アキ・コミュノテール

アキ・コミュノテールフランス語acquis communautaire)とは、欧州連合における法の総体系。acquis は「蓄積されたもの」、communautaire は「共同体の」という意味のフランス語であるが、ここでいう acquis とは欧州連合において積み重ねられてきた法規範のことである。

アキには欧州連合加盟国が遵守すべき以下に挙げるような法規範が含められている。

アキ・コミュノテールは欧州連合に加盟しようとしている国ごとで完全に翻訳されなければならない。たとえば2004年5月1日に10か国が欧州連合に新規加盟したさいにもアキ・コミュノテールはそれぞれの公用語に翻訳されている。

アキはさまざまな法源で構成されていることもあって、独自の完全版というものが作成されていなかったが、欧州連合のプロジェクトとしてレム・コールハースが主導して2006年にウィーンで開かれた展覧会 "The Image of Europe" では、31巻およそ85,000ページからなるアキ・コミュノテールが作成された。

関連項目編集

外部リンク編集