アカキ・ツェレテリ

ジョージアの作家

アカキ・ロストミス・ゼ・ツェレテリグルジア語: აკაკი როსტომის ძე წერეთელიグルジア語ラテン翻字: Akaki Rostomis dze Tsereteli1840年6月9日1915年1月26日)は、ジョージア詩人モノニム英語版アカキとして知られる[1]。ジョージアの国民解放運動における主要人物の一人である。

アカキ・ツェレテリ
Georgian poet Akaki Tsereteli, c. early 1900s in Tbilisi, full image.jpg
現地語名 აკაკი წერეთელი
誕生 1840年6月9日
ロシア帝国イメレティア州スフヴィトリグルジア語版
死没 1915年1月26日
墓地 ムタツミンダ・パンテオングルジア語版
職業 詩人
国籍 ジョージア (国)
子供 アレクシ・ツェレテリグルジア語版
サイン
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

生い立ちと教育編集

1840年、イメレティア州スフヴィトリグルジア語版村において、有名なジョージア貴族の家系に生まれた。父はロストム・ツェレテリ公。母はイヴァネ・アバシゼ英語版公の娘エカテリネグルジア語版であり、エカテリネはイメレティ王ソロモン1世の曾孫にあたる。

かつてからの一族の伝統に従い、アカキ・ツェレテリは幼少期をサヴァネグルジア語版村の小作農家で過ごした。彼は農民の乳母によって育てられ、その中でジョージアにおける農民の暮らしに共感を与えさせた。彼は1852年にクタイシ古典ギムナジウムグルジア語版を卒業し、1863年にサンクトペテルブルク大学東洋言語学部を卒業した。

経歴と業績編集

ツェレテリはジョージアの進歩的な作家イリア・チャヴチャヴァゼの親友であった。チャヴチャヴァゼとツェレテリは1860年代のジョージアにおける若手世代を代表して、帝政ロシアに抗議し、ジョージアの文化的復活と民族自決を求める活動を行った。ツェレテリは愛国的、歴史的、叙情的、風刺的な詩、またユーモラスな物語や自伝的小説を執筆し、その作品数は数百にのぼる。ツェレテリは教育、ジャーナリズム、演劇の活動にも積極的であった。ジョージアの有名の民謡スリコグルジア語版は、ツェレテリの作詞である。

ツェレテリは1915年に死去し、トビリシのムタツミンダ・パンテオングルジア語版に埋葬された。トビリシ中心部にあるトビリシ地下鉄サブルタロ線のツェレテリ駅は、アカキ・ツェレテリにちなんで名づけられた。その他、トビリシ市内の主要道路にも、ツェレテリの名がつけられている。

息子はオペラ興行主アレクシ・ツェレテリグルジア語版

注釈編集

  1. ^ ロシアではAkakiyと誤綴されることがある。ジョージア語のラテン翻字Akakiロシア語のラテン翻字Akakiyも、ともにギリシャ語Ακακιοςに由来し、Agathiusとして英語化されている。

参考文献編集

  • Georgian Information Portal biography
  • Donald Rayfield (2000), The Literature of Georgia: A History, pp. 159–168: "The luminaries: Ilia Chavchavadze & Akaki Tsereteli", 0-7007-1163-5.
  • Tsereteli, Akaki (2012). The Story of My Life. Ilia State University Press. ISBN 978-9941-18-103-0 
  • アカキ・ツェレテリ - Find a Grave(英語)  

外部リンク編集