たたき上げとは、師匠職人弟子入りして、下積みで仕事を覚えた後、実力をつけたもののことを言う。

もともとは、職人の世界での言葉であったが、転じて他の分野でもいわゆるエリートキャリア世襲等のスタートラインから恵まれた状況にあった人間との対義として、下積みから努力して一人前になった人に対しての賛辞として用いることが多い。

関連語編集

関連項目編集