ひとり酒 (ぴんから兄弟の曲)

ひとり酒』はぴんから兄弟としての第二作品目の楽曲である。

楽曲概要編集

  • ぴんからトリオ時代から続いていた「女シリーズ」から初めてタイトルに「女の」を付けなかった作品になる。
  • 前作の女のきずがトリオ時代に比べて売り上げが落ち込んでいたがこの作品によって売り上げ総数50万枚近くを記録し再び大ヒットとなった。
  • オリコンヒットチャートベスト10位内には入らなかったものの最高位14位でベスト100位内には5か月間に渡って入りロングヒットとなった。
  • カラオケでも長年に渡って定番ソングとなりカラオケ年間では1973年から3年間ベスト20位内に入った。

[1]

楽曲内容編集

  • ひとり酒  作詞:菅野さほ子  作曲:紺野章  編曲:佐伯亮 (4'09") (発売:1973年12月10日、日本コロムビア) (AA-23)

B面:「おんな町」 作詞:菅野さほ子  作曲:紺野亮  編曲:栗田俊夫 (3'33")  唄:宮五郎 [2]

音楽出版権利編集

  • 有限会社第一音楽出版と日本コロムビア株式会社にある。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ オリコン年鑑』(1973年版) 発行:オリジナルコンフィデンス出版社  「年間シングル一覧」
  2. ^ 「ひとり酒」レコードジャケット歌詞欄より