ZZZ』(ズィー)は、1997年(平成9年)9月29日から2003年(平成15年)3月28日まで日本テレビ系列局で放送された深夜のエンターテインメントゾーン。各種深夜番組を日替わりで放送していた放送枠の名称である。

ZZZ
ジャンル スポーツニュース番組
深夜バラエティ番組
放送時間 放送時間を参照
放送期間 1997年9月29日 - 2003年3月28日
放送国 日本の旗 日本
制作局 札幌テレビ
テレビ岩手
日本テレビ
中京テレビ
読売テレビ
広島テレビ
山口放送
福岡放送
出演者 各番組の項目を参照
音声 ステレオ放送

特記事項:
2002年3月まで『スポーツMAX』を内包。木曜日のみ2002年9月に終了。
テンプレートを表示

目次

概要編集

この放送枠は大きく分けて日本テレビ製作の番組『スポーツMAX』と、各地の系列局(初期の頃は日本テレビも加わっていた)が製作した各種エンターテインメント番組(30分番組を毎日2本ずつ)から成り、これらを組み合わせて放送していた。放送初期では坂上みきをMCに迎えた5分間のトーク番組『i・z』も放送された。なお、スポーツMAXは2002年4月より『きょうの出来事』内にインサートされ、この枠からは外れた。

この枠の創設の目的は、地方系列局の自社番組製作の能力向上にあった。そのため日本テレビは、製作に参加する系列局の担当スタッフを日本テレビに呼び寄せ、バラエティ番組のプロデュース方法の研修を行った。

しかし出来上がった番組は、著作権こそ系列局が持っているものの、実際の制作は東京の制作プロダクション丸投げしているものが多かった。

放送時間編集

時期 スポーツMAX 1部 i・z 2部
1997年9月29日 - 1999年3月26日 23:25 - 23:45(20分) 23:45 - 24:15(30分) 24:15 - 24:20(5分) 24:20 - 24:50(30分)[1]
1999年3月29日 - 2000年9月29日 23:25 - 23:37(12分) 23:37 - 24:12(35分) (放送終了) 24:12 - 24:47(35分)
2000年10月2日 - 2002年3月29日 24:12 - 24:45(33分)
2002年4月1日 - 2002年9月27日 (『きょうの出来事』に内包) 23:55 - 24:25(30分) 24:25 - 24:55(30分)
2002年9月30日 - 2003年3月28日 24:20 - 24:50(30分) 24:50 - 25:20(30分)[2]

※ただし、1997年10月から2002年9月までの金曜日は、全てこれの30分遅れの時刻となる。

製作に参加した放送局編集

放送された番組編集

  • 括弧内は製作局。
  • 1 - 別枠に移行。
  • 2 - のちに『夜は別バラ22:54』に移行。

月曜1部編集

月曜2部編集

火曜1部編集

  • 香取慎吾の天声慎吾(日本テレビ、1997年10月 - 1999年3月) ※1
  • ろみひー(中京テレビ、1999年4月 - 2002年9月)
  • アッコとマチャミの新型テレビ(福岡放送、2002年度後期)

火曜2部(2002年9月に廃枠)編集

水曜1部編集

  • 中居くん温泉H(読売テレビ、1997年度後期)
  • ろみひー(中京テレビ、1998年度全期)
  • 号外!!爆笑大問題(札幌テレビ、1999年度・2000年度)
  • 松本紳助(広島テレビ、2001年度・2002年度)

水曜2部(2002年9月に廃枠)編集

木曜1部(2002年9月に廃枠)編集

木曜2部(1998年9月に廃枠)編集

補足
  • 1998年10月以降は、以前金曜1部の後に放送されていたHONDA一社提供のモータースポーツ情報番組『U・S』(のちの『U・S改』・『BOON!』・『MOBI』)が移動してきたため、その放送枠確保のため、木曜日の2部枠を段階的に終了した。代わって『ZZZ』金曜2部が新設された。

金曜1部編集

  • HAMASHO(第1期)(読売テレビ、1997年10月 - 1999年9月)
  • フジリコ(読売テレビ、1999年10月 - 2002年3月)
  • HAMASHO(第2期)(読売テレビ、2002年度全期)

