時は背面のパドルが無効になる。"既定プロフィール"には標準のボタン割当が保存されている。(なお、"既定プロフィール"にはパドルにA,B,X,Yが割当られており、"既定プロフィール"をユーザースロットに設定した際に有効になる。)
  59. ^ コントローラー側のスイッチで設定した最大稼働域に合わせて、プロフィール側の入力範囲も自動で連動する機能。連動しないオリジナルは、スイッチの位置に合わせてプロフィール側も手動で設定しないと正しく動作しない。
  60. ^ (オリジナルを基準として比較、以下同じ)
  61. ^ (パドル操作が無効となっている"既定スロット"が選択される)
  62. ^ シリーズ2とオリジナルはスティックと本体側軸との接続形状が異なり、互換性はない
  63. ^ Xbox Adaptive Controller”. MICROSOFT. 2020年1月24日閲覧。
  64. ^ 多くの人に適応することを目指した握らないコントローラー「Xbox アダプティブ コントローラー」が数量限定で販売開始”. GAME Watch. 2020年1月24日閲覧。
  65. ^ [E3 2018]体に障害がある人のゲームプレイをサポートする新型コントローラ「Xbox Adaptive Controller」では何ができるのか
  66. ^ a b 史上初の障碍者向けゲームコントローラー「Xbox Adaptive Controller」を体験”. GAME Watch. 2020年1月24日閲覧。
  67. ^ 障碍のある人でも使えるゲームコントローラー「Xbox Adaptive Controller」”. マイナビニュース. 2019年1月29日閲覧。
  68. ^ Microsoft、“アクセシブルゲーミング”を推進する「Xbox Adaptive Controller」を正式発表”. GAME Watch. 2020年1月24日閲覧。
  69. ^ Microsoftの斬新なコントローラー「Xbox Adaptive Controller」はこうして生まれた”. ITmedia. 2019年1月29日閲覧。
  70. ^ “マイクロソフト、Xbox Oneの年内発売を13か国に縮小。”. engadget Japanese. (2013年8月15日). http://japanese.engadget.com/2013/08/14/xbox-one-13-8/ 2013年8月15日閲覧。 
  71. ^ a b c d e f g h リビングルームで唯一の“ボックス”になる「Xbox One」はソフトとハードの最新技術が満載。プレミアイベントの詳細を総まとめ”. 4Gamer.net (2013年5月21日). 2013年5月25日閲覧。
  72. ^ 新型「Xbox One S」が正式発表、40%小型化&電源内蔵、HDRゲーム&4KムービーやBlu-rayも
  73. ^ 速報:Xbox One S発表。4K BD&HDR対応、歴代最小、新型コントローラ付属で299ドル
  74. ^ 「Xbox One S」の国内発売は2016年11月24日。価格は3万4980円(税別)。「FFXV」のHDR映像対応も明らかに - 4Gamer.net”. 2019年12月31日閲覧。
  75. ^ True 4Kゲーム機「Xbox One X」の誕生。E3 2017詳報”. 2017年6月14日閲覧。
  76. ^ Xbox One Xは日本でも11月7日発売。限定版Scorpioエディションも同額4万9980円 - Engadget 日本版”. 2019年12月31日閲覧。
  77. ^ 光学ドライブなしの廉価モデル「Xbox One S 1TB All Digital Edition」、本日発売! - GAME Watch(2019年5月7日)”. 2019年5月7日閲覧。
  78. ^ a b “Xbox One、6月21日に日本販売の予約を開始!”. GAME Watch (Impress Watch Corporation). (2014年6月17日). http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20140617_653719.html 2014年6月20日閲覧。 
  79. ^ “Xbox One発売記念の限定版 Day Oneエディション、米Amazonで予約即完売 (更新:追加分再入荷)”. engadget日本版 (AOL Online Japan, Ltd.). (2013年6月12日). http://japanese.engadget.com/2013/06/11/xbox-one-day-one-amazon/ 2014年6月20日閲覧。 
  80. ^ Xbox One + Kinect (Day One エディション)”. Microsoft. 2014年6月20日閲覧。
  81. ^ 『Xbox One 500GB + Kinect』 を 2016年9月1日 (木) より出荷開始 – Xbox Japan Blog(日本マイクロソフト公式) 2016年9月1日(2016年9月2日閲覧)
