ゆう活

ゆう活(ゆうかつ)とは、日本国政府が推奨する「夏の生活スタイル変革」の通称。

朝早くから働き始め、明るい夕方のうちに仕事を終わらせ、夕方からは家族や友人との時間を楽しむことを推進してワークライフバランスを実現し、国民が豊かさを実感できるようにすることを目的とする。

目次

概要編集

「国家公務員の女性活躍とワークライフバランス推進のための取組指針」[1]及び「国家公務員における『夏の生活スタイル変革』朝型勤務と早期退庁の勧奨)の実施方針」[2]を踏まえ主に以下を実施する。

  • 毎週水曜日の全省庁一斉定時退庁日における20時までの消灯
  • 政務幹部による定時退庁時のフロア巡回職員の早期退庁促進
  • 16時15分以降の会議、発注、待機の禁止
  • 概算要求関連調書の提出期限を例年9月上旬までの過半を9月末まで延長
  • 就職希望者の採用面接など官庁訪問の終了時刻を22時からできる限り前倒し

これに伴い、窓口業務などで勤務時間が変えられない職員を除く全国約22万人の国家公務員が2015年7月1日より8月末までの2カ月間、勤務時間を1から2時間前倒しすることとなった。

また、安倍晋三首相は首相官邸で記者団の取材に応じ、「この『ゆう活』を日本の長時間労働の慣行を変えるきっかけにしたい。私も有効に活用したい」と語った。

CM編集

ゆう活実施に先行し2015年6月後半より、政府インターネットテレビ[3]および一般放送にてテレビコマーシャルを放送している。

出演:

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ [1] - 平成26年10月17日女性職員活躍・ワークライフバランス推進協議会決定
  2. ^ [2] - 平成27年3月27日内閣人事局公表
  3. ^ [3] - ゆう活テレビCM〜ゆう活ジャンプ〜(30秒)

外部リンク編集