メインメニューを開く

むつ市5億円強奪事件(むつしごおくえんごうだつじけん)とは1985年に発生した強奪事件。

概要編集

1985年10月25日、常習詐欺グループの7人が青森県むつ市の自営業3人に架空の融資話を持ちかけて、呼び出した後で3人を監禁。預金通帳印鑑を奪い、金融口座から2000万円を引き出し、4億8000万円を神戸市金融機関に振り込む事件が発生した。主犯は計画的に会社をでっち上げ、スリや窃盗や強盗などの犯罪のプロを集めた計画的犯行であった。

1か月もしないうちに7人全員が逮捕された。西日本で逮捕されて青森まで護送された主犯は、護送中にマスコミに対して饒舌に犯行を語った。

裁判では主犯懲役11年が言い渡された。

関連項目編集