メインメニューを開く

YJ-62中国語: 鷹撃-62, 拼音: Ying-Ji-62)は、中華人民共和国で開発された対艦ミサイル。輸出名はC-602

YJ-62
YJ-62 Anti-ship missiles.jpg
YJ-62 Anti-ship missiles
種類 対艦ミサイル
製造国 中華人民共和国の旗 中国
性能諸元
ミサイル直径 54 cm
ミサイル全長 6.1 m
ミサイル重量 1,240 kg
弾頭 210 kg
射程 280 km/150 nmi
400 km/220 nmi (YJ-62A)
推進方式 ターボジェット・サステナー
誘導方式 中間: INS+GLONASS
終末: ARH
飛翔速度 マッハ0.6-0.8
テンプレートを表示

概要編集

1970年代HY-2空対艦ミサイル型としてYJ-6(輸出名: C-601)が開発、配備されていた[1]。本ミサイルは、それとは直接は関係はない。本ミサイルはYJ-83の拡大版であり、弾頭重量と射程を大幅に拡張している。中国海鷹機電技術研究院(CHETA; 第三航空宇宙学院)が開発し、2004年蘭州級駆逐艦(052C型)と共に公開された。2005年ごろから実用段階に入ったものと考えられている[2]

YJ-83から設計は全面的に刷新されている。寸法は一回り大きく、弾頭重量は210キログラムに大型化され、また射程も延伸されている。アメリカ海軍情報局(ONI)では、「150海里 (280 km)の射程で、中・大型艦を撃沈できるよう設計されている」と分析している。またのちに、射程を400キロメートル (220 nmi)に延伸したYJ-62Aも開発された。なおこれらはいずれもシースキマー型の対艦ミサイルであり、終末航程では、シーステート6までなら7-10メートルの攻撃高度で飛翔することができる。射程・重量ともにロシアのクラブに類似するが、終末航程での超音速性能は備えていない[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Shirley A. Kan (August 10, 2000). “China: Ballistic and Cruise Missiles”. CRS Report for Congress (Congressional Research Service). http://carnegieendowment.org/pdf/npp/CRSchinamissilesupdated081000.pdf. 
  2. ^ 多田智彦「ウエポン・システム (特集・中国海軍)」『世界の艦船』第774号、海人社、2013年3月、 90-95頁、 NAID 40019570973
  3. ^ Dennis M. Gormley, Andrew S. Erickson, and Jingdong Yuan (2014) (PDF). A Low-Visibility Force Multiplier: Assessing China’s Cruise Missile Ambitions. National Defense University Press. http://ndupress.ndu.edu/Portals/68/Documents/Books/force-multiplier.pdf. 

外部リンク編集