金曜2部編集

月-金1部と2部の間編集

  • i・Z(日本テレビ、1997年10月 - 1999年3月)
    • 坂上みき司会の5分間のトーク番組。ゲストは週替わりだった。

番組の移りかわり編集

  • 括弧内は製作局。

第1部編集

『ZZZ(第1部)』歴代番組一覧
放送期間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1997年10月 - 1998年3月 鉄腕!DASH!!
(日本テレビ)
香取慎吾の天声慎吾
(日本テレビ)
中居くん温泉H
(読売テレビ)
Kissだけじゃイヤッ!
(読売テレビ)
HAMASHO
(読売テレビ)
1998年4月 - 1998年9月 ロンブー荘青春記
(日本テレビ)
ろみひー
(中京テレビ)
1998年10月 - 1999年3月 号外!!爆笑大問題
(札幌テレビ)
1999年4月 - 1999年9月 つよチャン堂本舗
(日本テレビ)
ろみひー
(中京テレビ)
号外!!爆笑大問題
(札幌テレビ)
1999年10月 - 2000年3月 ネプ中
(広島テレビ)
フジリコ
(読売テレビ)
2000年4月 - 2001年3月 ヤミツキ
(広島テレビ)
2001年4月 - 2002年3月 秘密の爆笑大問題
(札幌テレビ)
松本紳助
(広島テレビ)
2002年4月 - 2002年9月 秘密の超爆笑大問題
(札幌テレビ)
2002年10月 - 2003年3月 爆笑問題のススメ
(札幌テレビ)
アッコとマチャミの新型テレビ
(福岡放送)
廃枠 HAMASHO
(読売テレビ)

第2部編集

『ZZZ(第2部)』歴代番組一覧
放送期間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1997年10月 - 1998年3月 ホリーマウンテン
(日本テレビ)
新橋ミュージックホール
(読売テレビ)
いろもん
(日本テレビ)
ビリビリさせて
(中京テレビ)
放送無し
1998年4月 - 1998年9月 号外!!爆笑大問題
(札幌テレビ)
マチャミの全部いただきっ!!
(中京テレビ)
1998年10月 - 1999年3月 恋のチューンネップ
(広島テレビ)
所的蛇足講座
(福岡放送)
マチャミの全部いただきっ!!
(中京テレビ)
(廃枠) 新橋ミュージックホール
(読売テレビ)
1999年4月 - 1999年9月 GIRLS2
(日本テレビ)
1999年10月 - 2000年3月 三宅裕司のワークパラダイス
(山口放送)
ヤミツキ
(中京テレビ)
2000年4月 - 2000年9月 あけすけ
(広島テレビ)
ホットパンツ
(福岡放送)
三宅裕司のドシロウト
(山口放送)
フライデーナイトは
お願い!モーニング
(テレビ岩手)
2000年10月 - 2001年3月 アッコとマチャミのテレビ
(福岡放送)
三宅裕司のドシロウト
(山口放送)
松本紳助
(広島テレビ)
2001年4月 - 2001年9月 アッコとマチャミの新型テレビ
(福岡放送)
あんたにグラッツェ!
(中京テレビ)
2001年10月 - 2002年3月 D-TODAY
(日本テレビ)
2002年4月 - 2002年9月 Chanoma Girls
(中京テレビ)
2002年10月 - 2003年3月 ろみひー
(中京テレビ)
(廃枠) (廃枠) 三宅裕司のドシロウト
(山口放送)

特別番組編集

番組開始前日の番組対抗ボウリング大会編集

これは、『ZZZ』が始まる数日前に『スポーツMAX』のキャスター陣と一部のバラエティ枠の出演者が女子プロボウラーと組んでの1ゲーム・トーナメント戦で優勝賞品の海外旅行を賭けて行われた。

超豪華人気番組大集合!! ZZZまつり編集

これは、1999年12月26日の19:00から20:54に放送された特番である(NNN30局ネット)。『ザ!鉄腕!DASH!!』『特命リサーチ200X』は年末編成で休止となった。

『ZZZ』内放送番組の出演者が各番組に関する内容のクイズゲームに挑むバラエティ番組として放送された(『スポーツMAX』は参加しなかった)。『スーパークイズスペシャル』に近い形を採っていたが、『ZZZ』内の番組では無かった『いろもん貳』の出演者である笑福亭鶴瓶今田耕司東野幸治の3人がスタジオの入り口手前で各放送番組の出演者とトークをするコーナーが放送の合間に挿まれていた。なお、このトークには、前述の3人と『ZZZ』でメイン番組を持っていた、ヒロミネプチューン島田紳助所ジョージといったメンバーとの、当時としては珍しい共演となっていた。

なお、19時台の日立製作所と20時台の積水ハウスはこの特番のスポンサーには付かなかったため、提供は別スポンサーに差し替えられていた。

脚注編集

  1. ^ 金曜は1998年9月まで放送なし。木曜は1998年9月までで廃枠。
  2. ^ 火 - 木曜は2002年9月までで廃枠。
  3. ^ テレビ岩手にとっては、最初にして唯一(2014年3月時点)の全国ネットレギュラー番組である

関連番組編集

  • バリューナイト - この番組の流れから中京テレビ、よみうりテレビも製作に関与。

外部リンク編集