フィンランド国営放送

フィンランド全国放送のテレビ・ラジオ局。収入の大部分を受信料でまかなう。
YLEから転送)

フィンランド国営放送株式会社(フィンランドこくえいほうそう、フィンランド語: Yleisradio Oy 略称:Yle)、フィンランド放送協会(フィンランドほうそうきょうかい)は、フィンランド全域をカバーする公共テレビラジオ局。NHKBBC同様、収入の大部分を受信料で賄えて(まかなえて)いる。本拠地はフィンランドヘルシンキ、旧称にO.Y. Suomen Yleisradio(フィンランド語)、A.B. Finlands Rundradio(フィンランド語)[3]がある。

フィンランド
国営放送株式会社
Yleisradio
Rundradion(フィンランド語)
2012年以降のロゴ Yleisradio Oy / Rundradion Ab
形態 地上波テレビラジオオンラインネットワーク
 フィンランド
視聴可能 国内
国際(近隣各国の一部地域[注 1]
設立 ラジオ:1926年9月9日 (96年前) (1926-09-09)
テレビ:1958年1月1日 (65年前) (1958-01-01)
スローガン One Word. A Thousand Stories.[注 2]
シェア テレビ:国内の全視聴者50 %(2021年[1]
ラジオ:同全聴取者53 %(2022年8-10月期[2]
所有者 国有率99.9 %、国会の指名する管理委員会の監督を受ける[注 3]
代表者等 en:Merja Ylä-Anttila (CEO)
開局 1926年9月9日 (96年前) (1926-09-09)
公式サイト yle.fi

YLEはフィンランド政府がその株式の99.98%を所有する株式会社特殊会社)であり、4つのテレビチャンネルと13のラジオチャンネル、25の地方局がある。1926年ヘルシンキで創業。フィンランドは公式的に2つの公用語を持つ国であり(スウェーデン語母語とする人口は約5.5%)、スウェーデン語のテレビとラジオ放送を「Svenska Yle」と言う局名で実施していた。

欧州放送連合(EBU)の設立時からの加盟局である。


歴史編集

 
2012年2月まで使用していたロゴ
  • 1926年 ヘルシンキにて設立。1928年には全国放送(ラジオ)開始。
  • 1957年 テレビ実験放送を開始。翌年「Suomen Televisio」(フィンランド・テレビ)の名で本放送へ移行した。
  • 1964年 TES-TVとTam Visioを傘下に編入し、YLE TV2として統合。
  • 1969年 全放送をカラー放送へ移行。
  • 2007年 アナログからデジタル放送へ移行。

テレビ編集

  • YLE1:ニュースや教育番組、映画、娯楽番組など
  • YLE2:子供・若者向け、スポーツ中継など
  • YLE Teema:文化・芸術・科学番組など
  • YLE FST5:スウェーデン語放送、フィンランド語字幕付
国際放送
  • TVフィンランド:デジタル衛星放送による国際放送。YLE放送とMTV3の番組を欧州の他地域に放送している。

ラジオ編集

デジタルサービス

YLEは2005年末にDABからDVBへ移行し、下記のデジタル・ラジオ放送を実施している。

  • Ylen Klassinen:24時間放送
  • YLE VegaPlus
国際放送

主な番組編集

脚注編集

[脚注の使い方]

編集

  1. ^ 電波の受信範囲は次の近隣各国の一部。スウェーデンノルウェーロシアエストニア
  2. ^ 標語「一語。千の物語。」
  3. ^ 管轄省庁は交通通信省(英語)

出典編集

  1. ^ Finnpanel - TV Audience Measurement [テレビ視聴率調査]” (英語). www.finnpanel.fi. 2022年12月6日閲覧。 “各局の年平均の日単位視聴率。Yle系3局総合、2021年:50 %、2020年:52 %、年齢層は4歳以上、総人口529万7000人。(※=Yle TV1、Yle TV2、Yle Teema&Fem。)”
  2. ^ Finnpanel - National Radio Survey [全国ラジオ聴取者調査]” (英語). www.finnpanel.fi. 2022年12月6日閲覧。 “局名:YLE総合、単日(千人):1,644・33 %、週間:2,440・48 %、視聴時間(分/日・千人):平均:72、局:221。「ラジオと映像番組視聴調査・2022年8月 - 10月期の統計(英語)より。総人口=503万6867人、対象はフィンランド全国の9歳以上の視聴者。エラー誤差:±2 %-yks. = 98 000。”
  3. ^ Ylen historia [よくある質問 > Yle 沿革]” (フィンランド語). yle.fi (2015年5月15日). 2022年12月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集