メインメニューを開く

まほろ市(まほろし)とは、様々な小説の舞台となる架空の都市の名。

幻(まぼろし)を都市名にしたものでユートピアと同じく「どこにも存在しない場所」の意味を持つ。または、古事記にある倭建命日本書紀では景行天皇)の国偲び歌「夜麻登波 久爾能麻本呂婆(後略)」(倭は 國のまほろば)に由来する。

まほろ市が登場する作品編集