メインメニューを開く

Yuki Saito(ゆうき さいとう、1979年6月21日 - )は日本映像ディレクター千葉県出身。スターダストプロモーション関連のSTARDUST DIRECTORS所属。

ゆうき さいとう
Yuki Saito
Yuki Saito
下北沢トリウッドにて(2019年3月)
生年月日 (1979-06-21) 1979年6月21日(40歳)
出生地 日本の旗 千葉県
職業 映像ディレクター
ジャンル 映像
事務所 SDP
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

目次

経歴編集

高校卒業後アメリカに渡り、Columbia College-Hollywood卒業。初監督作品『TRIANGULATION POINT』ショートショートフィルムフェスティバル2004にて「観客賞」「審査員奨励賞」をW受賞、世界6カ国12の映画祭で上映。卒業後は文化庁在外研修員としてノーマン・パウエルに師事。2006年、帰国。

短編映画「胸にTATTOOなんかいれて」(Short Shorts Film Festival & Asia 2013で「観客賞」[1]、ネスレアミューズ映画祭にて「ネスレ日本特別賞」を受賞)特別製作作品としてネスレシアターにて「あのときのFlavor…」を発表。 香音花粉デビルをやっつけろ!」のMVではYoutubeで200万PVを達成した。

2012年には、被災地のペット達の救援活動をドキュメント『インスタントペットハウス』(カンヌ国際広告祭「Direct部門」シルバーとブロンズ、「Design部門」でもブロンズを受賞)

2014年、サンシャイン水族館『ペンギンナビ』(カンヌ国際広告祭「Design部門」でゴールドを受賞、2013「Mobile部門」でもシルバーとブロンズを受賞)

他、DISH//が初主演ドラマ「BATTLE☆DISH//」、私立恵比寿中学が初主演ドラマ「甲殻不動戦記 ロボサン」、さらにミラノ万博での上映が決まった「しゃぶしゃぶスピリット」などを手がける。

2016年秋には商業長編デビュー作として川端康成原作「古都」を現代版にアレンジし、松雪泰子(一人二役)を主演に迎え、橋本愛、成海璃子、伊原剛志、奥田瑛二など実力派俳優が出演し、原作の未来を描く映画『古都』で商業長編デビューを果たし、文部科学省特別選定映画に選出される。

2018年「おっさんずラブ」(テレビ朝日)第6話放送後、Twitterの世界トレンド1位をとなる大反響を呼んだ[2]

監督作品編集

映画編集

  • AMERICAN DEAL(2005年)
  • 返り討ち(2007年)
  • カクレ鬼(2008年)[3]
  • AI監督「Take Action」脚本・Associate Director(2009年)
  • Re: Play-Girls(2010年)
  • 桐生人(2012年)
  • 胸にTATTOOなんかいれて(2012年)
  • あのときのFlavor...(2014年)[4]
  • しゃぶしゃぶスピリット(2015年)[5]
  • ゴッサム ジャンブル パフェ(2015年)[6]
  • 古都(2016年)[7]
  • アンナとアンリの影送り(2018年)
  • Our Birthday(2018年)

ドラマ編集

CM編集

  • ESPグループ「Teena」
  • どうぶつ救助本部「インスタントペットハウス」
  • サンシャイン水族館 「ペンギンナビ」
  • バンダイ「スマトモ」
  • LIVEMAX「LIVEMAX」
  • キヤノンC700デモ映像「A day in Kyoto」
  • NifMo by Nifty「轟満の先入観」
  • FUKUYA「ローカルミーハーのうた」
  • ブルボン「ズルイよ、甘杉くん!」
  • 損保ジャパン日本興亜「off!」
  • クラッシュオブキングス「五つの掟」

ミュージック・ビデオ編集

ライブ編集

  • DISH//2014.5.11 日比谷野外音楽堂ライブ (総合演出)
  • DISH//2015.1.1 日本武道館ライブ (総合演出)

受賞歴編集

  • ショートショートフィルムフェスティバル2009 観客賞
  • Cannes Lions2012 Direct部門 シルバー&ブロンズ
  • Cannes Lions2013 Mobile部門 シルバー&ブロンズ受賞
  • ショートショートフィルムフェスティバル 2013観客賞
  • Cannes Lions2014 Design部門ゴールド受賞
  • Indie Fest Film Awards優秀賞[8]
  • ショートショートフィルムフェスティバル2015観客賞
  • 第97回ザテレビジョンドラマアカデミー賞監督賞(2018年『おっさんずラブ』) - 瑠東東一郎山本大輔と共に[9]

出典編集

外部リンク編集