アグネス・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルク

アグネス・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルク(ドイツ語:Agnes von Braunschweig-Lüneburg, 1356年以前 - 1430/4年)は、ヴェルフ家出身で、3度の結婚によりマンスフェルト伯妃、ポンメルン=ヴォルガスト公妃、そしてメクレンブルク公妃となった。

アグネス・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルク
Agnes von Braunschweig-Lüneburg
Grabplatte Gadebusch.jpg
ガーデブッシュ教会にあるアグネスの墓石

出生 1356年以前
死去 1430/4年
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
メクレンブルク公領、ガーデブッシュ
配偶者 マンスフェルト伯ブルヒャルト8世
  ポンメルン=ヴォルガスト公ボギスラフ6世
  メクレンブルク公アルブレヒト3世
子女 メヒティルト
ゾフィー
アルブレヒト5世
家名 ヴェルフ家
父親 ブラウンシュヴァイク=リューネブルクマグヌス2世
母親 カタリーナ・フォン・アンハルト=ベルンブルク
テンプレートを表示

生涯編集

アグネスはブラウンシュヴァイク=リューネブルクマグヌス2世とカタリーナ・フォン・アンハルト=ベルンブルクの娘である[1][2]

1366年に、マンスフェルト伯ブルヒャルト8世(1389年3月19日没)と結婚し[3]、1女をもうけた[4]

  • メヒティルト(マティルデ)(1375年頃 - 1447年) - 1392年頃にバイヒリンゲン伯フリードリヒ14世(1426年6月12日没)と結婚

1389年から1391年の間にツェレポンメルン=ヴォルガスト公ボギスラフ6世(1350年頃 - 1393年)と結婚した。アグネスはボギスラフにとって2番目の妃であった[5]。1女をもうけたとみられる[6]

アグネスは1396年2月12/13日にメクレンブルク公アルブレヒト3世と結婚した。アルブレヒトは1364年から1389年までスウェーデン王位につき(アルブレクト)、1384年以降メクレンブルク公であった。アグネスはアルブレヒトがスウェーデン王位を廃位された後に結婚し、アルブレヒトにとって2番目の妃であった。1男をもうけた。

  • アルブレヒト5世(1397年 - 1423年) - メクレンブルク公

アグネスは1430年8月1日から1434年12月22日の間に死去し、ガーデブッシュ(現メクレンブルク=フォアポンメルン州)に埋葬された。

脚注編集

  1. ^ Agnes II von Braunschweig, thepeerage.com
  2. ^ Welf 3, genealogy.euweb.cz
  3. ^ Mansfeld 2, genealogy.euweb.cz
  4. ^ Agnes Herzogin von Braunschweig-Lüneburg, Genealogics – Leo van de Pas
  5. ^ Pomerania 2, genealogy.euweb.cz
  6. ^ Agnes II of Braunschweig, our-royal-titled-noble-and-commoner-ancestors.com

参考文献編集

  • Hermann Größler: Mansfeld, Grafen von. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 20, Duncker & Humblot, Leipzig 1884, pp. 212 – 215.
  • Lars O. Lagerqvist: Sverige och dess regenter under 1000 år. Norrtälje 1976. ISBN 91-0-041538-3. p. 90.
  • Detlev Schwennicke, Europaische Stammtafeln, New Series, Vol. I/3, Tafel 303.
  • Europaische Stammtafeln, by Wilhelm Karl, Prinz zu Isenburg, Vol. III, Tafel 1.