メインメニューを開く

株式会社かりゆしは、沖縄県沖縄本島ホテル業を営む株式会社である。沖縄県の大規模リゾートホテルは本土から大手資本が参加していることが多い中、沖縄県由来の資本として沖縄本島でリゾートホテル3軒を営業する大手ホテル会社の一つである。「かりゆし」とは沖縄の方言で「かり」と「ゆし」の結合したもので、『幸せ』や『幸多かれ』という意味がある。

株式会社かりゆし
KARIYUSHI Co.ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
900-0016
沖縄県那覇市前島3-25-1
とまりんビル 2-3F
設立 1991年7月1日
業種 サービス業
法人番号 5360001001898
事業内容 リゾートホテルの運営
代表者 當山智士(代表取締役社長)
糸数昌高(代表取締役副社長)
資本金 1億円
売上高 増加 94億7424万円(2016年期)[1]
営業利益 増加 7億4357万円(2016年期)[1]
総資産 172億6402万円(2005年期)
従業員数 404人
決算期 3月
主要株主 平良朝敬 25.6%
平良盛三郎 18.2%
平良朝秀 16.5%
鈴木啓司 16.5%
2005年3月31日
外部リンク http://www.kariyushi.co.jp
テンプレートを表示

土産物店などを営業するほか、かつてはサッカークラブ「沖縄かりゆしFC」に出資していた。

沿革編集

  • 1962年10月 - 那覇市若狭に「沖乃島観光ホテル」を開業。
  • 1966年 - 那覇市松尾に「ホテルなは」を開業。
  • 1972年7月 - 有限会社ホテルなは設立。
  • 1979年 - 那覇市泉崎に「ホテルニュー那覇」を開業。
  • 1980年7月 - ドライブイン「リーフリゾートかりゆし」を開業。
  • 1987年 - ホテル「かりゆしビーチリゾート恩納」を開業。
  • 1991年7月 - 株式会社平盛リゾートエンタープライズに改組。
  • 1995年 - ホテル「かりゆしアーバンリゾート那覇」を開業。
  • 1996年 - ホテルニュー那覇を「かりゆし琉球ホテル那覇」に改称。
  • 2003年4月 - 株式会社かりゆしに名称変更。
  • 2008年6月 - ホテル「かりゆしアーバンリゾート那覇」の閉館を決定。
  • 2008年7月 - 恩納村に「SPARESORT EXES(スパリゾート エグゼス)」を開業。
  • 2009年7月 - 「かりゆしアーバンリゾート那覇」を再開業。あわせてリニューアル。
  • 2013年11月 - かりゆし琉球ホテル那覇の隣に「かりゆしLCH泉崎県庁前」を開業。
  • 2017年12月-沖縄県宜野座村にある宜野座村営野球場等の施設のネーミングライツ(命名権)を取得した。

ホテル編集

直営編集

  • 沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ(沖縄県国頭郡恩納村
  • 沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ(沖縄県那覇市
  • 沖縄かりゆし琉球ホテル・ナハ(沖縄県那覇市)
  • SPARESORT EXES【スパリゾート エグゼス】(沖縄県国頭郡恩納村)
  • Okinawa EXES Ishigakijima(旧・かりゆし倶楽部ホテル石垣島 沖縄県石垣市)
  • かりゆしLCH泉崎県庁前(沖縄県那覇市)

関連編集

  • オキナワ マリオット リゾート&スパ(旧沖縄マリオットリゾート・かりゆしビーチ)(沖縄県名護市
    • 2005年4月に開業。売上低迷のため、2006年4月にアメリカの投資会社ローンスターの傘下であるソラーレホテルズアンドリゾーツの子会社「ラグーンリゾート名護」に営業譲渡された。かりゆしはソラーレとの共同出資の会社を設立し運営部分を受け持っている(余談だが、建設費などこのホテルに費やした初期費用より、譲渡したときの譲渡額が高くなったとされ、近年の沖縄への投資ブームの典型例とされる)。

関連法人編集

  • 株式会社ティーシー - かりゆしモールの運営、保険事業、マルチメディア事業、広告事業、レストラン事業 [1]
  • 有限会社リゾートエンタープライズ沖縄 - スポーツ施設運営 [2]
  • 株式会社かりゆしインターナショナル
  • 株式会社ビック沖縄 - 結婚式関連サービス [3]
  • カリユシドリームハウジング株式会社 - ホテル施設客室清掃
  • 農業生産法人有限会社かりゆしファーム - 観光農園事業
  • 有限会社トモ・タカコーポレーション - エステティックサロンの経営
  • 株式会社沖縄かりゆしフットボールクラブ [4]
  • 平良クリニック - 医療施設

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集