  82. ^ “Microsoft Announces New Kinect-Less Xbox One SKU For $399/£349.99”. GearNuke. (2014年5月13日). http://gearnuke.com/microsoft-announces-new-kinect-less-xbox-one-sku-399349-99/ 2014年9月24日閲覧。 
  83. ^ Xbox One Sの日本展開は事実上の“Xbox Oneスターターパッケージ”に 「Halo 5」、「Halo: TMCC」、1TB HDD、4K Blu-ray搭載で34,980円!”. 2017年1月28日閲覧。
  84. ^ 『Xbox One S 500 GB』に『Minecraft』を同梱した 『Xbox One S 500 GB (Minecraft 同梱版)』を 2017 年 1 月 26 日 (木) に発売”. 2017年1月28日閲覧。
  85. ^ 『Xbox One S 1 TB』に『Forza Horizon 3』を同梱した 『Xbox One S 1 TB (Forza Horizon 3 同梱版)』を 2017 年 2 月 23 日 (木) に発売。早期購入で 4K Ultra Blu-ray版「ゴーストバスターズ」をプレゼントする キャンペーンを実施”. 2017年2月17日閲覧。
  86. ^ 『PlayerUnknown’s Battlegrounds』を同梱した『Xbox One S 1TB (PlayerUnknown’s Battlegrounds 同梱版)』を 2018年2月20日(火)に発売 – Xbox Japan Blog(日本マイクロソフト公式) 2018年2月20日(2018年2月20日閲覧)
  87. ^ “日本マイクロソフト、Xbox One Xの世界同時発売を決定”. GAME Watch (Impress Watch Corporation). (2017年9月20日). http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1080028.html 2017年9月20日閲覧。 
  88. ^ “Xbox One X世界同時発売決定記念インタビュー”. GAME Watch (Impress Watch Corporation). (2017年9月20日). http://game.watch.impress.co.jp/docs/interview/1081635.html 2017年9月20日閲覧。 
  89. ^ “Xbox One ファミリーの上位機種『Xbox One X』 国内発売日を 2017 年 11 月 7 日 (火) に決定”. Xbox Japan Blog (日本マイクロソフト). (2017年9月20日). https://blogs.technet.microsoft.com/xboxjapanblog/2017/09/20/xbox_one_x/ 2017年9月21日閲覧。 
  90. ^ “『Xbox One X ホワイト スペシャル エディション』および『Xbox Elite ワイヤレス コントローラー (ホワイト スペシャル エディション)』を 2018 年 11 月 8 日より数量限定で発売”. Xbox Japan Blog (日本マイクロソフト). (2018年10月23日). https://blogs.technet.microsoft.com/xboxjapanblog/2018/10/23/xbox-one-x-white_xbox-elite-wireless-controller-white-special-edition/ 2018年10月23日閲覧。 
  91. ^ ダウンロード版ゲームやストリーミング映像を手軽に楽しめる、光学式ディスクドライブ非搭載の『Xbox One S 1 TB All Digital Edition』を2019年5月7日 (火) より発売 – Xbox Japan Blog(日本マイクロソフト公式) 2019年4月17日(2019年4月18日閲覧)
  92. ^ Sakr, Sharif (2013年5月21日). “Xbox One runs three operating systems, including cut-down Windows for apps”. Engadget. 2013年5月21日閲覧。
  93. ^ ゲーム開発者がマイクロソフトと付き合うべき7つの理由―Xbox Oneの情報も”. インサイド (2013年7月23日). 2013年7月29日閲覧。
  94. ^ Windows10アプリがXbox Oneで動くようになる時期がついに判明、「Windows 10とXboxの融合」戦略のカギを握るのはゲーム開発者?”. 2017年1月28日閲覧。
  95. ^ 【E3 2016】めざすは「境界線のない未来」・・・Xbox Media Breifingレポート
  96. ^ 【特別企画】全ゲーマーに贈るPCゲーム環境アップグレードガイド(後編)「FFXV」をPCで楽しもう! PC&Xbox Oneでコスパ抜群のゲーミング環境を構築”. 2017年2月17日閲覧。
  97. ^ Xbox Play Anywhere対応タイトル続々登場。Windows10、Xbox Oneでのクロスプラットフォームプレイも可能に
