アイオ (フリウーリ公)

アイオもしくはハイオ (英語: Aio, Haio 811年以降没) は、フリウーリ公だったと推定されている人物。おそらくエリクの死(799)からカドラーの任命(817年)まで任についていた。なお、808年ごろに死去したイストリア辺境伯ハンフリッドが前任者だった可能性もある。当時や後の史料には彼をフリウーリ公として言及している史料はないが、この時期に明らかにフリウーリ公の勢力が拡大しており、またアイオ以外にフリウーリ公がいたとされる証拠もない。

799年2月2日、アイオはカール大帝からフリウーリ公国の土地を与えられた[1]。 809年7月7日、カール大帝はアイオの息子たちがフリウーリを分割統治することを承認した。長男アルボイン(アルブイン)はフリウーリとヴィチェンツァを、次男インゴベルトもヴィンチェンツァ内の土地を、また末子アギスクラフはヴェローナを受け取った。アイオの領土があまりにも広大だったため、相続にも皇帝の認可を要したのである。

アインハルトフルダ年代記によると、カール大帝は811年にニケフォロスの和約に調印するため、バーゼル司教ハイドトゥールユーグ、アイオの3人をコンスタンティノープルに派遣している。

脚注編集

  1. ^ 正しくは、in territorio Foroiulense et Vicentino atque Veronense: "(フリウーリ、ヴィンチェンツァ、ヴェローナの領土)。

参考文献編集