メインメニューを開く

YKZ(ワイ・ケー・ズィー)は、日本ミクスチャー・ロックバンド。1996年結成[1]。旧名・ヤクザキック。

YKZ
別名 ヤクザキック
ジャンル ミクスチャー・ロック
オルタナティヴ・ロック
ファンク
ラテン
ニュースクールハードコア
活動期間 1996年 - 2004年
レーベル ソニー・ミュージックエンタテインメント
メンバー 小川達三(vocal)
田中秀基(bass)
秋満謙章(guitar)
旧メンバー 青田拓(guitar)
渡辺雄一郎(drums)

メンバー編集

活動休止後は、スラッジコアバンドCHAOS MONGERSのメンバーとして活動。
  • 田中秀基BASS
BACK DROP BOMBのギタリスト・田中仁の実兄
活動休止後は、秋満、金子ノブアキ井手大介とDADASのメンバーとして活動。
活動休止後は、田中、金子ノブアキ、井手大介とDADASのメンバーとして活動。

旧メンバー編集

概要編集

アグレッシヴなスラップ、鋭角的なギター、ファンキーなドラムスに、ハイピッチのラップが乗るという、ミクスチャー・ロックの本道的な音楽性を持つ。

恵比寿のクラブ「みるく」などで不定期にライヴ活動を始めるが、青田がほどなく脱退。インディーズで2枚の作品「EMPIRE OF THE SUN」、「SONIC TEMPLE」をリリースした後、ソニー・ミュージックエンタテインメントと契約。ニューヨークヒップホップグループThe Beatnutsと共演した「REIGN OF THE TEC 2000」でメジャー・デビュー。この頃、渡辺が脱退し、ギタリストにサポートメンバーであった秋満謙章を迎える。

1999年12月にインディーズ2ndアルバムをリリースする際、グループ名を「ヤクザキック」から「YKZ」に変更する。

メジャーの1st.アルバム「THE FIRE THAT BURNS WITHIN」、2nd「ROCK TO THE BEATS」、MINI ALBUM「EXPECT THE UNEXPECTED」など数枚の作品でアイスランドのグループQUARASHIBUDDHA BRANDDEV LARGENIPPS餓鬼レンジャーらとのコラボレーションも発表。

FUJI ROCK FESTIVALSUMMER SONICなど夏フェスにも出演するなど活動していたが、2004年の春に活動を休止。

ディスコグラフィ編集

形式 発売日 タイトル レーベル
シングル 2000年8月23日 REIGN OF THE TEC 2000 ソニー・ミュージックエンタテインメント
シングル 2001年10月24日 Nextreme Unknown
スタジオ・アルバム 2001年11月21日 THE FIRE THAT BURNS WITHIN
シングル 2001年12月5日 HARMORHYTHM
シングル 2002年7月24日 BLOW BACK [HOUSE OF THE RISING FUNK] / DYNA-MIC 2
シングル 2002年10月23日 RIGHT HERE
シングル 2003年1月22日 御用牙 〜牙のテーマ〜 Feat. NIPPS & DEV LARGE
スタジオ・アルバム 2003年4月9日 ROCK TO THE BEATS
スタジオ・アルバム 2003年11月19日 EXPECT THE UNEXPECTED

出典編集

外部リンク編集