  98. ^ a b 【E3 2013】「Xbox E3 2013 Media Briefing」から見るMicrosoftの新戦略”. GAME Watch (2013年6月11日). 2013年7月29日閲覧。
  99. ^ Xbox One開発担当フィル・スペンサー氏インタビュー”. AV Watch (2013年9月20日). 2013年9月21日閲覧。
  100. ^ a b Xbox One 新世代のオンライン マルチプレイ”. 2014年9月4日閲覧。
  101. ^ Xbox One新実績システムの詳細が明らかに”. 2014年9月4日閲覧。
  102. ^ a b E3ショウフロアでの2大次世代ゲーム機「PS4」と「Xbox One」”. PC Watch (2013年6月17日). 2013年7月29日閲覧。
  103. ^ 日本のXbox Oneユーザー向けに「EA Access」サービスがスタート。月額518円で,さまざざまなEAタイトルが遊べる”. 2017年1月28日閲覧。
  104. ^ Xbox OneのXbox 360後方互換性について今わかっていることまとめ”. GAME Watch (2015年6月18日). 2015年6月18日閲覧。
  105. ^ Xbox One、下位互換機能に「ブルードラゴン」や「ロストオデッセイ」を追加”. 2017年1月28日閲覧。
  106. ^ Xbox One、初代Xboxの後方互換に対応 ” (2017年10月25日). 2018年2月13日閲覧。
  107. ^ Xbox OneはTVの最高の友になるかも”. Gizmo (2013年5月23日). 2013年6月22日閲覧。
  108. ^ “Xbox One記者説明会!新発表タイトルやアプリ、豪華クリエイター陣のコメントを要チェック!!”. GPARA.COM LTD.. (2014年6月20日). http://www.gpara.com/infos/view/13451 2014年6月20日閲覧。 
  109. ^ Xbox One 向けワイヤレス テレビ ソリューションが登場!”. 2017年1月28日閲覧。
  110. ^ Xbox Oneでのゲーム開発が可能に──Microsoft幹部が発表”. ITmedia (2013年7月25日). 2013年7月29日閲覧。
  111. ^ a b c Microsoft、「Xbox One」上でのゲームの開発と公開を可能に”. CNET (2013年7月25日). 2013年7月29日閲覧。
  112. ^ Xbox Oneにおける独立系デベロッパ向けセルフパブリッシングプログラム「ID@Xbox」が発表。誰もがXbox Liveでゲームを開発/販売できることを長期的な目標に”. 4Gamer.net (2013年8月21日). 2013年8月21日閲覧。
  113. ^ Microsoft Scraps Xbox One Plan to Allow All Units to Work as Development Kits”. GameSpot (2014年7月9日). 2014年7月9日閲覧。
  114. ^ Updated: Microsoft denies dropping plans for Xbox One retail units to double as dev kits”. Digital Spy (2014年7月9日). 2014年7月9日閲覧。
  115. ^ Microsoft Discusses Xbox One Launch Parity Clause”. IGN (2014年4月1日). 2014年5月2日閲覧。
  116. ^ Xbox One Parity Clause a 'Shame' Says Stealth Inc. Dev”. IGN (2014年5月1日). 2014年5月2日閲覧。
  117. ^ すべてのWindows デベロッパー向けにXboxストアへのUWPの提出が可能に。”. 2017年1月28日閲覧。
  118. ^ 次期アップデートでXbox OneでもUWPアプリが動く!? 開発者モードを試す”. 2017年1月28日閲覧。
  119. ^ a b c d Xbox One ゲームは中古売買に対応、クラウド共有や譲渡も可能。起動ディスク不要”. japanese.engadget (2013年6月7日). 2013年6月8日閲覧。
  120. ^ Microsoftが「Xbox One」の常時接続や中古売買などに関する,多数の疑問に公式サイトで回答”. 4Gamer.net (2013年6月7日). 2013年6月12日閲覧。
  121. ^ a b c Xbox One、24時間ごとのオンライン認証を撤回 中古売買、ソフトの貸し借りも自由に”. ITmedia ねとらぼ. 2013年6月21日閲覧。
  122. ^ 日本マイクロソフト、家庭用ゲーム機「Xbox One」を9月4日に日本で発売”. 日本経済新聞 (2014年4月23日). 2014年4月23日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

ゲームタイトル一覧
その他

外部リンク編集