メインメニューを開く

おばあさんの虫眼鏡』(おばあさんのむしめがね、原題:Grandma's Reading Glass)は、1900年イギリスで製作・公開された短編映画である。モノクロ、サイレント。「ブライトン派」と呼ばれたイギリスの先駆的な映画人の一人であるジョージ・アルバート・スミスの監督作であり、スミスの前作『望遠鏡でみたもの英語版』とともに初めてクローズアップを用いた作品である[1][2]

おばあさんの虫眼鏡
Grandma's Reading Glass
監督 ジョージ・アルバート・スミス
製作 ジョージ・アルバート・スミス
公開 イギリスの旗 1900年11月
上映時間 1分20秒
製作国 イギリスの旗 イギリス
テンプレートを表示

少年がおばあさんの虫眼鏡をかざして新聞、懐中時計、鳥籠の鳥、おばあさんの目、猫を覗いて見る、という内容。本作は異なる映像を交互に繋ぐことで構成されており[3]、少年が虫眼鏡をかざすとショットが切り換わり、少年の見る対象物が、円形にくり抜かれたマスクの中にクローズアップで映し出される。

脚注編集

  1. ^ 当時は全景ショット(ロングショット)が普通であった。
  2. ^ この作品などでスミスは、全景ショットに対してクローズアップを使ってモンタージュを試みており、クローズアップの効果を大きくした(岩本憲児著『サイレントからトーキーへ』より)。しかし、クローズアップが劇的な要素を持つようになったのは、アメリカのエドウィン・S・ポーターD・W・グリフィスらの映画からのことである。
  3. ^ メタ映像としての幽霊表現[リンク切れ]

外部リンク編集