メインメニューを開く

アイウエオリババとは、小学校学芸会に使われる、アラビアンナイトの「アリババと40人の盗賊」が原作の、生越嘉治作の児童劇物語、またはその主人公である。

あらすじ編集

昔、ペルシャにアリババ、イリババ、ウリババ、エリババ、オリババの五人からなる五つ子(アイウエオリババ)がいた。ある日、アイウエオリババがを採りに行った。その時、盗賊の秘密の洞穴を見つけた。そこに盗賊達が来た。「開け、ゴマ」という呪文でが開き、「閉じよ、ゴマ」という呪文で閉まる。盗賊達は、呪文で扉を開け、宝物を入れ、呪文で閉め、盗賊達は、洞穴から去る。それを見ていたアイウエオリババは、呪文を覚えて、「開け、ゴマ」で開けてみた。中に入っていた宝物を持っていって、「閉じよ、ゴマ」で閉め、宝物を街の人たちに分けてきた。街の人達は喜び、宝物を大切にした。

ある日、それを知ったカシムとカシムの奥さんは、アイウエオリババに無理矢理呪文を聞き出し、洞穴の前に行った。だが、呪文を忘れてしまい、ひたすら「開け」に、穀物の名をつけて言ってみた。ようやく「ゴマ」とわかって、扉が開いて、宝物を持って行くところを盗賊達にばれてしまい、殺されそうになったが、アイウエオリババがわざと登場し、金貨を取ったといい、アイウエオリババが盗賊達が洞穴に入った際に、「閉じよ、ゴマ」で扉を閉めたため、助かった。そのあと、街の人にお礼を言われた。

登場人物編集

登場人物の種類は約8種。

アイウエオリババ編集

アリババ

8歳。町の人に宝物を分けてあげたり、盗賊から町の人を守ったりと、優しい心がある。一方、「ひらげごま」「とじよごま」の呪文の岩の開閉をやってみる等、好奇心旺盛でもある。五つ子の中のリーダー。

イリババ

8歳。町の人に宝物を分けてあげたり、盗賊から町の人を守ったりと、優しい心がある。一方、「ひらげごま」「とじよごま」の呪文の岩の開閉をやってみる等、好奇心旺盛でもある。

ウリババ

8歳。町の人に宝物を分けてあげたり、盗賊から町の人を守ったりと、優しい心がある。一方、「ひらげごま」「とじよごま」の呪文の岩の開閉をやってみる等、好奇心旺盛でもある。五人の中で一番台詞が少ない。

エリババ

8歳。町の人に宝物を分けてあげたり、盗賊から町の人を守ったりと、優しい心がある。一方、「ひらげごま」「とじよごま」の呪文の岩の開閉をやってみる等、好奇心旺盛でもある。

オリババ

8歳。町の人に宝物を分けてあげたり、盗賊から町の人を守ったりと、優しい心がある。一方、「ひらげごま」「とじよごま」の呪文の岩の開閉をやってみる等、好奇心旺盛でもある。副リーダー。

町の人編集

町の人1~10

24歳~68歳。ペルシャに住んでいる。

盗賊編集

かしら

60歳。7~15人程度いる盗賊の中の頭。手下に指示を出す。

盗賊1~10

40歳~59歳。

カシム/カシムの奥さん編集

カシム

24歳。アイウエオリババの金持ちで、欲張り。「ひらけ」の後に続く言葉を忘れる等、すこし頓珍漢である。

奥さん

24歳。金持ちだが、欲張りではない。カシムとは、8年前に結婚

劇中歌編集

劇中歌は全てが、生越嘉治作詞、星野健作曲。

曲一編集

  1. 1番 アイウエオリババが薪を採りに行くところ
  2. 2番 アイウエオリババが宝物を街へ持っていくところ
  3. 3番 町の人がアイウエオリババに宝物を分け与えるところ
  4. 4番 アイウエオリババが盗賊を捕まえたところ

曲二編集

  1. 1番 盗賊が登場するところ
  2. 2番 カシムとカシムの奥さんが洞穴に近づくところ

関連項目 編集