ZIPAIR Tokyo

日本の格安航空会社(準備会社)

株式会社ZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)は、日本の航空運送会社[2]

ZIPAIR Tokyo
ジップエア・トーキョー
IATA
ZG
ICAO
TZP
コールサイン
ZIPPY
設立 2019年2月
ハブ空港 成田国際空港
保有機材数 2
就航地 2
親会社 日本航空
代表者 西田 真吾 (社長)
外部リンク Official Website
テンプレートを表示
株式会社ZIPAIR Tokyo
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
282-0004
千葉県成田市古込字古込1番地1
JAL成田オペレーションセンター内
設立 2018年7月31日
業種 空運業
法人番号 6040001105648
事業内容 航空会社(航空運送)
代表者 西田 真吾(代表取締役社長)
資本金 50億円[1]
主要株主 日本航空 (100%)
外部リンク http://www.zipairtokyo.com/
テンプレートを表示

概要編集

2018年5月14日日本航空が国際線中長距離格安航空会社の設立を発表[3]し、7月31日に準備会社として株式会社ティー・ビー・エルが設立された[4]。社名は "To Be Launched" に由来する[5]

2018年10月9日運航乗務員の募集を開始した[6]

2019年3月8日、ブランド名、社名変更を公表、国土交通省に航空運送事業許可申請をした。新社名は「ZIPAIR Tokyo」となった[2]

2019年4月11日、今後の事業計画を遂行する上で、必要な資金の調達としてJALを引受先とする増資を実施、資本金と資本準備金それぞれ4億9000万円ずつからそれぞれ25億円に増資[7]。同日、機体デザインと制服を発表[8]

2019年7月5日、国土交通省より航空運送事業の許可を取得した[1]

2019年12月19日より、目的を「TEST」として、成田国際空港から関西国際空港中部国際空港へ飛行[9]

2020年夏に、アジアヨーロッパアメリカ方面への就航を目指している[3]

機材編集

機材はボーイング787-8でJALが初期に導入した機材(JA822/825J[10])を移管し、エコノミークラスの座席配置はJALで運用している1列8席を9席に改める予定[11]

就航路線編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 航空運送事業の許可について (PDF) - 国土交通省 令和元年7月5日
  2. ^ a b 国際線中長距離LCCエアライン『ZIPAIR』が誕生 JAL プレスリリース 2019年3月8日
  3. ^ a b c 新たに国際線中長距離ローコストキャリアの設立を決定 日本航空 2018年5月14日
  4. ^ 「株式会社ティー・ビー・エル」設立のお知らせ 日本航空 2018年7月31日
  5. ^ JAL LCCの準備会社を設立 - 産経ニュース 2018年7月31日
  6. ^ “JAL新LCC、操縦士経験者の募集開始” (日本語). 日本経済新聞. (2018年10月9日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36289520Z01C18A0TJ3000/ 2018年10月9日閲覧。 
  7. ^ ZIPAIR、増資に関して - ZIPAIR 2019年4月11日
  8. ^ 『ZIPAIR』が機体と制服のデザインを発表 - ZIPAIR 2019年4月11日
  9. ^ 中部国際空港セントレア (2019年12月18日). “https://twitter.com/EPSHV/status/1207519376586362880 …” (日本語). @Centrairairport. 2019年12月22日閲覧。
  10. ^ ZIPAIR、40億円増資 JAL全額出資は変わらず - Aviation Wire 2019年4月11日
  11. ^ JAL新LCC、3月上旬に事業許可申請へ 初期導入787-8移管 - Aviation Wire 2019年2月25日

関連項目編集

外部リンク編集